FC2ブログ

最後の浮世絵師の娘・河鍋暁翠

※この記事は2015年9月18日に公開した記事の再録です。


 今回は浮世絵師でもあった河鍋暁翠を取り上げたいと思う。名前を見てもわかるように、暁翠は最後の浮世絵師といわれた河鍋暁斎の娘である。

 江戸時代と明治時代の境界である慶応3年に暁斎の長女として生まれた暁翠は小さな頃から暁斎に日本画の手ほどきを受けていたという。

 17歳の時には国内絵画共進会に出品するなどその実力は確かなものだったという。22歳の時に暁斎と死別後も作品は様々な展覧会に出品し評価されていき、明治時代後半には女子美術大学の初の女性教授となる。
 
河鍋暁翠 毘沙門天虎狩之図


河鍋暁翠「天の岩戸開き」暁斎の作品を模写


河鍋暁翠「朝鮮豊島沖海戦之図」


河鍋暁翠「五節句之内 文月」


河鍋暁翠「五節句之内 皐月」


 絵を見てもわかるように、父親に優るとも劣らない非凡な才能の持ち主であったことは一目瞭然である。
 実際、明治40年代までは錦絵や挿絵本も出版するなど、画家として幅広い活動を繰り広げている。
 しかし、娘の誕生後は生来の控えめな性格も手伝ってか、展覧会活動等は少なくなり、良家の子女や画道に関心を持つ趣味人に教える個人教授が、活動の主体となっていく。
 そして、1935年(昭和10)、出稽古先で脳溢血となり、帰らぬ人となっている。



 明治時代はもっとも女に対して抑圧的な時代だったと思う。当時女が絵だけで身を立てていくのは困難な時代だったと思われるが、彼女が絵の世界から身を引いたのは致し方のないことだったと思われる。

 暁翠は父の暁斎を超えられなかったので、娘にも絵を描くことを禁じていたというが、逆にあの暁斎を超えようとしていたのはすごいと思う。
 現在の感覚でいえば手塚治虫や石ノ森章太郎を超えようとしているようなものだろうか。
 手塚治虫や石ノ森章太郎を超えられなかったから絵を描かないんじゃ、自分もとっくの昔に絵を描くのを辞めてなきゃならないし、進撃の巨人の作者なんかどうなってしまうんだよと思ってしまう。

 もとい現在の日本の画壇には、河鍋暁斎どころか娘の暁翠を超える才能の持ち主は、多分ひとりもいないのではないだろうか。
 美人画家・松井冬子が現在の日本画家で一番売れてる画家という時点でお察しレベルである。 

 現在は暁翠の孫(暁斎の曾孫)に当たる眼科医でもある河鍋楠美院長が、河鍋暁斎美術館を設立して館長もしている。
 河鍋家は暁翠以降は完全に女系なのは姓名を見ても明らかだが、暁翠が人の母になった後に絵から身を引いた後も、河鍋姓を守りつづけたのを見てると、控え目だけど芯の強い女性であったのではないかと思う。

 因みに暁翠には腹違いの兄(暁斎の先妻の息子)もいた。暁翠の腹違いの兄暁雲もまた浮世絵師だったが、こちらは49歳の若さで没している。
 子孫の存在も確認されていないところから、暁斎の男系の血筋は途絶えているものと思われるが、暁翠の夫(婿養子?)が歴史上に名前が残っていないのを見ると、河鍋家は男の影が薄い家系だなと思ってしまう。 



参考資料: 河鍋暁斎記念美術館

猫バンバン





親が偉大すぎると子供は苦労するよねッッと思った方はポチッとお願いしますッッ(´;ω;`)ブワッ



ダメ人間日記ランキング
スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
823位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
40位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム