FC2ブログ

虐待受けた子供:脳の機能低下 褒めても響かぬ?



 反応性愛着障害に関する研究内容を説明する福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授(右)ら=福井県永平寺町の福井大松岡キャンパスで2015年10月2日午後1時6分、村山豪撮影

 ◇福井大などの研究 他人の表情も読み取りにくく 虐待など親から不適切な養育を受けて反応性愛着害(RAD)になった子供の脳は、そうでない子供に比べて視覚的な感情処理に関わる部位が小さい傾向があることが福井大などの研究で明らかになった。やる気や意欲などに関わる部位の活動が低下していることも判明。褒められても心に響きにくいと考えられ、被虐待児に一般的に施される「成果を褒める」などの心理療法の効果が少ない可能性も出てきた。
 研究成果の論文が欧州などの専門誌電子版に掲載された。
 RADは、子供時代に養育者から受けた体罰や暴言によって養育者への愛着がうまく形成されずに発症する精神疾患の一種。衝動や怒りのコントロールが難しいなどの症状がある。

 研究グループは、10~17歳のRADの21人とそうでない22人の脳の断面を磁気共鳴画像化装置(MRI)で撮影。形態や働きを比べたところ、RADの子供は「視覚野」の灰白質(脳神経細胞が集まる領域)の容積が2割ほど少なかった。この部位はダメージを受けると他人の表情から感情を読み取りにくくなるといい、虐待などが脳に影響を与え、症状につながっている実態が分かった。

 また、10~15歳のRADの子供16人とそうでない20人に金銭報酬を得られるゲームをしてもらい、脳の活動を調べたところ、やる気や意欲などに関わる「線条体」の活動量の平均が、RADの子供はそうでない子供の半分以下だった。

 こうした結果から、RADの子供は「報酬」へのモチベーションが低いとみられ、一般的な治療とは別の方法が必要な可能性が高まったという。福井大子どものこころの発達研究センターの友田明美教授(小児発達学)は「RADや関連する精神疾患の発症メカニズムの理解や治療法の開発につながる成果」と話している。【村山豪】
毎日新聞10月24日 16時50分

©KDDI/mediba/©テレビ朝日/©朝日新聞社

 虐待を受けたことで後天的な発達障害になるということですかね。
 なら虐待を受けた発達障害児はどうなるんだろう。発達障害児はとみに毒親率が高いとも聞くし。
 虐待でおかしくなった子供に生まれつき発達障害があったという可能性は無いのだろうか。
 そこのところは、もうちょっと突っ込んで調べてほしいところですね。


三毛猫バンバン(300)

ヘルプマーク始めました。ヘルプマークへのご理解と拡散お願いします。
image.jpg

毒親にケリ入れたくなったッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ



ダメ人間日記ランキング





関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

よく考えると
おなかを痛めて産んだ子に
手を上げたり言葉でなどの虐待とかできますよね

いや両親どちらにも受けた子もいるでしょうが
そりゃ小さいころにそんなひどい事をされて育ったら心にも傷を負うのはあたりまえですよね

荒ぶるプリンさん、こんばんは(^-^)

そうですよね。普通の人なら、お腹を痛めた産んだ我が子を虐待するなんて考えられないですよね。

生まれたときはまともだった子供が、まともじゃない親から虐待を受けて、障害を負ってしまうことに、児童虐待の根深い業があるのだと思います。

こんにちは

精神的に色々とダメージを受けますからねぇ。
それを考えると虐待とかは心への負担が大きいですもんね(>。<)

よしおさん、こんにちは(^-^)

たしかに実の親から虐待されるのは、心身ともに計り知れないダメージがありますよね。
本来なら保護者である親から、保護されないばかりか虐待されるわけですし。

よしおさんが家の問題から、少しでも早く開放されることを祈ります。

No title

牛乃は、家を出る19までそういう残念な扱いを受けてきましたが
日常的に「こいつを殺すか、私が死ぬかしなければ終わらないのでは」ということばかり考えていましたね('A')
「死ねばいいのに」→「殺してやる」→「頼むから死んでほしい」→「どうでもいい(関心がなくなる)」という流れで思考が変わって
牛乃は「怒り爆発型」とは真逆の、無表情かつ淡泊な人間に育ちました('へ')
社会に入って一人暮らしを始めてから、随分まともになったつもりでいますが(*´v`*)

こういう情報を見るとやっぱり
「子を産んだから親」
「親から生まれたから子」
というわけではないんだなぁと思いますね…('・ω・`)

牛乃さん、こんばんは(^-^)

そちらの家庭の事情はよくわかりませんが、牛乃さんも家では苦労されたんですね。
親だって完璧じゃないんだから親を許すべきとかいう人もいますが、だったら最初から子供に完璧求めるなという話になりますよね。

自分は毒親を許す必要はないと思ってます。親だからこそ許せないこともあるわけだし。

親に無関心になったというのは達観されたということですね。「好きの反対は無関心」ってマザー・テレサもいってましたしね。

その若さでマザー・テレサの境地に辿り着くとは立派ですよ。是非とも自分の誇りにしてください(^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます(^-^)

大丈夫ですよ。拙ブログでは自由な言論を認めています。
ブログの信条にしている以上は、軽い挨拶代わりから家庭の悩みとか議論とか長文まで、如何なるコメントの投稿も認めています。

毎日コメントくださる常連さんもいらっしゃいますから、毎日でもいつでもお好きな時間にお気軽にコメントしてってください。

またのご訪問をお待ちしております(^-^)
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
934位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
40位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム