FC2ブログ

明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前・総評


『明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前』の自己解説。最終回は上下合わせての総評です。

 この絵で描きたかったものはズバリ「断絶と対立」である。
 上下の絵の間にはどうしようもない断絶がある。2枚の絵を合わせても決して1枚の絵にはならない。
 天上と地上には断絶がある。女神と人間の間にはどうしようもない断絶がある。無力な地上の女は女神なんてなれないまま生きるしかないのである。
 被災地と非被災地の間にはどうしようもない断絶がある。復興の途半ばの被災地に対して、関東地方の人々からは徐々に震災の記憶が薄れていっている。
 日本の災厄を象徴する、妖怪の如く異様な女神たちと無垢な天使は相対的な存在だが、女神と人間は対立的な存在である。

 無垢と邪悪。正義と悪。武力と無力。国粋主義と平和主義。死者と生者。さまようものと座礁したもの。翼を持つ者と持たざる者。巨大な者と矮小な者。具象と抽象。希望と絶望。記憶と忘却。固執と無関心。止まった時間と過ぎ去った時間。
 総てに於いて対立するものを、稚拙ではあるがキャンバスに叩き込んだつもりである。

 キレイで繊細な絵よりも、稚拙だが荒削りな方が生々しく訴えかけるものがあると自負している。
「今日の芸術は上手くあってはならない。キレイであってはならない。心地よくあってはならない」
 岡本太郎のいってた言葉だが、この絵を描くに当たって、岡本太郎のこの言葉を胸に、キレイに描こう上手く描こうということは考えは捨て、ひたすら思ったままに描いた。

 まさかゴジラ生誕の地である福島県が被爆地になるとは思わなかったが、この絵には『明日の神話』の作者の岡本太郎、自分にとっては神さま同然の石ノ森章太郎と円谷英二へ、稚拙ながらも精一杯のリスペクトを込めて描いたつもりである。


 なお被災者の心情を鑑みて、あえて今回は生々しい死は描かないようにした。
 偽善という人もいるかもしれないし、偽善かもしれないが、この辺はジョジョリオンの執筆にあたり、作者の荒木飛呂彦がいってた「極力、被災者をキズつけるような表現はしない」という配慮に、自分も準拠したつもりである。
 石ノ森章太郎も宮城県出身だが、存命だったら同じことをいっていたのではないかと思う。

追記
福島第一原発事故のあった20キロ圏内の立ち入り禁止区域画像のリンク先を添付しました。ショッキングな画像もありますので、閲覧は事故責任でお願いします。
http://blog.livedoor.jp/fuji8776/archives/52166029.html
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

天使や悪魔も人間目線なら対立してるようにみえても実際は対等な関係だったりかもですね

時にはきれいによりも荒々しい感じのほうが
うったえる力もありますしね

荒ぶるプリンさん、こんばんは(^-^)

そうそう、そうなんですよね。天使とか悪魔って、一神教と異教徒の宗教対立みたいなものだと思います。

絵が下手くそな自分が小手先でキレイに描こうとするより、勢いに任せて荒削りに描いた方が、禍々しい災厄を表現できるのではないかと思った次第ですが、その辺はコンセンサスが得られたようで幸いです。

おはよう

い・・いつの間にかゴジラがいる(笑)
新しく描きたしたのかな?

よしおさん、おはようございます(^-^)

はい描き足しました(笑)
シルエットだからゴジラかどうかわかんないかなーと思ったけど、わかっちゃいました?

はじめまして

おじゃまします!コメント有難うございました。

僕は戦争映画を好んでよく観るのですが、登場人物の心理描写を観るのが好きなんですよ。
その事によって人に銃を向ける心理を理解したいしたいのかもしれません、でも戦争を経験していない僕には理解できないですね、なんというかわかったふりは出来ても実感はわきません、そこには戦争経験者と未経験者の断絶がありますが、わかろうとする事によって差は埋めることができると思うのですよ、人はそうやって他人を理解するのだと思います。

大変遅くなりましたがコメントの返事を書きました、暇な時にでも起こし下さい。

ではでは。

S-KP61さん、拙ブログへのご訪問と完成へのご声援のコメントありがとうございます(^-^)

戦争映画がお好きなんですね。自分は戦争映画はプライベートライアンくらいしか見たことないですけど、怪獣映画は大好きです。
特撮監督の故川北監督が生前、怪獣映画は人が死なない戦争映画だといってましたね。
円谷英二も戦前は戦争映画を撮っていたと聞くし、ゴジラ自体が放射能から生まれた怪獣という設定なので、戦争映画は怪獣映画の原点なのでしょうね。

たしかにわからないですよね。自分は被災者ではないので、何度被災地に足を運んでも、被災者の心情を全部理解できるわけではない。わからないけど家や家族を亡くした悲しみはわかる。

急がば回れという言葉もあるように、わかったつもりになるより、自分にはわからないということを理解することが、相互理解への近道なのではないかと思った次第です。

No title

神という概念をつくりだした時点で、埋められない断絶が生まれたのかもと思っています。
人間は色々なものを分類してしまう、良くも悪くも。最近そんなことをよく思いますね。

それにしても、絵という形として表現できることがすばらしいですね^^

yagunaさん、完成へのご声援コメントありがとうございます(^-^)

区別や分類が差別やいさかいにつながるという考えもあるようですが、自分は逆に思想信条が異なるものが争わないように、区別や分類が必要だと思ってます。
人類皆兄弟なら国家なんて枠組みも存在しないと思いますが、兄弟は他人の始まりという言葉もあるくらいですしね。人類最初の殺人も兄が弟を殺しているくらいですし。

神という概念そのものが断絶ですか。深いですね。その言葉を胸に今後も精進していきます。

No title

先日はありがとうございましたm(_ _)m
早速お邪魔致しますヽ(´ー`)ノ

10月09日からの絵、完成お疲れ様でした。
解説も興味深く拝読し
上段と下段の関係も含めいろいろと考えさせられる内容でした。
ponchさんの文章は引き込まれるモノがありますね(*´艸`)

4年前の震災は本当に痛ましいものでした。
震災に関して当時も今も色々と思うことはありますが
このような壮大な世界を絵描けることに感服致しますヽ(´ー`)ノ

ヂオさん、拙ブログへのご訪問と完成へのご声援のコメントありがとうございます(^-^)

自己解説の拙い文章ではありますが、褒めてもらえると嬉しいです(^-^)

震災と原発事故に関しては今も思うところは多々ありますが、拙い絵ではありますが、この絵を見て何かを感じていただければ幸いです。

おはよう

ゴジラのシルエットって独特だからわかりやすいですよ~。
完成度が高いゴジラですからね(笑)

まさにそこにゴジラが居るようだ(^。^)

よしおさん、おはようございます(^-^)

まさにそこにゴジラがいるようですか。
自分にとっては最大の褒め言葉ですね。

たしかにゴジラってシルエットが独特でわかりやすいですよね。ちなみにこのゴジラはミレニアムゴジラです(笑)
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
21位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム