FC2ブログ

発達障害の「こだわり」が招いた悲劇

※この記事は2015年8月28日に公開した記事の再録です。
20150827231323533.jpg
 発達障害者の障害のひとつに「こだわり」がある。「こだわり」がいい方向に向いてくれれば社会的な遺業を成し遂げたり、エンジニアなど専門的な分野で活躍することもあるかもしれないが、実際には社会からのドロップアウトを招いてしまうケースが大半である。

 2015年8月の記事で取り上げた、便秘で死亡した16歳自閉症の少女は「トイレに行くのが怖い」「病院に行きたくない」という「こだわり」が、便秘で死亡という最悪の結末を迎えているが、日本でも自閉症のこだわりが最悪の結末を招いた事件がある。
 なお日本でも1998年に便秘で死亡した女性がいるが、発達障害とは無関係なので今回は割愛する。

 2001年4月に東京の浅草で女子大生を刺殺したレッサーパンダ帽男は、IQ50の自閉症だったと聞くが、これも発達障害者の「こだわり」が招いた最悪の結末の最たるものではないかと思う。

 レッサーパンダ帽男の家庭は母親は既に他界しており、頭の弱い父親は暴力親父という『血と骨』のような家庭で、日頃から虐待を受けて育ったと聞くが、彼は自分の障害を受容できず障害者手帳も破棄してしまったという。
 恐らく彼の頭のなかでは、「自分の障害を認めてしまったら自分は障害者になってしまう→障害者は悪い子→悪い子はお父ちゃんに殴られる」の図式ができてしまい、自分の障害を受容できなかったのではなかろうか。

 結果的に福祉の網からこぼれ落ちてしまった家族は、長男が後年殺人事件を起こしてしまうという最悪の結末を迎えてしまう。
 レッサーパンダ帽男には弟と妹がいたが、妹は稼いだ金をバカな兄と親父にむしり取られていた。
 妹は若くしてガンを患っていたが、兄が殺人事件を起こして逮捕された後も、懸命に働き続けて家庭を支えていたという。

 レッサーパンダ帽男は、最初は女子大生にいたずらをしようとしたら騒がれたので、パニックを起こして殺害してしまったという。
 発達障害者は予想外の事態に対応できず、パニックを起こすが、これも発達障害者のパニックが招いた最悪の結末といえる。

 発達障害者の「こだわり」に悪条件が重なり殺人事件にまで発展してしまう事例は、発達障害者の天才と同じくらい極端だと思うが、いずれはその間にいる自分も含めた最も大多数と思われる、何の才能も持たず社会からもドロップアウトした発達障害者のことをおいおい取り上げたいと思う。

 なお後日談では、レッサーパンダ帽男の妹は、ガンで25歳の若さで他界したという。
 







現在の閲覧者数:





バカな兄を持つと苦労するよねッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
823位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
40位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム