FC2ブログ

福島ゴジラこぼれ話

 今回は今年の8/3に見に行った福島県のゴジラ展のこぼれ話をしたいと思います。


その①福島県は今

「お客さん、三春には来たことあるのけぇ」
「いえこの辺りに来るのは初めてですね・・・仙台なら何度か行ったことあるんですけど・・・」
「ああー仙台ねぇー仙台は大都会だべなー。ここには何の用で来たんだべ」
「ゴジラ見に来たんですよね・・・円谷英二は福島県出身なんですよね・・・」
「ああーゴヅラねぇーヅブラヤさんならふぐすまでは有名人だべなー。マラソン選手だった人だべ」
「あのーそれ円谷幸吉だと思います。ゴジラで有名なのは円谷英二です」
「ああどっぢもふぐすま出身だべなー。ヅブラヤといったらふぐすまの名前だべ」
「三春は仮説住宅があっでねぇ、今も何人も被災者が暮らしてるべ」
「ええッッ福島原発事故から5年も経つのに仮説住宅で暮らしてる人がいるんですかッッ」
「ああ今も何人も暮らしてるべや。東京では福島原発事故の報道はやってないのけぇ」
「ええ・・・5年も経ってしまうと、関東では福島原発事故の報道は殆どやってないですね・・・」
 ゴジラ目当てで足を運んだ福島県だったが、福島県では今もなお仮説住宅で暮らしてるという現状を現地で聞かされた自分は改めて、福島県では今もなお原発事故が過去のものになってないという現実を改めて思い知らされた。
 タクシーの運ちゃんのズーズー弁と、今にも怪獣が出そうな山奥に入っていくタクシーを見ながら、無事に街に戻れるのかと不安になっていく自分を感じた。

その②見知らぬ電話

 ゴジラ展の帰りに、今朝亡くなった姉の訃報を親戚に電話して回っている壮年の男性を見た。自分のことを大森一樹といってたし大阪弁で話していたので、ゴジラ映画の大森監督本人であることはまちがいないだろう。それにしても福島県まで来て大阪弁(それもゴジラ監督の)を聞けるとは思わなかった。
 普通ならサインをねだるところだが、関西から福島県くんだりまで来て、大阪の親戚に訃報の電話をかけてる最中にとても声をかけられる雰囲気ではなかったので、自分は無言で会場を後にしたのだった。
 大森監督も自分も携わったゴジラ展の初日に、闘病中の姉を亡くしてさぞ無念だったと思う。なお電話の内容には姉の名前と病名も出てきたが、個人情報なのと実際に闘病中の友達もいるので病名は差し控えさせてもらう。

 福島ゴジラ展初日に旅立った、大森監督のお姉さんには、この場を借りて慎んで哀悼の意を表します。

※シン・ゴジラのヤシオリ作戦をベルばらで有名な池田理代子風マンガにしてる記事を見つけました。結構笑えるので興味を持たれた方はこちらのリンクを参照のこと。

追記
 福島県の記事を書いたら、福島県の人からコメントもらったったー♪ローカルネタで地元の人からコメントもらうこと滅多にないから超うれしー\(^o^)/

※明日は更新お休みします。次回の更新は5日(水)になります。更新時間は未定です。 

続きを読む

スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
882位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
39位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム