FC2ブログ

変態仮面の映画観てきたンゴwww

 今回の記事はネタバレがありますので、これから映画を観に行きたいと思ってる方はネタバレを承知の上で閲覧頂くか、映画をご覧になった上で閲覧お願いします。


 先月末にとうとうあの変態仮面の映画を観てきた。実は変態仮面の映画は最初の映画も観ていたから、変態仮面の映画を観るのは実に3年ぶりである。
 世のリア充が世界から猫が消える映画を観て感動の涙を流していたのと同時期に、自分は世界からパンティが消える映画を観て涙が出るほど笑っていたわけである。
 正直よくこの変態映画の続編が出たものだと、感慨深いというか遠い目になってしまう。
 日本のみならず、海外では台湾で先駆けて上映されたらしいが台湾でもヒットしたらしい。台湾でこんな変身映画がヒットするなんて大丈夫か台湾。

 2作目の変態仮面のテーマはズバリ、恋は盲目である。恋は盲目というのは永遠不変のテーマといってもいい。
 映画のストーリーを超簡単に説明すると、世界からパンティが消えちゃって変態仮面に変身できなくなっちゃったよどーしよー愛子ちゃんに嫌われちゃったよどーしよーで、変態仮面が変身不能の危機に見舞われる話である。
 世界広しといえども、世界からパンティが消えて変身不能の危機に陥るヒーローは変態仮面くらいだろう。

 2作目の変態仮面はズバリ、サムライミ版スパイダーマン2のパロディである。前作から変態仮面はスパイダーマンのパロディだというのはバレバレだったが、2作目ではあからさまににスパイダーマン2のパロディ映画になっている。だからサムライミ版スパイダーマン2を観たことがある人でなければわからないネタもある。
 2作目の変態仮面を観る前に、是非ともサムライミ版スパイダーマン2を鑑賞されることをお奨めしたい。

 新宿二丁目のラーメン屋で売ってた変態仮面のコラボ商品変態仮麺(詳細はリンクを参照)


 以下の記事はネタバレがあります。
         ↓
 今回の映画では、変態仮面に変身する色丞狂介が大学生になり、ピザ屋のバイトをしている狂介が店長から叱責されてるところから始まる。たしかスパイダーマン2のピーターもピザ屋でバイトをしていた筈である。
 ピザを配達してる途中で強盗に遭遇して強盗を成敗したもののバイトをクビになるのもスパイダーマン2と同じだったと思うが、しつこく食い下がり店長に足蹴にされる狂介が快感を覚えるのは、変態仮面のオリジナル展開である。

 その後の見所としてはどう見ても変態のおっさんにしか見えないパンツ一丁のミスターバキュームとの戦闘場面や、愛子ちゃんに片思いする狂介のクラスメート真琴正が変身する、タラバガニとダイソンの合成怪人ダイナソンとの戦闘場面だろう。


 ダイナソンとの戦闘場面はまんまスパイダーマン2で電車内でピーターがミスターオクトパスとの戦闘場面だし、倒れた狂介が構内の学生たちに運ばれる場面もまんまスパイダーマン2のパロディだが、変態仮面の場合は「よく見ると・・・グロいわね・・・」といわれてしまい、潮が引くように人が退いていくのである。ひでぇ~(´;ω;`)


 他にはギターの弾き語りが変態仮面の歌を歌ってる場面や、変態仮面のファンの男の子が狂介を励ます場面もスパイダーマン2のパロディだが、パンティを被った男の子は母親から「パンティなんか被ってんじゃないわよ」といわれてしまい、母親に引きずられるようにその場から去っていくのである。ひでぇ~(´;ω;`)

 映画全体はサムライミ版スパイダーマン2のパロディだが、怪人と戦闘員が出てくるところなど、随所に仮面ライダーのパロディも練り込まれていて、昭和ライダーファンとしては見応えもある映画になっている。

 他には変態仙人の元で全然意味の無い修行をして甘い変態からストイックな変態になることで、新品のパンティを被っても変態仮面に変身できるようになるが、変態仙人とかまんま同じジャンプマンガのドラゴンボールの亀仙人にしか見えないし。
 カンケーないけど亀仙人って考えようによっては結構ヤバい名前じゃね(^-^;)


 結局最終決戦では、愛子ちゃんが大金玉男の倉庫から持ち出したパンティを穿いて脱いだものを倒れた狂介に被せて、復活した狂介は巨大化した大金玉男を倒すわけだが、新品のパンティでも愛子ちゃんが穿けば愛子ちゃんの使用済みのパンティになるという、コロンブスの卵的発想に大金玉男は敗れたように思う。同じ玉なだけに。
 ラストシーンでは走り去っていく愛子ちゃんを追いかける狂介に黒いスライムみたいなものがくっつくところで終わってるが、あれってスパイダーマン3のパロディだよね。一応三部作を狙っているのだろうか。三作目では黒変態仮面が出てくるのかな。

 マンガの実写はハズレが多いといわれるが、変態仮面は賛否両論はあれど、マンガの実写化では比較的成功してる方ではないかと思う。
 正直変態仮面の方が最近の平成ライダーよりもよほど面白いんじゃないかと思うし、何より変態仮面では最近の平成ライダーには無いアクションや肉体美も見れるし、変態仮面の方が最近の平成ライダーよりもよっぽど仮面ライダーリスペクトしてるし、福田監督もいい仕事してると思うよ。いやマジで。 

 余談だが、映画館で「変態仮面のパンフください」というのは、軽く羞恥プレイだった。いや~ん恥ずかしい~><

 はっそういえば今日は2016年6/6でオーメンのダミアンの誕生日じゃないかッッ
 変態仮面の記事なのにオーメンのダミアンの日に記事を投稿してしまった((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

追記
 おきまちあきさん、拍手三千回キリ番おめでとうございます( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆
 栄えある拍手三千回キリ番が変態仮面の記事というのもちょっとなんですけど、6/9の拍手三千回御礼記念企画も変態特集なのでまあよしとしてくださいな(;´∀`)つ↓


※次回の更新は6/9(木)の深夜0時過ぎになります。6/9の変態奥義をお楽しみにイイイィッッ

続きを読む

スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
21位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム