FC2ブログ

ブログの寿命について考えてみた

神宮陽子(卒業シーズン)

 年度末なので再びブログの寿命について考えてみた。ブログの更新が途絶えるのは得てして年末や年度末が多いように思えるが、自分の周りでも年度末になるとお休みするブログをちらほら見かける。放置されて広告が前面表示されているブログもあるが、かつては交流があったブログが灯が消えるように更新が途絶えるのを見るのは淋しいものである。
 自分はそういったものとは縁遠いが、かつては仲間内で賑わってたブログが更新されなくなるのを見るのは淋しいものである。

 イラストやマンガなどがメインのブログは長続きしないといわれているが、イラストやマンガは描くのに文章より手間がかかる上にコメントがもらえないブログも思いのほか多い。描くのに手間がかかる上に反応も無いのではブログを続ける意欲が無くなるのもわかる。
 自分のブログもイラストメインだったら1年どころか3ヵ月も続いてないんじゃないかと思う。実際ワンシーズンで更新されなくなるイラストブログも多い。
 実際去年交流を始めたブログの大半が自分より古参のブログだったが、自分より新規のブログが2割もないのを見ると、年を越せない創作ブログが大半なんじゃないかと思う。

 そういえば、自分のブログで描いた絵を公開するようになったのもコメントをもらえるようになってからである。自分のアホブログもそれなりにコメントをもらえるようになったが、未だに更新したらリンク先を周って片っ端からコメントをつけて周るという、浅ましいレス乞食みたいなことをやっている。

 年度末といえば卒業シーズンだが、ブログも卒業シーズンなのかなと思ってしまう。リア友がいるリア充ほどとっととブログを卒業してしまうことが多いように思える。
 最近はツイッターを併用しているブログもよく見るが、ブログ主がツイッターでリア友とお手軽に呟けるようになると、ブログの記事を書くのが面倒になって放置されるブログというのもあるようである。逆にツイッターが肌に合わずに辞めてしまう人もいるが、ツイッターが肌に合わずに辞めてしまうか、ツイッターで手軽に呟けるようになったらブログの更新が面倒になって放置してしまうかのどちらかが大半で、ブログとツイッターを両立してるブログは非常に少ないのではないかと思う。
 最近はブログのアクセスを増やすのにツイッターは必須だという話もあるが、一度に複数のことができない自分の性分だとブログとツイッターの両立は難しいのではないと思うので、当分ツイッターで呟くこともないんじゃないかと思う。

 逆になかなかブログを卒業しない人間というのは、自分のようにお友達がネットにしかいないようなネト充のぼっちや、実生活が不遇でブログくらいしか愚痴の捌け口がない人間が多いように思える。なかなかブログを卒業できない人間は、自分のように現実世界では友達がおらず不遇な人間が多いのではないかと思う。
 自分のブログも元は個展の宣伝のために開設したブログなので、個展が終わった時点で本来の役目を終えているが、50号二連作のキャラ設定を聞かれたときに説明してるよりも描いちゃった方が早いわーと思って描き始めた『イルクート神話』が全然話が進んでないので、当分ブログを卒業することはないのではないかと思う。

 そんなわけで、何の予告もなくこのブログの更新が途絶えたら、死んだものと思っていいよ(´・ω・`)

付記
 時折耳にする話でブログのデータが消えたという話を聞くが、これなどはブログが寿命を迎える前にブログそのものが無くなってしまったわけである。人間でいえば事故死したようなものだろうか。
 やはりブログはバックアップを取っておいた方がいいかもしれない。

※追記にて拍手コメントへの返信をしています。

続きを読む

スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム