FC2ブログ

拍手4千回御礼記念企画第二弾ッッ・イルクート神話第4話

第2章-創生
 クロトは死んだムルチの骸で大地を創り、ムルチの血から海を、骨で岩を、脳で雲を、そして頭蓋骨で天空をそれぞれ創りだした。ムルチの右眼は月になり左眼は太陽になり、ムルチに喰われた古の神々「古きもの」の魂は、天に昇り星となった。
 世界中に散らばったオルガの命を拾い集めなければ・・・だがどうすれば・・・。
 クロトはムルチの血で真紅に染まった海を見ながら、途方に暮れていた。日も暮れようとしていた。
イルクート神話第4話2


 今回は拍手4千回御礼記念企画第二弾として、イルクート神話第4話をお送りしました。いつも拍手してくださってる皆さん、いつも本当にありがとうございます\(^o^)/

 今回は世界名作劇場かミレーの落ち穂拾いのような退屈な展開の話になってしまいましたが、次回はもっと退屈な展開になります。クロトは農婦か海女さんにでもなるつもりなのかといいたくなります。
 北欧神話では神さまが3人で世界を創ったそうですが、こちらの神さまは、ひとりはサボってるし、もうひとりは身体半分無いし話にならないですね。口の悪いねらーが見たらだから女はダメなんだといわれそうだ。クロトの大鎌は農作業にも使えるけど、グローズヌイの十字槍は農作業には使えなさそうだ。

 実は今回のイラストは行程の半分近くをフォトショで彩色してるのですが、いつものショボいアナログ絵とあまり変わりませんね(^。^;)
 イルクート神話は拍手千回ごとに一話公開しています。続きが見たいよいこの皆はいっぱい拍手して(=^ω^=)ニャン

追記
 おきまちあきさん、拍手コメントありがとうございました\(^o^)/
 拙い絵ではありますが、幻想的といってもらえてとっても嬉しいです(*´∀`)
 マンガも見たいですか。欲張りだなーもー(^o^)

※次回の更新は27日(火)の深夜0時過ぎになります。 








現在の閲覧者数:





海女さんになったクロトを見てみたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

イルクート神話は拍手千回ごとに一話公開なのですね。次は五千回ですね、
わたしも及ばずながらポチポチして一日も早く続きが見れるように
応援したいです!

創世ということで世界があらかた出来上がっていく過程が神秘的に描かれてますね。
退屈な展開だなんてとんでもないです!
まずイラストに圧倒されました!
コラボ企画などで目にした女神達とはまた違い、やはり本筋の女神たちは
存在感が圧倒的だと改めて思いました。クロト様のかっこいいこと……
クロトはもちろんそうですが、心なしかグローズヌイ様も途方に暮れてるよう。
これからどうやって散らばったオルガの命を集めればいいのか……

今回は半分近くをフォトショで彩色されたということですが、
なるほど、それでいつもと少し雰囲気が違ったのですね。
空と海はアナログでしょうか?
色彩がとっても鮮やかです……!

コンビニのスキャナ機能など、いろいろな手法にponchさんが挑戦されている
感じがうかがえます^^
これからもイルクート神話、続きを期待してます!
拍手五千回目指して……!

No title

canariaさん、こんにちは(・∀・)ノ
いつも応援ポチありがとうございます\(^o^)/

実は天地創造の過程は北欧神話のコピペなんですよねー(^-^;)
ユミルをムルチに変えてるだけで北欧神話のパクリといわれても
しょうがないでしょう。
グローズヌイも途方に暮れてるように見えますか。彼女は沸き上がる自分の
暴力衝動を、今度はどこに向ければいいか途方に暮れてるのでしょう。
見た目は女だけど、身長180あるし、過去に女を何人も孕ませてるので、
中身は男だと思います(^。^;)

地面は自動選択ツールで塗りつぶして、女神たちも仕上げはフォトショで彩色
してますが、イラストは空と海は手描きですね。今回は敢えて禍々しさを
出したかったので、海も空も筆がのたくってるようなタッチで描いてみました。
空の星と血糊はフォトショで描いてます。何度でもやりなおしができるのが
デジタルの強みだと思います。
実はこの絵まだ未完成なので、後日また見に来て頂けると嬉しいです。

いつも応援ありがとうございます\(^o^)/
拍手5千回までには次の話も描きあげたいと思います。

No title

ミレーの落ち穂拾いならぬ
オルガの命集め

これは途方もない時間を費やすでしょうね

夜空に血塗れの三日月に
血の海と今回は幻想的な雰囲気もいっそう感じられますね

拍手千回ごとに更新なんですね
次もがんばってくださいね

No title

荒ぶるプリンさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ミレーの落ち穂拾いならぬ、オルガの命拾いですか。
プリンさんもなかなか上手いこといいますねー。

そうですね、ムルチの血から海を創ったということは、太古の海は
真っ赤だったのではなかったのかという発想になりました。
赤い血の海がどのようにして、現在の青い海になったのかは、
次回の話で描いていきたいと思います。

はい拍手千回ごとに一話公開です。次回の話は拍手5千回超える
までに描きあげたいと思います。

こんばんは^^

なるほど、世界は全てムルチの遺体からできたのですね^^
まさに『神話』って感じの、幻想的な展開とイラストで、好きです^^
次は拍手5,000回目ですか^^
頑張って、拍手しますね^^

前回首だけになってしまったオルガさんも、上半身まで完成しましたね^^
北欧神話・・・自分は『オーディン』と『トール』と『フレイア』しか知らなかった><
世界を作った3人の神・・・何て名前なんだろ?

No title

312号さん、こんばんわ(・∀・)ノ
いつも応援ありがとうございます。

褒めて頂いてありがとうございます。
次回はもっと退屈な展開になってしまって申し訳ないのですが、拍手5千回までには何とか描き上げたいと思います。

北欧神話で世界を創ったのはオーディンとヴィリとヴェーの三人の神ですね。
イルクート神話で最初に生まれた女神クロトは、北欧神話の最初の神ブーリに相当しますが、北欧神話の最高神オーディンに相当すると思われるグローズヌイは、クロトが血まみれになってムルチの死体を解体してるのを横で鼻ほじって見てるような奴なので、性質的にはロキに近いといえそうです。

以上、ネットからのコピペでした。

こんばんは

企画ですか。
頑張ってるのですねぇ~。
お疲れ様です。

No title

よしおさん、こんばんわ(・∀・)ノ

はい頑張ってます。いつもありがとうございます\(^o^)/

こんばんは

文章といいイラストといい、神話の真髄を貫いていますね!これからがますます楽しみですので…拍手ポチっと!!

日が暮れようとしていた…何かが起きる予感!!ワクワク!

No title

見張り員さん、こんばんわ(・∀・)ノ
応援ポチありがとうございます\(^o^)/

実は今回の文章は北欧神話のコピペなんですよねー(^-^;)
北欧神話のユミルをムルチに変えてるだけなので、北欧神話の
丸パクリといわれても文句いえないですねー(^-^;)

次回の話は今回以上に退屈な話になります。何かが起こるのは
6話以降になると思いまーす\(^o^)/

おはよう

頑張るのもいいですが、無理しすぎて体調を崩さないようにねぇ~。

No title

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪さまです

ぱっと目に入り込んだのは血の海よー✨
ネバネバした粘っこい血から 臭いがープンプン
それと対照的な
惨劇後にも拘わらず💦
全てを包み込もうとする暗黒直前の空ね

これからの展開にワクワク

応援ポチよん☆彡

No title

拍手千回ごとに一話公開との事なので
続きを早く見られるように、頑張ってポチりに来ますね♪

ヌイ様の暴力衝動を納めるには早く他の人間(又は神?)を
あてがってあげないと・・・!
まさか手近にいるクロト様に手を出し・・・たらちょっと見たいです(>_<)

空と海はアナログなんですね。
混沌として禍々しい感じが出ていて幻想的です。
今後のこの世界にも期待です。
青い海に変わった時の絵も大期待しています~(*^-^*)

No title

よしおさん、こんにちは(・∀・)ノ

そーですね。ちょっと暑いとすぐにだるくなってしまうので、
来月は創作活動をお休みしようかと思います。

No title

まんねんずさん、こんにち(=^ω^=)ニャーン

そーですね。文字通りの血の海ですから、さぞかし血生臭いことかと思います。
海と空は筆がのたくってるような禍々しさを出したかったので、
敢えて手描きにしました。

いつも応援ポチありがとうございます\(^o^)/

No title

りえ太さん、こんにちは(・∀・)ノ
いつも応援ポチありがとうございます\(^o^)/

グローズヌイの手近な性欲処理ならサンダールと木偶人形のスベタがいますが、
ふたりの登場はずっと後になってしまうので、グローズヌイが最初に手を
出すならオルガになりますかねー。
肉体を持たないクロトにグローズヌイが手を出すことはないですー(^。^;)
オルガを孕ませちゃったグローズヌイに怒り心頭のクロトが嵐の大ゲンカという
展開なら考えてます。

空と海は筆がのたくってるようなタッチで禍々しさを出したかったので、
敢えて手描きにしました。
真っ赤な血の海がどのようにして青い海になったかは次回描きます。

次回をお楽しみにッッ\(^o^)/

4話目だ!
オルガの体を集めきることは
できるのか!?
続き楽しみにしてます!

No title

ponchさん、こんばんニャーン(=‘x‘=)
おぉっ、四話目の更新ですね。
ムルチの体が壮大で万能なんですね~。
やる気のないのはグローズヌイですか?(笑)
グローズヌイも仲間に加わったのでしょうかね?
オルガ様の半身姿もなかなかシュールですね(笑)
すみません、笑うところじゃなかった・・・(´Д` )

ponchさん、さすが絵師様。
色塗りがお上手です。
海や空とかクレヨン見たいな感じもしますが絵の具でこすりつける技法をされているのでしたっけ?
いや、(;´Д`)スバラスィ。
拍手5000回まで後、800くらいですので応援ポチしておきますね。
クロトのあまちゃんも見てみたいですしジェジェッ(‘jj’)

因みに関西では相手の事を自分という人もいますが人それぞれですね。
うちの母は相手の事を自分って言いますけど僕は自分の事を自分って言ってます。
「自分は~でありますっ!!」

こんばんは

そうですね。
無理しない程度に過ごしていけると良いですね(^0^)

No title

味噌しるさん、こんばんわ(・∀・)ノ

はい皆さん待望の4話です。世界名作劇場とミレーの落ち穂拾いのような、
退屈な話になってしまいましたが、次回はもっと退屈な話になります(^q^)

オルガの話が出てくるのは6話以降になりますが、それまで気長に
お待ち頂ければと思います。

No title

たらこさん、こんばん(=^ω^=)ニャーン
いつも応援ポチありがとうございます\(^o^)/

グローズヌイは暴力と破壊の女神なので、自分より弱い者のいうことは絶対に
聞かないんですよねー(^。^;)
というか地上最強の男を自称するサンダールを足蹴にしたり、自分のオチンチン
くわえさせるなど、自称地上最強の男に最大の屈辱を味わせるような傲岸不遜な
女(?)なので、多分彼女より強いものはこの世にいないのではないかと思います。

オルガが身体半分無いのは、デビルマンのラストシーンのパロディなんですよねー。
世界の始まりがデビルマンのラストシーンのパロディというのもなんですがf(^_^)

海と空は絵の具がのたくってるような禍々しさを出したかったので、
敢えて手描きにしました。
海女さんのクロトは次回描きます。次回もお楽しみに\(^o^)/

なるほど、関西でも人それぞれなんですね。
関東では自分は一人称に使ってますが、二人称で使ってる人はいませんね。
いたとしても都内在住の関西人だったりしますし(^。^;)
自分の場合は本名も男女両方に使える名前なので、一人称も男女両方に使える
自分が一番しっくりきます。

No title

よしおさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、よしおさんもあまり無理しないように過ごせるといいですね(^-^)

No title

こんばんわ。

イルクート神話を読ませていただき、イラストを拝見してなんだか光瀬龍の「百億の昼と千億の夜」を思い出しました。
なんだかラストの阿修羅の背中を彷彿とさせる無情を感じます。

No title

泉坂さん、こんばんわ(・∀・)ノ
拙ブログへのご訪問とコメントありがとうございます\(^o^)/

百億の昼と千億の夜ですかー。最期は宇宙が滅ぶ話ですよね。
今回描いたシーンはデビルマンのラストシーンのパロディなんですけど、
そちらの話は原作の小説も萩尾望都のマンガも読んだこと無いんですよねー。
イルクート神話は出だしもいいところなので、宇宙が滅ぶ話のラストを彷彿させる
といわれると戸惑いを感じてしまうのですが、無に帰す場面と無から始まる場面は
似てるんでしょーかね。
ムルチと古きものが滅んだ時点で、古い世界は終わってるわけですし。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
25位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム