FC2ブログ

劇場版GARO~DVINE FLAME~

※今回見た劇場版ガロはアニメ作品ですが、ガロシリーズそのものは特撮ヒーローものなので、便宜上カテゴリを特撮にしてあります。


 今回の映画批評は昨年テレビ放映されたアニメ版ガロの映画作品である。最近はまったくアニメ映画を観てなかったが、アニメ映画を観るのは魔女の宅急便以来かもしれない。
 ガロも変態仮面と同日に観に行っているが、上映スケジュールの都合で変態仮面の映画を観た後でガロの映画を観ている。
 変態仮面はギャグで、ガロは残酷描写が多い変身ヒーローもの。変態仮面はマンガの実写映画だが、ガロは実写ヒーローシリーズのアニメ版といったようにあらゆる意味で対極の映像作品だが、今回のガロの映画もテーマは変態仮面同様「恋は盲目」である。理由は後述する。



 今回のガロの映画は時系列はテレビ版から4年後の話である。本編の主人公のレオンは異母弟のロベルトを将来の魔戒騎士にすべく日々鍛練を重ねていたが、ロベルトはある日何者かに連れ去られてしまう。

 レオンはアルフォンソとエマと共にロベルトを追うが、その道程で死んだ筈の父ヘルマンと盲目の謎の男ダリオと出会う。
 ヘルマンはある事情で期限つきでこの世に舞い戻ったが、まだ見ぬ息子ロベルトを連れ戻すべくレオンたちと行動を共にするが、ダリオは見るからに怪しいというか訳ありである。



 ダリオもまたレオンと同じ魔戒騎士で、今は無きバゼリア王国の王女サラと深く愛しあう仲だったが、ある事件をきっかけに運命は一変。
 怪物ホラーに襲われたところを辛くもダリオに助けられたものの、サラの美しかった顔は醜く焼け爛れてふた目と見れない顔になってしまう。



 人前に顔を出せなくなってしまったサラを慮りダリオは己れの目をつぶすが、顔同様に荒んでしまったサラの心がダリオに戻ることはなく、王国に火を放ち自ら王国の歴史に終止符を打ったサラはダリオの制止を振りきり、湖に身を投げてしまう。
 湖に身を投げたサラはホラーと一体化し、男は喰い殺し女は顔を剥ぎ取って殺す顔無しの怪物と化したが、サラが怪物となった後もなお、ダリオはサラを元の美しかった頃の姿に戻すための生け贄に幼いロベルトを連れ去り生け贄にしようとしていたのだった。

 
 結局ダリオは自分が守ろうとしていた女に喰われ、サラだったホラーと一体化して、黄金騎士ガロとの最終決戦になるが、倒される運命だったとしても最期は愛する女とひとつになれたのだから、彼なりに幸せだったのかもしれない。恋は盲目とはまさにこのことだろう。



 基本的にこの映画のストーリーは、大切なものを守るために闘う「守りし者」たちの群像劇だが、ダリオとサラの視点に立って見れば、ダリオとサラの悲恋物語と見ることもできる。
 美しい顔を失い自分を見失った悲劇のヒロインサラと、己れの目をつぶしてまで愛する女に忠義を尽くしたのに、自己犠牲がまったく報われなかった悲劇のヒーローダリオの悲恋物語である。



 こういったヒーローものにはつきものの自己犠牲だが、報われない自己犠牲が更なる犠牲を生むというのも皮肉な話である。
 「お前が協力すれば死んだ者を生き返らせることもできる」と仄めかすダリオの言葉に、4年前ララを守れず死なせてしまったレオンの心は揺さぶられるが、善悪を抜きにして考えれば、レオンもダリオも愛する女を守れなかった「守りし者」なのである。ダリオはまさにレオンの暗黒面そのものともいえる。
 男の自己犠牲に関しては、物語の終盤でロベルトとヒメナに何もいわずに立ち去ろうとするヘルマンに、エマがさらりと「そんなの男の勝手よ」というようなことをいってたが、女の視点で後に残された者の気持ちも考えろといってるようにも思える。
 今回のガロの映画の脚本を描いた小林靖子は、ジョジョシリーズの脚本も手がけてるが、ジョジョ第一部のラストでは描かれなかったジョナサン亡き後のエリナの気持ちを、エマにいわせているようにも思えた。



 映画版のガロは壮大なBGMとスピーディーなアクションも見応えがあるが、ヒーローものでは正義とされる自己犠牲が報われなかったらどうなるのかという疑問に一石を投じた作品だと思う。

 映画単体で観ても勿論面白いが、より面白く観たいと思ったら、小林靖子が脚本を手がけたジョジョ第一部のアニメを観てからの観覧をお奨めしたい。

※次回の更新は22日(水)の深夜0時過ぎになります。 








現在の閲覧者数:





お前は小林靖子の回し者かッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

GAROはちょっと前にやってた
実写のやつを見てましたね
母親が最初見てて録画で見るようになっていましたね

自己犠牲で救われるものもさらにそれで
悲劇が増していくのも
ヒーローものにはついて回る1つですよね

No title

荒ぶるプリンさん、こんばんわ(・∀・)ノ

お母さんもガロを観てらしたんですね。
ガロは最初のシリーズから見てましたが、アニメの映画を観たのは今回が初めてですね。
同日の午前中に変態仮面の映画を観て、午後はガロの映画を観るという、午前と午後の落差がこれほど激しい日はちょっと無いと思います(^-^;)

自己犠牲はジョジョをはじめとした少年マンガでは尊いものとして描かれてますし、実際その通りだと思うのですが、少年マンガでは自己犠牲が報われなかったらどうなるのかまでを描いた作品は見たことないんですよね。
アニメのジョジョの脚本を描いた小林靖子が、ジョジョでは描けなかった自己犠牲が報われなかったらどうなるのかを、今回のガロの映画で描いていたように思います。

No title

こんにちは~
この映画、面白そうですね^^
大阪・梅田でも確かポスターで大々的に宣伝してた気がします。
あの牙狼と何か関係あるのかな?と少し思ってましたw

声優さん豪華ですね~!!
浪川さんも堀内さんも朴さんもテイルズや龍が如くで惚れ惚れするボイスを披露してくれた声優さんでしたw
特に浪川さんは大好きですw

No title

ひろさん、おはようございます\(^o^)/

ええ面白かったですよ。映画館でアニメ映画観るの久し振りでしたが、萌え要素はありませんが、久し振りに燃えるアニメ作品だったと思います。

このガロにもザルバと番犬所が出てくるので、時代と場所はちがえど、世界観は一連のものになってると思います。

ひろさんは浪川さんがお好きなんですね。自分は賢雄さんが好きなんですけど、ふたりとも洋画では常連声優ですよね。

No title

おお、こんなアニメがあったのですね。
昨今のアニメにはなかなか見受けられない
重いテーマが自分好みです!

ponchさんは展覧会や映画やイベントなど、
積極的に外出されててえらいな〜と思います。
わたしはひきこもりがちなので
ponchさんのこういった記事がいつも刺激になっております!

No title

canariaさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ええ面白かったですよ。最近のアニメでは珍しく萌え要素はありませんが、スピーディなアクションも見応えありますし、人間の心の闇をディープに描いているので、ガロに限らず小林靖子が脚本を手がけた映像作品は、実写アニメ問わずcanariaさんの好みにも合うんじゃないかと思います。

小林靖子にゃんは萌え要素のある女の子もサクッと殺しちゃうような、エグい話もサラッとナチュラルに描いちゃってますからねー(^。^;)
自分は密かに萌え豚殺しの靖子にゃんと読んでます(笑)

No title

映画行ってきたんですねー!
炎の刻印は「え、特撮をアニメでやるの??」と面食らったものですが、案外面白く見れました。さすが小林靖子だぜ!!

記事ではストーリーについて触れていますが、映画のアクションシーンは面白かったですか?

ダークファンタジー

こんにちは。
カリメン2号です。

ガロシリーズは特撮にしろ、アニメにしろ、しっかりとしてテーマ性があり、そこが良いところだと思います。
特にアニメと特撮は、内容の設定も物語のテーマ性も、各作品が独立している事が良いですよね。

No title

かわたん、こんにちはー(・∀・)ノ

アクションシーンもアニメならではのスピーディーなアクションで見応えありましたよー。
ガロのCGも多分特撮と同じスタッフだと思うので、特撮と比べても違和感なく見れると思います。
最近のアニメにしては萌え要素は希薄ですが、最近のアニメにしては珍しい男の重厚感溢れるアクションは燃えると思うので、萌えよりも燃えが好きなら見ても損は無いと思います。

No title

カリメン2号さん、こんにちは(・∀・)ノ

ですよねー、ガロシリーズはそれぞれ独立した話を描いていながら、世界観を共有してるので、新しいシリーズでも比較的すんなり話に入っていきやすいのが、ガロシリーズならではの強みだと思います。

自分のブログは映画批評のブログというわけではないので、どうしても精査の粗い映画批評になってしまいがちなので、カリメンさんのところのきめ細やかな映画批評も楽しみにしてます。

こんにちはー。

おじゃましますー。

ガロ…、オタクのくせに全然知りません(がく
登場人物の微妙な感情表現とか気になります。

出直してきます!(逃げ

No title

S-KP61さん、こんばんわ(・∀・)ノ

全然問題ないですよー(^o^)
知らなくてもこの記事見て知ってもらえればいいですし。
ガロは結構面白いですからこの記事見て興味を持たれたら、
是非一度ご覧になってください。

No title

「劇場版GARO~DVINE FLAME~」をご覧になってきたのですね~。GARO自体はアニメ版のみ見ていましたが、
テレビアニメの方もなかなかいい出来だった印象があります(´∀`)
テレビアニメではレオンの魔戒騎士しての葛藤だったり、
色々な苦難を乗り越えて行くところが好きでしたが、
劇場版の方もなかなか面白いですね~。

No title

こんばんは(´∀`)

「GARO」は先日衛星放送で実写版を一挙放送していて、
たまたま見ていたのですがハマってしまいました。

アニメになっていたのは今回初めて知りましたが、
あの世界観はアニメの方が合ってるかも知れませんね。

お邪魔させていただいております!

「GARO」は、作品自体を観たことはないのですが、パチンコの広告で存在を知っておりました。
どのような物語なのだろうとずっと気になっていたのですが、ふむふむ。
変身ヒーローものなのですね。
自己犠牲要素があったり、悲恋要素があったり。
興味深い作品です(*^^*)

No title

ツバサさん、おはようございます\(^o^)/

ツバサさんはアニメ版を見てたんですねー。
ガロは一作目の特撮から見てましたが、アニメも魔戒騎士ならではの葛藤とか、守りし者から逸脱した魔戒騎士などヒーローの暗黒面も描いていて深みのあるストーリーになってたと思います。

No title

らすさん、おはようございます\(^o^)/

らすさんは衛星放送の実写版の一挙放送を見てからガロにハマったんですねー(^o^)
衛星放送でもガロの一挙放送やることあるんですねー。

そうですね。たしかにあの世界観はアニメ向きかもしれませんね。
実際アニメ版のガロは物語の舞台を中世の西洋にするなど、アニメならではの強みをいかんなく発揮していたと思います。

No title

まーさん、おはようございますッッ\(^o^)/

まーさんはパチンコでガロのこと知ってたんですね。
ガロも脚本はアニメのジョジョと同じせいか世界観もどことなく似てるし、ガロもジョジョと同じくらいグロいというかエグい場面が多いので、結構まーさんの好みに合うのではないかと思います。
魔戒騎士以外にも魔戒法師というものも出てくるのですが、法力を駆使して闘うところなど、ジョジョのスタンド使いにも似ているように思います。

No title

わぁー✨じっくりと見たいですねぇーーー✨( *´艸`)

応援ポチーー✨

No title

まんねんずさん、こんばんわー(・∀・)ノ

ええ是非とも一度じっくりご覧になってください。

応援ポチありがとうございました(^-^)v

No title

牙狼ってアニメもあったのですか~!!
まだ実写の方も見たことないのですが先輩に仮面ライダーブラック世代ならハマると言われてました。
僕、ブラック世代なので。
でも中々、見る時間はあっても他にやりたいことがあって後回しに(笑)
ちなみに内容とは関係ありませんがponchさんは絵を描かれるときどのような道具をお使いですか?
例えば僕ならコピックを使って色を塗ってます。

No title

たらこさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ええガロにはアニメシリーズもあるんですよ。
ガロもダークな世界観なので、
ブラック世代ならハマるんじゃないかと思います。

たらこさんはコピックユーザーなんですね。
自分は普段はアクリル絵具やカラーインク使ってますが、
手抜きするときは今はもう廃盤のステッドラーのブラシマーカー
とか、カラーマスターという顔料マーカーを使ってます。

No title

こんにちは^^

アニメ版ガロ?
私は実写版の黄金騎士牙狼しか見てなくて。
かっこよいです^^黄金の鎧が(´艸`*)

No title

紫水晶さん、こんにちわ(・∀・)ノ

紫水晶さんもガロ見てたんですねー。
鹿児島県でもガロの放送やってたんですねー。

アニメ版ガロも面白いですよ。
アニメ版ガロもザルバの声は影山ヒロノブがやってますし。
機会があったら是非とも一度ご覧になってください。

同居人6見ましたよー(*´∀`)
オリジナル作品で評価1000点もつくなんてすごいじゃないですか。
少女マンガ風なふたりはタカコさんの妄想だったんですね。
トシくんが悪寒をおぼえているのもタカコさんが幽霊だからでしょうか。
マンガ描くのって楽しいですよねー(*´∀`)
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
462位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
25位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム