FC2ブログ

3.11の津波を泳いで助かった奇跡の猫

「311の津波を泳いで助かった」飼い猫、いまや仮設の人気者 岩手・大船渡 

仮設の人気猫ビービちゃん


岩手県大船渡市、及川祐一さん(76)
仮設住宅の住民はみんな同じ集落の人で、大半はこの後の移転先の高台の住宅も同じ。2月に仮設を出たが、仮設に通って自治会長を続けている。仮設で5人が亡くなったが、残った人は皆で元気なうちに高台に行くんだ。飼い猫の「ビービ」は津波の中を泳いで助かった。毎朝の体操で皆になでられている。

sippo3月11日 10時00分

©KDDI/mediba/©テレビ朝日/©朝日新聞社

 東日本大震災の話題となるととかく暗くなりがちですが、こんな感動的な話もあるんですね。
 仮設のおじいちゃんおばあちゃんたちに、孫のように可愛がられてビービちゃんも幸せそうですヽ(´▽`)/
 ビービちゃんは被災地のみならず、日本中を明るくしてくれる猫だと思います。
 ビービちゃんが日本に福を招く招き猫になってくれるといいな(*´∀`)

続きを読む

キョーフの小豆はっと

 前回紹介した仙台の食べ物はどれもおいしかったが、そんな自分でも唯一根を上げた料理がある。

 宮城県北部には、はっと料理というものがある。自分が食べたことがあるのは小豆はっとなのだが、この小豆はっとというのがとんだ料理だったのである。
 小豆はっとは最初は小豆粥みたいなものかと思ったが、味はまさにぜんざいそのものである。要するに甘い。味つけそのものは問題ない。問題なのは量である。

 上の写真の小豆はっとと←のついたちりれんげとの対比を見てもらいたい。ちりれんげそのものは普通の大きさである。小豆はっとを頼むと丼いっぱいのぜんざいが来ると思えばいい。
 最初のひとくちは甘くておいしいが、丼いっぱいともなると、食べるのもひと苦労を通り越して難行苦行である。
 殆ど新手のスタンド攻撃である。これだけ甘いと思わずレッド・ホット・チリ・ペッパーを繰り出したくなる。

 ここで自分はつけあわせのおかずが箸休めのためにあることを悟ったのだった。

 いいかお前ら!宮城県に行っても小豆はっとだけは絶対頼むなよ!いいな!絶対だぞ!

 おまけで岩手県のお菓子も紹介したいと思う。
 岩手県の南部せんべいは有名だが、岩手県にはその南部せんべいを使ったお菓子で南部せんべいチョコと南部せんべいアイスというものがある。どちらもおいしいのでオススメである。

 あとかもめの玉子も有名だが、都内では西友などでも売っている。かもめの玉子はブドウ味やブルーベリー味もあったが、どれもおいしいと思う。

 明日は更新をお休みします。次回の更新は19日の深夜0時以降になります。
 

続きを読む

おみやげ

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)



 仙台の牛タンカレーが結構好きなので、仙台に行ったときは必ずおみやげに買って帰るのだが、いつも家族にあげてしまうので、自分で食べたことが殆どない。


 去年宮城県の松島に行ったときは、自分の分も牛タンカレーを買って帰ったが、夏休みに甥っ子が実家に遊びに来ていたので、甥っ子に牛タンカレーをあげてしまった。

 牛タンカレーだけでなく、自分の分もおみやげを買って帰ってもいつも誰かにあげてしまうので、自分で食べたことが殆どないのである。

 なお牛タンカレーは仙台に行けば必ず食べるほどの好物である。ずんだ大福も結構好きなのだが、関東地方では殆ど見ないので仙台に行けば必ず食べている。
 とにかく仙台ではずんだ大福以外にも、ずんだ団子とか、ずんだアイスとか、ずんだ生どらとか、ずんだロールケーキとか、ずんだ○○といったお菓子ばかり食べていて、おみやげに買うお菓子もずんだ○○ばかりなので家族からも呆れられている。
 ずんだロールケーキは仙台のビジネスホテルで宿泊中にひとりで丸々1本黙々と食べていた。


 ハッキリいってずんだ大福も三日も食べてれば飽きるが、しばらく食べないとまた食べたくなる。

 都内でもかもめの玉子は売ってるのに、ずんだ大福は滅多に見ない。何でだよッッ(*`Д´)ノ!!!

続きを読む

ジョジョは現代の予言書だった!?んなアホなッッ



 ジョジョの奇妙な冒険第3部の、ボインゴの予言書が9.11を予言していたというのは、読者の間では有名な話である。
 死んだ男のシャツに911と書いてあり、男が死んだ時刻も自爆テロがあった時刻と同じ10時半である。
 背景の飛行機も自爆テロの飛行機のようで不気味である。


 そしてもうひとつ忘れてはいけないのが、ジョジョ第6部の時代設定が2011年ということである。
 第6部のストーンオーシャンでは、プッチ神父のスタンド、メイドインヘブンで時間が加速して宇宙の終わりまで時間が進み、新しい宇宙が誕生して現代で時間の加速が止まった時点で世界の一巡が終わるのだが、その年代が2011年なのである。
 もしかしたら東日本大震災は、世界が一巡した時空の歪みで引き起こされたのではないだろうか。もしかしたら世界は自分が知らない間に一巡してるのではないだろうか。そして今自分が住んでる世界は一巡した後の世界なのではないだろうか。そう考えてしまう自分だった。

 あとストーンオーシャンのラストに蝶が出てくるらしいが、自分も東日本大震災と福島第一原発事故を題材にした50号二連作には蝶を描いている。
 当時はジョジョ第6部ストーンオーシャンのことはまったく知らなかったので、奇妙な偶然の一致に超ゾッとした。蝶なだけに(´・ω・`)

追記
 まーさんから花京院から花京院の残暑見舞い欲しいっていわれちゃったぉwww
 困ったなぁwwwどおしよぉwww
 花京院の郵便局から花京院の残暑見舞いを出すのに、今から仙台行く準備しとかないとwww
 

続きを読む

ジョジョと仮面ライダーと5年前の自分



 被災地特集自体は前回で終了だが、今回は震災発生当時の自分を振り返りたいと思う。
 そういえば記事に仮面ライダーを入れただけで拍手が増えたが、やっぱ仮面ライダーって人気あるんだな。これからは定期的に仮面ライダー特集でもやろうかな。

 震災発生時は都内にいたが、思えば震災の1週間前から、ずっと身体が揺れてるような変な感覚があった。だから3月11日のあの日もああまたかと思ったら、とにかくもう無茶苦茶揺れたのでびっくりしてしまった。あまりにも揺れが酷かったのでガスも止まってしまった。東京ガスには電話がつながらないのでガスが使えないまま一晩過ごした。
 ガスそのものは翌日に開通したが問題はその後である。近所の西友に買い物に出かけたが商品棚がすっからかんなのである。米も無い。いつも食べてるバナナも無い。カップ麺も無い。
 米やカップ麺なら買い置きできるけど、バナナまで買い占めてどうするんだよ。バナナ日保ちしないじゃん。
 なおバターは未だに品薄状態が続いてるが、貴重なバターが品不足の折りにバターコーヒー流行らそうとしてる奴真性のバカだろ。ブタはブタらしくラードでも喰って共食いでもしてろボケ。










 特撮好きなので、例に漏れず仮面ライダーも好きで、日頃から石ノ森章太郎先生も神さまのように崇めまつってる自分だったが、震災発生時に被災地で慰問に訪れた藤岡弘、や、地元の陸前高田で救援活動をしていた村上弘明は自分の目には仮面ライダーそのものに見えた。

 少しでもヒーローに近づきたい。

 そう思ったものの被災地にボランティアに行くでもなく、結局石ノ森萬画館に義援金を寄付する程度にとどまった。
 結局自分が被災地に足を運んだのは、翌年、萬画館から修繕前の萬画館への招待状をもらってからだったが、現地の人から当時の話を色々聞けたので自分にとっては貴重な体験だったと思う。
 被災地には何度か足を運んだものの結局一度もボランティア活動をすることもなく今に至るが、現地でお土産買って遠方の家族にもあげてるから少しは被災地の経済に貢献してるかなと思う。

 当時宿泊してた仙台のビジネスホテルで買った、2012年5月8日発行の河北新報に載ってたジョジョの特集を見てからハートが震えた自分はジョジョのファンになったが、自分がライダーファンじゃなくて、東日本大震災も無ければ、絶対自分はジョジョのファンにはなってないと思う。

 ジョジョの作者は河北新報で仮面ライダーのことをディスってたらしいが、少なくとも約1名はこーゆーファンもいるのだから、荒木先生は少しは同じ宮城県出身の大先輩石ノ森先生に感謝してほしいと思う。
 それにライダーファンから見ると、何だかんだいってもジョジョは仮面ライダーに似てると思うんだけど、両方とも小林靖子が脚本書いてなかったっけ。

 今度仙台行く機会があったら、不特定のジョジョファンに花京院の残暑見舞いを花京院の郵便局から送りつけてやろうかと画策してる。
 花京院の残暑見舞いが花京院の消印で送りつけてられたらどんな顔するか楽しみだな(´・ω・`)

追記
 東日本大震災では被災地のみならず、被災地周辺県や関東地方でも死傷者を出しているが、東京都でも東日本大震災で7人の死者が出ている。
 関東地方で震災で死傷者が出たのは関東大震災以来だと思うのだが、東日本大震災で関東地方で亡くなった方は本当に不運だと思わざるを得ない。
 繰り返すが、関東地方でも震災で死傷者が出たのは関東大震災以来である。なのに何故皆は関東地方の犠牲者のことを忘れてしまったのだろう。

 東京及び関東地方に住んでる皆にいいたい。

 本当に忘れちゃったの?

続きを読む

瓦礫のなかにそびえ立つ仮面ライダー

 東日本大震災被災地特集、最終回は宮城県です。最も被害の大きかった宮城県は、仮面ライダーの生みの親でもある石ノ森章太郎の出身地です。ジョジョの作者の荒木飛呂彦も仙台出身であります。
 
 東日本大震災発生時に石ノ森萬画館も被災しましたが、多くのキャラクター像が津波にさらわれたときもなお、仮面ライダーは瓦礫のなかに立っていたといいいます。
 有り体ではありますが、自分には仮面ライダーのなかに立つ仮面ライダーが瓦礫のなかの希望に見えました。


 宮城県は石ノ森萬画館に義援金を寄付したことあったので、萬画館から招待された修繕前の萬画館の探検隊に行ったことがありますが、震災1年後の当時は石巻にはまだあちこちに壊れた建物や瓦礫の山がありました。



 アメのようにひん曲がったフェンスや根本から折れた電柱が転がっていました。萬画館の周囲の道路もあちこちにヒビが入ったり陥没していました。










 津波でロゴが取れた石ノ森萬画館。


 穴の空いたサイボーグ009のパネル。穴の空いたパネルそのものが、現代アートになってしまっています。


 津波で首の取れたロボコン。津波にさらわれた首は今もなお見つかってないそうです。


 被災地のなかでは宮城県が一番活気に溢れてたように思います。仙台駅前の再開発も急ピッチで進んでます。
 自分が被災地に足を運んだのは震災から1年後のことなので、報道で見たような生々しい光景を目にすることは無かったものの、それでも自然の猛威の片鱗を伺い知るには充分だったと思います。

 最後の言葉で締め括らさせてもらいますが、福島第一原発事故と被災地の復興の在り方を巡る問題は、日本の在り方そのものに突きつけられた問題だと思います。
 東日本大震災を経ても何ひとつ変わらない日本人は、国が滅びるようなことでもなければ、変わろうとしないのだろうか。


追記
 いつもより更新1分遅れてしまったー(>_<)

続きを読む

福島第一原発は今・・・


 事故発生からまもなく5年、廃炉作業が続く東京電力福島第1原発の原子炉建屋。左から1号機、2号機。その右は建屋上部のがれき撤去がほぼ終わった3号機=15日午後
©2016 The Sankei Shimbun & SANKEI DIGITAL All rights reserved.

 福島県には3年ほど前に1回だけ会津若松に行ったことがあるだけなので、福島県に関してはあまり多くを語る術が無い。
 今回改めて福島原発の最新情報を見たが、現在も廃炉作業はつづいており、終息の目処がまったく立ってないことを見せつけられて愕然とした。
 先日の記事で頂いたコメントでも、福島県には未だに除染袋が街中に積まれていたという話を聞いたが、現在では除染ゴミの処理をどうするか、原発事故発生当初には無かった新たな問題も発生している。


関連記事
福島第一原発最新情報

 震災発生から1年後に制作に取りかかり昨年完成した岡本太郎の『明日の神話』のパロディ絵画『明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前』は自分が遅筆なのもあって、制作に足かけ3年もの年月を費やしてしまっているわけだが、制作に3年もかかった絵のネタが未だに賞味期限切れになってないのはある意味すごいと思う。




 過去にあったできごとではなく、現在にもつながってるように思えるといった感想ももらったことがある。
 絵の感想としてなら絵描き冥利に尽きるが、現在というのが、今もなお続く福島第一原発事故の処理作業だとしたら暗澹たる思いになる。
 岡本太郎の『明日の神話』は第五福竜丸の被爆事故を題材にしているが、パロディの『明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前』は福島第一原発事故を題材にしている。パロディも実際にあった事故を題材にしているというのもある意味すごいかもしれない。
 描いてる最中は、描きあげた時点で福島第一原発事故処理が収束していてネタが陳腐化してくれるのを切に願っていたが、完成して年を跨いだ今もなお原発事故は終息の目処がまったく立っていない。
 そして福島県には、今なお住んでた家に帰還の目処が立っていない住民がいる。南相馬市と双葉町の立ち入り禁止が解除されない内は、本当の意味では復興したとはいえないと思う。
 そしてどこの自治体も除染ゴミの受け入れには消極的である。元は東電の原発なのだから、東京都が率先して受け入れてやれよと思う。
 地方に面倒なことを押し付ける行政など、弱いものいじめと同じである。

 もうやだこの国。

関連記事
自己解説・明日への神話
自己解説・人は謳い人は哭く、大旗の前
明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前・総評

続きを読む

東日本大震災から5年・・・

 前回拍手コメントをくださった冷凍SANMAさん、marronさんいつもありがとうございます(^-^)
 ふたりの美少女からコメントもらえてすごい嬉しいです\(^o^)/



 東日本大震災から今日で5年ということで、今回は自分が去年観光に行った被災地のひとつ、岩手県陸前高田市の画像を公開します。
 昨年6月に行った時点ではまだ被災の爪痕が生々しく遺されていました。



















帰りのバスから見えた建物。被災当時のまま放置されてるようです。


 陸前高田といえば、スカイライダーの村上弘明の地元ですね。当時村上弘明の実家も被災したと聞きます。
 ちなみに昨年6月の観光ツアーで案内してくれた地元のガイドさんも、震災で家を流されたといってました。
 枯れた松に1億5千万も金使うくらいなら、松の植林や家を流されたガイドさんに金使ってもらいたいですね。
 自分は枯れた松のために義援金を寄付したわけじゃない。

関連記事
東日本大震災:75遺体が身元不明

 警察庁は8日、東日本大震災で亡くなり、岩手、宮城、福島3県で2月末までに検視を終えた1万5824人のうち、75人の身元が依然として確認されていないと発表した。内訳は岩手59人、宮城16人で、福島はゼロ。震災から4年半が経過した昨年9月12日以降では4人の身元が新たに分かった。今月7日現在、震災で亡くなった人の総数は1万5894人、行方不明者は2561人。【長谷川豊】
毎日新聞3月8日 21時13分

<写真特集>東日本大震災5年 陸前高田 復興見守る旧校舎
「水中の捜索徹底して」陸前高田市民ら署名活動開始へ
ガレキから我歴へ リアルな福島 県立博物館で
震災5年 三陸鉄道から卒業生へ

©KDDI/mediba/©テレビ朝日/©朝日新聞社

続きを読む

スタンドアローン・コンプレックス3

現実と空想の区別がついてない

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、拙い文章ではありますが、お褒めの言葉ありがとうございます(^-^)v

 春なので、新城のカットをリニューアルしました。冬場はずっとこの格好で立たされていたので本人も相当参ってるようです。


 自分の頭のなかでは、現実の人間と空想のキャラクターが地続きで、マーブルケーキのようにごっちゃになってしまってるように思える。

 だから自分が心血注いだキャラクターに人以上に思い入れをしてしまったり、現実の人間には共感できなくて、共感できない現実の人間が人形にしか見えなくなってしまうことがある。
 他人は自分が心血注いで造ったわけではないですからね。生まれつき自閉症スペクトラムという障害を抱える自分が心血注いでない他人は人形にしか見えない。
 自分以外のブロガーもバーチャル空間のアバターとしか思えないので、自分以外のブロガーと実際に会うと、アバターが実体化したような錯覚を覚える。
 自分以外のブロガーは、普段はGISの草薙素子のようにネットの海を漂っているゴーストのようにしか思えず、自分と同じ血の通った人間だという実感がまるでないのだ。
 だから自分以外のブロガーは取り敢えず全員美少女なんじゃないかという空想もしている。

 自分以外のブロガー(想像図)


 自分の場合、現実の人間は自分のキャラクターとちがい、何を考えてるかまったくわからないし、何が起こるかまったくわからないので、なるべく接触しないようにしている。

 愚地独歩が主人公の刃牙外伝に登場した盲の格闘家が、視力を取り戻すと視覚情報を処理できなくて茫然自失する描写があったが、脳はそれまで無かった感覚の情報が入ってきても、それを処理できなくてパンクしてしまうようなのである。

 発達障害者も自分に備わってない共感能力をいきなり与えられても、高く翔びすぎて海に墜落死したイカロスのように、共感能力を持て余してかえっておかしくなるように思える。
 発達障害者にとっての共感能力は、子供が刃渡り三尺以上ある刀を持たされるようなものではないかと思う。

 共感能力という翼は、やはり自分の身には余る。



 結局自分は共感能力という翼で仲間と一緒に日の当たる青空を翔ぶより、翔べないペンギンのように、日の射さない寒い場所をひとりで歩いてる方がお似合いなのかもしれない。

完ッッ

続きを読む

スタンドアローン・コンプレックス2

自分には自分しかいない

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、拍手2千回突破記念へのお祝いのお言葉ありがとうございました(^-^)v



 ASDの自分の頭には常に自分のことしか無いように思える。

「自分のことしか考えてない」んじゃなくて「自分のことしか考えられない」のである。

定型発達者の頭のなかには「自分」と「他人」が並列化して並んでいるのに対して、ASDの自分の頭のなかには「自分」しか無いように思える。

そもそもASDの頭のなかはシングルタスクなので、マルチタスクの定型発達者とちがい、自分と他人を並列化して考えることができない。

自分は難しいことはわからないけど、社会脳とは、自分の脳内で相対化された「他人」のことではないのかと思う。

 前回のスタンドアローン・コンプレックスでは思いの外多くの反響があったが、これを見て、翔べない発達障害者が翔べないことを悩む反面、翔ぶことに疲れてしまった定型発達者、翔べなくなった定型発達者もいるのだなと思った。

 翔べなくなって墜落した定型発達者が負傷した状態を、人はうつ病と呼ぶのかもしれない。

続きを読む

フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム