FC2ブログ

平和の女神なんてなれないまま私は生きる

 前回拍手コメントをくださったmarron さん、いつもありがとうございます(^-^)


 このブログの訪問者もいろいろな人たちがいるが、時々いわゆる反戦平和主義者も混じっているようである。

 いつもは政治的主張は極力控えているが、このまま勘違いされたままなのもイヤなので、敢えて読者を減らす覚悟でいわせてもらう。

 残念ながら、自分はいわゆる反戦平和主義者でも何でもない。

 自分は真っ赤なネトウヨである。

 尖閣諸島の中国の船見ても、攻めてこないよーとか鼻ほじしてる平和主義者見てると、胸ぐら掴んで往復ビンタかましてやりたくなる。
 女ならまだしも、男でこれいってる奴ら見ると、♂チョン切って、スカートが似合うおしとやかな女になって出直してこいよといいたくなる。

 九条信者の故井上ひさしは、敵が攻めてきたらおとなしく殺されちゃえばいいとかのたまってたが、冗談ではない。
 お前ひとりで女子供を逃がす囮になって、お前ひとりでおとなしく殺されろよといいたい。
 井上ひさしみたいなバカがいたら、迷わず背中蹴飛ばして敵の陣地に投げ込んで、囮にして逃げても何の良心の呵責も湧かないと思う。

 平和主義者じゃないからな

 敵は迎え撃てが基本である。安保法案も賛成派だ。憲法も改憲派だし、九条とかいう、国を窮状に追い込むしか能がない憲法も刑法200条と同じく、とっとと永久欠番にでもするべきである。
 米軍も追い出して、国防軍を創設すべきと思っている。
 唯一共通してるのは、米軍帰れくらいなものであろうか。

 そうでなければ生きられなかった。自分が鼻ほじしてる平和主義者だったら、生き残れなかったと思う。

 生きることは戦いだ。いくら平和な日本で戦争反対を叫んでも、紛争中の国に平和はやってこない。

 自分は日本の甘ったれた平和主義者が大嫌いである。

 先人の血で購われてるのが今の日本の平和である。
 五寸釘持って暴れてる、戦後生まれのバカッターは、そんなことも知らないのだろうか。
 たしかこいつアカ凍結されてなかったっけ。アカなだけに。

 平和な日本で反戦平和を叫ぶ前に、同じ日本人なら、日本を守るために死んでいった先人を踏みつけることを何とも思わないのかと、声を大にしていってやりたい。
 こないだ自分にケンカ売ってきた山口ツトム(仮名)(詳細はリンクを参照)といい、ブサヨってキ×ガイしかいねぇのかよッッ!!

 自分は我が子をおざなりにしても、反戦平和を叫ぶ反戦平和主義者のように、優しい人間にはなれないし、なりたいとも思わない。

 何より、ブサヨと同じキ×ガイだと思われたくないし。

 ブサヨ呼ばわりされるくらいなら、ネトウヨ呼ばわりされた方が百万倍マシーンというものである。
 だから自分は真っ赤なネトウヨを自称して憚らない。
 ロシアも中国も大嫌いだが、日本とちがい、<`∀´>(国名出すと法則発動するから顔文字)には決して甘い顔を見せないという点だけは、日本も見習うべきだと思う。

 やはり自分は若者の悪いお手本にしかなれない。
 これ見て若者が、自分のような野蛮な大人になんかならないと思えていただけたら幸いである。

 最後に敢えていわせてもらう。

 お前ら反戦平和主義者が一番日本の平和乱してんだろがッッ!!

追記
『火垂るの墓』の原作者でもある、作家の野坂昭如先生が今月の9日、妹さんの元に逝ってしまいました。
 この場を借りて、改めてご冥福を祈りたいと思います。

 ここぞとばかりに故人を担ぎ上げてでも反戦ムード一色に染め上げようとするマスゴミにはヘドが出ますが、左右関係なく素直にご冥福祈れよこのクソマスゴミがと思いました。
 人の死を悼むどころか、自分たちの目的のために利用するマスゴミにはヘドが出ますね。

 お前らには人を悼むという気持ちがないのかよ

続きを読む

スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
25位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム