FC2ブログ

空母いぶきを観てきた

※今回の記事にはネタバレが含まれます。
空母いぶき

 上映前から佐藤浩市の発言が物議をかもして上映前から場外乱闘編を見てきてお腹いっぱい状態になってたが、こないだやっと映画本編を観た。
 上映前から百円ハゲ応援団が散々酷評してたので、ガラガラかと思いきや、ほぼ満席で最前列しか空いてなかったので仕方なく空いてる最前列で観たら首が痛くなった。
 上映前から一生懸命ノーギャラで宣伝していた百円ハゲ応援団には、謝罪と賠償を要求したいレベルである。

 前置きが長くなってしまったが、肝心の映画の感想としては痛快でもないし面白いともいえない内容だったけど、日本の国防についていろいろ考えさせられる映画だった。
 まず何が痛快じゃないかといえば、いぶき率いる護衛艦隊は非常事態にも関わらず憲法九条を遵守して防衛しているので、まともに反撃もできないまま防戦していたら、国連軍の援軍がやってきて、形勢不利と見た敵国の東亜連邦の武装集団が去っていったという感じである。
 派手な戦闘シーンを期待して観に行ったミリオタが観れば今年のクソ映画オブ・ザ・イヤーに入ることは請け合いかと思うが、自分は映画の内容そのものより、憲法九条があるからクソみたいな悪戦苦闘を強いられる映画しか作れない日本の現状の方がはるかに問題だと思う。
 『空母いぶき』は戦闘シーンを楽しむより、自衛隊が実戦で憲法九条を遵守したらどうなるかという思考実験的映画として観た方がいいのではないかと思う。
 敢えて辛口の評価にしたが、自分としては映像化された空母いぶきが見れたし『亡国のイージス』よりはイージス艦のドンパチが見れてよかったと思う。
『亡国のイージス』では本物のイージス艦が出てきたのはいいけど、イージス艦浮いてるだけだったし( ;∀;)

kuboibuki_yokoku_190131_fixw_730_hq.jpg

 いきなり結論から入ってしまったが、百円ハゲ信者が散々叩いていた佐藤浩市演ずる垂水首相は、ストレスに弱くて腹を下しやすいという設定になってたが、映画を観た限りでは別段安倍首相や難病患者を揶揄してるようには見えなかった。
 映画を観てもなお、安倍首相と難病患者を揶揄してるとか騒ぐ奴はいっぺん眼医者行った方がいいと思う。
 むしろ歴代首相と比べればかなりカッコいいキャラクターになってると思うが、これはこれで「美化しすぎている」と反対方向から叩かれそうである。

 西島秀俊演じる主人公の秋津竜太と秋津のライバル的存在でもある佐々木蔵之介演じる新浪副長もキャラとしてはかなりカッコいいと思うが、かわぐちかいじ特有のカッコいい台詞回しをクサくて見てられないというのはだいたいブサメンで喪男のミリオタだと思う。
 映画の『空母いぶき』はカッコいい男がいっぱい出てくるので、自分をブサメンで喪男のミリオタだと思う男は絶対観ない方がいいと思う。
 芝居がかった台詞回しをカッコいいと見るかクサくて見てられないかと思うのは完全に個人の好みの問題だと思うが、あえて作品名を出してしまうと、自分が芝居がかった台詞回しがクサくて見てられないと思ったのは『ブラックラグーン』だった。
 映画の『空母いぶき』では秋津が独身で新浪が既婚者という設定になってたが、役者本人は西島秀俊の方が妻子持ちで佐々木蔵之介の方が独身なので、役とプライベートが逆転している。
 西島秀俊に関しては若い頃は背が高いイケメンなのにいまいちパッとしない俳優という感じだったが、この十年でずいぶん人気俳優になったなーと思う。

 だからといって同時期に空母いぶきの艦長とホモップルの片割れを主演でやるのは使いまわしにもほどがあるだろこれ。 

2054f40471f839f790b89cea9c63b24b.jpg

 映画の『空母いぶき』の本田翼の役どころは、『ギララの逆襲』における加藤夏希が演じた新聞記者とほぼ同じ、ことの成り行きを見届けるオブザーバーのような役どころである。
 本田翼いらねーというミリオタもいたが、自分が見た限りでは話の構成上、本田翼がいなかったらストーリーが何が何だかわからなくなってたのではないかと思う。
 それというのも今から十年程前に観た『亡国のイージス』に女性工作員が出てきたが、彼女は原作では北朝鮮の工作員という設定になってたが、映画では国籍不明となってる上に喉の負傷が元で口もきけないので、彼女が何なのか説明がされないまま映画が終わってしまったという印象だった。
 本田翼演じる本多裕子は原作には登場しないオリジナルキャラクターなので、彼女の存在に関しては異論反論もあるが、多少ウザさを感じても話が何が何だかわからなくなるよりはいいのではないかと思う。

 そういえば、本田翼いらねーという批判はよく聞くけど、コンビニ店員やってた深川麻衣いらねーという批判は不思議と聞かないな・・・(´・ω・`)
 本田翼がいらないなら、深川麻衣はもっといらないと思うけど、男は前に出る女より、控えめの女の方が好きということなのかな。

 たしかに本田翼よりも深川麻衣の方が男受けはよさそうだけど、これだから男は・・・(´・ω・`)

kubo-img-05.jpg

 映画の『空母いぶき』は戦争映画として観ればクソ映画の誹りは免れないと思うが、いかにして戦争を回避するか悪戦苦闘する映画として観れば腑に落ちる映画である。
 前世紀の戦争は勝ち負けにこだわったばかりに多大な犠牲を出して敗戦したが、今世紀の戦争では勝ち負けよりいかに損害を最小限にして争いを終結させるかというの方が重要だと思う。

 それにしても『沈黙の艦隊』から30年前からずっとかわぐちかいじの海自マンガをこき下ろしてきたミリオタ連中が、『空母いぶき』が映画化されたら手のひら返して、原作のマンガをほめちぎって映画をこき下ろしていたのはへそで茶が沸くレベルである。

 お前ら『空母いぶき』が映画化される前は、散々かわぐちかいじの海自マンガこき下ろしていたじゃん(´・ω・`)
 まあ『ジパング』のアニメ第二期を作れというのだけは全面同意するけど(´・ω・`)

 ネットの評価を観た限りでは『空母いぶき』は完全に評価が割れてるので、どちらの評価を参考にするかは個人の自由だが、上映前からあれだけ散々酷評されたにも関わらず映画ランキングでトップ3に入るヒットになったのは「悪名は無名に勝る」の証左に他ならないのではないかと思う。

 そういえば映画版『空母いぶき』は『亡国のイージス』の原作者の福井晴敏が企画やってるけど、福井がらみの映画はどれもヒットしてるみたいだけど、どれもスッキリ終わったためしがないんだよなー(´・ω・`)
 ガンダムUCもガノタから酷評されてたけど、あれもスッキリ終わってるとはいいがたいし・・・(´・ω・`)

 ラストの国連軍の援軍が出てくる場面を見て思ったが、チベットも東トルキスタンも国連軍が助けに来なかったから中国に侵略されちゃったんだよなぁ・・・。
 そういえば国連は天安門事件30年を迎えた昨日も天安門事件には一切言及せずだんまりだったみたいけど、中国が常任理事国に居座ってる国連はとことんクソッタレだよなー。
 日本も台湾もある意味朝鮮戦争で救われたけど、チベットも東トルキスタンも朝鮮戦争のどさくさに紛れて中国に侵略されちゃったことを考えると、日本の繁栄にはチベットと東トルキスタンも犠牲になってるように思えてならない。

 おまけ


 映画の鑑賞後にミスドで食べた鶏冷麺。美味しいけど量が少ないですね(´・ω・`)


 そういえば『亡国のイージス』観た後に『ワーストコンタクト』とかゆう映画観たけど、デビルマンを凌ぐクソ映画だったよなぁ・・・。
 自分のなかでは史上最低のクソ映画だと思うけど、単館上映だったせいかクソ映画の俎上にすら上がらないし、ガチのクソ映画って話題にすらならないよなぁ・・・( ^ω^)
 
 今週末か来週にでもゴジラの映画観に行けたら来週はゴジラ映画のレビュー書きたいですね。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

男前が好きで何が悪いッッと思った方はポチっとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

おぉ!
遂に『空母いぶき』、観に行かれたんですねぇ^^
映画自体は戦闘場面よりも、憲法九条の功罪に付いて問う物との事ですが、そうなるとこの映画に対して『防衛省』が、全面協力拒否したのも頷けますね^^;
今の『防衛省・自衛隊』にとって、『憲法九条』の是非を問う事は、口にする事すら出来ないタブーですからね^^;
『防衛省・自衛隊』にとっては、この映画に関わって何だかんだと言われるよりは、全くの無関係を決め込んだ方が、都合が良かったのかも知れません・・・

YouTubeなどの動画や何かを観ると、何だか『自衛隊最強!』みたいな事を言ってるミリヲタ連中が多くて、これを否定するとすぐ『非国民』だの『在日』だのと言われてしまいますが・・・
自分が現役の時から、『自衛隊』は『国連軍』介入の為の繋ぎと言われてましたね^^;
自分らの頃から変わってなければ、もしかしたら今でも「一週間持ち堪えれば良い」って考えが、あるかも知れません・・・
それもあくまで『国連軍の介入』が前提で、『国連軍』がどっち付かずの態度から抜け出せず、出遅れるか不介入になるかしたら、日本は終わりますね^^;
正直、『護憲』ばかり抜かしてる左側も逝っちゃってますが、『自衛隊最強』で「絶対に負けない」とか抜かしてる右側ミリヲタ連中も、同程度に逝っちゃってますねw
侵略されても、彼らは良い様に扱ってくれると信じている左巻き。
敵は『自衛隊』よりも弱いと信じ込んでいる右巻き。
彼らは歴史から、「敗北は敵の過小評価から始まる」という事を、学ばなかったのでしょうか?

こんにちは

映画ですか。
自分はこれは見た事ないですねぇ。

No title

おお、レビューお疲れ様です!
戦争映画として見ると物足りない感じなんですね、
原作の方は未読なので何とも言えませんが、
映画の方は情勢や展開を楽しむように作られていて、
そちらの方に注力して作られたのかもしれませんね。

9条があるから上手く反撃できない、
本当に現実でもあり得るので、
思考実験の映画として楽しむのはいいかもしれませんね(´∀`)
映画の楽しみ方もそれぞれですが、
今作は現実感が強いですしそういう楽しみ方もありますね~。

No title

パラベラム中尉、こんばんわ(・∀・)ノ

ええ先週末にやっと観に行きましたー。
そうですね、映画の内容としては憲法九条を遵守して悪戦苦闘する話なので、
戦闘映画というより、憲法九条を遵守して戦うとどうなるかという
シミュレーション映画として観た方がいいと思います。

現状を無視して自衛隊を褒めそやすのも、国防を否定するのも
どちらも現実が見えてないと思いますけどね。
中尉の現役時代から自衛隊はそのような扱いだったんですね。
現実に則した扱いにすると、エンターテイメントとしては
歯切れが悪くなるということでしょうか。
国連に関しては天安門事件にはだんまりだったので、国連には不信感があります。

No title

よしおさん、こんばんわ(・∀・)ノ

よしおさんは映画観てないんですね。
今月はゴジラもやってるし、
よしおさんも何か映画観に行けるといいね。

No title

ツバサさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、憲法九条を遵守して悪戦苦闘を強いられる話なので、
戦争映画として観るよりは、実戦で憲法九条を遵守して戦うとどうなるかという
シミュレーション映画として観た方がいいと思います。

面白いかどうかというと微妙ですが、
日本の国防を大いに考えさせる映画にはなってるとおもいます。
自分は映像化された空母いぶきが観たかったので、
亡国のイージスよりはイージス艦の砲撃シーンが見れてよかったです。

わぁ~

いぶき見に行かれたんですね。
MMもみたいのですけど時間が~。
戦闘をカッコ良くかいてフィクション
になっちゃうより今こんな事が
あったらこーなっちゃうってリアルで
面白い気がします。シン・ゴジラも
そんな感じでしたし、もちろん
エンターテイメントに割りきるのも
楽しいですけどですよね。
ponch様のレビューが面白かったです。
相手があの国だと国連軍は
助けにこないかも…

お~っ!ついに観てきたんですね(^^)いろいろ物議を醸し出していた映画だけに、
ponchさんのレビューを待ってました~(^^) 
なるほど~自衛隊が実戦で、憲法九条を遵守したらどうなるか?という観点から観ると、より現実的で面白そうですね(^^)
どこまで、日本がやれるのか興味深いです

次のゴジラもponchさん目線で、レビュー楽しみにしてますね(^^)

こんにちは

お金がないからねぇ。
映画館に行けないのも仕方がないです。

No title

こんにちは

映画として派手なアクションやそれによって感じる痛快さを
求める人にとっては物足りなさを感じちゃったんですね


フィクションでというよりも現実に実践で起こったらみたいな
シュミレーション的な見方というのも
また新しい映画の形になりますね

No title

ふーむ、
感想だけ見ると非常に興味がある内容ですね。
まあ、戦争なんて架空の世界だけで十分なので。
現実にあったら、地獄そのものなので。
そういうことを描いたということに関して言えば、
日本らしさを出した映画なんだと思います。
(*´ω`)

No title

MMさん、こんばん(=^ω^=)ノニャーン

ええこないだやっと空母いぶきの映画観に行きましたよー。
映画の空母いぶきは実戦で憲法九条を遵守して悪戦苦闘する話なので、
お世辞にも痛快なドンパチ映画とはいえないのですが、
実戦で憲法九条を遵守するとどれだけ悪戦苦闘を強いられるかという
シミュレーション映画として観るといいかと思います。

空母いぶきを観た率直な感想としては、やっぱ九条いらねーと思いました。

侵略する側が常任理事国なら国連軍も助けに来ないでしょうね。
戦後の侵略紛争は国連常任理事国の仕業といっても過言ではないと思うので、
日本が常任理事国入りを目指すよりも、中華民国を追い出して常任理事国の座に
居座ってる中国を常任理事国から外して台湾を常任理事国にするか、
それが無理なら国連を解体した方がいいと思います。

No title

とっつぁんさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ええこないだやっと空母いぶきの映画観に行きました。
映画の内容としては実戦で憲法九条を遵守して悪戦苦闘する話なので、
お世辞にも痛快なドンパチ映画とはいえないのですが、
実戦で憲法九条を遵守して戦うとどうなるかという
シミュレーション映画として観た方がいいと思います。

元自衛官のブログ仲間の話を聞いた限りでは、自衛隊の戦力は
国連軍が援軍に来るまで一日持ちこたえればいい方だということなので、
その話が本当なら映画の方がより現実の自衛隊に則っているものかと思います。

いつも楽しみにして頂きありがとうございます\(^o^)/

ゴジラの映画のレビューは来週にでも書きたいと思います。

No title

よしおさん、こんばんわ(・∀・)ノ

映画を観に行くお金がないのはツラいですね。
映画を観る代わりに何か美味しいもの食べられるといいね(^q^)

No title

荒ぶるプリンさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、映画の内容としては憲法九条を遵守して悪戦苦闘する話なので、
お世辞にも痛快なドンパチ映画とはいえないですね。

痛快なドンパチ映画だと思って観に行くと、かなりガッカリすると思います。

痛快なドンパチ映画というより、実戦で憲法九条を遵守して戦うと
どうなるかというシミュレーション映画として観た方がいいと思います。

No title

LandMさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、映画の内容としては憲法九条を遵守して悪戦苦闘する話なので、
お世辞にも痛快なドンパチ映画とはいえないですね。
所謂戦争映画というより、いかにして戦争を回避するかという内容の映画なので、
ある意味日本人らしい映画といえなくもないですね。
戦争映画というより、実戦で憲法九条を遵守して戦うとどうなるかという
シミュレーション映画として観た方がいいと思います。

映画鑑賞、「グッジョブ!」です。

えいしんです。

映画鑑賞、とっても「無力的な響き!」です。

本当に、最近、全然、映画鑑賞、してません(;笑)。

映画って、あの、巨大な「スクリーン」で観る映画、
とっても、「グッジョブ!」だと感じます。

私も、また、映画館で、映画鑑賞、したいです。

それでは、お疲れさまでした。

No title

えいしんさん、こんばんわ(・∀・)ノ

えいしんさんは最近映画を観てないんですねー。
自分は逆に現在テレビが見れないんですよねー(;^_^A
地デジ非対応のブラウン管テレビなので、現在はDVDしか鑑賞できません。

映画観たいならゴジラなんかどうでしょう(´・ω・`)

えいしんさんもお疲れさまでした(^-^)/

No title

自分も昨日ようやく観に行きました(^^♪
考え方はいろいろあるかと思いますが、娯楽映画としてみれば面白かったです。
何しろ、戦闘シーンが自分が思っていた以上に多くて楽しめました。
公開前に騒がれた佐藤浩市演ずる首相ですが、ponchさんの言われるように何ら問題はなかったです。
いや、問題どころか名演技といっていいかと思います。
それと「亡国・・・」では工作員を演じていた中井貴一がコンビニの店長?
何、コレって感じでした。
原作にあった中国や尖閣列島の実名を出せないなど、映画化そのものが難しかったんでしょうね。
まあ、こういう類の映画は右、左含めてみんなが納得、共感できる映画なんて、そうそう出来るものではないです。
制作関係者が政府や自衛隊に忖度したのではないのかな。
そういう意味でこの映画、中途半端なものになってしまいましたね。
ですから、エンターテイメントとして捉え楽しむしかないと思います。

No title

ミドリノマッキーさん、こんばんわ(・∀・)ノ

マッキーさんも空母いぶき観に行ったんですねー。
楽しめたようで何よりでした。
最新の記事ではゴジラのレビューを書いたので、
よかったらそちらもご覧になってください(^-^)/

中井貴一って亡国のイージスでは工作員やってたんですねー。
亡国のイージスは自分も観たけど「日本人よよく見ろ。これが戦争だ」
といってた工作員が中井貴一だったんでしょうか。
そういえば、亡国のイージスでも北朝鮮の工作員が国籍不明だったので、
話が把握できないなま映画が終わってしまった印象がありますが、
実在の国名って映画では出せないみたいですね。
中国や北朝鮮がらみを思わせる映画は何本か観てますが、
いずれも実在の国名は出てきませんでした。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
914位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
39位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム