FC2ブログ

拍手千回突破御礼記念企画ッッ!!春画集大紹介ッッ(後編)

 前回、拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)


 拍手千回突破御礼記念企画、春画集大紹介最終回は、春画集後半から厳選した作品12枚を紹介します。
 なお春画は芸術作品であるという見地から、江戸時代の性風俗を知る歴史的資料として、全編無修正で紹介します。

四季の詠(ながめ) 歌川国貞 文政10、12年(1827、29)





花鳥餘情(よじょう)吾妻源氏 歌川国貞 天保8年(1837)頃 国際日本文化研究センター
印刷面を内側に折って小口を糊付けするという折帖仕立て(観音製本)である。要するに絵本と同じ製本なので自家発電が捗るな。






正写相生源氏 歌川国貞 嘉永4年(1851)頃 国際日本文化研究センター



春色初音之六女 歌川国貞 天保13年(1842)
天保3年(1842)から翌年にかけてベストセラー化した為永春水(1790~1844)作の人情本『春色梅児譽美』のパロディ艶本。
本書は天保13年正月の開版として前年末中に用意されていたが、12月29日にいわゆる天保改革で町奉行書の手入れを受けて、押収されてしまった。お上は昔からクソだな。


華古与見 歌川国芳 天保6年(1835) 国際日本文化研究センター





逢見八景 歌川国芳 天保4年(1833) 国際日本文化ー研究センター
逢見る八景とは、琵琶湖南部の8つの景勝地「近江八景」のもじりであり、男女が逢うて見る(性交する)姿八図にかけている。




江戸錦 吾妻文庫 歌川国芳 文久2年(1862) 国際日本文化研究センター
本書も、厚手の紙を用いて見開き一枚で摺っており、印刷面を内側に折って小口を糊付けするという折帖仕立て(観音製本)である。要するに絵本と同じ製本なので自家発電が捗るな。




 今回の紹介はここまで。全部見たい方は、江戸川橋の永青文庫で今月の23日まで開催している春画展に行くか、会場で販売してる春画集を買って見てね。

現在の閲覧者数:





観音製本の春画集を出版してほしいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

これが大人のための大人の絵本(笑)

そして押収したものを
自分たちだけ見て楽しんでいそうですね
いやきっとそうに違いない

いつの時代もお偉方はってやつですね

No title

荒ぶるプリンさん、こんばんわ(^-^)

そうですね。大人の絵本ですね。昨今のエロ同人誌にはない、
制作者の細やかな配慮と職人芸が感じられますね。

たしかにお上は押収物を自分たちだけで見て、楽しんでいそうですね。
もしかして江戸時代からの伝統なのかな(笑)

こんばんは

分厚いから、かなりページ数が多そうだねぇ(・。・)
見ていくのも大変そうだねぇ~。

No title

よしおさん、こんばんわ(^-^)

たしかに分厚いから全部見るのは大変ですねー。
今回はかいつまんで紹介はしましたが、買った自分もまだ全部見てません。

よしおさんの住んでるところだと、春画展観に行くのはツラいかもしれませんねー。

No title

こんにちは

艶っぽい、艶かしい
そんな言葉が似合いそうですね。
今のとは違う作り物感じゃない、生々しさと品を感じるような、
って私は何を言っているんでしょうね笑

遠くて春画展には行けない私のような人からしたらponchさんがこうして貼ってくれることで、色々な春画が見れてとてもありがたいです

No title

toumaさん、こんばんわ(^-^)

そうですね。艶本なだけに、艶っぽい、艶かしいという表現がふさわしいですね。
たしかに昨今の女の子がフィギュアみたいなエロマンガにはない、品と生き生きした性の交わりがありますよね。

toumaさん、遠方にお住まいなんですか。春画展観に行けない地域なのは残念ですが、少しでもお役に立ててよかったです(^-^)

こんばんは

なんというかおおらかな男女の交わりの様子がうかがえますね。いやらしさを感じません。何か、こういったらへんかもしれませんが図鑑を見ているような感じさえしてきますw。
それにしても局部の描写の細かいことには改めて驚きを禁じえませんね。

No title

見張り員さん、こんばんわ(^-^)

そうですね。ここまでおおらかに描かれてるといやらしく見えないから不思議ですよね。
図鑑を見てる。いわれてみればそんな感じもしますね。男女の性態図鑑みたいな(笑)

No title

息づかいまでが聞こえてきそうですな。大人がこっそり楽しむということで良いのですよ。コンビニのコーナーなんかは、2020年には一応表向きはなくなるんでしょうけどね。

No title

河内山宗俊さん、おはようございます(^-^)
拙ブログへのご訪問とコメントありがとうございます(^-^)

そうですね。大人がこっそり見て楽しんで何が悪いという感じですよね。

やはり2020年の東京オリンピックには、
こういった本は店頭からはなくなるんですかねえ。
Amazonなら買えると思いますけど。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
934位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム