FC2ブログ

拍手千回突破御礼記念企画ッッ!!春画集大紹介ッッ(後編)

 前回、拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)


 拍手千回突破御礼記念企画、春画集大紹介最終回は、春画集後半から厳選した作品12枚を紹介します。
 なお春画は芸術作品であるという見地から、江戸時代の性風俗を知る歴史的資料として、全編無修正で紹介します。

四季の詠(ながめ) 歌川国貞 文政10、12年(1827、29)





花鳥餘情(よじょう)吾妻源氏 歌川国貞 天保8年(1837)頃 国際日本文化研究センター
印刷面を内側に折って小口を糊付けするという折帖仕立て(観音製本)である。要するに絵本と同じ製本なので自家発電が捗るな。






正写相生源氏 歌川国貞 嘉永4年(1851)頃 国際日本文化研究センター



春色初音之六女 歌川国貞 天保13年(1842)
天保3年(1842)から翌年にかけてベストセラー化した為永春水(1790~1844)作の人情本『春色梅児譽美』のパロディ艶本。
本書は天保13年正月の開版として前年末中に用意されていたが、12月29日にいわゆる天保改革で町奉行書の手入れを受けて、押収されてしまった。お上は昔からクソだな。


華古与見 歌川国芳 天保6年(1835) 国際日本文化研究センター





逢見八景 歌川国芳 天保4年(1833) 国際日本文化ー研究センター
逢見る八景とは、琵琶湖南部の8つの景勝地「近江八景」のもじりであり、男女が逢うて見る(性交する)姿八図にかけている。




江戸錦 吾妻文庫 歌川国芳 文久2年(1862) 国際日本文化研究センター
本書も、厚手の紙を用いて見開き一枚で摺っており、印刷面を内側に折って小口を糊付けするという折帖仕立て(観音製本)である。要するに絵本と同じ製本なので自家発電が捗るな。




 今回の紹介はここまで。全部見たい方は、江戸川橋の永青文庫で今月の23日まで開催している春画展に行くか、会場で販売してる春画集を買って見てね。

続きを読む

拍手千回突破御礼記念企画ッッ!!春画集大紹介ッッ(中編)

 前回、拍手コメントをくださったmarronさん、見張り員さん、いつもありがとうございます(^-^)


 拍手千回突破御礼記念企画2回目は、春画集中盤から厳選した10枚を紹介します。
 なお春画は芸術作品であるという見地から、無修正で紹介します。

風流艶色真似えもん 鈴木春信 明和7年(1770) 国際日本文化研究センター
色道の奥義を求める浮世之介が、仙女から授けられた仙薬を飲んで豆のように小さくなり、「真似えもん」と名乗って、数々の情交をのぞきをしてまわる物語。


欠題春画貼込帖 鈴木春信明和5~7年(1768~70)頃 東洋文庫
中性的で優美な男女を描いた、鈴木春信の手になる春画12枚を画帖に貼り込んだもの。
そのなかの1枚には女装した男との情交を描いた一図もある。ウホッ。


会本拝開夜婦子取 勝川春章天明8年
勝川春章唯一の錦絵摺りの春画帖。


好色図会十二候 勝川春潮 天明8年(1788)頃 国際日本文化研究センター
一年の行事と風物を描きつつ、男女の感情の機敏を表現する春潮の代表作。




歌まくら 喜多川歌麿 天明8年(1788) 浦上満氏蔵
ウタマロの語源にもなった歌麿の枕絵を代表する画帖。全12図と序・跋で構成。


絵本笑上戸 喜多川歌麿 享和3年(1803)頃 国際日本文化研究センター
高年の歌麿を代表する枕絵本。各巻、半身(大首絵)の扉絵、見開き図7図、局部を拡大した後扉図、付文5丁で構成され、上巻はそれに序文が加わる。


ねがひの糸ぐち 喜多川歌麿 寛政11年(1799) 国際日本文化研究センター
歌麿成熟期を代表する春画。全13図(12図のものもある)と序・跋で構成。


富久寿楚宇 葛飾北斎 文化12年~文政年間前期(1815~30) ミカエル・フォーニッツコレクション
大判錦絵12枚と序文と付文を合わせた折帖形式の春画。


浪千鳥 葛飾北斎 文政年間(1818~30)


 

続きを読む

拍手千回突破御礼記念企画ッッ!!春画集大紹介ッッ(前編)

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)
 拍手千回キリ番おめでとうございます(^-^)v


 春画展の記事の拍手数がふたけたに達したので、今回は拍手をくださった皆さんの熱いご要望にお応えして、春画集に収録されてた春画のなかから、自分の独断と偏見で厳選した十枚を紹介します。
 なお今回の記事では、春画は芸術作品であるという学術的な見地から、江戸時代の風俗を知るための歴史的資料として無修正で紹介します。



好色十二図 歌川国政 享和3年~文化3年(1803~06) ミカエル・フォーニッツコレクション
全12図中、町家の場面は3図で、残り9図が遊里や茶屋での情景となっている。


天癸両濫 狩野彰信(章信)文化11年(1814)白澤菴
徳川将軍の御用絵師である狩野彰信による春画巻。
「天癸」とは中国医学で人体の成長と生殖機能を促進するもの。「天癸両濫」の題は両性の「天癸」が豊かに溢れ湧くことを願ったといえ、本作が大名家などの婚礼に際して作られたと推測させる。


春宵秘戯図巻き 西川祐信 享保年間(1716~36)中期
京都の浮世絵師、西川祐信の肉筆春画。無背景の素地ながら、夏季かどうかのシチュエーションを、団扇などの小道具表情で描き分けている。
無背景だからこそ想像力を掻き立てられ、ことさら興奮するという趣もあるかと思われる。



四季画巻 月岡雪鼎 安永年間(1772~81)前期 ミカエル・フォーミッツコレクション

四季を象徴する花が描かれた後に、各季節にイメージされる交合図が挟まれる。
季節の花と女をオーバーラップさせた春画の名品。
夏には菖蒲が描かれ、今まさに盛りを迎えた女が、男の雄根に女の花芯を貫かれ、薄物をはだけさせながら身悶え激しく交わるさまが表される。




競艶図 月岡雪鼎 江戸時代(18世紀)
几帳の蔭で同衾する公家の男女に始まり、様々な姿態で愛を交わす全12図の春画巻。


金瓶梅 歌川国貞 江戸時代(19世紀)
上巻10場面、下巻8場面からなる、国貞の肉筆春画。
画中画の波涛図など、徹底的な描き込みが本作の特徴になっている。


四季競艶図 鳥文斎栄之 寛政年間(1789~1801) ミカエル・フォーニッツコレクション
春夏秋冬の四季を主題とした四幅対の春画。




狐忠信と初音図(春画屏風)絵師不詳 江戸時代(19世紀)
一見、男女の鎧武者が組み合ってるのみと見えるが、男の草摺をめくりあげると、交接部が露になる。浮世絵ならではの遊び心を感じる。春画なだけに。




 しばしば名前が出てくる春画コレクターの ミカエル・フォーニッツなる人物は、名前からしてドイツ人かオーストリア人と思われるが、あの真面目で融通が利かなさそうなドイツ人が収集した春画を見て、夜な夜なハアハアしてたかと思うと、やはりドイツ人は昼間は真面目で融通が利かなさそうな顔して、夜は変態なのかと思わざるを得ない。
 芸術と快楽に生きるオーストリア人ならああやっぱりという感じである。

続きを読む

スパムコメントへの対策

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)
 やっぱり出会い系詐欺はゆるせませんよね。

 前回の記事では出会い系サイト誘導詐欺の手口を紹介したが、今回はこれらのスパム業者のスパムコメントへの対策について書いていきたいと思う。

 スパムコメントへの対策はズバリ、迷惑メールとして通報して削除ブロックしかない。
 現時点では「迷惑メールとして通報」「削除」「ブロック」の三本柱が、スパムコメントへの最大の対策である。
 重要なのはただ削除するのではなく、迷惑メールと通報することである。
 迷惑メールとして通報した時点で、削除とブロックが同時に為される(ここ重要ね)からである。

 スパムコメントへの対策とともに、スパムコメントを放置することの弊害も書いておきたいと思う。

 スパムコメントを放置しておくと、スパム業者に目をつけられやすくなり、更にスパムコメントが増えてしまうのである。
 1通のスパムが新たなスパムの呼び水になってしまうわけである。

 ふたつめは、スパムコメントがまっとうなコメントを遠退かせてしまう可能性である。
 自分もスパムコメントの巣窟になってるブログを見たことがあるが、スパムコメントのなかに下手にコメント投稿したら、スパム業者に目をつけられそうな気がして躊躇してしまったことがある。

 最後が一番重要で、スパムコメントを放置しておくことで、Googleからのペナルティで、検索順位が下がってしまうのである。
 検索順位が下がってしまうのは、ブロガーなら絶対避けたい事態だろう。

 皆さんも、「北広島在住の28歳医療事務の女」には気をつけてくださいね。

続きを読む

28歳医療事務のかなちゃんから悩みを相談されたwww


 つい先日、ブログのコメント欄に悩みごとがあるからメールで相談に乗ってほしいというコメントがあった。
 メールでは北広島在住の28歳医療事務のかな(仮名)と彼女は名乗っていた。
 かなはその後メールに元旦那からストーカー被害に遭っていてーとか書いていた。
 最初は親身になって相談に乗っていたが、これあたしのブログなのよかったら来てねと、彼女の紹介したブログが、どう見ても出会い系サイトなのである。

 騙されたと気づいた自分は、速攻でブログのコメントとメールを迷惑メールとして通報して削除して、その後は一切メールもコメントも受け付けないようにブロックした。
 なおブロックした後も、何通も迷惑メールが来ていたとKDDI から連絡があったが、それも迷惑メールして通報して削除してしまった。

 その後ネットで検索してみると、他所のブログでもまったく同じ手口で、「北広島在住28歳医療事務」の女が出没していた。
 元旦那からストーカー被害に遭っていてーとかいうのまで一緒である。
 どうもネットではお馴染みの、出会い系サイト誘導詐欺のようである。


 以下がKDDIから報告のあった、ブロックされたメールである。どっから見ても出会い系である。
 ごていねいに毎回メルアドを変えて送ってきている。

受信日: 2015年12月15日
規制件数: 8件
---
差出人: mail-73@s59.zjziypj.com
件名: 祐様 よ り メ ッ セ ー ジ
受信日時: 2015/12/15 07:00:11
---
差出人: mail-90@s18.nhunawu.com
件名: りんママ様 よ り メ ッ セ ー ジ
受信日時: 2015/12/15 07:06:06
---
差出人: mail-14@s04.jihynh.com
件名: 新着ブログ!ぜひ見てね♪
受信日時: 2015/12/15 11:30:05
---
差出人: mail-56@s99.irzvcewd.com
件名: 祐様 よ り メ ッ セ ー ジ
受信日時: 2015/12/15 12:45:06
---
差出人: mail-49@s92.dwcuytgm.com
件名: 祐様 よ り メ ッ セ ー ジ
受信日時: 2015/12/15 18:57:09
---
差出人: mail-63@s67.jjhhph.com
件名: 祐様 よ り メ ッ セ ー ジ
受信日時: 2015/12/15 20:51:07
---
差出人: mail-76@s77.nhunawu.com
件名: りんママ様 よ り メ ッ セ ー ジ
受信日時: 2015/12/15 20:54:08
---
差出人: mail-34@s12.hhetytxc.com
件名: 祐様 よ り メ ッ セ ー ジ
受信日時: 2015/12/15 23:21:04
---

発信元 KDDI株式会社
******************************************
Copyright(C) KDDI CORP. All Rights Reserved.

 それ以来自分のブログのトップページには※メールでの個人的な悩み相談を持ちかけるコメントは、スパムコメントとみなし削除しています。と但し書きをつけている。

 皆さんもメールで悩み相談を持ちかける、北広島在住の28歳医療事務の女には気をつけてね。

 コメント自体は左右問わずどのような発言も自由ですが、今後メールでの個人的な悩み相談を持ちかけるコメントは、スパムコメントとみなし削除致しますので、ご了承の程をお願いします。

続きを読む

訪問者四千人突破記念企画第二弾ッッ!!かわいそうなねこ2

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます(^-^)



(;゜∀゜)「あっもしもし母さん?イリス
元気?」

(*´-`)「それがねえ、イリス悪い方の眼に穴が穿いちゃって・・・」

(;゜∀゜)「げっ何それ、左眼摘出しないとやばいの」

(*´-`)「先生も手術はしたくないっていったから、しばらく入院させたのよ。今はもう退院して元気だけどね」

(;゜∀゜)「イリスの左眼いつかは見えるようになるかもしれないと思って、残しておいたのに、こんなことになるんだったら、若いうちに見えない左眼なんか取っちゃえばよかったかも・・・何て可哀想な猫なんだろう・・・」

(*´-`)「何いってるのよ。片目無かったらもっと可哀想でしょ。今はもう元気になって家中かけずりまわってるわよ」

※猫の義眼は1個十万円する。そのなかに手術費用は含まれていない。


FIP(猫伝染性腹膜炎)
 猫を飼ってるなら絶対知っておくべき病気にFIPという病気がある。
 ネットで調べた限りでは、ワクチンも特効薬も無い、致死率99%の恐るべき不治の病である。
 猫の腎不全も1度なったら二度と治らない不治の病だが、FIPは致死率99%の不治の病という、猫にとっては死神そのものである。

 ウチのコの元に、その猫の死神が来ないことを切に願うばかりである。
※イリスの持病はFIPではありません。間違えた方にはご心配おかけしたことをお詫びします。

ウチのニャンモナイト~(*´∀`)

続きを読む

訪問者四千人突破記念企画第一弾ッッ!!春画展行ってきたwww

 前回拍手コメントをくださったmarronさん、いつもありがとうございます。
 憎まれっ子世に憚らずというより、自分がその憎まれっ子になっちゃった感じですねwww


 展示会場の永青文庫に着くも、早くも入場待ちの長蛇の列www
 18歳未満は入場できないのに、この盛況ぶりwww


 最後尾は入場待ち30分www


 30分ほど並んでやっと永青文庫の建物が見えてきたwww
 入場料は1500円だったけど、障害者手帳持ってたから無料で観れたぉ(^q^)
 なお18歳未満は入場禁止なので、子供料金では観られません(^q^)
 なお観覧客には男女のカップルとか外人さんも結構いたもよう。
 なお館内もかなり混雑してたので、あまりのんびり見てられなかったぉwww
 帰りに図録買って家でゆっくり見ようwww
 なお自分が観終わって帰るときも、行列は続いていたもようwww


 館内は撮影禁止だったので、今回は買った図録で勘弁してちょ。
 値段は4千円と、普通の美術展の図録の倍はするぼったくりにも関わらず、購入者は結構多いもようwww
 なお4千円というだけあって結構分厚いぉ(^q^)
 なお通販はやってないので開催中の永青文庫内でしか購入できません。
 帯を外せば春画集ってわかりませんって、やかましいわッッ


 物販コーナーで買った春画クリアファイル。図柄は表裏ともに春画一色www




 開いた状態。なお中身も当然春画一色www






 なお春画展は江戸川橋の永青文庫で開催期間は今月の23日まで、観覧時間は8時までだが、かなり混雑してるので早目に行くよろし。
  

続きを読む

リトマス試験紙

 前回拍手コメントをくださったまーさん、いつもありがとうございます。

 愚痴というと敬遠されがちではあるが、自分のブログで愚痴るくらいならいいのではないかと思う。
 愚痴っている内に気が晴れたり、解決の糸口が見えてくることもある。

 自分の場合人畜無害な人からは避けられるのに、面倒な奴ばかり寄ってくる傾向がある。
 こっちも面倒な奴なんかと関わりあいになりたくないので、結局友達もおらずいつもぼっちである。
 多分人畜無害な人からは面倒な奴と思われてるのだろう。

 友達がいないのは我慢できるけど、面倒な奴に絡まれるのだけは我慢がならないので、取りあえず今は、こないだ(リンクの記事を参照)みたいに面倒な奴が寄ってきたら、釘バットでソッコーフルスイングで追い払うことだけを考えている。

 自分は基本的にリトマス試験紙みたいな存在だと思っている。普通の人は反応しないが、おかしい人は反応するリトマス試験紙である。
 昔から自分は問題のある奴を炙り出してしまう存在だった。キチが自分に反応してちょっかい出してくるわけである。
 結果的に反応した方が返り討ちに遭って、フェードアウトしてくような感じである。

 思えば自分をいじめてた場末のスナックのバカ息子は、高校受験に失敗して親が経営してた場末のスナックもつぶれ、現在は一家は行方不明である。
 もうひとり自分をいじめてた男子は後に暴走族になってたが、近所から締め出されて一家は行方不明である。
 もうひとりは高校に進学した後、暴力事件を起こして無期停学処分になったらしい。多分その後、退学したものと思われる。
 もうひとりはバカ女を孕ませて出来婚したが、バカ嫁は育児も家事も働きもしないとバカ息子の母親は嘆いていると聞く。お似合いの中卒バカップルだと思うけど、まだ夫婦やってんのかな、あのふたり。

 最後が以前自分に絡んできた山口さんちのツトムくんだが、こいつは自分とケンカになった後、まったく作業所に来ていない。
 目の前で机ぶっ叩かれて、大声で罵倒されたのが思ったよりこたえたのだろうか。
 こっちは相手が何いっても効かないゾンビみたいな化け物だと思ったから、死刑囚ドリアンを攻撃する独歩みたいに全力で叩きまくったわけだが、向こうは無防備な子ウサギだと思ってた奴がウサギサイズのドブネズミで、全力で自分に噛みついてきたことがトラウマになったのかもしれない。

想像図

 もしかしたら彼は、目の前で机ぶっ叩かれて罵倒されたことが無かったのだろうか。それにしても思ったより打たれ弱いグラスジョーだったな。
 もしかしたら自分は前途ある若者の未来を叩きつぶしたのかもしれないが、そんなことは知ったことではない。先にケンカを売ってきたのは向こうなのだから。

 とにかく自分にちょっかい出してきた奴は男女問わず悉くフェードアウトしている。

 同級生で唯一出世したのは、クラスで自分をいじめなかった原田泰造だけである。

続きを読む

イヤなものから目を背けても、イヤなものは無くならない

 前回、拍手コメントをくださったmarron さんいつもありがとうございます。
 若干乱暴な物言いではありましたが、コンセンサスが得られたようでよかったです。

 政治的主張バリバリ全開だった戦争シリーズも、今回で最終回である。

 イヤなものから目を背けても、イヤなものが消えて無くなるわけではない。
 そんなの子供でもわかることだが、日本のお花畑反戦平和主義者はそんなこともわからないらしい。
 とにかく呪文のお題目のようにキュージョーハンセンヘーワと唱えてれば戦争が消えて無くなるものと思っているようである。
 口先だけで敵が消えたら、誰だって苦労はしない。
 口先だけでイヤなものが消えて無くなるのなら、世の中のあらゆる病気や自分の障害だって消えて無くなる筈だが、実際にそんなことあるわけない。

 生まれつき頭のイカれた発達障害の自分ですら、そんなこと考えればわかるのに、わからないブサヨは本気で脳に疾患があるとしか思えない。

 憲法窮状は日本ばかりか、人間の頭も窮状にする憲法としか思えない。

 今月の9日亡くなった野坂昭如は生前は文壇の問題児とうたわれていたが、亡くなるやこぞって反戦の旗手みたいに祭り上げてたマスゴミには、心底気持ち悪さを感じた。

 彼はあらゆるものに疑問を投げかけずにはいられない反骨の人だったと思うが、反戦平和主義者かといったらちがうだろう、そうじゃないだろう。
 自分が野坂昭如の作品で唯一まともに見た大人の絵本『マッチ売りの少女』は、貧しい戦後に生きた売春婦の転落人生を描いた物語だが、単なる薄っぺらい反戦ものとは明らかに一線を画した、ひとりの女の物語だった。

『マッチ売りの少女』の作画を担当した故米倉斉加年も戦前戦後を生きた世代だが、単なる薄っぺらい反戦ものとは一線を画した、貧しくも儚い女の短い一生を耽美な筆致で描いていた。
 反戦平和とか薄っぺらなお題目では到底語れない、戦後を生きたひとりの女の壮絶な人生がそこにあった。
 泥まみれ垢まみれのお安には単なる善悪や反戦平和思想では語れない美しさがあった。
 垢まみれになってもなお彼女は美しかった。

 野坂昭如を反戦平和の旗手みたいに祭り上げてたマスゴミは、彼の作品をまともに見たことがあるのか甚だ疑問である。

 今頃野坂昭如はあの世で、自分を反戦平和の旗手みたいに祭り上げる、戦後日本のマスゴミと反戦平和主義者に、中指突き立てていることだろう。

続きを読む

戦争といじめ

 前回、拍手コメントをくださったmarronさんいつもありがとうございます(^-^)
 若干乱暴な物言いではありましたが、コンセンサスが得られて心強いです(^-^)v

 いじめられっ子がいくらいじめっ子に「いじめ反対」っていってもいじめは無くならない。
 そんなののび太とジャイアンと、北斗の拳のヒャッハーを見てれば、子供にでもわかることである。

 それと同じで、戦争を仕掛けてくる国に対して「戦争反対」といっても戦争は無くならない。

 いじめを無くしたければ、いじめっ子を半殺しにする覚悟で殴り返す、戦争を仕掛けてくる国に対しては、より強い武力で迎え撃つしかないのである。

 同一人物でも上の武装した男と、下の丸腰の男と、どちらがケンカをふっかけやすいか考えてみればいい。

 今の日本は完全に下の丸腰の男である。これではちょっと体格のいいのび太である。

 地上最強の生物、範馬勇次郎ならともかく、いくら体格がよくても、丸腰では数人を殴り倒すのが関の山である。
 日本の反戦平和主義者は、日本のことを地上最強の生物とでも勘違いしてるのではないだろうか。


 世界は自然と同じ弱肉強食で、弱い国は強い国に征服されるか滅ぼされるのが世の常だと思うが、平和は誰かの血で購われるものだと思う。

 それを忘れた平和主義者など、家畜のブタ以下だ。

 自分は難しい話はわからないが、当時の首相も国民も敗戦で厭戦的な気分になってたから、戦争放棄の九条とかいう条文作っちゃったんじゃないだろうか。
要するに国防をどうするか、後世の人間に丸投げしたとも見て取れる。

 面倒なことは後回しにするのは日本人の悪い癖だと思うが、一連の尖閣諸島問題を見てる限りだと、日本語のわからない中国人には、憲法九条の条文よりは武力で対向するしかないんじゃないだろうか。

 尖閣諸島の中国の漁船を見ても「絶対、攻めてこないよ」などと脳天気にのたまう日本の反戦平和主義者どもを見てると殴り倒してやりたくなる。

 世の中には「絶対安全」なんて絶対に有り得ないんだよ。絶対にだ。

 もし本当に攻めてきたら、そのときはどうするんだよ(# ゜Д゜)

続きを読む

フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
25位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム