FC2ブログ

明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前を描き終えて



 今回は画業30年の集大成でもある、50号二連作を描き終えた感想です。散々出す惜しみしといて、いつまで引き延ばすんだよという声も聞こえてきそうですが、今回で本当に最後なので、今しばらくおつきあいのほどお願いします。

 画業30年の集大成でもある『明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前』を描き終えた感想は感無量に尽きる。虚脱感がハンパない。抜け殻のようである。燃え尽きたよ・・・真っ白に・・・。

 今回学んだことは、他人に強制されていやいややったことが、他人から評価されることもあるということである。逆に自分が好き好んでやったことが、他人から評価されないこともある。
 自分の場合はいやいや描いた50号二連作の絵が、予想外に他人から評価されたので、いやいややったことでも自分の評価が上がることもあるんだなと思った。
 他人から強制されていやいややったことが評価されて、自分の成長につながる場合もあれば、自分のしたいことしかやらないでいると成長しないこともある。要は程度の問題だと思うのだ。

 最大の問題は完成させるのに、何故足かけ3年もかかったかということである。
 足かけ3年とはいっても実質的には丸2年だが、それにしても50号の絵1枚に1年はあまりにも遅すぎる。自分の周りの絵描きが百号を1ヶ月で仕上げるのに比べるとかなりの遅筆である。他のイラストと並行してやったとしても遅すぎる。
 何故こんなに時間がかかってしまったのか考えたが、そういえば去年の年末と年度末に重い風邪を2回も引いて寝込んでいたのだった。身体レベルでもう描きたくないと悲鳴を上げていたわけである。
 魂がこもっているという評価も頂いたが、魂を込めて描いたというより、絵に魂を吸いとられそうになった。
 絵のサイズを考えると、アンドレ・ザ・ジャイアントと丸2年格闘してたようなものである。

 想像図

 散々愚痴ってきたことだが、そもそもいやいや描き始めたものなので、何度2階の窓からキャンバスを投げ捨てたい衝動に駆られたかわからない。
 お世辞にも決して褒められたものではない。

 『いちえふ』という原発作業者のマンガも出てるし、震災から4年も経ってるし、無名の絵描きが今更震災と原発事故の絵を描いても見る奴いるんかいなと何度思ったかわからない。
 絵を描くに当たって題材が陳腐化するのは致命的だが、この絵に関してはその限りではない。むしろ陳腐化してくれることを願い描いてきたが、その願いはものの見事に打ち砕かれた。

 福島第一原発事故は4年経った今もなお終息していない。

 関東地方の人たちも、改めてこの事実は念頭に置いておくべきである。東日本大震災から4年を過ぎた今もなお、福島第一原発事故の脅威は去っていないのだ。

 福島第一原発事故を期に西日本や海外に逃げた人々もいるが、自分は逃げない。
 気仙沼で被災して家を流された地元の漁師が「これからもここに住みつづける」といった言葉に胸を打たれた自分は、これからもこの人たちと共に生きていきたいと思った。
 宮城県出身の石ノ森章太郎が遺した、ヒーローの精神に悖ることだけはしたくないと思ったからだ。
 石ノ森ヒーローのスピリットは自分の創作の原動力そのものである。自分の描くキャラクターも少なからず石ノ森ヒーローの精神で描いている。石ノ森ヒーローは今もなお人々の心に生きつづけ、今もなお多くの人々を救っている。自分も救われた。


 完成にあたり声援コメントをくださった、森崎さん、荒ぶるプリンさん、よしおさん、玉葱ハンターさん、ツバサさん、真知子さん、Noeliaさん、すもっちさん、MITA さん、SK-P61さん、yaguna さん、ヂオさん、山川さん、あんちょびさん、よもぎさん、ぐれさん、korvaさん、まんねんずさん、おきまちあきさん、拍手コメントをくださった虹の物語さん、本当にありがとうございます。
(今からでもコメントくださる方がおられたら、この場を借りてお礼致します)

 なお個展で絵が売れなくて、岡本太郎賞でも選外になったら、仙台で遠征個展がしたいと思います。
 遠征個展なのでギャラリーの定休日も含めて展示期間は1週間限定になると思いますが、1週間でもいいから東北地方の方で是非とも間近に絵を見たいという方がいらっしゃったら、拍手をポチっとお願いします。
 拍手が二桁になったら仙台での遠征個展を検討したいと思います。
 コメントくださるとなお嬉しいかも。

 今度はマイルドな題材で、福島の可愛い耳なしウサギを描きたいぉ・・・(;゜∀゜)

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

最初に矢吹丈がいるだけで
テンションがハンパなくあがってしまいました♪

たしかにこれはありますよね
嫌々やったことで自分はうへ~ってなっても他人の評価は以外にあったり
逆にやりたい事を前面に出したものが評価が
なかったり

これは自分の表現したいものと他人が求めているものが違うからなんでしょうね(多分ですが)

ですね、いまだに復興というか仮設住宅のまま月日だけが過ぎたりと私はオリンピックよりも
まずこちらを優先するべきじゃないのかと
思っていたりですね

経済効果があがって復興がより進めばいいですが、それでもオリンピックまででも後数年もありますし「う~ん...」って感じですね

荒ぶるプリンさん、こんばんは(^-^)

荒ぶるプリンさんもジョーを見てテンションが上がる世代ですか。平成世代だったらごめんなさい。
心境はジョーだけど、立場的には自分はジョーより作者のちばてつやなんですよね。灰のなかから立ち上がって次の絵を描かなきゃならないという(笑)

荒ぶるプリンさんでも同じようなことはあるんですね。自分のしたいことと他人の求めていることはなかなか一致しないということですかね。

たしかにオリンピックよりも被災地の復興を優先すべきですよね。どうしてもオリンピックやりたければ仙台でやるとか(そういう問題じゃないか)

No title

本当にお疲れ様でした!。否・3年も遣っていた事が終ったのですよ、引き延ばしても良いんじゃないですか?。

嫌々やっている事が実は自分の為に成っている・・・学生の時の勉強を思い出しました。
本当は楽しく遣れる事が一番だとは思いますが、絵は「好きじゃないと続かない、でも好きだけじゃ続かない」と思いますよ。

30年ですかー…長いですね。正直、それだけ長いと途中で「絵描き辞めよう」とか思った事はありませんか?。
私はもう何年絵を描いているか自分でも判らないんですけど;;、そろそろ潮時かな?と思う時があります。
失礼な事を訊いて済みませんでした;;。

次回作も楽しみにしております!。

森崎さん、こんばんは(^-^)

引き延ばしで呆れられることも覚悟してましたが、労いの言葉をかけてもらえたので幸いです。

いやいややってることが自分のためになるって、他の人にもあることなんですかね。たしかに人生は好きでやってることより、いやいややってることの方が多いかもしれません。勉強とか学校とか仕事とか。

全然失礼じゃないですよ。まったくもってその通りです。
たしかに30年も描いてると、自分よりひとまわり以上若いのに、自分よりずっと絵が上手いプロのイラストレーターの絵描きとかいるし、そんな人との実力差を見せつけられてプライドズタズタで、止めようと考えたことなんかしょっちゅうですよ。普通ならプロになってるか描くの止めるかのどちらかだと思いますし。その話は近日書きます。

少なくともギャラリーの変なおっさんに捕まって絵を描かされてなかったらとっくに描くの止めてたと思います。この話は次回書きます。

最近は作業所からも年2回イラストの依頼がありますが、それ無かったら描いてないと思います。
要するに惰性で描いていただけというのが何より大きいですね。

自分は森崎さんの絵好きですよ。こうしてコメントくれるのも大きな励みになるし。
相互リンクとかしてもらえるともっと励みになるかも。

自分が絵を描いていたのは、森崎さんのような人がいたからだと思います。

No title

ponchさん、お邪魔しております!

以前リンクさせて頂いた、と思ってたんですが、確認してみたらまだでしたねえ。自分のブログに無頓着なもんで、どうもすいませんww


日々報じられる新しいニュースに、東日本大震災の記憶は人々の頭の中からどんどん希薄になりつつあります。
そんな中で、今もponchさんは今もこうした形で、震災に対して我々がどういう気持ちで向き合うべきかを啓発して下さっていますよね。

僕は秋田の住人なので、震災の影響は他の地域に比べ、無いも同然でした。でも、やはり僕も大好きな人を幾人も失いましたし、TV越しに嗚咽を漏らしながら何度も、何度も泣きましたよ。

一人の東北人として、やはりponchさんのような方にはお礼を言わせて頂きたいです。ありがとうございます。


あ、それと僕を絵描きと評価して下さって大変恐縮ですww すんごい嬉しいです。

これからも、どうぞ仲良くして下さいな!

玉葱ハンターさん、こんばんは(^-^)

リンクさせていただきました。これからもよろしくお願いします。
東北の絵描きさんに認められて光栄です。これからも仲良くしましょう。

玉葱ハンターさんは秋田県の方なんですね。秋田県といえば東北では唯一震災の死者がゼロだったと思いますが、震災発生当時は秋田県が全面的に停電で大変なことになっていたのは覚えています。

秋田県出身の有名人は、釣りキチ三平で有名なマンガ家の矢口高雄とか子連れ狼で有名な劇作家の小池一夫とか、平成ロボコンでロビーナちゃんやってた加藤夏希くらいしか知らないんですが、3人とも秋田県は熊が出るとかいってたような気がします。
そういえば仙台市長も秋田県出身でしたよね。

秋田県の電車のダイヤは存じませんが、秋田県だと仙台からも結構離れてますね。最近の秋田県は人口が仙台より少なくなっちゃいましたよね。
皆が皆都会に行っちゃうとお米作る人がいなくなっちゃうので、小池一夫とか玉葱ハンターさんみたいな人は秋田県に必要な人だと思います。

これからも頑張っていきましょう!

Noelia

やっぱりponchさんの文章なのか、
画像の選定がいいのかわかりませんが、面白いです。
書き手としては、真剣なのだと思いますが・・・
面白がって、すいません。

No title

名前とタイトル間違えました。失礼しました。

Noeliaさん、こんばんは(^-^)

大丈夫ですよ。ちゃんとNoeliaさんからだってわかりますよ。
お、お面白いですか。褒めていただいてありがとうございます(^-^)

No title

ponchさん、こんにちは^^

遅くなりましたが、大作のご完成おめでとうございます。
絵のことはよく分らないのですが、
50号というのは、ずいぶん大きなサイズなのですね。
そして、足掛け3年という長期にわたり、
同じ作品に取り組んだということで、
窓から投げ捨てたくなる衝動に駆られるのもよく分ります。
そういう長い苦しみの期間を乗り越えての完成なので、
一段と喜びも大きいことと思います。
そして、絵に込められた意味を知ってから、
絵を見返すと、また違った味わいがありますね。

画業30年ということですが、何事も、
長く続けていないと見えてこないものがあると思います。
私もponchさんほどではありませんが、
長く続けていることがあるので、
今回のponchさんの大作の完成に励まされ、
これからも、それを続けていく勇気をいただきました。

korvaさん、完成へのご声援のコメントありがとうございます(^-^)

足かけ3年もかかってしまったのも、遅筆なだけで、お世辞にも決して褒められたものではないのですが、そんな自分に励まされ勇気をもらったという言葉は、自分にとって大いに励みになりました。 

本当にありがとうございます。

フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
21位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム