FC2ブログ

まーちゃん、ブログ5周年おめでとー\(^o^)/

 まーちゃん、ブログ5周年おめでとー\(^o^)/
 今年もまーちゃんのブログ5周年お祝いできて本当によかったー。゚(゚´Д`゚)゚。

 来年もこうしてまーちゃんお祝いできるといいな。

 だからずっとずっと元気でいてねまーちゃん(`・ω・´)b

 合言葉は、いつも心に太陽を!

まーちゃんの5周年お祝い絵

 シャインさんだけの単体バージョンも作ってみました。
まーちゃんの5周年お祝い絵2

 ホログラム風バージョンも作ってみました。
まーちゃんの5周年お祝い絵(ホログラム風)

まーちゃんの5周年お祝い絵2(ホログラム風)

 今年のマーちゃんのブログ5周年はウチのサンダールとまーちゃんのオリキャラのシャインさんでお祝いさせてもらいました。
 シャインさんにはネオンくんという恋人がいるので、本来ならネオンくんと一緒にすべきなんでしょうけど、時間なくてネオンくん描けませんでした。ネオンくん、ゴメンなさい。
 来年もブログやってたら、ネオンくんも描いてみたいと思います。
 まーちゃんのブログの※欄閉じられてたので、勝手にお祝いさせてもらいました。
 まーちゃんにお祝いしたいという方はこぞってお祝いしてね(^∇^)ノ

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

シャインさん逃げてーッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ  
スポンサーサイト



すみっこの映画を観に行ったにゃ(=・ω・=)ノ

※今回の記事にはネタバレが含まれます。


 先日やっとすみっこの映画を観に行った。
 先週の土曜はすみっこの映画を観に新宿くんだりまで行ったのに、土日の当日券が完売してて観れなかったので、しょうがなく月曜の当日券とグッズとプログラムを買って、後日改めて観に行った。

 すみっこの前評判はこぞって泣ける映画といわれていた。
 かくいう自分もすみっこくらいで泣いてたまるかと思ったが、映画のスクリーンで可愛いすみっこが動いているのを観て思わず感涙してしまった。

 映画のすみっこでは、すみっこたちが喫茶店の地下室で見つけた絵本に吸い込まれて絵本の世界に入ってしまうが、そこで灰色のひよこと出会う。
 灰色のひよこは自分は誰なのかどこから来たのかもわからない、いつもひとりぼっちのひよこである。
 すみっこたちはアラビアンナイトの主人公になったり、マッチ売りの少女になったり、赤ずきんちゃんになったり、桃太郎になったり、人魚姫になったりしながら灰色のひよこの家を探す。

 いろいろな物語を行き来してる間に、灰色のひよこはみにくいあひるの子ではないかという結論になって、白鳥たちの前に灰色のひよこを連れていく。
 そのとき偶然触った仕掛けから灰色のひよこと同じ色のひよこが出てきて、白鳥になって仲間と飛び去っていった。

 灰色のひよこはみにくいあひるの子ではなかった。

 灰色のひよこはすみっこの仲間でもなければ、絵本のキャラクターでもなかった。



 なにをしてもなにかちがう

 どこにいてもここじゃない

 自分はなに?なかまはどこ?



 前回の記事で取り上げたすみっこの絵本のぺんぎん?の話の一節だが、灰色のひよこほどこの独白が似合うキャラもいないだろう。
 灰色のひよこの正体はあえて伏せておくが、灰色のひよことはまさに孤独のメタファーではないかと思う。
 みにくいアヒルの子は後に美しい白鳥に成長するが、灰色のひよこは白鳥ではなかった。

 自分は誰なのかどこから来たのかもわからない、いつもひとりぼっちだけど特別な存在でもない。

 自分の目から見た灰色のひよこは、社会に適応できず特別な才能も何にも持たない発達障害者、自分そのものである。

 今回のすみっこの映画を観た感想としては、互いに相手を思いやることはできても、住んでる世界がちがうというのはどうしようもないという無常観である。

 自分もなかよくなりたいと思った神絵師からてんで相手にされなかったという悔しい思いをしたことがあるが、おプロさまの神絵師と、ギャラ1万の絵の仕事が年2回しかないヘタレ絵描きでは住んでる世界がちがうからしょうがないよねーと思った。

 元の世界に戻ってきたすみっこの側に、灰色のひよこはもういない。

 映画が終わった後の自分の側に、すみっこはもういない。

 絵柄は子供向けの可愛いファンシーな映画だが、努力ではどうにもならない現実の無常を感じてしまった。

 現実の厳しさを再認識させられたという点においては、前世紀に観て多いに失望させられた旧劇エヴァを上回っているのではないかと思う。



 映画の上映時間は65分で映画としては短いが、一時間とは思えないほど、密度の高い内容になっている。
 総合評価は文句なしの傑作だが、唯一の難点を挙げると、すみっこは可愛いのにイノッチのナレーションが可愛くなかったことくらいだろうか(´・ω・`)
 欲をいえば、次回作があるなら、すみっこの四コママンガをそのまま映像にしたような、ほのぼの映画をオムニバス形式で見てみたいと思う。

 おまけ


 土曜に映画館行ったときに買ったすみっこのグッズ。
 月曜に改めて映画観に行った行ったときは全部売り切れだったので、土曜に行っておいてよかったにゃ(=・ω・=)


 映画の帰りに久しぶりに食べた油そば。おいしいぉ(^q^)


 やっぱ映画を観た後は美味しいものを食べるのに限りますね。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

やっぱ住んでる世界がちがうのはどうしようもないよねッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ   

秋のすみっこ

 秋といえば読書の秋なので、今回のすみっこは本の紹介をさせてもらいます。

 最初のすみっこの絵本。中身はほのぼの四コマです。




 2冊めのすみっこの絵本。こちらも四コマですが、季節ごとの四コマになってます。


 すみっこ式電車の乗り方。


 すみっこの名言。こちらは歴史上の偉人の名言をすみっこのイラストで紹介してます。


 ココ・シャネルの名言だそうです。自分が一番好きな名言です。


 すみっこの名言2。こちらも歴史上の偉人の名言をすみっこのイラストで紹介してます。


 奇跡の人といわれたヘレン・ケラーの名言だそうですが、「幸せだと思える人でありたい」ということは幸せだと思えなかったのかな。
 素直に人の幸せを喜べなかったところに、偉人の人間くささを感じます。


 最後に紹介する絵本は前作の四コマ絵本とは一線を画した正統派の絵本です。
 5人のすみっこの話ですが、どれも心に染み入る話です。


 なにをしてもなにかちがう

 どこにいてもここじゃない

 自分はなに?なかまはどこ?

 自分が何なのかわからず思い悩むぺんぎん?はまさに発達障害が判明する前の自分ですが、ぺんぎん?はある意味自分に一番近いすみっこに感じます。



 自分が一番好きな場面ですが、虹という言葉に自分の障害の自閉症スペクトラム(ASD)を感じさせます。
 社会のアウトサイダーのASDもある意味すみっこといえなくもないですね。


 そらいろのまいにちのラストシーンですが、何度見てもジーンとしてしまいますね。
 何気ない日常の大切さを感じさせます。


 暦上は冬ですが、秋のすみっコはすみっコの本を紹介させてもらいました。
 霜月は暦上は冬ですが、それいったら8月も暦上は秋なので、11月を秋としても問題ないと思います。
 プライベートでは相変わらずにゃんこ大戦争のゲームばかりやってるので、全然絵が描けてないけど、今月中に一枚くらいは絵を描きたいですね。
 あとは公開中のすみっコの映画も観に行きたいです。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

やっぱすみっこはいいよねッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

私はカモメ

私はカモメ

 まだ自分が子供だった頃、まだ発達障害の概念が知られていなかった頃は、当然のことながら自分は健常者として扱われていた。
 自分でも何の疑いもなく健常者として生きてきたが、健常者として生きていた頃の自分は翔べないカモメだと思っていた。
 自分をカモメだと思っていたペンギンが、どんなに頑張っても空を翔べない短い翼にずんぐりむっくりな不格好な身体に常に引け目を感じているようなものである。
 東京都の都鳥はユリカモメだが、定型発達者を可愛いユリカモメだとすると、ずんぐりむっくりなペンギンの自分は明らかに不格好な外見で、ユリカモメからは完全にダメなカモメと見られて、ことあるごとにバカにされてきた。
 ユリカモメはその可愛い外見に似合わず海のカラスとか白いカラスとかいわれてるが、常に集団で行動して他の鳥からも餌を横取りする狡猾なユリカモメは、まさに自分の目に映る定型発達者そのものだった。
 よちよち歩きのパッフィンを集団で攻撃して餌を横取りするユリカモメは、集団でエヴァ弐号機を貪る量産型エヴァ機とオーバーラップしていた。

 ユリカモメに限らず、人間も多数派になると暴力的になり、暴力に無自覚になるように思える。
 ネットやツイッターの女叩きとか見ていると、暴力に無自覚な人間はどこまでも暴力的になるし、暴力に無自覚な人間ほど残酷なものはないと思う。
「日本の男は海外よりも紳士的」とかいってるけど、性犯罪被害者を集団で罵る男のどこが紳士的だよといいたくなる。
 拳を振るうのが暴力なら、集団でよってたかって性犯罪被害者を罵るのも立派な暴力だろ。
 ついでにいうと日本にも女を拳でぶん殴る男なんて山ほどいるし、自分も中学生のときにクソガキから集団で殴る蹴るのいじめに遭っている。
 自分に殴る蹴るの暴力を振るってたいじめっ子はその後高校受験に失敗したり、障害事件を起こして高校を無期停学になったと聞くが、自分をいじめなかった原田泰造は芸能人になってるので、やっぱいじめっこは底辺のクソだと思う。

 男社会で女に向けられる多数派の男の暴力も、定型社会で発達障害者に向けられる多数派の定型発達者の暴力も、自分にとってはまったく同質のものである。

 日本は戦前から全体主義というか同調圧力が強いと思う。
 しかも大半の日本人はそれに無自覚で、少しでも異論を唱える者は文字どおり同調圧力でよってたかって口を塞ごうとするという光景は何度も目の当たりにしてきた。

 保守とリベラルの議論を目の当たりに常日頃感じることは、思想は右に偏っても左に偏っても害悪になると思う。
 思想は右に偏っても左に偏っても同調圧力が強くなるように思うが、自分にしてみれば右の同調圧力も左の同調圧力も暴力でしかない。

 無自覚な暴力ほど怖いものはないと思うが、無自覚な同調圧力も暴力だと思う。

 おまけ




 先週から今週にかけてブログをまる一週間休んでましたが、ブログをお休みしてた間も訪問と拍手ありがとうございます(^∇^)ノ
 先週から今週にかけてブログをまる一週間休んでましたが、プライベートではにゃんこ大戦争のゲームばっかやってて、相変わらず絵は描けてないですねー。
 こんなんだから、絵描きアカウントにフォロー外されたり、ブロックされちゃうんだろうなー。
 しかも自分をブロックした元ブログ仲間がいつの間にか自分とも親しいブログ仲間とちゃっかりなかよくなってると死ねといいたくなるわ。

 元々はブログではいいづらい愚痴ぼやきをつぶやくためにツイッターのアカウント作ったようなものだけど、最近はツイッターでも愚痴ぼやきがいいづらくなってしまっているので、にゃんこ大戦争のツイートばっかになっちゃってますねー。

 最近嬉しかったことといえば、自分と比較的親しいツイッター仲間も絵描きだったということくらいでしょうか。
 絵描きは絵描きとしかつきあわないとよくいわれているけど、そうゆう人は友達が絵を描かなくなったら友達やめちゃうのかな。
 自分の場合は知らずに交流してた人が絵描きだったり、絵描きになったというケースがいくつかあるので、交流は幅広く交流するようにしてます。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

やっぱ普通が一番だよねッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

ありがとうございました

 荒ぶるプリンさん、ありがとうございました(^∇^)ノ

 荒ぶるプリンさんが当ブログの訪問者16万人突破記念のお祝いにシュレ猫たん描いてくれましたー\(^o^)/
 プリンさんが描いたシュレ猫たん、とーっても可愛いですよねー+゚。*(*´∀`*)*。゚+
 プリンさん、こんな可愛いシュレ猫たん描いてくれて本当にありがとうございます(^∇^)ノ

KIMG8384.jpg

 たらこさん、ありがとうございました(^∇^)ノ

 ブロとものたらこさんが誕生日のお祝い絵のお礼にオルガとポンちゃん描いてくれましたー\(^o^)/
 たらこさんが描いたオルガ色っぽいですねー。ポンちゃんも可愛いです(´ω`人) 

20191006192301197.jpg

 姉からカレールーもらったので、最近はカレーばかり作ってますが独り暮らしでカレー作ると毎日が日曜日ならぬカレー曜日になってしまいますね。
 十年越しのカレールーに見切りで売ってたれんこんで作ったれんこんカレーとか、見切りで売ってた豚肉と生姜で作ったポークジンジャーカレーとか最近は見切り食材で作ったカレーばかり食べてます。

 ブログ4年もやってると、いつの間にか交流が途絶えてしまう人も多いですが、このように自分のキャラを描いてもらえるのは嬉しいものですね。
 プリンさんとはブログ開設初年からのつきあいになるので、ブログ仲間のなかでは一番長いつきあいになりますが、来年も交流が続いてればいいなと思います。

 来年があればの話ですが。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

※また少しブログお休みさせてもらいます。それまでプリンさんの可愛いシュレ猫たんとたらこさんの色っぽいオルガを存分にご覧になってください。プリンさんとたらこさんに盛大な拍手をー\(^o^)/
三毛猫バンバン(300)

image.jpg

いくつになってももらいものは嬉しいよねッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ

祭りの後

祭りの後

 自分もかつてはギャラリーで絵画を描いていた。変なおっさんにとっつかまってしまい、美大卒でもないのにギャラリーで一生懸命売れない絵画を描いていた。
 売れるからという甘言にほだされて、全然興味のない絵画を8年描いていたが、個展を開いても絵は1枚も売れず、8年間で唯一売れた絵がデュシャンの便器を女体化した絵だけという惨憺たるのもだった。
 自分なりに一生懸命ブログで宣伝してきたものの、当然のことながら自分の友人知人に絵画を買えるような金持ちもいなかったので、泥舟のような大船で乗り出した個展は絵が一枚も売れず、最初で最期の個展は大爆死で終わった。
 作業所でも年に2回ほど絵の仕事をもらえるようになったので、ばかばかしくなってしまった自分は、個展の終了と同時に絵画を描くのをすっぱりやめてしまった。
 ギャラリーで8年間絵を描いてきて唯一売れた絵がデュシャンの肉便器だけだったので、ギャラリーで絵を描いていた8年間は完全に徒労というか時間の無駄だったわけである。

 個展の最終日に売れなかった絵を壁から外しながら思った。祭りはもう終わったんだな・・・。

 ギャラリーで個展をやっても一枚も絵が売れなかった自分は、手間はかかるのに売れない絵画を描くことにすっかり嫌気がさしてしまい、便器で物議を醸したデュシャンのように絵画からもギャラリーからも足抜けして、絵筆を折ってペンタブに持ち代えて、攻殻機動隊GISの草薙素子のようにインターネットの大海原に逃亡してしまった。

 ギャラリーで変なおっさんにとっつかまって絵画を描いていなければ、自分はブログもツイッターもやることもなく、ひとりで細々と同人誌を作っていたように思うが、その方が幸せだったように思う。
 個展の宣伝のためにブログを開設していなければ、自分は今でもアナログで絵を描いていたように思う。
 皮肉なことに個展の宣伝のために始めたブログが、結果的に絵画に見切りをつけるきっかけになってしまった。
 デジタルの利便性を知ってしまってからは、デジタルならワンタッチで色を塗れるのを、アナログだとちまちま塗らなければならないという過程に耐えられなくなってしまった。

 絵画は自分から若さも時間も創作意欲も何もかも根こそぎ奪っていった。

 後には過ぎ去った時間だけが残った。

 脱け殻のようになってしまった自分は、力石亡き後のジョーのように祭りが終わった後の空蝉の世界に生きている。



 ひと月遅れの誕生日プレゼントでしたが、タクミン先生がツイッターで紹介してくれました。
 ご紹介ありがとうございました。


 やはり自分の送った誕生日プレゼントをファンの先生に紹介してもらえるのは嬉しいものですね。
 幸せはこういった日常の何気ないやりとりのなかにあるのかも知れませんね。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

祭りの後は淋しいよねッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ

続・絵が下手くそなのは発達障害のせい?

※今回の記事は2015年11月2日に投稿した記事を加筆再編集したものです。
絵が下手くそなのは発達障害のせい2

 実は今回の記事は8/17に記事を書いたものの、拍手もコメントもゼロで、ものの見事に反響の無かった記事のリベンジである。

 上の絵を見ればわかると思うが、発達障害者は自分も含めて死ぬほど絵が下手くそである。
 ごくまれに絵が上手い者もいるが、大半は自分も含めて絵が下手くそである。
 表情が描けなくて、デッサンが微妙に歪んでいて、何よりもまっすぐな線を引けないというのは致命的である。
 発達障害者は微細な運動機能障害があると聞くが、自分もその運動機能に障害があるとしか思えない。 
 そういえば、自分と絵柄が似てるのは男ばかりだが、発達障害者の8割が男である。
 進撃の巨人の作者も絵が下手くそだが、あそこまで下手くそだと、発達障害か何かではないかと思ってしまう。
 
 上が定型発達者の描いた絵で、下が発達障害の自分が描いた絵である。どちらが上手いかは一目瞭然である。
 上の絵を描いたのはponchと同じギャラリーにいた、自分よりひとまわり以上年下のイラストレーターだが、十万円の絵がポンと売れている人気作家で、化物語のエンドカードも描いている。
 本人も和服が似合う楚々とした近寄りがたい(というかこちらが避けられてる)美人で、ツイッターのフォロワーも5千人以上いる。
 フォロワーが千人に満たない自分とは雲泥の差だが、自分が彼女に勝てるのは歳の数と腹のぜい肉だけである(そんなものに勝ってどうするんだよ)
71Mqt5rYGgL.jpg

 作業所の会報に描いた、島風のコスプレをした無駄に巨乳のシュレ猫たん。
 会報がカラーだからノーギャラでカラーで描かされたのに、公共施設に置く会報にパンツはいかんと、パンツを猫耳に文章手直しされたぉwwwうぇっうぇっうぇっwww
 作業所のおじさんからは、深夜の萌えアニメみたいといわれたぉwwwぶひいぃwww
シュレ猫たんのパンツ
 
 自分のように絵の才能の無い人間でも努力すればある程度は上手くはなるが、才能の無い人間がいくら努力しても、絵の才能があって努力した人間には敵わない。
 日本人がいくら努力しても、シュワちゃんのようにムキムキマッチョにはなれないようなものである。生まれついての骨格がちがうのだ。
 画力を骨格や筋肉量に例えると、絵が上手い人はシュワちゃんのようなムキムキマッチョで、自分みたいな下手くそはのび太みたいなガリガリのモヤシである。

 正直いくら描いても上手くならないと、いい加減描くのイヤになるし、お高くとまった美人の超絶上手い絵なんか視界にも入れたくないので、何度描くの止めようと思ったかわからない。
 それでも描いてたのは、ギャラリーのおっさんに頭小突き回されて描かされていたからである。(´・ω・`)ノ(´;ω;`)ペシッ
 現在はギャラリーからは足抜けして一介の温泉絵描きに成り下がってしまったが、ツイッターで長年ファンだったマンガ家の先生に相互フォローしてもらえたので、このときだけは絵を描いていてよかったと思う。

 最近は自分が通う作業所からも絵の仕事をもらうようになったので、細々と描いてるが、未だに絵が下手くそなのは治っていない。正直しんどい。
 
 自分も画力がシュワちゃんとかロニコーみたいなムキムキマッチョの地上最強の神絵師になりたいぉ(´;ω;`)ブワッ

 発達障害者の描いた絵は不気味なほど特徴が似通ってるが、発達障害者だけのアウトサイダーアート展とかやったら、微妙にデッサンの歪んだ不気味な絵ばかりで、展示会場はかなり異様な雰囲気になるにちがいない。
 常人には理解不能の思いっきり需要のない、発達障害者だけの不気味で異様なアウトサイダーアート展をやるのは、密かな自分の夢でもある。
 近年ではアウトサイダーアートは差別的だからエイブルアートと呼んでるらしいが、エイブルアートなんて生温い芋喰って屁をこいたようなクソゲーみたいな呼び方はまっぴらごめんだ。
 エイブルアートなんて芋喰って屁をこいたようなクソゲーみたいな呼び方よりもアウトサイダーアートの方が断然カッコいいに決まってる。

 クソゲーといえば、最近自分がハマってるにゃんこ大戦争もクソゲー呼ばわりされてたが、人手不足で作画に手をかけられず、誰でも描けそうな子供の落書きみたいなキャラデザになったクソゲーが、4700万ダウンロードされる大ヒットになったのだから世の中わからないものである。
 こういってはなんだが、作画に手をかけたゲームよりも、にゃんこ大戦争みたいな作画が単純化されたゲームの方がヒットしてるように思える。

 自分は真の芸術は画壇の枠からはみ出した画壇の外にあると思っている。 
 画壇から遠く離れた、ブリザード吹きすさぶ極北の荒野で孤独を耐え忍ぶことのできる者だけが真の芸術を極めることができるのだ。

 ぬるま湯に浸かった生温いなれ合いの画壇に飾られるようなお行儀のいい絵なんていわば全部ニセモノだよー。
 今年開催されたあいちトリエンナーレも芸術か否かで物議を醸したが、自分の目から見れば、公費でお膳立てしてもらって開催されたあいちトリエンナーレも、ぬるま湯に浸かった生温いなれ合いの画壇に飾られた似非芸術である。アウトサイダーアートですらない。
 あしたのジョーの力石は「拳闘は芸術だ」といってたが、あいちトリエンナーレを芸術だというのなら、いやがらせのビラも街中のケンカも芸術になってしまう。そんなバカな話あるか。

 真の芸術語りたいなら私費でやれよ、公費でやるな。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

一度はシュレ猫たんのパンツを見てみたいッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ

絵が下手くそなのは発達障害のせい?

※この記事は2015年8月17日に投稿した記事を加筆再編集したものです。
絵が下手くそなのは発達障害のせい

 いつだったか2ちゃんにそのようなスレが上がっていたが、たしかに発達障害の人間は自分も含めて絵が下手くそだと思う。

 定型発達者の絵は概ねデッサンが整っているが、発達障害者の絵はどんなにていねいに描いても微妙にデッサンが歪んでいる。ひとことでいえばダリの時計のような気持ち悪い絵になってしまう。
 定型発達者の絵は写メを撮っても絵が歪むということはないが、自分の絵だけ写メを撮るといつも絵が歪んでいる。

 他人の表情が読み取れないASDの描く人物は、どんなにていねいに描いても、顔にお面が貼りついたように表情が硬直していて生気が感じられず、全体的に肉感も感じられず、マネキンみたいにカチカチである。

 ひとことでいえば手が思うように動かずまっすぐな線が引けない。プロのマンガ家はどんなに絵が下手くそでもまっすぐに線が引いてあるのに、自分はまっすぐに線が引けないのだから、運動機能の障害としかいいようがない。

 だからこそ絵が下手くそでもコマ割で多少はごまかせるマンガを描いていたのに、よりによって大嫌いな現代アート系のギャラリーに目をつけられてしまい、売れるという甘言に騙されて8年も売れない絵を描いていた。
 結局ギャラリーでは8年間で唯一売れた絵がデュシャンの肉便器だけで、個展をやっても一枚も絵が売れなかった。
 8年間で唯一売れた絵がデュシャンの肉便器だけという体たらくは自分がギャラリーから足抜けするには充分すぎた。

 今考えると、ギャラリーで素人のそれも発達障害者の下手くそな絵が売れる確率は、宝くじの一億円が当たる確率と同じくらいだと思う。
 ギャラリーで素人の自分が8年も売れない絵を描いていたのは、宝くじの一億円が当たるかもと延々と当たらない宝くじを8年も買い続けていたようなものである。

 今考えると壮大な時間の無駄使いである。

 8年間で唯一売れた絵がデュシャンの肉便器だけとかいやがらせにも程があるだろ。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン



 最近ハマってるにゃんこ大戦争のBGMだけど、結構カッコいいよねー。
 にゃんこ大戦争のBGMでは一番のお気に入り。
 ゲームは殆ど課金してないけど、このBGMのためだけにCD買っちゃったわー。
 にゃんこ大戦争って課金より、キャラグッズで儲けてるんじゃね?


三毛猫バンバン(300)

image.jpg

一生懸命描いた絵が粗大ゴミになるのは悲しいよねッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
21位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム