FC2ブログ

花見2日目・・・

 花見展2日目。今日は会場に顔出しする予定です。今回は出品作品の内1枚目を公開します。
 性的な内容が含まれるので、本作品は追記にしました。本作品および前回の拍手コメントへの返信をご覧になりたい方は追記をご覧になってください。




セラフィーナの奇妙な思春期

 夜中にシャワーを浴びていたら、初潮を迎え驚愕する、14歳の少女セラフィーナ。
 自分の両親をブタと間違えて射殺した男サンダールに、彼の死んだ妹の代わりとして育てられたセラフィーナは、簡単な読み書き以外は人里離れた場所で外部の情報には一切触れられずに育ったため、女の性も初潮のこともまったくわかりません。
 女の性も自分の身体に起きた変化もまったくわからない少女を、次回は更なる悲劇が襲います。

 次回をお楽しみにッッ



 この絵はムンクの絵画『思春期』のパロディですが、もうひとつ映画にもなったスティーブン・キングの『キャリー』を下敷きにしてます。
 映画の冒頭でキャリーはシャワーを浴びてる最中に初潮を迎え半狂乱になるも、クラスメートからは生理用品を投げつけられ公衆の面前で笑い者にされるなど、女としてこれ以上はない屈辱を味わされます。

 家に戻ったキャリーが、初潮のことを教えてくれなかった母親に涙ながらに訴えるも、母親からは「お前の信心が足りないから穢れたんだ」みたいなことをいわれ、髪をひっつかまれ家中引きずり回されます。

 この日を境にキャリーは更なる悲劇に巻き込まれていきます。
 キャリーの成長を一切受け入れようとしない母親は、性的なものを一切受け入れようとしない病的な狂信者です。夫から捨てられてから彼女が信じるものは宗教だけになってしまいました。
 そんな母親からキャリーは誰からも望まれることなく生まれました。内にも外にもキャリーの居場所はありません。そんな恐怖と不安を今回はこの絵に描いてみました。

追記
 自分の描いた作品はまったくの空想であり、実在の人物及び事件や事故とはまったく無関係です。
 だから実際に起こった監禁事件に対して質問されても答えられないし、答える義務もありませんので、記事の内容とはとは無関係の、実際に起こった事件や事故に対してどう思うかといった質問は堅くご遠慮願います。

追記2
 前回拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)v
 タダ酒が飲めるというのも、花見の醍醐味かもしれませんね。

花見展#5 2016年3月27日(日)~4月3日(日)
15:00~20:00(最終日~18:00) 
花見パーティ:4月2日(土)18:00から~(20:00より付近の公園で夜桜鑑賞会)
開催場所:アートラボトーキョー
〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-2 片桐ビル1F






現在の閲覧者数:





セラフィーナと××ンコしたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

更なる悲劇が
なんだか想像できてしまって
できれば回避をしてほしいな
(しかし、すでに確定している現実は回避もできないんですよね~)


2日目がんばttってきてください

No title

ponchさん、こんばんは^^

もしかしたら、30日にお会いできるかもですね♪ありがとうございます(*´▽`*)

ponchさんが描く絵は、『性』や『不安』や『恐怖』といった内容のものが多いように思うんですが、ponchさんご自身としては、そういったものに強く興味を惹かれるのでしょうか?

それとも何かご自身の中で特別な理由みたいなものがあって、描いていらっしゃるのかしらん(*‘ω‘ *)?

No title

荒ぶるプリンさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そーですね、更なる悲劇は既に絵に描いてあるので、
残念ながら今からではもう回避のしようがないですねー(^-^;)
ブログ上には既に展示してある絵に解説をつけて公開しているだけですので。
納得が行かないから二次創作するッッという分には自由ですよ(ニッコリ)

No title

真知子さん、こんばんわ(・∀・)ノ

そーですね、そういったものに惹かれるというより、
自分は人一倍臆病なので、自分が恐怖や不安を感じるものを敢えて具現化して、具現化したものを自分の支配下に置くことによって、
恐怖や不安を感じるものを克服していこうとしています。

嫌いなものを我慢して食べていたら、好物になるようなものですかね。
そうやって苦手なものを克服しようとした結果、エロとゾンビは好物になりました(^q^)
今ではお高くとまった吸血鬼よりゾンビの方が好きです(^q^)

No title

ですね~
過去はもう変えられないですよね
未来では少しでも幸せになってたらいいな~と
思ってみたりですね

あえて自分の苦手を表現して
それを克服しようとがんばってるんですね
でもそれも多分最初のころはなかなか筆が進まなかったでしょうね~

No title

荒ぶるプリンさん、おはようございます(・∀・)ノ

うーんどうでしょう。
彼女もジョースター一族と同じ長身短命の運命といいますか・・・(^-^;)

そーですね、最初はエロなんてきゃっ恥ずかしい(*ノ▽ノ)でしたからねー(^-^;)
今はバンバン描いてますけど(´・ω・`)

No title

花見展二日目お疲れ様です。
みにいけない者としてはweb上での公開していただき、
なおかつ解説までつけていただくなんて
たいへんありがたいことです……!

いつも思うのですが、ponchさんの色遣いは
どこか日本的で、でも日本画ともまた違う
色彩感覚があるように感じられます。
とっても綺麗、幽玄です。

セラフィーナ、なんともいえず熟れきらない魅力があるのに
本人に自覚のない感じがいっそう彼女の清らかさと色っぽさを
際立てているように思います。

No title

canariaさん、おはようございます(・∀・)ノ

褒めて頂いてありがとうございます(^-^)v
何故か自分の絵は絵そのものより解説の方が評価が高かったりするので、絵を褒めて頂いてとても嬉しいです( 〃▽〃)

まあまだ初潮を迎えたばかりの14歳の少女ですからねぇ・・・(^-^;)
同年輩の女の子はもっと世間ずれしてると思いますけど、
外部の情報にも一切触れられずに育った彼女は、
身体の成長に心が追いついてないといいますか・・・(^-^;)

それははかなく綺麗だけど
なんて残酷な運命ですね~

裸の絵とか隠していても
恥ずかしくなっちゃいますね

No title

荒ぶるプリンさん、こんにちは(・∀・)ノ

そーですね、若く美しくというととかく短命といいますか・・・(^-^;)

あありんちゃんの入浴場面のことですね(^-^)
自分にとっての限界は××コを描くか描かないかですけど、
プリンさんはもっと手前の、乳首を描くか描かないかでしょーかね。

そうですね~

隠さずに描いても
その部分は描かずにってなりますね

りんちゃん達だと色っぽいよりも
可愛い微笑ましくになりますかね

No title

荒ぶるプリンさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ああやっぱり恥ずかしくて描けないという感じなんですね(^-^)
たしかにりんちゃんたちは色っぽいというより可愛いという感じですよね(*´∀`)

自分もエロ描いてるのに、エロくないとかいわれちゃったりするんですけどね~(^-^;)
自分の絵そのものに色気がないのもあるんでしょーけど。

No title

エロい絵って言っても
絵柄だったり表現してるもので
いくとおりも種類がわけられそうですしね

今ニュースで東京のほう雨がすごいみたいですね
こちらは地面がぬれているくらいでした

No title

ponchさん、こんばんは^^

なるほど☆
敢えて、『性』や『恐怖』や『不安』を感じるものをご自身がコントロールできる絵で描いて、克服していこうとしているんですねー。

ご自身の支配下にあるからある意味安全ですよね(*^^*)。

えっと、もし、絵ではなくて、この世の中で実際に血みどろだったり、いろいろな『性』や『恐怖』や『不安』と感じるような事件や事故なども起こりますけれど、そういったことについてはponchさんはどう思いますか^^?

No title

荒ぶるプリンさん、コメントありがとうございます(・∀・)ノ

そうですね、最近はエロ絵といっても表現方法も多様化してますしね。

ええ都内は一時期雨降りで、帰りは雨に濡れて帰りました(^-^;)

No title

真知子さんへ

実際に起こった血みどろな事件や事故は、日頃から閲覧注意のグロ画像を見て、一生懸命免疫をつけるよう努力していますがそれが何か?
便秘で死亡した女性の解剖写真や、人食いバエのウジ虫に顔を食い荒らされて顔の下半分が無くなった男性の写真とかも見て、一生懸命免疫をつけるようにしていますが、それが何か?
便秘で死亡した女性の解剖写真見てからは、便秘にならないように日頃から気をつけてますが、それが何か?

少なくとも気持ち悪い人食いバエがいる、南米とかアフリカには死んでも行きたくないですね。

No title

ponchさん、こんばんはー^^

う~ん、お答えを聴いて(読んで)いて、『本当に臆病ならそういう画像を見るのも嫌なんじゃないかなぁ。』とちょっと思いましたが、(*´▽`*)ご自身がそうならないような努力をなさっているんですね(*^^)v

『苦手なものを克服するためにあえてやる』っていうのは、苦痛以外の何物でもないと私は思っているんですが、ponchさんの中には『自分を臆病な人間だと思われたくない、強い人間でありたい。』という気持ちがあるのでしょうかねぇ(*‘ω‘ *)?

No title

真知子さん、臆病と弱さはイコールではありませんよ。
かのゴルゴ13も自らをウサギのように臆病と評していますしね。
自分は怖いもの知らずの勇敢な人間より、臆病な人間の方が怖いと思っています。

前から思っていたのですが、議論好きの真知子さんには、はてなブログの方が向いているんじゃないですか。
真知子さんのような小難しい議論が好きな方が、何故はてなブログでブログやってないのか、自分にはそれが不思議に思います。

自分はバカだから小難しい議論は大嫌いですけど(´・ω・`)

あと絵の感想から外れた小難しい議論には、これ以上応じるつもりはありませんので。

No title

ponchさん、こんにちは^^

あぁ、私はただponchさんがどのような気持ちでこういった絵を描いているのか知りたかっただけなんですけれど、ponchさんは『小難しい議論』という風に見るのですね^^

失礼しました<(_ _)>

以後、気を付けます(*´ω`)

No title

真知子さんには、どういう気持ちで絵を描いているかは再三話してきた筈なんですけど、こちらは再三話してきた筈なのに真知子さんに伝わってないようなら残念ですね。
それに実際に起こった事件や事故に関してどう思うかとか臆病に見られたくないと思っているんじゃないかとかいった質問は、絵に関する質問からは既に逸脱してるので、答える義務もないと思います。

真知子さんは自分がどういう気持ちで絵を描いてるか知りたいんじゃなくて、自分の所望する応答をして欲しいだけなんじゃないですか。
だとしたら自分は真知子さんの所望する応答をする気はないので、これ以上話しても互いに得るものは何もないと思います。

自分の描いてる絵に不快感を感じたなら、ひとこと不快だといえば済むことなんじゃないですか。
真知子さんが自分の絵を見て不快だと感じるようなら、同意はしませんが、それも意見のひとつとして尊重はしますよ。

他人から何といわれようと、内心は自由だと思うので。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
934位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム