FC2ブログ

お祭りやってた横浜中華街に行ってきた

※今回の記事は写真が多いので、残りは追記にまとめました。


 何だか横浜中華街でお祭りやってたみたいなので、フラッと横浜中華街に行ってきました。



 お昼は作業所の夏祭りでお弁当が出ました。
 なお夏祭り終了後に、職員とコミケにはいつ行くかという、端から見たらしょーもないことを相談してました。



 横浜中華街にはこのような幟がはためいてました。



続きを読む

スポンサーサイト



MMさんへ暑中見舞い

 MMさんへ暑中見舞い申し上げます。
 シュレ猫たんの暑中見舞い絵の差分ではありますが、今回はMMにゃんの暑中見舞い絵を描かせてもらいました。

MMにゃんの暑中見舞い(縮小)

 長身美人のMMさんもサンダールと並ぶと小さく見えますねー(´・ω・`)
 MMさんは身長170前後くらいの見立てで描いてますが、以前MMさんと結婚式を挙げてたくーさんはMMさんより頭ふたつ分くらい小さかったので、サンダールと並ぶとどのくらいの身長差になるのか気になりますねー(´・ω・`)
 そういえば、自分の男性キャラは身長180以下か190以上で180台の長身キャラが殆どいないような気がします。
 MMにゃんが顔を赤らめてるのが気になりますが、海辺でこの後ふたりはどうするんでしょうかねー。にゃんにゃんするんでしょうか(´・ω・`)

海パンサンダールとMMにゃん(縮小)

 差分でホログラム風バージョンも作ってみました。

MMにゃんの暑中見舞い(ホログラム縮小)

海パンサンダールとMMにゃん(ホログラム縮小)

 7月も終わりなのにずっと長雨が続いてますが、毎日雨降りだと洗濯物も干せないし、いい加減に梅雨明けしてほしいものですね。

 オホーツク海高気圧超いらーねー(#^ω^)ビキビキ
 
 毎年MMさんの水着姿ばかり使いまわししてるので、姉からも「使いまわし乙www」といわれてる自分ですが、自分が相互フォローしてるマンガ家の先生やMMさんならまだしも、何十年も絵を描いてない人にいわれたくないですねー(´・ω・`)
 MMさんから「もう使いまわしやめて」といわれたらスッパリやめます(`・ω・´)

 ウチの姉は何十年も絵を描いてないのにコミケでは友達の売り子やって意地汚く居座ってるけど、絵を描かないのにコミケにサークル参加してどうするんだよ(´・ω・`)
 絵を描いてる相方からしてみると、絵を描かない相方と組んでる意味あるんだろうか。いい加減ウンザリされてるんじゃ(;^_^A

 以前描いた絵の使いまわしで申し訳ありませんが、今回はサンダールとMMにゃんのイラストを公開させてもらいました。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

やだ何この人怖い・・・ッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

遺作

   61HjT8M1mKL.jpg

 昨年末にとうとうコミケ初の死者が出てしまった。十年以上コミケに行ってないのでコミケのことはまったくわからないが、そのコミケ初の死者というのはその界隈なら名の知れた人気絵師だったそうである。
 彼はコミケ会場で倒れて病院に搬送されたが、回復することもなく今年の1月1日に搬送先の病院で亡くなったそうである。
 遺族になってしまった弟の話によると、44歳で亡くなるまで持病は無かったものの普段から昼夜逆転した不摂生な生活をしていて今回も徹夜上がりだったとのことだが、中高年になってからの不摂生と徹夜は時と場合によっては命取りになるということである。

 コミケ初の死者となってしまった人気絵師の黒碧天氏にはご愁傷さまとしかいいようがないが、図らずも遺作となってしまったのが、親には見せられないような恥ずかしい内容のロリエロ同人誌だったというのは本当にお気の毒としかいいようがない。

 氏のピクシブのアカウントは現在も残っているので、図らずも遺作となってしまったエロ同人誌の表紙は誰でも閲覧できるが、ピクシブにアカウントが残ってる限りは、後世も遺作がエロ同人誌の人気絵師と語り継がれてしまうわけである。
 50歳で病没した梶原一騎の遺作となった男の星座は、梶原一騎の没後30年過ぎた今も文字通り天に輝く星座のような名作として世に語り継がれているが、この人気絵師は後世に遺作がロリエロ同人誌の人気絵師と語り継がれてしまうわけである。
 丸尾末広や山本直樹やケン月影のエロマンガは美しさを感じるというか文学や芸術の域に達してると思うが、大半のロリエロマンガは文学や芸術として認められることもなく、品性下劣な男のズリネタとして読み捨てられ人知れず消えていく。
 まとめブログでは死者に鞭打つような散々ないわれようだったが、生前は女の子を辱めていたロリエロ同人誌が、死後は自分を辱めているというのはとんだ皮肉である。

 遺作が親にも見せられないような恥ずかしい内容のロリエロ同人誌とか、便秘で死ぬのと同じくらいイヤな最期だと思う。

 こんなことをいうとエロをバカにするなとの誹りは免れないが、AV女優や風俗嬢がAV女優や風俗嬢も立派な仕事だといってみたところで、大半の男からはAV女優や風俗嬢は色眼鏡で見られるし、娘に将来AV女優や風俗嬢になってほしいという親もまずいないだろう。エロマンガ家も同じだと思う。
 自分もエロ見るのも描くのも好きだけど、エロマンガが世間でどのような目で見られるかは覚悟しといた方がいいと思う。
 たしかに日本では表現の自由は認められてるが、批判する自由もまた然りである。自分もエロ絵描いていいがかりつけられたことはあるが、表現の自由を行使する以上は批判する自由にも晒される覚悟が必要である。

 女を脱がして辱めるエロマンガを描くということは、自分の心が丸裸にされて辱められる覚悟が必要だと思う。

 かのフリードリヒ・ニーチェもいってたが、怪物の深淵を覗くものは怪物に深淵を覗かれているのだ。

 若い頃は恥ずかしいエログロマンガ描いてた丸尾末広や山本直樹も、後年はクソ真面目な話描くようになったのも、自分が死んだときのことを考えるようになったのかなと思ってしまう。
 四十路に入ると鬼籍に入る者もちらほら出てくるが、絵描きやマンガ描きは常に現在描いてるものが遺作になるかもしれないということを考えて、世に出しても恥ずかしくないものを描かないといけないなと思う。



 エロマンガといえば、男女のエロマンガの他には男同士の同性愛を描いたBLもあるが、女性向けのエロが何故BLになってしまうのか疑問である。
 エロマンガは女の視点から見ると、自分の身体に男性器が突っ込まれるのを想像してハアハアするものだと思うのだが、男同士ではハアハアしようがないのではないか。
 それいうと、自分の性から逃げるためにBLを見てるのではないかという意見も聞くが、男が嫌いなら女同士の同性愛でもいいと思うのだが、何故男同士なんだろう。
 女が描いたBLは受けも攻めも女にしか見えないので、作者が女というだけで充分敬遠する理由になってしまう。
 唯一自分が認めたBLといえば、ヤマジュンのBLくらいだろうか。
 自分の男の友達同士でアッーッッしてるのをリアルに想像しても普通に気持ち悪いだけだが、腐女子には男の友人知人がいないのだろうか。
 少なくとも自分の男の友人知人に所謂美男子はひとりもいないので、リアルに想像するとやっぱり男同士は気持ち悪い。
 2000年9月に東京都江東区亀戸のマンションの一室で、当時28歳だった同人作家の女性が殺された事件があったが、彼女もまた今でいうところのBL同人誌を描いていたという。
 事件発生から20年近く経った今もなお犯人は検挙されず未解決事件となってるが、被害者の吉田陽子さんは若くして殺されたこともさることながら、遺作がBL同人誌になってしまったのも気の毒だと思う。



 先日起きた京アニ放火事件では実に34人の関係者が亡くなったが、京アニ放火事件見てると人間本当にいつどこで死ぬかわからないものだなと思った。
 京アニのアニメは全然見たことないけど、相手が誰であれ場所がどこであれ、34人もの人命が奪われたことは痛ましい事件としかいいようがない。犯人には極刑が下ることを願うばかりである。

 最後に黒碧天氏と吉田陽子氏と京アニ放火火災事件で亡くなった方々には、この場を借りて謹んでご冥福を祈ります。

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

お前は熱血スポ根とエロマンガしか見たことないのかッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

すだちとさんしょう

※高知県の徳島ラーメンの店で食べた餃子。徳島県の餃子は塩とスダチで食べるようです。


 数年前に実家に帰ったとき、子供の頃はあった山椒の木が見当たらなかったので、どうしたのか母親に聞いたら「あんたが枯らしたんでしょ」といわれた。
 そういえば子供の頃は蝶の羽化が見たくて、山椒の木に芋虫をくっつけていたこともあったが、芋虫に山椒が丸坊主にされて山椒の木が枯れてしまったというのである。
 子供の頃にやったこととはいえ自分が山椒の木を枯らしてしまったのは事実なので、「だったら山椒買ってくるよ」といったら、「山椒よりきんかん買ってきてよ」といわれたので、園芸店行ったらきんかんが無かったので、代わりにスダチの苗を買ってきた。
 今ではきんかんの代わりに買ってきたスダチはぎょうさん実をつけて母親は嬉しい悲鳴をあげてるが、スダチの木がぎょうさん実をつけるほど大きくなった今も、山椒の木を丸坊主にした芋虫のことは嫌ってるようで、アゲハチョウの芋虫を見つけたら駆除してるようである。
 母親は栃木県の農家の生まれだけど、農家って皆芋虫嫌ってるよなー。

 スダチの産地は徳島県だけど、当時はゆずの産地の高知県のお友達に会いに行って、高知県で徳島ラーメンを食べるとは想像もしてなかったよなぁ(*´-`)

 おまけ


高知県名物ぽんかんあめ。おいしいぉ(^q^)


賞味期限はちょうど1年前でしたが、ちゃんと食べられました。
味はみかんに似てるけど、柑橘系特有のほのかなほろ苦さが何ともいえないですね。


 宮城県に旅行に行ったときはまーちゃんにはどのおみやげ買って帰ろうかなーと考えてたので、高知県に行ったときもまーちゃんにはどのおみやげ買って帰ろうかなーと思いましたが、高知県の友達に高知県のおみやげあげてどないすねんとはっと我に帰った自分でした(^q^)

 高知県のいいとこといえば何といっても雄大な自然に尽きますが、都内は人がいっぱいで疲れるので、たまには高知県みたいに広々したところにも行ってのびのびしてみたいですね。

 お金が貯まったらまた高知県に行ってみたいな。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン




三毛猫バンバン(300)

image.jpg

お前は高知県しか行ったことないのかッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

本当にあった怖い話2019

忘れ物

○月×日
 珍しく弁当を作ったので、弁当を忘れないように気をつけたら、カバンを忘れた

○月×日
 こないだはカバンを忘れたので、カバンと弁当を忘れないように気をつけたら、作業所に納品する絵を忘れた。

○月×日
 こないだは作業所に納品する絵を持ってくのを忘れたので、カバンと弁当と絵を忘れないように気をつけたら、帰りに傘を持って帰るのを忘れた。

 これで傘無くしたの何本目だろう・・・(;^_^A



 今回の話は実際に自分が体験した話ですが、怖いというほどの話でもないので、タイトルのイラストだけでも怪談仕立てにしてみました。
 何故恵子がこんなおっかない顔してるかというと、おっかないもの見たからです。どんなおっかないもの見たかはまたの機会に。
 取り敢えず今は恵子の表情を見て、彼女がどれほどおっかないもの見たか想像してみてください。
 今回の見出しのイラストは下書きにちょっと手を加えただけなので、手抜きも極まれりですね。清書した絵は来月にでもお見せできればと思います。
 エロとかも結構好きなんだけど、ウチの姉からは「エロよりホラーの方が上手いよね」といわれちゃうし、最近はエロからかけ離れた絵やマンガばかり描いてますねー。そもそも恵子が喪女という時点でエロからかけ離れてるしー(;^_^A
 とか何とかいろいろいってるけど、今描いてるマンガまだ3頁しか描けてないんだよなーどーしよー(;^_^A
 描いてる途中で話の展開変えたくなっちゃうしー(;^_^A

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

 おまけ


 前回の記事が創作日記の記事ランキングでランクインしました。
 いつも当ブログをご覧になって頂いてる皆さん、ありがとうございます\(^o^)/


三毛猫バンバン(300)

image.jpg

吐き気を催す手抜き・・・・・・ッッと思った方はポチっとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ

高知県の真実(?)



 高知県に旅行に行ったときは、東京とちがうことでいちいちカルチャーショックを受けて帰ってきた自分ですが、高知県が田舎かどうかはさておき、同じ国内でも本州から海の向こうとなると東京とはかけ離れてますよねー。
 高知県民じゃない自分が高知県のことを語る時点で、坂本龍馬みたいに暗殺されないか命が危うい気もしますが、今回は県外の人間の目から見た恐るべき高知県の実態(?)を書いていきたいと思います。

高知県の真実(?)その壱
 高知県には民放が3つしかない。
20161229021750081.jpg

高知県の真実(?)その弐
 高知県にはボタンを押して開けるワンマン電車しか走ってない。
※宮城県では仙台駅から一ノ関行きの電車は途中からワンマン電車になっていたが、高知県では徹頭徹尾ワンマン電車だった。


高知県の真実(?)その参
 高知県には無人駅がある。


 なお、無人駅から電車に乗ったら整理券を取っておかないと、始発からの料金を請求されてしまいます。高知県で始発からの料金を請求されるとどえらい料金になってしまうので、無人駅から電車に乗ったら必ず整理券を取っておきましょう。


高知県の真実(?)その四
 高知県ではSuicaが使えない。


高知県の真実(?)その五
 高知県には駅のゆるキャラがいる。
※駅のゆるキャラを考えたのは、高知県出身でアンパンマンで有名なやなせたかしである。


高知県の真実(?)その六
 高知駅前は普通の飲食店より居酒屋の方が多い。
※高知県民はいつも酒呑みながら飯喰ってんのか。

高知県の真実(?)その七
 高知県内の駅前には立ち食いそばの店が無い。
(都内の駅前なら必ずある立ち食いそばの店が高知県の駅前には無いみたいなのである。そういえば高知県ではそばそのものを見なかった)

高知県の真実(?)その八
 高知県にはファミレスがない。
(高知県に行ったときまーちゃんと食事するのに、自分は都内と同じ感覚で「その辺のファミレスでいいよー」といったが、とにかく高知駅から歩いて行ける場所にファミレスがないのだ。
 高知駅から離れた帯屋町のアーケードとイオンモール以外には、まともに食事できる場所がないといってもいいのではないだろうか。そういえばマックとかケンタみたいなファーストフードの店も見なかったけど・・・(^_^;)

高知県の真実(?)その九
 高知県の喫茶店にはうどんがある。


高知県の真実(?)その拾
 高知県ではカツオのたたきを塩で食べる。

高知県の真実(?)その拾壱
 高知県ではカツオだけでなくウツボも食べる。
20170808155935760.jpg

高知県の真実(?)その拾弐
 高知県の味噌汁は丼一杯分ある。


高知県の真実(?)その拾参
 高知県のセミは維新維新と鳴く。
※セミはミンミン鳴くものと思ってたが、驚いたことに高知県のセミは維新維新と鳴くのである。さすが海援隊の地元だけのことはあるな。

高知県の真実(?)その拾四
 高知駅にはベロベロの神さまがいる。




 高知県ディスるようなこと書いちゃったけど、高知県はのどかでいい場所だと思いますよ。何より電車がいつ乗ってもガラガラで余裕で座れるし、都会での喧騒に疲れた方は高知県に行ってのんびりするのもいいと思います。
 お金たまったらまた高知県行ってみたいですね。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

デマこいてんじゃねぇッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

東京のどこがいいのかわからない(^q^)

都庁前の神田川


 地方在住者の話を聞くと東京に強い憧れを持ってる者も多いようだが、生まれも育ちも東京の自分には東京のどこがいいのかさっぱりわからない。
 東京なんてゴミゴミしててくっそきたねーし、ビルばっかりの殺風景な街並みばかりだし、鉄道では毎日のように人身事故が起きてるし、川はコンクリートで固められた排水路しかないし、トンボも蛍もカエルもいないし、天の川も見えないし、豊かな自然に囲まれた地方の人間が、新宿歌舞伎町や新宿ゴールデン街に行ったら、三日で帰りたくなると思う。
 高知県に行ったときは今まで見たことのない広大な川に圧倒させられたが、高知県の広大な川を見て、東京には排水路しかないことを思い知らされた。
 コンクリートで固められた神田川と美しい青い仁淀川の辺りのどちらが環境がいいかといったら断然仁淀川だろう。
 せっかく仁淀川という美しい川がある故郷を捨てて、コンクリートで固められたドブ川の辺りに住みたいと思う悪趣味な人間はまずいないと思う。
 高知県って自然が豊かで結構環境もいい場所だと思うんだけど、何で年々人口が減ってるんだろう。

仁淀川(高知県)


 自分の母親も栃木県の農家の生まれだが、やはり東京には強い憧れを持っていて、東京で初めてゴキブリを見たときはハイカラな虫だと思ったそうである。
 ゴキブリといえば、先日水を張ったフライパンでゴキブリが溺死してるのを見たときは死にたくなった。
 九州とか四国の人間は埼玉県が東京と県境というだけですごい都会だと思ってるようだが、自分の地元の東村山市と県境の所沢市は辺鄙なとこだし、狭山市に至っては山の麓だし、飯能は山奥だし奥秩父ともなれば秘境である。正直どこが都会なのか全然わからない。

奥秩父(埼玉県)


 近年は首都圏だけ人口が増えてるが、近年では東京の隣接県に住んで東京で働くというライフスタイルが定着してしまっているので、都内ではますます仕事の奪い合いが激化している。東北地方では仙台でも同じような問題が起こっているらしい。
 正直、猫も杓子も東京に一極集中という風潮はどうにかならないものかと思う。

 そういえば、けせらせらのまーちゃんは「高知県はドンドン若い人がいなくなってる」といってたが、東京からは蛍とトンボとカエルがいなくなっていた。
 東京の若者が半分高知県に行って、東京にも蛍とトンボとカエルが戻ってきてくれないものかと思う。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

 おまけ


 先日久しぶりに前回の記事が創作日記の記事ランキングで2位になりました。



三毛猫バンバン(300)

image.jpg

かんざし何それおいしいのッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ

暑中見舞い申し上げます

シュレ猫たんの暑中見舞い(縮小)

 シュレ猫たんから暑中お見舞い申し上げます。
 
 今年のシュレ猫たんも去年のシュレ猫たんの使いまわしですが、去年は水着にニーソという暑いのか寒いのかよくわからん格好だったので、いつでも海に飛び込める格好になってもらいました。
 室内ならまだしも、海に来てまで水着にニーソというのは理解不能ですね。泳ぎに来たならニーソ脱げよ、泳ぐ気ないなら服を着ろよといいたくなります。 

 真夏にニーソとか汗臭くなると思うんですけどね。 

 7月になって七夕も過ぎましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 例年なら熱中症に気をつけてとなるところですが、外は生憎の曇り空でスッキリしない肌寒い日が続いてますね。
 雨続きだとなかなか洗濯物も干せないので、雨続きはいい加減気が滅入りますね。早く夏らしい青空が見たいものです。
 都内ではまだセミの声を聴いてないし、都内のセミは死滅してしまったように思います。
 東京からは昭和の終わりと共にカエルもいなくなってしまいましたが、今世紀は平成の終わりと共にセミもいなくなってしまったように思います。
 セミといえば高知県に行ったときは、セミの鳴き声が都内というか東日本では聴いたことのない鳴き声でしたが、ググって調べてみたところクマゼミみたいですね。
 都内ではセミはジージーミンミン鳴いてますが、高知県では夏だというのにシンシン鳴いていたのにカルチャーショックを受けました。
 他にも高知県では都内では見たことのないデカいトンボも見ましたが、あれオニヤンマっていうんでしょうかね。オニヤンマって生まれてこのかた一度も見たことなかったので、高知県で生まれて初めて見たような気がします。

15.jpg

 そういえば都内では自民党が優勢ですが大阪では維新が優勢みたいですね。東日本の第一政党が自民党なら西日本の第一政党は維新という印象がありますが、日本では政党の勢力図がそのままセミにも反映されてるように思います。 

6月のウヨ子ちゃん(縮小)

七夕のウヨ子ちゃん(縮小)

 こちらは6月と七夕に、ツイッターで公開したウヨ子ちゃんのPOPですが、今回まとめてブログでも公開させてもらいました。
 ウヨ子ちゃんはブログとツイッターとピクシブで公開してますが、やはりツイッターが一番いいねが多いですね。
 描いてるのはいつもの絵と同じなんですけど、やはり公式で紹介してもらえるとちがうなと思います。
 公式のキャラクターのPOPなので毎回歯の浮くような美辞麗句ばかりですが、世間では歯の浮くような美辞麗句の方が受けるみたいですね。ツイ民といえばいつも男女と左右に割れて延々と罵り合いしてるイメージしかないので意外でした。

 ツイッターでは一応イラストも公開してるんですけど、ウヨ子ちゃんとウヨ子ちゃんの作者のタクミン先生と鳥肌実と相互フォローしてるせいか、フォロワーも政治系のアカウントが多いですね。

 痴漢に安全ピン議論では冤罪ガーマンは電車乗るな痴漢にはハリセンボン飲ませろといってたのでツイフェミ呼ばわりされたこともありますが、ウヨ子ちゃんのファンで国体保持で九条改憲派で死刑存続派で普段は中共批判をしてることが多いので、政治派の論客からは保守派とみなされてるようです。

 右に行けばツイフェミと叩かれ、左に行けばネトウヨと叩かれ、右にも左にも居場所がない自分ですが、不思議と絵が下手くそと叩かれたことはまだないですね。

 ネトウヨもツイフェミも所詮はボキャ貧のツイ民のレッテル貼りなので何とも思いません。絵が下手くそなのは事実なのでいわれるとこたえますが、何故かパヨチンからもミソジニーのチンカス野郎(略してミソカス)からも不思議と絵が下手くそといわれたことは一度もないので、パヨチンもミソカスも自分の画力は認めてるんだなと思いました。

 そんなわけでこの勝負、自分の勝ちー\(^o^)/

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

毎回お前は何と戦ってるんだよッッと思った方はポチっとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 

マー姉ちゃん



 思えば自分が幼少時代を過ごした70年代は、今よりずっとのんびりとしてたというか、時間の流れもゆっくりだったように思う。
 手塚治虫や石ノ森章太郎のマンガを当たり前のように見ていた、自分が子供だった頃は子供の時間が永遠に続くような気がして、自分が大人になったときのことなど想像もつかなかった。



 学校の夏休みに朝ドラでマー姉ちゃんをやってた頃は、田んぼでカエルやザリガニを取って遊んでたが、今はもうその田んぼもなくなり、カエルがいた畦道も舗装されてカエルもどっかにいなくなってしまった。
 あまつさえ現在は、カエルなどの両生類は世界的に減少していると聞く。



カエルもいちゃいちゃしてるのにお前らときたら・・・(´・ω・`)


 自分が子供の頃はあちこちで影絵見たものだが、影絵師の藤城清治と同世代だったやなせたかしも水木しげるも鬼籍に入ってしまった。

45044e63b8820fb879766c5112aee503.jpg


 波平の声やってた永井一郎も突然死んじゃったし、子供の頃からの当たり前がどんどん無くなっていくのを見るのはツラいよねぇ。



 たったひとつだけ願いが叶うなら、家の近所の田んぼにカエルがいた、あの頃に帰りたいよ。





三毛猫バンバン(300)

image.jpg

自分がオタマジャクシだった頃に帰りたいッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ

りえ太さん、お誕生日おめでとうございます

七夕のキュアミルキー(縮小)

 りえ太さん、お誕生日おめでとうございまーす\(^o^)/
 今回はりえ太さんの誕生日をスタプリのキュアミルキーでお祝いさせてもらいました。
 今回のお祝い絵も前回と同じセイカのぬりえに色塗りましたが、今回は誕生日仕様で、ホログラム加工してみました。
 5月はこれといった行事もなかったので、誕生日お祝い遅れちゃったりしましたが、七夕ともなるとひと月遅れというわけにもいかないので、頑張って仕上げました。
 風月時雨さんとりえ太さんの誕生日はいつもプリキュア描いてますが、このお二方の誕生日でもなければプリキュア描く機会もないので、毎年一生懸命描いてます。
 七夕の誕生日お祝いといったらやはりキュアミルキーだと思いますが、天の川は英語ではミルキーウェイなので、キュアミルキーはミルキーウェイから取ってるのではないかと思います。
 そういえば、キュアミルキーの地球名は羽衣ララといってましたが、宇宙人といえば宇宙刑事ギャバンはギャバンが本名で地球名は一条寺烈でしたねー。
 近年二代目ギャバンが登場しましたが、ギャバンが本名なのに二代目ギャバン?とか思っちゃいましたねー。実写版スケバン刑事の二代目麻宮サキみたいなもんでしょうか。
 原作のマンガでは麻宮サキは主人公の名前なのに、実写版ではコードネームになってて、二代目は何故か土佐弁だし、三代目は風間三姉妹とか出てくるし、よくも悪くも原作とはかけ離れたぶっ飛んだ話になってたなーと思います。
 昭和時代のテレビ番組は今見ると粗削りというかあか抜けないところがあるけど、勢いはありましたよねー。
 今思えばアニメ黄金時代の70年代末期から80年代初頭がテレビ番組全般が一番勢いがあったように思いますが、最近のアニメは絵はキレイだけど絵柄も話も似たり寄ったりで、昭和時代の勢いは見る影もないですねー。テレビ番組が低迷してるのはネットの隆盛もあるのかも知れませんが、それ以前に日本の経済そのものの低迷がテレビ番組にも反映されてるように思います。

 差分で背景が色違いのものも作ってみました。今月が誕生日でキュアミルキーが好きな方はご自由にお持ち帰りください。

七夕のキュアミルキー2(縮小)

 先月キュアスター描いたので、差分でキュアスターとミルキーの七夕バージョンのイラストも作ってみました。
 レイアウトはセイカのぬりえとまったく同じですが、ふたりのプリキュアが並んだ絵は今回初めてだと思います。
 やはり星がモチーフなだけに、七夕にピッタリですね。
 こちらのイラストは特にお祝い絵というわけではないので、今月が誕生日の方もそうでない方もご自由にお持ち帰りください。

七夕のキュアスター&ミルキー(縮小)

 恒例の文字なしバージョン。

七夕のキュアミルキー(文字なし縮小)

七夕のキュアミルキー2(文字なし縮小)

 おまけ


 駅前には七夕の飾りがありました。
 外は雨続きだけど、もうそんな季節なんだなーと思いました。


 前回の記事ではたくさんの拍手ありがとうございました(´;ω;`)
 恵子の話は恵子と同じ茨城県の方からも何人かコメントもらいましたが、地味で根暗な喪女だけど、思ったより茨城県民に愛されてるようで嬉しいです。
 自分の場合、イラスト単体だとあまり拍手がつかないけど、マンガの方が拍手つくみたいですね。自分の絵が下手くそというのもあるんでしょうけど。
 最近は拍手少ないし先月の再録記事なのでそんな拍手つかないだろうと思って、拍手が百回超えたら描くとかいっちゃいましたが、拍手百回もらっちゃったので、ここは潔く自分の負けを認めて、夏休み返上して恵子が夜の墓場に迷い込む話を一生懸命描きたいと思います(´;ω;`)

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

だからお前は何と戦ってるんだよッッと思った方はポチっとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ 
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
21位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム