FC2ブログ

スタンドアローン・コンプレックス4

近くて遠い


 ASDの人間は他人の気持ちがわからないから、どんなに近くにいても心は離れているような疎外感を常に感じている。

 常に近くて遠いのを感じている。

 発達障害者が定型発達者よりも距離が近いといわれてしまうのも、どんなに近くにいても、心は離れているように感じているので、相手が不快に思った距離まで踏み込んでしまうのだと思う。

 自分もうっかりそれやっちゃって、それまで親しかった人が急に離れていったことが何度かあるので、最近はなるべく他人には近づかないようにしている。

 人はひとりでは生きていけないという言葉は、たしかにその通りかもしれないし正論なのだろう。しかし自分のように持って生まれた障害で、人から疎まれて友達ができず孤立してしまうことが多い自分には、人はひとりでは生きられないという正論は何の救いにもならなかった。

 自分にとって、人間はひとりじゃ生きていけないという正論よりも、孤独や孤立を怖れるなという言葉の方がよほど救いになる。









現在の閲覧者数:





くまモンがいるからひとりじゃないモンッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはよさま――(゚▽゚*)♪。.(✿╹◡╹)ノ☆.。₀:*゚ 


人との関わり方ってー難しいわよねぇー💦(;´・ω・)



そうそうー黙っていても..ポッチン🎶

してるからにゃーーん( *´艸`)プププー

No title

まんねんずさん、おはようございます\(^o^)/

ですよねー、自分にとっては人との適正距離の取り方が一番難しいです。

いつも応援ポチありがとうございます\(^o^)/

こんにちは~。

そうね~。
ホント難しいですよね。

私も応援ポチ、しに来ますからね~ (o^―^o)

No title

冷凍SANMAさん、こんにち(=^ω^=)ニャーン

ですよねー、本当に難しいですー(^-^;)

いつも応援ポチありがとうございます\(^o^)/

No title

ponchさん、こんばんニャーン(=‘x‘=)

人は一人では生きていけないか~。
間違いではないですけどね。
大元を言いましたらお米を作る人もいるし野菜を作る人もいるし・・・
なのですが近くで言うと友人や親兄弟、恋人、みたいなところでしょうね。
そう考えますと嫌でも一人で生きていかないといけない状況の人もいるわけです。
友達も出来ない、恋人も出来ない。
一人で生きていかないと仕方がない。
人って色々ありますよね~。
これがその人に与えられた運命なのでしょうね。
いかにその運命を受け入れて生きていくかそこが生きる難しさですね。

No title

仲良くなるのもまずは距離感を掴まないと、
近すぎたり、逆に遠すぎたりして、
なかなか難しいですもんね。
人は一人で生きていけないというのは正しくても、
全員がそれをできる訳ではないですしね(><)

No title

ponchさんの文章は胸に沁みます。
定型発達?のはずの私自身でも、人間関係って難しいと思うし、娘の様子を見ていると、比べられないくらい大変そうだとも思います・・・
ほんと、世の中にはいろんな人がいるのだから、上手くいくことも、ぶつかることも、すれ違うことも、いろいろありますよね。
でも、娘もいつも「孤高がいい」と言ってるように、孤立していても「自分」をしっかり持っていたらカッコいいです。
ponchさんにも、そんなカッコよさを感じます。

No title

たらこさん、こんばん(=^ω^=)ニャーン

ですよねー、自分のように持って生まれた障害で友達も恋人もできず
孤立しがちな人間にとって、人はひとりでは生きられないという言葉は
何の救いにもなりませんでした。

ひとはひとりでは生きていけないという正論を、
ドヤ顔で他人に押しつける人は無神経に感じてしまいます。

No title

ツバサさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ですよねー、他人との適正距離の取り方は難しいですよねー。
誰もが手を取り合って生きていけるわけではないと思います。

No title

ナカリママさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、自分は人はひとりでは生きられないという正論を振りかざす
無神経な人間になるよりは、孤立や孤独を怖れない人間でいたいです。

ponc様、「ブログ」はみんないますよ!

えいしんです。

リアルな人間関係は、とても難しいと思います。
でも、ponc様、「ブログ」なら、みんないますよ!
お互い「リアル」では知らない者同士ですが、「ブログ」の中では、コメントを交わす「仲間」だと思いますよ。
「お互いを知らない」からこそ、「踏み込んも大丈夫」なのではないでしょうか?
私も、今年から始めてブログを経験して、「見知らぬ人」からのメッセージを頂き、「リアルな友人」とは別次元の「仲間」意識があります。

それでは、お疲れさまでした。

No title

えいしんさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、自分もブログでコメントを交わす方は皆仲間だと思ってます。
友達を作るのは難しいですが、仲間なら簡単にできますよね。

基本的に自分はリアルの知人とはネット上では一切関わりを持たないように
してますが、リアルではいえないこともネットではいえるように、
相手を知らないからこそ踏み込める一面もあると思います。

No title

距離感の取り方って本当に難しいですよね。
「ひとりじゃ生きていけない」という机上の空論ではなく
実践的な言葉のほうが身に染みるっていうのはとてもよくわかる気がします。
わたしはponchさんとはまた違う事情から、リアルで人と意図的に関わりを持たないようにしてるのですが、かといって孤独が大好きというわけではなくできることなら緩やかに繋がれる仲間が欲しいわけですが、それがどうも上手くできないからネットをしているというところがあります。
ネットだと不思議と関わり続け合うことができるので。
あと、ちょっと的外れな意見かもしれませんが、わたしは社交辞令にまだるっこしさを感じるタイプなので、率直な意見は嬉しかったりします。
ponchさんは、少なくともわたしから見たら、不用意に踏み込み……ということはないように見えますし、むしろ毎回いただくコメントやブログの記事などは真摯で噓が感じられず、胸に刺さるものがあり、毎回元気をいただいております。

No title

canariaさん、こんにちは(・∀・)ノ

ですよねー、他人との適正距離の取り方って本当に難しいと思います。
自分が不用意に踏み込んでしまうこともあれば、ズカズカ踏み込まれて
イヤな思いをすることもあります。

障害の特性上率直な物言いしかできないのですが、そのようにいって
もらえて嬉しいです。ありがとうございます。
自分自身も社交辞令を額面通りに受け取って、恥をかかされたことが
何度かあるので、社交辞令が苦手です。

自分の場合は仲間は比較的簡単にできますが、仲間から一歩踏み込んだ
友達ができないのが泣き所ですね。自分は仲間より友達が欲しいです。

No title

ponchさん、こんんちは^^

「孤独や孤立を怖れるなという言葉の方がよほど救いになる」

これは、全く同感です。
私も、集団が苦手な スタンドアローン・タイプなので、
ponch さんの感じる疎外感がよく解ります。
お互い、めげずに、頑張って生きてまいりましょう。

No title

korvaさん、おはようございます\(^o^)/

korvaさんの同意が得られて心強いです。 ありがとうございます(^-^)v
自分は救いにならない正論よりも、自分の信条を重んじます。
お互いめげずに頑張って生きていきましょうp(^-^)q
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
34位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム