FC2ブログ

人の心を抉るアウトサイダーアート



 アウトサイダーアートは発達障害者や犯罪者や美術教育を受けていない者など、美術業界のアウトサイダーにいるものが作った創作物である。
 障害者というと「心は天使」とかいわれがちだが、アウトサイダーというだけあって、実際には自分のように人の心を抉る反社会的な絵を描く者も多い。
 「障害者は心は天使」とかいうのは、社会的弱者の障害者を、感動ポルノのオカズとしか思ってない社会的強者の健常者側の傲りに過ぎない。
 障害者だって泣いたり怒ったりすることはあるし、障害者にだって性格の悪い人間は存在する。障害者だってひとりの人間だし、障害者は健常者を感動させるために生きてるわけじゃない。

 結局感動ポルノも、女をオナホールとしか扱ってない、昨今の粗悪なアダルトコンテンツとまったく同質のものである。
 ポルノを嫌う人間ほど感動ポルノは大好きだが、優れたポルノは「愛のコリーダ」のように人間の本質を描いた傑作も多い。正直感動ポルノという言葉も本物のポルノに失礼ではないかと思う。

 感動オナニーで充分なんじゃないだろうか。

 世の中には可愛い障害者と可愛くない障害者が存在するが、自分は間違いなく可愛くない障害者である。
 ここでいう可愛い障害者とは容姿のことではなく、健常者の感動ポルノのオカズになる障害者のことをいってるが、少なくとも自分を見て不快になる人間はいても、感動する人間はまずいない。
 そして自分自身も可愛い障害者になりたいとは思ってない。

 自分は薄っぺらい感動とかそういったものが大嫌いである。

 アウトサイダーアートは俗世間からは完全にかけ離れた、ブリザード吹き荒ぶ誰も訪れない不毛な凍土の荒野で育まれる、凡人には理解不能な荒んだ創作物である。
 アウトサイダーアーティストは、俗世間からは完全にかけ離れた、誰も訪れない不毛な凍土の荒野で、死ぬまで不毛な狩りを続ける孤独な凍土の狩人である。

 ガチでおかしいわけだから、凡人やメンヘラが奇をてらうのとはわけがちがうのである。

 刺青のような反社会的な表現活動や、女装やSMやスカトロやロリコンなどの異常性癖や、切断した自分の性器を料理するなどの行為もアウトサイダーアートの最たるものであろう。日本のロリコンは自分が性犯罪者と同じ、異常性癖の持ち主だということを自覚すべきである。現にヘンリー・ダーガーもロリコンだったのでないかという話があるくらいである。
 刺青といえば日本では罪人に刺青を入れていたという後ろ暗い歴史があるほどだが、刺青や切断した自分の性器を料理するといったパフォーマンスは、一度やってしまったら決して後戻りのできない究極のアウトサイダーアートである。
 自分の性器を切断して料理した男に至っては、心どころか身体を抉っている。だからこの記事のように、拒絶反応を示す人間も一定数は必ず出てくるわけである。

 自分の経験では障害者に理解があると思ってる人間ほどその障害者には無理解で、障害者を感動ポルノのオカズとしか思っていないことに無自覚である。

 少なくともブログのタイトルを「アウトサイダー」にしてる時点でお察しだし、自分を感動させてくれる感動ポルノではないことにファビョる人間こそ、少々頭が足りないのではないだろうか。

 健常者はノータリンの集まりか。

 自分の描いてる作品は基本的に人の心を抉る反社会的な内容のものばかりであり、ポルノではあっても決して感動ポルノには成り得ないものばかりである。

 そんなに感動ポルノが見たければ、24時間テレビでも見てろボケといいたくなる。

 アウトサイダーアートは人の心を抉るものである。

※明日は更新お休みします。次回の更新は22日(土)の深夜0時過ぎになります。








現在の閲覧者数:





ポルノが好きで何が悪いッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

ちょっとした情報等から
その個人に対してのイメージを作り上げていざ対面や対話したときに
少しでも違ったら今度は言いがかりつけられたりとかは
困ってしまうし、嫌なものだと思いますね


No title

荒ぶるプリンさん、おはようございます\(^o^)/

そうですね、障害者が全員純真無垢なわけじゃないし、ましてや健常者を
感動させるために生きてるわけじゃないんだから、障害者の勝手な思い込みに
応えなきゃならない謂れも無いんですよね。

日本は身体障害のような目に見える障害には優しいけど、自分のような発達障害や
精神障害のような見えない障害には、あまりにも理解が無さすぎるように思います。

No title

薫子に取ってこの記事はよく理解できるとともに
辛辣でもありました。。でも、ぽんち君が言っている
通りで、ぽんち君からしたら多分薫子は可愛い障碍者なのでしょうか
でも、可愛い障碍者としても、なんだか凹みましたよ。怒っているのではなくて、ぽんち君はそれだけ障害者として辛い目に沢山遭遇して
来たのだと思います。薫子は精神障害と発達障害と二つの障害を持っているのです。。。でも、声を大きくして言いたいです。薫子は人間なんだとね。。ぽんち君の
そんなにポルノが見たければ24時間テレビをみろは、正しいと思います。。
これ以上書くとエンドレスになるのでここらでおしまいにします(笑)

No title

薫子さん、こんにちは(・∀・)ノ

自分は薫子さんを可愛い障害者といった覚えは一度もありませんし、
薫子さんに向けてこの記事を書いているわけでもありません。
何で薫子さんがこの記事見て自分のことだと思うのか理解不能です。
薫子さんは自分のように他人から石投げられるような、可愛くない障害者に
なりたいのでしょうか。
あとコメントつけづらいようでしたら、無理にコメントしなくてもいいですよ。
薫子さんがこの記事を見て心を抉られたと思ったのなら、閲覧されない
ことをお奨めします。

No title

違う違う!!!上手く言えないけど、、、、なんていうか、、、、、
所謂感動したんです
ぽんち君の文章にね
書き方が下手でごめんね
全然無理してコメントしてません
この手の記事には飛びついてしまうんです
閲覧させて下さい

なんかすごく迫力のある分で感銘して
、、、、いい意味で凹んだのです
だって、薫子も同じだから
上手くコメント出来なくてごめんなさん

No title

薫子さん、こんばんわ(・∀・)ノ

こちらこそ誤解してたようで済みませんでした。
薫子さんも不器用なところはあるようですね。
気が向いたらいつでもご自由にいらしてください(⌒‐⌒)
閲覧もコメントもお気軽にどうぞ。

No title

意図的に感動を作ろうとして、
番組を作っていたりするのは心情的に受け入れがたいですもんね。
映画などの創作物として感動を作るならともかく、
番組で障碍者が頑張る=感動という図式に当てはめて、
イメージを作ってから、さぁお前等感動しろと言われても、
中身が薄い感動にしかならないですしね。

No title

ツバサさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、障害者が頑張る姿で感動させるとか自分から見ると安っぽく
見えちゃうんですよね。
世の中には障害のせいで疲れやすくて人並みに頑張れない人もいるわけですが、
端から見ると怠けてるようにしか見えない障害者見て不快になる人間はいても
感動する人間はまずいないわけで。

おはようございます

例えば障害児を見て「天使みたいだ」というのは結局自分が見たくない・見るのが怖い・美しく表現して当たり障りなく過ごしたい…とかそんな感情の行き着く先かもしれません。
でも勝手に「天使」扱いされる障がい者はたまったもんじゃありませんね。
天使と呼ばれ聖人君子然として生きろというならそれは間違いですよ。そんなの健常者のおごりですよ。
時にはお互い感情をあらわにして付き合うのも、本当に互いを知る、理解するのにいいのではないかと思うんですがそんな機会ってないですよね。

障がい者=感動
24時間TVのあの刷り込みはきっと障害のある人にもない人にも迷惑なものでしかないでしょうね。

No title

見張り員さん、おはようございます\(^o^)/

ですよねー、天使扱いされる障害者もいれば、自分のように他人を不快にさせて
叩かれる障害者もいるわけですが、持ち上げるのも、扱き下ろすのも、障害者本人
の実像を見てないんですよね。

どんな障害者も人並みの感情もあれば、怒りもすれば血も涙も流す生身の人間
だということをわかってほしいと思います。

おはよう

アートって言っても描く人によって絵のできが変わったり、見る人によって印象が変わったりってあるからねぇ~。
それを考えるとアートの根本は1つではないのかもねぇ~。

No title

ponchさん、こんにちは^^

全く同感です。
障害者自身がどういう存在であるかと言うよりは、
自分は障害者をそのように見ているとアピールしたい、
自分を良い人に見せたい、
自分が自分を良い人だと思いたいという、
無意識的な欲求があるのでしょうね。

みんなで良い人ごっこをしましょう。
よい人ごっこに加わらない人は、悪い人ですね~
なんていう場面は、よくありますね。

No title

あ〜、ponchさんの仰ることなんとなく分かります!
上手く言えないんですけれど、表面上の言葉だけ取り繕っても
中身がないというか、肉薄してないというか……
欺瞞を感じるんですよね。
わたしも、いわゆるストレートに「綺麗であたりさわりのない」
作品より、心に刺さる作品だったり印象深い作品が好きだったりするので、
ponch師匠の絵がすごい好きですね。どの絵も魂が込もっている気がします。

No title

よしおさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そーですね、自分の創作活動を芸術と思ったことは一度もありませんし、
自分としては勝手きままな創作活動を楽しみたいので、芸術とかゆう窮屈な
枠には嵌められたくないですよねぇ(^-^;)

こんばんは

私ね、高校時代に美術部の友達から、コリン・ウイルソンという英国人の書いた「アウトサイダー」という本を勧められて読みました。昭和42年ごろです。アウトサイダーの歴史は古い。絵を描こうとする人はアウトサイダーを目指す、と私は思いましたね。

障害者についてはよく分かりませんが、作品が大事であって、障害者・健常者、狂人、奇人、変人どういう人であるかは極めて個人的なことですね。乱暴な言い方ですが、私に言わせればどうでもいい。

ところで、「女装」とありますが、これは単にマニア、趣味の領域ではなくて、かなり深いものだと思います。異次元、異世界の体験とも言えますね。
私自身がそうであるかないか(ないに決まっていますが)に関係なく、おもしろい。想像の世界でそう思いませんか?絵にも文学にもなる話です。

No title

korvaさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、差別はよくないといってるのに、企業が自分のような発達障害者を採用しないようにするなど、あからさまな障害者差別をしてるのには欺瞞と憤りを感じます。

そういった人には乙武くんのような身体障害者しか目に映ってないんでしょうね。
自分のような発達障害者は社会に居場所がないのを感じます。

No title

こんばんはっ!

なるほど、私も障害者を使う=感動に利用するっていう図式が出てるようでちょっと嫌な気分になる事はTVでもたまに見てて思います。
最近24時間TVではその感動な話を届けようとしてるのに出演者が一人、残念な事件を起こしてしまいましたし。そうなると人の心の醜さってそういう時に出るんだなと思いました。

私はponchさんと交流させていただいて色々な絵を拝見させていただきましたが嫌いとか受け付けないとか思った事はないですしこれからも楽しみにしています^^ あとponchさんは「苦手な方は・・・」って確か前置きをきちんとされてたような。なのでちゃんとお気遣いもされてますし。
私も絵を描き始めたのは12年ぶりくらいでまだまだ未熟ですが自分の趣味を絵を通じてponchさんや皆様に届けられたらいいなと思います。
これからも応援していますね^^

No title

canariaさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、差別はよくないといいながら、最近の企業は発達障害者を雇用しないようにしてるそうですから、自分のような差別してもいい障害者にとっては、差別はよくないという言葉も欺瞞としか思えませんね。

実際ギャラリーでもイラストレーターが描いた絵画が売れてますが、イラストレーターの描く絵画はたしかに上手いし売れるのもわかりますが、自分から見るとキレイにまとまりすぎてしまって、ズキンと来ないというか、異形が足りないというか、当たり障りのない絵だなと思ってしまいます。

いつもご声援ありがとうございます\(^o^)/
自分の絵はお世辞にも上手いとはいえませんが、これからも人の心を抉るような作品を描いていきたいと思います。

No title

花渡川淳さん、こんばんわ(・∀・)ノ

絵を描こうとする人間はアウトサイダーを目指すものなんですか。
自分から見るとアウトサイダーを目指すというのは、社会の落伍者を目指すことだと思うんですけど、社会からドロップアウトしてアウトサイダーになってしまった自分には理解不能ですね。

女装は出入り禁止の場所やイベントもあることを考えると、反社会的なアウトサイダーアートなんじゃないかと思ってますが、女装趣味が高じて自分の身体を女体に改造してしまう人間もいるようですね。
女装が男の自分を限りなく女に近づけて、最終目標がカルーセル麻紀のように男の枠から解脱するということを考えるとまさに究極のアウトサイダーアートかもしれません。
インサイドが男社会でインサイダーが男なら、男社会からも画壇からも爪弾きにされてきた女こそ、生まれついてのアウトサイダーだと思います。

No title

ひろさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、健常者を感動させる障害者ってだいたい身体障害者ばかりなんですけど、こうゆう人って自分のような見えない障害には目を向けようとしないんだなと思ってしまいます。

いつもご声援ありがとうございます\(^o^)/
一度いちゃもんつけられたことがあってから、トップページには但し書きをつけてますが、但し書きを見てもなおブログに来てくれる訪問者にはいつも感謝しています。
ひろ画伯も最近はハイペースで描いてますよねー。
今後もひろ画伯のさらなるご活躍を応援してます\(^o^)/

No title

おはようございます

ですね、某番組でも感動させようとしているのが
みえかくれしてしまって
こういう病気の方もいますよって知れるのはいいですがね・・・
それを無理にでも感動にもっていくの・・・って
思いますね(マラソンのくだりとか)

おはよう

お疲れ様です。

No title

荒ぶるプリンさん、おはようございます\(^o^)/

ですよねー、24時間テレビはもう何年も見てませんが、障害者にマラソンとか
間寛平にマラソンとかもう食傷気味ですね。
予め用意された感動なんて出来レースと同じだと思いますよ。
出来レースといえばマラソンも出来レースにしか思えないです。

アニメやってて大野雄二が作曲担当だった頃に戻ってくれないものかと思います。

No title

よしおさん、おはよー\(^o^)/

よしおさんもお疲れさま。
よしおさんも昨日の朝からいろいろ大変だったよね。
早く次の仕事が見つかることを願ってます。

No title

ponchさん、こんばんニャーン(=‘x‘=)

実は言うと24時間テレビの感動ものってあまり好きではないなといつも思っていました。
でも現地の人々や実際に感動してみている人々には悪いと思ってディスらなかった自分があるのですね。

でもあの感動ものが不快に思うという事はそこに嘘臭さや偽善者的なものがあったのかなと今、思えばわかります。

24時間マラソンまでは別に構わないかなと思いますけどね。

ちょっと感動ポルノについて意味深い記事がありましたので載せておきます。

http://logmi.jp/34434

こんにちは^^

おぉ!
今回は何か、凄いイラストですね!
ドイツ兵に腰斬りにされたロシア兵、何だか凄いインパクトです@@

24時間テレビやなんかもそうですが、最近パラリンピックやなんかも、障害者をただの見世物にしか思ってない様な、そんな感じが出て来ましたね^^;
まぁやってる本人達は真剣なんだろうけれども、周りがそれを、必要以上にお涙頂戴に祀り上げていると言うか何と言うか・・・
何だか昔あった映画『エレファントマン』みたな、最近の偽善者番組にはそんな感じを受けます・・・

アウトサイダーですかぁ・・・
自分もそんな感じは、ありますかねぇ^^;
発達障害+統合失調症+性癖倒錯者(女装+光沢衣装フェチ+腹パンチフェチ)だし^^;
自分とこで8月に『電車内で一目惚れ』って記事を書きましたが、あれも実は「ただ単にその女性に一目惚れをした」んではなくて、「『エナメルのレインコート』を着た女性に一目惚れ」したのであって、要は中身はどうでもよかったと・・・
ただの『フェチ』ですね^^;

No title

たらこさん、こんばん(=^ω^=)ニャーン

そうですね、最近の24時間テレビは感動を売りにしてるようですが、
押し売りの感動は嘘っぽいですよね。

興味深い記事のご紹介ありがとうございました。
この記事のステラ・ヤングさん、2014年には亡くなってるんですね。
ステラさんの記事読んだ感想は、身体障害者は健常者と同じことをすると、
健常者が感動しますが、自分のような発達障害者は健常者と同じことが
できないと非難罵倒されるんですよね。
同じ障害者でも見える障害と見えない障害では、扱いが天地ほども
ちがうんだなと思いました。

No title

899号さん、こんばんわ(・∀・)ノ

イラスト褒めて頂いてありがとうございまーす\(^o^)/
正確にいえば、大隊が全滅して落武者化した武装SSの士官が、腹が減ったので
KGBの国境警備兵を八つ裂きにして喰っちゃってまーす\(^o^)/
元絵は10号の絵画なんですけど、内容が反社会的なせいかギャラリーに展示しても
売れませんでした(^q^)

そうですね。最近の24時間は障害者で感動させるのを売りにしてるようですが、
時と場所が変わっただけで昔の見世物と同じだと思います。

そうですね、それだけ揃ってるなら自分のように、アウトサイダーを名乗るだけの
資質は十二分にあると思いますよ。
ただアウトサイダーは要するに社会不適応者のことなので、わざわざ自称する人は
あまりいないと思います(^-^;)
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
934位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム