FC2ブログ

最後の反省~そして誰もいなくなった

最後の反省

 当ブログの更新も今回で最後になる。

 今回の記事の見出しは新城だが、当ブログは新城で始まり新城で終わりという感じである。

 最後の反省は何といっても、ブログの更新減少と拍手とアクセスの激減である。

 当ブログの更新停止は前から決めていたことだが、自分がブログから遠ざかってしまったのも、拍手とアクセスが激減してしまったというのもある。
 最近では拍手がついてないブログ見るのも怖くなってしまったので、もうこのブログも潮時だなと思ってしまったのが偽るざる新城・・・もとい心情である。

 拍手とアクセスの激減は自分のブログの需要が無くなった、つまりオワコンということである。

 ブログ4年もやってるのに一日に拍手ひとけたとか、ブログとして終わってるだろこれ。
 何で自分のブログだけ、こんなに拍手減ってんだよ。
 一日の拍手がふたつかひとつかふたつしかないとかそんなに自分のブログはつまらないのか。
 自分より拍手が多い人から「自分は拍手とか気にしてない」といわれたこともあるが、そりゃたくさん拍手もらってれば気にならないよね。
 そうゆうことは自分のように一日に拍手ひとけたという惨めな気分を味わってからいってくださいよ。
 一昨年前は拍手がたくさんもらえて大はしゃぎしてたが、今年は拍手もアクセスも激減してしまい、天国から地獄に突き落とされたような気分である。
 本当に極々一部にブログの更新停止を惜しむ人もいたが、惜しむならもっと拍手してほしかった。

 発達障害者の特徴としては、一時は物珍しさで人から注目されるが、しばらく経つと飽きられてすぐに人が離れていくというのがある。

 発達障害者は著しく人間関係を築くのが苦手な上に運よくできた人間関係を持続できないが、当ブログにも発達障害者の問題点が如実に反映されてしまっているようにも思える。

 マイノリティの発達障害者の自分の目から見ると、多数派の定型発達者は飽きっぽく残酷だと思う。


 思えばブログを開設してから4年間いろいろあった。個人的になかよくなった人も何人かいたが、比較的親しかったブログ仲間からツイッターブロックされたり、ブロック拍手とアクセスの激減見てると、ネットでは人はすぐに寄ってくるけどすぐに離れていくよなと思ったのが実情である。

 まだ創作神話の続きが描けてないのにブログを更新停止するのも無責任な話だが、元来遅筆な自分はコンスタントに絵が描けないので、4年もブログやってると段々息切れ状態になってくのは否めない。
 障害の特性上、一度に複数のことができない自分が、ブログの記事を書きながら絵を描くのはかなりオーバーワークだった。
 思えばポンちゃんのお友達を描いてから創作神話の続きをまったく描いてないし、全然出番がないクロトは墓守の不気味なおばさんになってしまうし、一年くらいブログから離れて創作活動に専念しないと創作神話の続きが描けないように思える。

 今の自分のブログは納期が守れずウルトラマンを39話で打ち切りにしてしまった円谷プロとまったく同じ状況である。

 日毎に拍手もアクセスも目減りしていく死に体のじり貧ブログを無理に続けるよりは、完全に人が離れてしまう前に店じまいしてしまった方がいいという決断である。

 ウルトラマンとウルトラセブンを世に送り出した天才脚本家金城哲夫は、37歳の若さで階段から転落死して光の国の住人になってしまったが、自分はもうその金城哲夫の歳を追い越してしまった。 

 そんなわけで、当ブログも今回の記事で最後の更新である。

 定型発達者のブログなら形だけでも「今までありがとうございました」と書くところだと思うが、「拍手もらえなくなってやる気なくなったのでブログやめまーす」と書いちゃうのは自分が発達障害者たる由縁だろうか。

 創作神話の続きが描けたら、一年後に新ブログで創作活動を再開したいと思っているが、新ブログはポンちゃんのようなゆるキャラは一切出てこない当ブログとはまったく傾向の異なるブログになると思う。

 縁があったら、1年後に新ブログでお会いしましょう。

 それでは皆さん、よき倫理を!

 付記


 まさかこのブログだけでなく、シムケンともお別れすることになるとは思わなかった。
 中学校でクソガキから集団で殴る蹴るの酷いいじめを受けても、ドリフの大爆笑見てワライカワセミみたいにゲラゲラ笑っていればどんなイヤなことも忘れられたけど、もうシムケンのバカ殿が見れないなんて信じられないよ。

 さよなら、シムケン(´;ω;`)


三毛猫バンバン(300)

image.jpg

ブログ主への餞別に盛大な拍手を送りたいッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 
スポンサーサイト



春のネコとキュアセレーネ

 今回はスタプリのキュアセレーネとにゃんこ大戦争のネコのイラストを描きました。
 セレーネはドレスのひらひらとか描くのに時間かかっちゃって、仕上げるのにひと月以上かかってしまいました。
 プリキュアのコスプレってひらひら描くの面倒ですよねー。
 描いてる間に3月になっちゃったので、桜をつけ足しました。

春のネコとキュアセレーネ

 こちらはソレイユとセレーネのふたりバージョンです。
 ぬりえではこちらが本来の構図ですが、描くのに時間かかっちゃったので、ひとりずつの単体イラストになってしまいました。
 遠近感出すのに、元絵のぬりえよりもセレーネの頭を一割縮小して、脚を一割大きくしてます。
 デジタルだと簡単に人体のパーツの大きさを変えることができるのがいいですね。

春のネコとキュアソレイユとキュアセレーネ

 おまけ


 にゃんこ大戦争のコラボガチャで初音ミクと鏡音リン&レンが当たったにゃ(=^ω^=)
 超激レア確定ガチャだけど、2体当たって嬉しいにゃ(=^ω^=)





 先日にゃんこ大戦争のネコミクグッズ届いたにゃ(=・ω・=)
 ネコミク可愛いにゃん(つ=^ω^=)つ





 最近ではゲームのみならず、描いてる絵や現実世界までにゃんこに侵略されてるような気がするにゃ(=・ω・=)

 それでは今日もおやすみっこにゃん(つ=^ω^=)つ

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

おらこんな遅筆いやだーッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッ 

真夜中のパラノイア

真夜中のパラノイア

真夜中のパラノイア(見開き)

真夜中のパラノイア(見開き2)

パラノイズ身上書

パラノイド身上書

 今回投稿した真夜中シリーズ第4弾はネットで見たクレランボー症候群という人格障害をモチーフにして描いてますが、話の内容は単純に恵子が不気味な怪物につきまとわれる話にしました。そんなわけで心理学的な要素はほぼゼロです。
 新城は罪人を冥府送りにする死神の使いなので、大物の獲物のパラノボッチを探しています。
 コダマはパラノボッチの分身ではありますが、パラノボッチの影響を受けた人間から生じた妄想の具現化なのでコダマにも本体はありますが、ジョジョのスタンドと同じように、パラノボッチとコダマもコアを破壊されたら、本体も死んでしまうようです。
 パラノボッチがデマ元だとしたら、コダマはデマに扇動されてデマを拡散するデマの尖兵といってもいいでしょう。
 実際ツイッターではデマに扇動されてデマを拡散する愚衆を散々目の当たりにしてきました。
 今回初めて新城と恵子が同じ話に登場しましたが、新城と恵子が同じ話に登場した時点で真夜中シリーズもイルクート神話系列のシリーズになりました。
 最近は本編のイルクート神話をほったらかして、外伝の真夜中シリーズばかり描いてるような気がしますが、時系列は真夜中シリーズは現代の話で、本編の創作神話は20億年前くらいの話だと思うので、20億年くらいタイムラグがあると思います。

真夜中シリーズは話が溜まってきたので、機会があれば同人誌にしてみたいと思います。

 クレランボー症候群は「オレはあいつのこと好きじゃないけど、あいつはオレのことを好きにちがいない」などと、相手が自分に対して恋愛感情を持ってると思っているといったような、一種の誇大妄想です。
 2ちゃんとかツイッターでも、女いらないといってるのに、いらない女から「いらない」といわれると烈火のごとく怒る男を山ほど見てきたので、うんざりした心情を絵にしてみました。
 自分は好きじゃないけど相手には好きでいてほしいとか、もろにストーカー心理だと思うんですけど、かの国の連中と同じですよね。

 今回の真夜中シリーズでは妄想が街中に拡散していく恐怖を描きましたが、最近ではコロナウイルスの影響で、ツイッターで拡散されたデマでマスクだけでなくトイレットペーパーやちり紙などの日用品まで店頭から姿を消す事態に見舞われてるので、自分ではタイムリーな作品になったのではないかと自負しています。

 クレランボー症候群の詳細はリンク先のウィキペディアをご覧になってください。

 それでは今日もおやすみっこにゃん(つ=^ω^=)つ

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

おらこんなぼっちいやだーッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッ 

うみはひろいなおーきーな

うみはひろいなおーきーな

いぐざくとりー

ふぁっくゆー

 今回描いたマンガは姉との会話を題材にしてますが、ポンちゃんの台詞以外は全部創作です。要するにフィクションです。

 それでは今日もおやすみっこにゃん(つ=^ω^=)つ

 おまけ


 先月は久し振りに海を見に行きました。
 横浜中華街の山下公園にはよく行きますが、砂浜のある海辺に行くのは久し振りですね。
 やはり海はいいです。



海辺のカフェで食べたメキシカンライス。からーうまー(^q^)


三毛猫バンバン(300)

image.jpg

ブログ主に中指を突き立てたいッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッ 

誰を助けるか

誰を助けるか

 ひとりしか助けられないなら、ひとりだけ助けても仕方ないという話を聞くが、自分はそうは思わない。

 自分がひとりしか助けられない立場にいたら、迷わずそのひとりを助ける。

 逆にひとりを犠牲にすれば皆が助かるという事態には、ひとりを犠牲にするのを躊躇してしまう。
 自分がひとりを犠牲にすれば皆が助かるという事態に遭遇したら、全員を犠牲にしてもそのひとりを助けようとしてしまうかも知れない。

 何故「ひとりを犠牲にすれば」というのにそこまで嫌悪感があるかというと、自分がいつも皆のために犠牲にされる側の人間だからである。

 皆のためにお前が犠牲になれというのに自分はこの上ない嫌悪感がある。

 福祉は全員が受けられるものではなく、必ず誰かが福祉の網からこぼれ落ちてしまうものだということは自分も知っている。
 だからといって全員救えないなら福祉なんていらねーだろなんてこといってたら、福祉そのものが成り立たなくなってしまうだろう。
 自分の喰えないものには灰を入れて喰えなくしてやるなんてのはゲスの最たるものである。
 とかく最近の日本では自分の喰えないものには灰を入れてやるという浅ましい風潮がまかり通ってるように思える。
 障害者への福祉や配慮をずるいと抜かす健常者などその最たるものだと思うが、そんなに手厚い福祉が受けたいなら手足の一本や二本でも切り落として障害者になってから出直せといいたい。

 健常者は生活保護を受けられないと嘆く者もいるが、自分の知ってる限りでは健常者でも生活保護を受けていたアル中のおっさんはいたので、健常者が生活保護を受けられないということはないと思う。
 
 ちなみにそのアル中のおっさん、暴力振るって家族に逃げられて、還暦前に死ぬまで150万ほど借金抱えてたみたいだけどな。



 福祉を水に例えると、現在の日本の福祉制度は給水所だと思うが、自分の足で歩いて給水所に辿り着ける者でなければ福祉は受けられない。
 自分の足で歩いて給水所まで行けない者、給水所のある場所がわからない者は福祉という名の水にありつけない。
 さらに現行の福祉制度では水をもらうのに医師の診断書という証明書が必要だが、発達障害者の場合は自分が発達障害者だというお墨付きをもらうのに、診断とか検査で総額5千円ほどかかる。
 ガチの貧困家庭ではその5千円も捻出できない家庭もあるし、5千円という経費の上に半年診断待ちで尻込みしてしまう者もいる。

 図らずも発達障害の診断にかかる時間と手間と経費が福祉という水をもらえる者をふるい分けてしまってるように思える。

 だからといって福祉制度そのものを無くせというのは断固反対だ。現行の福祉制度が不完全なものでも、社会のセーフティーネットは必要だ。
 理想的な福祉制度は、水を必要としている家の前まで給水車が来てくれるような制度だと思うが、現時点では給水車のようにフレキシブルな福祉制度がある国を見たことがない。

 家の前まで給水車が来てくれない以上は、自分の足で歩いて給水所まで行かなければならないのだ。

 付記


 今回、サムネに使ったイラストは以前描いた絵の切り貼りですが、初出より一割ほど目を小さくしてます。やはり目を小さくすると若干大人っぽくなりますね。
 プリキュアとか描くときは目を大きく描いてますが、自分の本来の絵柄は攻殻機動隊SACの絵柄に近いみたいですね。
 ものすごい遅筆なので、いじれるように顔はパーツごとにフォルダ分けしてるけど、こんなことやってるのは自分だけだろうなぁ。
 描いた絵を切り貼りして使い回しばかりしてるので、自分より20年下の平成生まれの作業所の職員からは「ポンさんのブログは見出しがあって見やすい」といわれちまいましたよ(T▽T)
 普通のイラストブログでは絵が主なのに、自分のブログは絵が文章の見出しになっちゃってるので、主従関係が逆転しちゃってるんですよねー(T▽T)
 絵描きなのにピクシブのフォロワーがツイッターのフォロワーよりふたけたも少ない絵描きは自分くらいでしょう。
 主従関係といえば新城は死神クロトの使徒なので主従関係だけど、ツーショットは珍しいですね。
 並べてみるとふたりとも同じくらいの背丈だけど、やはり男の新城の方がゴツいというか体格差はありますね。
 最近の若者は薄っぺらい体型の子が多いけど、自分より薄っぺらい体型の若者を見てると不安になってきます。
 やはり自分より太った男の方が自分のデブが目立たないので安心感がありますが、自分と比較的親しい人も自分と体型が似てる人が多いように思います。
 やっぱ自分が太るとキャラも太りますよねー(T▽T)
 福祉の観点からいえば、クロトが切り捨てる者で新城が救済者になるのかな。
 福祉を死神に例えるとは何事だといわれそうだけど、切り捨てられる立場の人間からしてみると、切り捨てる側は死神にしか見えないですよ。
 救済者といっても多数の救いを求める者からたったひとりしか救済できてないようだけど、自分の目から見た日本の福祉はこんな感じですね。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

トイレくらいは死ぬまで自分の足で行きたいッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

更新が途絶えたブログ

※この写真は2012年に宮城県石巻市で撮影しました。
石巻2012(2)

ウェルシュコーギーがきた
https://ameblo.jp/x68030xvi/entry-10826961980.html#reblogHeader

 当ブログでの東日本大震災に関する記事も今回が最後である。
 上記のリンクのブログはぱっと見は他愛のない愛犬ブログである。
 少なくとも最後の更新となった2011年3月10日までは、毎日のように更新されていた、本当に他愛のない愛犬ブログだった。
 最後に更新された記事のコメント欄は安否を気遣うコメントで溢れていたが、無事を祈る友人知己の祈りも虚しく、ブログ主と愛犬のこーちゃんが再び姿を見せることはなかった。
 
 ペットブログの泣き所はどんなペットもいずれは必ず寿命を迎えてしまうことだと思うが、よもやペットばかりかブログ主もこのような形で人生に幕を閉じることになるとは思わなかったろう。

 こーちゃんは2010年12月生まれのウェルシュコーギーだったが、こーちゃんは1歳の誕生日を迎えることができなかった。

 ブログ主が不慮の死で突然ブログの更新が途絶えてしまうのほど、悲しいブログの終焉はないと思う。

 最後にこの場を借りて謹んでブログ主のいっしさんとこーちゃんのご冥福を祈ります。



 当ブログの最終更新は3月31日が最終更新予定になるが、予約更新にしてあるので、自分に何かあっても自動的にブログの更新はされるようになっている。

 自分に何かあっても3月31日は自動的にブログは更新されるので、縁があれば3月31日にまたお会いしましょう。

東日本大震災から9年・・・・・・

 黙祷――

石巻2012(3)
※今回の記事は予約投稿です。
※写真は2012年に宮城県石巻市で撮影したものです。

みーさんがポンちゃん描いてくれましたー



 ♪みー(コバルト)の気まぐれブログ♪のみーさんが今年もまーちゃんとポンちゃん描いてくれましたー\(^o^)/
 みーさんが描いたまーちゃんとポンちゃんとっても可愛いですよねー+゚。*(*´∀`*)*。゚+
 MMさんのオリジナルキャラの芽吹ちゃんも可愛いし、芽吹さんもいい笑顔してます。
 当ブログも今月いっぱいで更新終了しますが、今年もまーちゃんと芽吹ちゃんと芽吹さんとご一緒できてとっても嬉しかったです。
 紹介遅れてしまって申し訳ありませんが、今年も素敵なバレンタインプレゼントありがとうございました(^∇^)ノ

 おまけ


 先日、横浜中華街で食べた豚角煮麺定食。
 850円(税別)でこのボリュームはかなりお得だと思います。


 最近はコロナウィルスの流行で、マスク不足が問題になってますが、横浜中華街のダイソーでもマスクは売り切れでした。




 横浜中華街ダイソーに貼ってあった、キッチンペーパーを使ったマスクの作り方。
 キッチンペーパーでマスクを作るのはグッドアイデアだと思いますが、マスクの次はキッチンペーパーが不足するのではないかと心配になってしまいました。


 先日、アパートの更新手続きを済ませた後に立ち寄った西友でも、マスクばかりかトイレットペーパーやティッシュペーパーが売り切れてましたが、ツイッターでデマ流したデマッターは腹切って責任取ってもらいたいですね。
 トイレットペーパーだけじゃなくて米も売り切れだったので、無洗米じゃない胚芽米買ったけど、後日西友に行ったら普通に無洗米も置いてあったので、すごく損した気分になってしまいました。

 それでは今日もおやすみっこにゃん(つ=^ω^=)つ

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

おらこんな国いやだーッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッ 

ぱおんの恐怖

パオンの恐怖(余白カット)

パオンの恐怖2(余白カット)

 今回は超久しぶりにエロマンガ描きました。エロマンガといっても象のエロマンガなので需要ゼロだと思いますが。
 描くに当たって象の交尾動画を見ましたが、正直人間の交尾動画を見た方がよほど参考になるのではないかと思いました。
 最近は『にゃんこ大戦争』のキャラばかり描いてて全然人間描いてないので、このままだと人間の描き方忘れてしまいそうです。

 パオンとハハパオンと松黒蔵は『にゃんこ大戦争』の敵キャラですが、ハハパオンの説明文見てパオンの父親が誰か気になってしまったので、一晩で描き上げてしまいました。
 キャラはゲームの画像をトレースしたものをコピペしただけなので、超遅筆な自分にしてはかなり早く描けました。
 松黒蔵の「見られると大変困るもの」ってハハパオンが出演していたセクシービデオだと思うんですよねー(´・ω・`)
ハハパオンが出演していたセクシービデオを餌に男女の関係になったとしたら「見られると大変困る」のもわかります。
『にゃんこ大戦争』は基本的に子供向けのゲームなので、さすがにそのような大人の事情は出てきませんがねー(´・ω・`)
 タイトルは『がきデカ』の「にゃおんの恐怖」をもじりましたが、パオン視点ではにゃんこが敵キャラになるので「にゃおんの恐怖」もそのままタイトルに使えそうですね。
『にゃんこ大戦争』にはキャラクターボイスはありませんが、ハハパオンはウルトラの母(映画版)、松黒蔵は紅の豚の主人公の声をイメージして描きました。

 あと完全にモブキャラなので説明する必要もないと思いますが、モブの赤いブタはやはり『にゃんこ大戦争』の敵キャラで「ブタヤロウ」といいます。松黒蔵のメスブタという台詞を見て急遽追加しました。
「ブタヤロウ」はにゃんこ大戦争の敵キャラではヒャッハーと同じ雑魚キャラですが、本名はエリザベスで英国出身のメスブタだそうです。

 本名はエリザベスで英国出身のメスブタというのに、そこはかとなく製作者の悪意を感じるけど、製作者はエリザベス女王に個人的な恨みでもあるのかにゃ(=・ω・=)

 象のエロマンガ見てハアハアする人もいないと思いますが、ピクシブに投稿するときは、全年齢で投稿するかR-18で投稿するか、かなりどうでもいいことで悩んでます。 

 肝心のゲームは相変わらずゲリラ経験値で経験値稼ぎばかりしてるので、全然進んでませんが、こんなクソくだらないマンガ描いてたら、ゲームのプレイする時間もないですよねー。

 そういえば、今日はブタの日らしいですねー(´・ω・`)

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

 おまけ


 レトルトのハンバーグでロコモコ丼作ってみました。おいしいにゃ(=^q^=)
 


※今回は久しぶりにたくさんマンガ描いたので、ブログ主はしばらく雲隠れします。それでは皆さんよい一週間をー(^∇^)ノ
三毛猫バンバン(300)

image.jpg

やらねえ男女はタダの友達だッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッ 
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
559位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
23位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム