FC2ブログ

イヤなものから目を背けても、イヤなものは無くならない

 前回、拍手コメントをくださったmarron さんいつもありがとうございます。
 若干乱暴な物言いではありましたが、コンセンサスが得られたようでよかったです。

 政治的主張バリバリ全開だった戦争シリーズも、今回で最終回である。

 イヤなものから目を背けても、イヤなものが消えて無くなるわけではない。
 そんなの子供でもわかることだが、日本のお花畑反戦平和主義者はそんなこともわからないらしい。
 とにかく呪文のお題目のようにキュージョーハンセンヘーワと唱えてれば戦争が消えて無くなるものと思っているようである。
 口先だけで敵が消えたら、誰だって苦労はしない。
 口先だけでイヤなものが消えて無くなるのなら、世の中のあらゆる病気や自分の障害だって消えて無くなる筈だが、実際にそんなことあるわけない。

 生まれつき頭のイカれた発達障害の自分ですら、そんなこと考えればわかるのに、わからないブサヨは本気で脳に疾患があるとしか思えない。

 憲法窮状は日本ばかりか、人間の頭も窮状にする憲法としか思えない。

 今月の9日亡くなった野坂昭如は生前は文壇の問題児とうたわれていたが、亡くなるやこぞって反戦の旗手みたいに祭り上げてたマスゴミには、心底気持ち悪さを感じた。

 彼はあらゆるものに疑問を投げかけずにはいられない反骨の人だったと思うが、反戦平和主義者かといったらちがうだろう、そうじゃないだろう。
 自分が野坂昭如の作品で唯一まともに見た大人の絵本『マッチ売りの少女』は、貧しい戦後に生きた売春婦の転落人生を描いた物語だが、単なる薄っぺらい反戦ものとは明らかに一線を画した、ひとりの女の物語だった。

『マッチ売りの少女』の作画を担当した故米倉斉加年も戦前戦後を生きた世代だが、単なる薄っぺらい反戦ものとは一線を画した、貧しくも儚い女の短い一生を耽美な筆致で描いていた。
 反戦平和とか薄っぺらなお題目では到底語れない、戦後を生きたひとりの女の壮絶な人生がそこにあった。
 泥まみれ垢まみれのお安には単なる善悪や反戦平和思想では語れない美しさがあった。
 垢まみれになってもなお彼女は美しかった。

 野坂昭如を反戦平和の旗手みたいに祭り上げてたマスゴミは、彼の作品をまともに見たことがあるのか甚だ疑問である。

 今頃野坂昭如はあの世で、自分を反戦平和の旗手みたいに祭り上げる、戦後日本のマスゴミと反戦平和主義者に、中指突き立てていることだろう。

現在の閲覧者数:





やっぱり日本のマスゴミはクソッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ponchさん、こんばんは^^

確かに『嫌なことから、目を背けても嫌なモノはなくならない。』というところは同感です。

No title

真知子さん、こんばんわ(^-^)

そうですよね、イヤなものから目を背けてイヤなものが消えて無くなるのなら誰も苦労はしないです。
生まれつき障害を持つ自分も苦労はしないです。

こんばんは

確かに嫌なものに背を向けても、それが完全にこの世から無くなるわけでもないですからねぇ。
困ったものだねぇ(・。・;)

No title

よしおさん、こんばんわ(^-^)

そうですよね。イヤなものから目を背けても、イヤなものが無くなるわけじゃないんですよね。

もしそうなら、よしおさんも苦労は無いですよねえ。

こんばんは

ホント、その通りですよ(>。<)
嫌なものに背を向けてなくなれば、どんだけ自分は今救われてる事か(・。・)

No title

よしおさん、こんばんわ(^-^)

ですよねえ。イヤなものから目を背けて、イヤなものが無くなってくれるなら、自分だって苦労はしないですよ。

こんばんは。

そのとおりと思いますよ。

私は、あの野坂昭如さん、好きだったなぁ。

No title

冷凍SANMAさん、こんばんわ(^-^)

そうですよね。イヤなものから目を背けて、イヤなものが無くなるなら冷凍SANMAさんも病気であんな苦労はしてないですよね。

野坂作品は『マッチ売りの少女』以外はまともに見たことないんですけど、少なくともイヤなものから目を背けることをよしとする、ことなかれ平和主義者ではなかったと思います。

こんばんはー。

嫌なことに関して同感ですね。

僕は数学で物事を考える人です、数学には答えがあります、なのでどんな困難なことでも自己解決しています。

マスコミに関しては、あのNHKですら政府の広告塔に成り下がっている始末、大手新聞も都合の悪いことは隠す、あるいはウソを書く、これが現実です。

今、僕もブログで時事ネタ語っています。

No title

嫌だからといって目を背けても、
それは問題の先送りにはなるかもしれませんが、
それで解決してくれる訳でもなければ、
なくなる訳でもないですしね(-ω-;)

No title

S-KP61さん、こんばんわ(^-^)

数学的にものを考えられるのはいいですね。自分も情感的にものを考えるのは苦手なので。

NHKに関しては見解の相違はありますが、毎月3千円の受信料を払うに値しないという点は同感です。

ただ前の記事でも描いてる通り、自分は集団自衛権賛成派でバリバリの改憲派なので、政治的な話題では互いにコンセンサスが得られることは無いと思います。

No title

ツバサさん、こんばんわ(^-^)

そうですね。病気などは治療を受けずに放置していても、消えて無くなるどころか、どんどん症状が悪化してしまいますしね。

国の問題も先送りにして悪化することはあっても、解決することはありませんが、問題の当事者より後の世代が割りを食う点が、癪にさわりますね。

No title

こんにちは

あの人たちの多くは政治的、宗教的に利用されてる人なので、それを除いて本気で思ってる人たちについて言うと、
「確かに世の中から争いが無くなるわけじゃないかもしれない。でも、理想を失えば、それはもう終わりだ。せめて自分たちだけでも戦争反対という理想を掲げよう」みたいな感じなんじゃないかなぁと勝手に思ってます。
私も前は「理想だと分かってても、それでも一人一人が『平和を、反戦を』と言うことで少しでも平和に近づけるんじゃないだろうか」などと考えていました。

でも、今起きているのは理想でも机上の空論でもなく、現実としての『日本の』安全についてなんですよね。
そうなってくると、話も変わってきて、世界の平和を守ることも大事ですが、日本に住んでる以上、日本の安全の方が優先されるのは当然かと。
そして、「その日本が戦争にならない、もしくは戦争に巻き込まれた時被害が最小限で済むようにするためには、どうすべきなのか」が大事なんだと思います。
(私はここではあえてどちらが日本の安全に繋がるかは言及しませんが)、"闇雲に"平和、反戦と訴えてる(ように見える)人たちには今一度その辺のことについてもう少しちゃんと考えてほしいなと思いますね。


確かにマスゴミは腹立つこと多いですね。
物事の断片を自分たちの都合のいいように捉えて報道し、それを見た人々の誘導を期待するマスコミの在り方には、甚だ疑問を、いえ怒りを感じますね。
とあるニュースのMCの連日の発言が引き金となって(不正をしたとかではなく、単に不況のせいだが、他の企業は国が助けるべきと言ったのに、その会社は潰れていいと発言←この基準に別に客観的根拠なし)、父の勤める会社は潰れ、それから貧しい生活を強いられて…と個人的な恨みも相まって、歪曲報道するマスコミは嫌いです。

ごめんなさい、コメント欄で思わず愚痴ってしまいました。

No title

toumaさん、こんばんわ(^-^)

大丈夫ですよ。愚痴るだけならタダですし。

厨二病から卒業できてよかったですね。大義名分唱えても平和は得られないとわかっただけ賢明だと思いますよ。自分に自信を持ってね(^-^) V

クソマスゴミのせいでお父さんの勤める会社がつぶれちゃったんですか。それじゃ恨み骨髄ですよね。
とにかく日本のマスゴミはクソですね。

No title

ponchさん、こんにちは^^

まったく同感です。

左翼は「自分は他の日本人と違って理性的で知的だ」
と思い込みたいのではないかと感じます。
実際は、思い込みのフィルターが強すぎて、
現実が見えなくなっているだけですが。
自己洗脳が強く働いている人々ですね。

スピリチュアル系、左翼、特亜の人々の思考回路は、
観察していると、結構共通点が多く、
心理学的に興味深いですね。
「日本=悪、日本=劣」という定義と、
「自分さえ良ければ良い」という個人主義を強く持っているのが、
彼らの共通点だと感じます。

No title

korvaさん、お久しぶりです(^-^)

若干乱暴な物言いではありましたが、同意が得られて心強いです。

結局あれですかね。自分は人とはちがうから人より優れているという選民思想とでもいいますか。そのくせやってることは他人と同じなわけですが。
生まれつき人とはちがうということで悩んでいる自分から見れば、噴飯ものですね。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
845位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
38位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム