FC2ブログ

「孤独」の早死にリスクは「肥満」の2倍


 社会から孤立した生活は、早死にのリスクを14%も高めるという研究成果が発表された。この数字は、肥満による早死リスクのおよそ2倍に相当するという。

 この研究結果は、米イリノイ州シカゴで2月16日(現地時間)に行われたアメリカ科学振興協会(AAAS)の年次総会で、シカゴ大学のジョン・カチオッポ教授が発表したものだ。「UChicagoNews」の記事でも紹介されている。

 カチオッポ教授は、55歳以上の成人2000人を対象に、身体的・精神的な健康の衰え方を調査する長期研究を行ってきた。
 同教授によると、孤独は、主観的な幸福感を全体的に低下させるだけでなく、睡眠を妨げたり、ストレスホルモンである「コルチゾール」の分泌を増加させて血圧を上げるなど、さまざまな有害な影響をもたらす危険性があるという(過剰なストレスでコルチゾールが多量に分泌されると、血圧や血糖レベルが上がり、免疫機能が低下し、記憶に関連した脳の海馬が萎縮する等がわかっている)。

 英紙『Independent』に掲載された記事によると、カチオッポ教授は、退職後にこれまで自分を支えていた社会のネットワークから離れることで、孤立感が増大する可能性があると指摘している。「人々は退職というと、温暖な気候のフロリダ州で家を購入し、それまでの友人や家族から離れて、その地でずっと幸せに暮らしていく、というようなことを考える。だが、おそらくそれは得策ではないだろう」と、同教授は警告する。

 では、孤独による早死にを防ぐためにどんなことができるだろうか? 友人や家族と過ごす時間を増やしてみよう。
「本当に大事なことは、人間づきあいと、相互に支え合うことだ」と、カチオッポ教授は米紙『USA Today』の記事で述べている。「人生におけるストレスや困難は、信頼できる人と分かち合えば、より耐えやすくなるのだ」
[(English) 日本語版:丸山佳伸、合原弘子/ガリレオ]
 

 うーん、でもこれって定形発達者のケースだよね。自分みたいにコミュニケーションそのものがストレスになってしまう発達障害者はどうなんだろう。
 孤独なデブはどうなるんだよって、話もあるしなあ(´・ω・`)
 やせた一匹狼と明るいブタのどちらかを取れといわれたら、自分は前者かな。

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ponchさん、こんにちは^^

「孤独」と「孤独感」は違いますよね・・・
あまりにも異質な人たちだと、
人々の中にいるほうが「孤独感」が強いことも多いですね。
「孤独感」は、共感の生じる相手じゃないと癒されないと感じます。
なので、一人でいるほうが「孤独感」か少なく、
心安らかなことも多いのではないでしょうか。

Korvaさん、こんにちは(^-^)

そうですね。自分の場合は家にひとりでいるより、集団のなかにいるときの方が孤独感を感じますね。
発達障害の最大の問題点は、集団に馴染めず常に孤独感を感じていることでしょうか。

自分にとっての孤独感は目の前に泉があるのに、自分だけ水を飲めないことで、孤独はどこにも飲む水が無いことだと思います。

どうせ飲めない水なら、最初から無い方がマシと考えるのが人情でしょうね。

自分の孤独感が癒やされるときといえば、自分の過疎ってるブログにコメントが来たときとか、たまたま自分が誰かの役に立ったときとか、たまたま自分の絵が売れたときくらいでしょうか。

孤独感の正体は、満たされない承認欲求、見出だせない存在理由ではないかと思います。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
38位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム