FC2ブログ

二者択一

※今回の記事は政治関係の記事ではありません。
サンダール(毛沢東)

 発達障害の人間がよくやっちゃうのが、何でもかんでも白黒つけたがることだと思うが、自分が思うに白黒思考が発達障害者を孤立させてしまう最大の原因ではないかと思う。
 自分の意に沿わない人間は全員ネトウヨ認定するネトウヨ連呼厨や、女を処女とビッチのふたつに分けて女全員を敵に回すキモオタの処女厨のように、他人を敵と味方に分ける白黒思考は、少しでも自分の意に沿わない人間を敵に分けていくうちに、自ずと周りが敵だらけになって孤立してしまう。
 ネヨウヨ連呼厨のパヨクの意に沿わない人間が全員ネトウヨなら、日本中世界中がネトウヨになってしまうだろ。自分はもともと左寄りでソ連軍の制服が好きな共産党支持者だったが、パヨクのネトウヨ認定にぶちキレて、じゃあネトウヨでいいわと開き直って、ナチの黒服が好きなバリバリの軍国主義者のネトウヨになってしまった人間である。パヨクのネトウヨ認定が無ければ、今でも自分は左寄りの共産党支持者だったと思う。
 もっとも親のすねかじりの引きこもりのキモオタの処女厨は、孤独死するまで女に会うこともないだろうから、日本中の女を敵に回しても痛くも痒くもないんだろうけど(´・ω・`)

 友人関係で一番やっちゃいけないのが二者択一を迫ることだと思う。友達とケンカしてオレとあいつのどちらかをどちらかを取れと二者択一を迫る奴がいたら、自分なら迷わずそいつを切り捨てる。
 自分もそのようなケンカのとばっちりでかなりイヤな思いをしたことがあるが、ケンカするならタイマンでやれよ、無関係の人間巻き込むなと声を大にしていいたい。

 二者択一を迫る人間は自ずと孤立してしまうというのは歴史が証明している。

 戦後国共内戦で敗北して中国を追われ台湾に落ち延びた蒋介石と蒋経国の父子と国民党軍は、落ち延びた台湾に中華民国の亡命政権を立ち上げたが、蒋介石は後に中華人民共和国を樹立した毛沢東とふたつの中国の覇権争いに身を投じていく。
 蒋介石は中国と国交を結んだ国を断交していったが、国連では常任理事国だった中華民国は常任理事国の座を共産党政権の中国に横取りされてしまい、メンツをつぶされた蒋介石は独断で国連脱退してしまい今に到る。
 ふたつの中国を巡る覇権争いは、ふたりのハゲの権力争いでもあったが、勝負は額の髪が後退するように蒋介石が敗退することになる。
 蒋介石にしてみれば、常任理事国の座を毛沢東に横取りされてメンツをつぶされて国連に留まるのは耐え難い屈辱だったのだろう。曲がりなりにも一国の元首なら自分のメンツよりも国のことを考えるべきだと思うのだが、国より自分のメンツを重んじる中国の権力者には、国を思う気持ちは微塵も無かったようである。

 たったひとりのハゲジジイのチンケなメンツのせいで、台湾は世界の孤児になってしまった。

※次回の更新は12日(月)になります








現在の閲覧者数:





中国にはハゲの政治家しかいないのかよッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは^^

なるほど、『二者択一』ですか・・・
自分にもそう言えば、物事を善悪のどちらかでしか見れないような、そんな節がありますね^^;
ネット民は『ネトウヨ』か『パヨク』かのどちらかの視点でしか物事を見れないし、政治家連中に至っては、これは日本だけではないのかも知れませんが、野党は自民党時代にしろ民進党時代にしろ政権奪取の為の「反対の為の反対」しかしないですね^^;
「糺すべき所は糺し、協力すべき所は協力する」、これが本来の『野党』の姿だと、思うんですけどねぇ・・・
自分ももっと、中立公正な視点で物事が見れる術を、身に付けたいと思います・・・

なるほど、台湾も色々、あったんですねぇ・・・
そう言えばロシアには、『ハゲフサの法則』ってのが、ありましたねw

ほぇ~

MMは、ホントにおばかなので
台湾さんは、そんななんですね。
でも台湾さんって中国とか韓国より
日本に優しいですよね。
二者択一ですかー。
MMは、なんでも曖昧でグレーに
しちゃうのでそれもよくないですよね。
ってか忍者彗星様!ハゲフサ?ってなんですか?
気になっちゃいますよ。

教えていただき感謝!

こんにちは(*^o^)/

一言政治に関わる何かを発言するとパヨクの人はネトウヨ扱いするし、
ネトウヨの人はパヨクだと言いだすことがあります。
おそらく世の中は右翼でも左翼でもない中間層が大多数です。

ponchさんのおっしゃる通り白黒はっきりしている人よりも、
グレーゾーンが多いのだと思います。
思想信条が自分と100%同じ人間というのを見つける方が難しいです。
家族ですら価値観は違ってきます。

問題なのは白か黒の二色しかないレッテル貼りではないでしょうか。
例えば発達障害にしても広汎性とあるように、
人によってどんな症状があるのかは違いますよね。
精神障害にしても躁病の人とうつ病の人の症状はほとんど反対です。

以前私自身のブログに人格障害の元友人の話を書きましたが、
私は付き合ってみてどうしても合わない人は差別と言われようが付き合えません。
しかし、この名前の人種だから最初から付き合わないとはしないようにしています。
レッテルを貼って人を分けるというのが私は好きではないからです。

ponchさんのように発達障害の症状で二者択一になってしまうのは、
生きるための知恵という部分もあるかもしれません。
ちゃんとご自分の障害の部分も客観的にこうして表現できてご立派だと思います。

政治イデオロギーは違いますが、他にponchさんの表現されるものに共感します。
これからも発達障害のことやponchさんご自身のこと教えてくださいね♪

No title

ジュディ伍長、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、日本の野党は自民党批判ばかりで、全然社会的弱者の方を向いてないので、北朝鮮の拉致事件が明るみに出た時点で野党を支持するのをやめてしまいました。

たしかに男は全般的に白黒つけたがるところがありますよね。
ASDの自分も白黒思考というか二者択一になりがちなので、もっと選択肢を増やした方がいいのかなと思います。
自分は完全な中立は有り得ないと思っているので、できるだけ公正公平にものを見たいと思っています。

ええ台湾もいろいろあったというか、今も中台統一するのしないので現在も揉めてますね。
政治的な問題で繁体字を使ってる台湾も最近は日本の新字体を使ってるようですが、中国の簡体字は現在でも使ってないようです。

そういえばレーニンはハゲでスターリンはフサフサでしたねー。
旧ソ連ではハゲが革新的で、フサフサがハズレといったようなハゲフサ理論がありましたよねー。
フサではスターリンやブレジネフやチェルネンコなどがいましたが、ロクな政治家がいませんでしたね。
スターリンに到っては粛清が好きな独裁者でしたが、虐殺した人数ではヒトラーを上回っているのではないかと思います。

No title

MMさん、こんばんわ(・∀・)ノ

いえ自分のように頑固で融通が利かないよりも、MMさんのように柔軟性がある方がいいと思いますよ。
ふたりで足して2で割ったらちょうどいいかも。

記事の後半も読んで頂いてありがとうございます(^-^)/
後半の記事はかなり端折ってるので、中国のふたりのハゲの話は話半分で見てもらえればいいですよ(*´-`)
そうですね、台湾が比較的親日的なのは過去の統治もあったと思いますが、地理的な立場が日本と近いのと、台湾と日本は中国と対立してるので、敵が共通してるというのもあるかも知れませんね。
あと中国や韓国よりも気候が温暖というのもあると思います。

ハゲフサ理論というのは、旧ソ連の政治家はハゲは当たりだけど、フサフサはハズレという理論なんですよね。
ハゲの政治家ではレーニンとフルシチョフとアンドロポフとゴルバチョフがいましたが、旧ソ連では革新的な政治家でした。
フサフサの政治家ではスターリンとブレジネフとチェルネンコがいましたが、ブレジネフとチェルネンコはいずれも日本でいえば民主党並の愚政で悪評が高く、スターリンに到っては粛清が十八番の独裁者でしたから問題外ですね。
要するに旧ソ連ではフサフサの為政者にはロクな人間がいないということです。
今世紀のロシアの政治家でも、メドベージェフはプーチンの傀儡などと揶揄されるなど、ポッポや岡田ほど酷くはないにせよ、お世辞にも偉大な政治家には見えませんね(^-^;)

No title

在嶺結為さん、こんばんわ(・∀・)ノ

たしかに人格障害ともなると友達としてつきあうのは難しいですよねー。
医者やカウンセラーでも手に負えない人格障害から逃げるのは差別でも何でもないと思いますよ。
至極まっとうな判断だと思います。

そうですね、同じ精神障害でもうつ病は脳内物質の不足で起こるといわれてますが、統合失調症は脳内物質の過剰分泌で起こるのが近年ではわかってきています。
強いていえばうつ病は蛇口をひねっても水が出ない状態で、統合失調症は蛇口が外れて水が出しっぱなしになってる状態でしょうか。
あと操病というのは操うつ病のことでしょうか。操うつ病患者が操状態のときはうつ状態とは正反対ですが、操状態の後には必ずうつ状態になるので、現在は操病という診断名は存在しないと思います。
同じ理由で最近は拒食と過食は月の満ち欠けのように繰り返すのがわかってきているので、拒食症とか過食症とはいわず、摂食障害で統一しています。

No title

こんばんは~。

白黒つけたがる…若かりし頃の自分にもそういうとこはありました。
以前にも言いました通り僕にも多少は発達障害の気があると思うので余計にそうだったかも知れません。
いい歳になった今では、白でも黒でもなく右でも左でもなく、いや白でも右でもいいけど少しは曖昧な余裕のある部分は必要だなと思うようになりましたが。
ま、物事や他者の行動の一片だけを見て何でも決め付けて掛かるのは頂けないですよね。

しかし僕は隣国に関しては…昔は学校の左翼教育のお陰で悪く思うことは無かったですが、
実際リアルに何人ものK国人と接して、そして現在も続く連中の矛盾だらけで身勝手な主張を聞いて、
「あ~…だめだこいつら…」と思うようになっちゃいました。
特に差別意識がある訳では無いんですが、いい加減に嘘の教育や小児病的な対外的言動を改めて目を覚ませ!と思ってます。

第三者を巻き込んで二者択一をせまり、意にそぐわないと敵認定したり脅してみたり…居たな、そんな奴(汗)
そういう奴って本気で自分は100%正しい!と思い込んで自省するという概念も持ってませんからね。なので話すだけ無駄という感じ。
結局孤立していくのも当然と言えば当然ですね。

初代台湾総統のハゲヂヂイ…そしてその一派の外省人のおかげで前から台湾に住んでた人達も言わばいい迷惑でしたね。
未だに土着の人達と外省人の間には少々軋轢があると聞きますが…。
ハゲヂヂイ、今でもお札の肖像画としてしっかり健在ですよね(笑)

No title

白黒つけるのが必要な時はあっても、
それを他人に強要したらいけませんよね。
強要したりするそういう面も目をつぶってくれるならいいですが、
大概の人はそういう事をされると離れて行ってしまいますし、
孤立する原因になりますしね(><)

No title

いぬふりゃさん、こんばん(^ω^∪)ワーン

いぬふりゃさんも割りと白黒つけたがるところはあるんですねー。
ADHDの発達障害者はリタリンを飲んでも多幸感は無いので、ADHDではないと
思いますが、発達グレーの可能性はあるかもしれませんねー。

昔は自分も中間には比較的同情的だったんですけどねー。
最近は中間が嘘つきだというのがわかってしまいましたし、現在進行形で
強請たかりばっかりやってるので、思い切り嫌いになりましたよ。
連中の悪行三昧を見ても中間が好きという人間がいたら、タダのバカか売国奴しか
いないでしょう。

ええいましたよねそんな人。友達とケンカするのは勝手ですが、自分のケンカに
いちいち他人を巻き込まないでもらいたいですね。
自分には無関係なケンカのとばっちりで暴言吐かれたらたまったもんじゃありません(-_-#)

蒋介石がお札になってるんですかー。それは初耳でしたねー。
台湾も未だに本省人と外省人との軋轢はあるみたいですね。
国民党が本省人を虐殺した2・28事件も深い溝を残していると思います。
それに加えて中国からの圧力もありますし、台湾も色々大変な国ですよね。

No title

ツバサさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、自分に白黒つける分にはまだいいのですが、
他人に白黒つけるのは絶対にやっちゃいけないと思います。
ですよねー、二者択一を迫るような人って十中八九面倒な人間ですから、
自分なら迷わずそいつを切り捨ててしまいます。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
38位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム