FC2ブログ

自己解説・人は謳い人は哭く、大旗の前



 明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前の殆ど自己満足の自己解説。今回は下段の『人は謳い人は哭く、大旗の前』を解説します。

 死神の使いである中央の武装した男は、正義を象徴しているが、常に闘っているため血だらけキズだらけである。
 「正義を行う者は自らもキズつく覚悟をしなくてはならない」という、アンパンマンの生みの親である、故やなせたかしの信条をそのまま踏襲している。
 己の存在を希薄化するように、シルエットに溶け込み背後に潜む(?)破壊神の使徒である長身の黒ずくめの男は、人間の悪意そのものである。だから人影のようにどこにでも現れるのである。
 正義も悪も血まみれの表裏一体の存在である。悪を真っ黒な存在として描いているのに対して、正義はグレーな存在として描いている。
 悪に対して正義はあまりも不確かであやふやな存在であるという自分の信条である。このキャラクターの名前も新城である。
     ↓

(何だかふたりの眼の色が信号機みたいになってしまったw)

 武装した男たちに対して裸で無防備な女は、無知で無力で無防備な日本人そのものである。
 ガレキの十字架の前に座り込む彼女は、あまりにも無力な存在である。そんな彼女の手もまた血にまみれている。
 彼女の後ろに見える打ち捨てられた赤旗は日本の共産主義者の末路である。

 彼らの後ろに横たわるものは、日本の左翼が標榜する見せかけの平和の象徴成れの果てである。
 打ち捨てられた赤旗も平和の象徴も、無力な彼女を守ることもなければ、救うこともない。机上の思想信条では誰も守れないし、誰も救えない。


 シルエットの船は岡本太郎の『明日の神話』に描かれた第五福竜丸へのオマージュだが、実際に津波で陸に打ち上げられた船を描いたものである。この船もまた、日本の現状そのものといえる。
 船の後ろに見えるのは『明日の神話』に落書きされた爆発した福島第一原発である。
 青い蝶は死者の魂である。名も無き死者の魂である。この作品には無数の青い蝶が描かれているが、実際にはこの蝶より多くの人々が震災で命を落としている。
 あまりにも遅筆なものだから、この蝶を描いてる間に、桜塚やっくんとやなせたかしと松谷みよ子と中川安奈と今川雅之と泉政行と川島なお美が、青い蝶の仲間入りをしてしまった(´;ω;`)


 破壊神の使徒である黒ずくめの男が指し示すものは、歪んだ時計である。時計は震災の発生した時間で止まっている。

 自分がこの絵を描いている間に、4年の年月が流れていたが、絵のなかの時計は震災が発生した時間のまま止まっていた。


 打ち上げられた船の帆先に止まるカラスは小さな希望である。帆先に止まっているカラスは、被災地の石巻で発行した報道写真集に収録されていた、実際に陸に打ち上げられた船の帆先に止まっていた鳥をモデルに描いたものである。
 荒廃した大地に最初に戻ってくるのは鳥という話も聞く。天界と地上を結ぶ使者といわれる鳥は復活の象徴でもある。鳥は植物の種を運んでくるからである。
 ひとつひとつの希望は小さくとも、小さな希望を集めていけば、やがては大きな希望になると信じている。


スポンサーサイト



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
914位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
39位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム