FC2ブログ

大和撫子とは

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)
 男性は単純にムキムキマッチョへの憧れがある一方で、ムキムキマッチョが苦手という女性もいるわけですが、世のなかムキムキマッチョしかいないわけではないのだし、いろいろな意見があっていいんでないかなと思いますッッ\(^o^)/

※今回の記事は昨年の8/19日に公開した記事の再録です。

 日本のオタクはとにかく古風な大和撫子が好きだが、ひとえに男に従順で自分の思い通りにできそうという思い込みがあるからだろう。

 だが古風な大和撫子とやらが、おとなしくキモオタの思い通りになるようなおとなしい女だろうか。

 自分にはとてもそうは思えない。

 何故なら明治生まれの祖母はとにかく気の強い女だったからである。甲斐性無しだった祖父は祖母にケツひっぱたかれてた印象しか残っていない。
 男を掌で転がすなどと生易しいものではなく、駄馬に拍車をかけて鞭でひっぱたいて強引に走らせていたようなものである。
 大和撫子といえば自分のなかでは、戦争の荒波をたくましく生き抜いてきた女という印象しかない。

 日本人が戦争に負けて戦うことを忘れた時点で、日本からはサムライがいなくなったが、サムライがいなくなると同時に大和撫子もいなくなったように思える。
 少なくとも大和撫子が好きな醜悪なキモオタがサムライとは到底思えないし、キモオタが所望する大和撫子とやらがいたとしても、大和撫子がキモオタを所望してるとは到底思えない。

 果たして平成生まれの戦争を知らないキモオタが、戦争の荒波をくぐり抜けてきた、たくましい大和撫子に太刀打ちできるだろうか。
 ウチの明治生まれのじいちゃんみたいに、ケツひっぱかれるのが関の山だと思う。

想像図

 明治生まれのじいちゃんも、戦後樺太から引き揚げてきた世代だが、甲斐性なしで、ばあちゃんにはまったく頭が上がらなかった。

 自分の印象では大和撫子といえば『女王の教室』の女教師阿久津マヤとか、木曾義仲の愛妾だった巴御前である。巴御前といえば甲冑を身にまとい薙刀を振り回す勇猛果敢な女武者である。
 果たして平成生まれの、スマホより重いものを持ったことがないようなキモオタが、鞭や薙刀を振り回す勇猛果敢な女に太刀打ちできるだろうか。

 キモオタがチャラチャラした女より、清楚な大和撫子がいいというのは、チワワとかポメラニアンみたいにキャンキャンうるさい西洋犬より、秋田犬とか紀州犬が飼いたいとかいってるようなものである。
 たしかにチワワとかポメラニアンはキャンキャンうるさいが、秋田犬や紀州犬はまともな躾ができなければ飼い主も噛み殺す獰猛な犬である。

 誇り高い大和撫子の本質は、ヌルいオタク如きには到底飼い慣らせない誇り高い紀州犬である。

 西村寿行曰く紀州犬はシェパードも瞬殺する獰猛な犬である。

続きを読む

スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
1043位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
45位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム