FC2ブログ

色も色々、黒も色々



 サムネイルの画像はponchが買ったアクリルガッシュの黒である。
 一番大きいチューブがアムステルダムのランプブラック。一番小さいチューブがターナーのジェットブラック。最後がダイソーのアクリルガッシュの黒である。色にも色々あるように黒にも色々ある。
 最初にターナーのジェットブラックで色を塗ってから、残りをダイソーの黒で塗ったら全然色合いがちがうため、ムラになってしまった。ダイソーの黒は真っ黒ではなかったのである。

 白黒原稿ならまだしも、今描いているのはフルカラーの絵画である。結局アムステルダムのランプブラックで、改めて全部塗りつぶす羽目になった。
 実は黒はカラーイラストでは最も扱いの難しい色である。黒を入れるとどうしても絵から浮き上がってしまうのである。まるで発達障害者のようである。実際に絵の学校では黒を極力使わないように教えてるくらいである。

 かように黒にも色々な色があるのである。実は真っ黒な絵具というものは存在しない。白にもチタンホワイトとかジンクホワイトとかアイボリーホワイトとか色々な白がある。真っ白な絵具というものも存在しない。

 あと同じ色でも、背景の色が変わると、ちがう色に見えてしまうことがある。下図を見てもらいたい。

 左右の手の長さがちがうのはponchの絵が下手くそというのもあるが、問題は左右のプロテクターは両方とも同じ色なのに、左右がちがう色に見えるということである。
 本来の色は両方ともダークグレーなのに、左腕のプロテクターの色がブルーグレーになってしまっているのである。左側の背景に真っ黒な色を塗ったら、見た目の色味が変わってしまったのである。

 だまし絵でも何でもない自分の絵で、色の錯視が起こってしまったのである。(@ ̄□ ̄@;)ガーンショック!!

 かように色の扱いも難しいものだが、色の扱いも人の扱いも根本的には同じではないかと思うのである。
 真っ黒な絵具や真っ白な絵具が存在しないのと同じように、真っ黒な人間も真っ白な人間も存在しない。この世には黒に近いグレーな人間や、白に近いグレーな人間はいても、真っ黒な人間や、真っ白な人間はいない。
 同じ色でも背景によって色が変わって見えてしまうことがあるように、人間も周囲の環境によって評価や人格が変わって見えてしまうことがあるのではないかと思う。

 自分には色の扱いも人の扱いも難しい。

自分が一番正しい病!場外乱闘編ッッ!!



 山口さんちのツトムくんシリーズ番外編。今回は場外乱闘編にてお送りします。

 浦安鉄筋家族で自分が一番正しい病を如実に表してる話を見つけたので、今回はこれを紹介します。

活字本以外の本は一切認めない芥川先生。自分が一番正しい病?


そこに颯爽と現れた、行徳在住マンガ家日本ジャパン先生。実はかなりの手練れ?






腕相撲に負けてもなお、マンガを認めない芥川先生。やっぱり自分が一番正しい病?


 当ブログではすっかりおなじみになった、当ブログのマスコットキャラクターツトムくんのおかげで、過疎ブログの当ブログも訪問者とコメントが増えました。山口さんちのツトムくんさまさまです。
 自分から身体を張って他人のブログにネタを提供してくれるなんて、今どきこんな風車に全力で突進するような、事故犠牲に溢れた若者がいるでしょうか。彼の尊い犠牲を決して無駄にはせず、今後もツトムくんの勇姿を語り継いでいきたいと思います( ;∀;)

可愛い猫ちゃんとハムちゃんの画像


 ネガティブな話題が続いたので、今回は息抜きに、可愛い猫ちゃんとハムちゃんの画像を紹介します(^-^)







ハムちゃん・・・食べちゃいたいほど可愛いよ・・・(;´Д`)ハァハァ

自分に余裕が無いと



 山口さんちのツトムくんシリーズ第3弾である。ネガティブなことばかり考えていても創作活動の妨げになるし、ネガティブな話題は3回までと決めているので、ツトムくんシリーズもこれでお開きにしたいと思う。

 自分に余裕が無いと、中立の意見まで相手の肩を持ってるように思えてしまう。自分に余裕が無いと自ずと視野狭窄になる。
 発達障害者はそれで周りの人間を敵に回してしまい、社会的に孤立してしまうことが非常に多い。自分は正しいことをいってるのに、周りが自分を理解しないという、認知の歪みが生じるわけである。

 発達障害の人間は、自分が絶対正しいと思ったことで頭がいっぱいだと、他人の意見を聞き入れられず、自分が正しいと思ってることを他人に押しつけるということをやってしまうようである。
 結局それは正しさでも何でもない、タダの独り善がり、独善である。

 自分も過去にそれをやってしまい、今もやってしまいそうなことがあるが、自分が他人からそれをされると、ホントにウンザリする。彼も早くそれに気づいてほしいものである。自分はそれに気がつくのに20年もかかった。

 そうゆう意味ではツトムくんは、「ナチと嫌ナチは同質のもの」という、自分に大事なことを気づかせてくれた人生の反面教師ともいえる。


追記
ツトムくんの記事で拍手とコメントが増えたので、その点ではツトムくんに感謝すべきかもしれませんね。災い転じて福と成すというか。
落ち着いて考えてみれば、この一件で得たものはあっても失ったものは何もないわけだし。この一件で作業所も公認でサボれて創作活動に専念できるし(ニッコリ)

最期だから感謝の言葉で締め括ることにするよ。ありがとうねツトムくん。ponchの養分になってくれて(ニッコリ)

自分が一番正しい病



 世の中には、自分が絶対正しいと信じてはばからない人間がいる。前回の記事にも上げたように、帽子のワッペンの柄が気に食わないというだけの話なのに、それを外国人がーとかウクライナがーとか国際問題まで持ち出して、自分の好みの問題を正当化しようとする基地害みたいな人間もいる。
 中国が毒入り餃子事件を、政治問題を持ち出して正当化しようとするようなものである。

 世の中には日の丸君が代が嫌いという人間もいれば、赤い旗や緑の旗が嫌いな人間もいる。キリスト教が嫌いな人間がいれば、イスラム教が嫌いな人間もいる。男が嫌いという女がいれば、女が嫌いという男もいる。ジョジョや刃牙が気持ち悪いという人間がいれば、萌えマンガが気持ち悪いという人間もいる。劇画が嫌いという人間がいれば、萌えマンガが嫌いという人間もいる。オタクが嫌いな人間がいれば、村上隆が嫌いという人間もいる。巨人が嫌いという人間もいれば、阪神が嫌いという人間もいる。犬が嫌いという人間がいれば、猫が嫌いという人間もいるし、猿がきらいという人間もいる。

 人の数だけ嫌いなものがあるといってもいい。個人的な好みの問題でいちいち嫌いなものを排除していけば、何にも無くなってしまうのは自明の理である。
 自分にいわせれば逆さ卍が嫌いというのも完全に好みの問題である。「逆さ卍が嫌いな人間」が人を殺した事例はあっても、「逆さ卍」が人を殺したという話は聞いたことがない。どちらが有害かは一目瞭然である。

 自分が嫌ってるものに自分が似てしまうという現象はよく目にすることである。女が嫌いな男ほど女のように女々しいし、男を嫌いな女ほど男のように猛々しく暴力的である。反戦的な人間ほど好戦的だし、逆さ卍が嫌いな奴ほど、自分が嫌ってるナチと同じ排他的な人間である。自分と自分が嫌ってるものは鏡面ともいえる。自分が嫌ってるものから遠ざかりたいなら、完全に無関心になるしかない。マザー・テレサのいう「好きの反対は無関心」とはよくいったものである。

 あのなツトムくん、キミが逆さ卍が嫌いなのは、自分が巨人が嫌いなのとまったく同じ完全に好みの問題だから。自分の好みを他人に押しつけるな。
 お前が逆さ卍嫌いだからっつって、自分がその帽子被るのやめたからといって、ウクライナの紛争が収まるわけじゃないのよ。わかる?
 文句があったら、作業所で300円のワッペンにグチグチ文句いってないで、スカイライナーに乗ってウクライナの紛争地域にでも行って、ブラックエンジェルズの松田の兄貴とか範馬勇次郎みたいに己の拳ひとつで紛争止めてきたらどうお?正義の味方の山口さんちのツトムくうん。男だったらそれくらいできるよね。お前のいう正しさとはそういうことだぞ。お前が自分の拳ひとつでウクライナの紛争とやらを止めてきたら、こっちはシャッポのひとつくらい脱いでやるよ。

 こちらの帽子のワッペンが嫌いだから見るのもイヤというのがお前の正しさなら、自分の正しさはお前が気分を悪くすることだな。正しさなんていくらでも作れるんだよわかったかボケ。

お前の脳内ではこうでも




これが現実ですからッッ残念ッッッ!


作業所でキ×ガイに絡まれた



 作業所でキ×ガイに絡まれた。そいつの名前は歌から取って仮にツトムくんとしておく。創作日記なのに、これはひどい連発でこれはひどい。

 ツトムくんは最近入ったばかりの利用者だが、自分がいつも被ってる帽子のワッペンのデザインが気に入らなかったのか、こちらにいちゃもんをつけてきた。いくらこっちがその話はこの辺で終わりにしろといっても、ツトムくんは外国人がーとかウクライナがーとかいって全然こっちの話を聞かない。
 挙げ句の果てにこちらを排外主義者とか罵り始めたので、廃害主義者はテメーの方だろがと、普段はウサギのように臆病で誰とも口をきかない自分が、両手でテーブルぶっ叩いて大声でツトムくんを怒鳴りつけ、朝っぱらから大声で口論をおっぱじめたら、所長と職員が止めに入って、ふたりとも別室に連行された。
 結局ツトムくんは、ウクライナがーネオナチがーの一点張りで話にならないので、ふたりは引き離される。職員はその後もツトムくんのウクライナがーの話を延々と聞かされたらしい。
 ウクライナとか国際問題より先に、テメーの頭を何とかしろよ。国際問題より先に作業所の規則守れよ。お前のやってることは、タダの八つ当たりだ。作業所の規則の思想信条の自由に抵触してるんだよ。そんなんだから、前の職場追い出されるんだろが。
 テメーが気分悪かろうと死のうとこっちは知ったこっちゃねーんだよ。ウクライナだかスカイライナーだか知らんが、こっちのいいたいことはひとつだ。

 お前のやってることは正義でも何でもない。自分の勝手な思い込みを他人に押しつけ、何でもかんでも自分の思い通りにならないと駄々をこねる、タダのわがまま自己中のクソガキだ。
 まっとうな社会ルールも学べず、クソガキのおつむのまま身体ばっか育っちゃったんだねツトムくん。
 自分ウサギのように臆病だから、こーゆークソガキは、前のアパートに住んでたアル中親父みたいに死んでくれないと、枕を高くして寝られないわ。
 こんなことならクソガキを、椅子でぶん殴って跳びげりでもかましてやればよかったわ。隣のキ×ガイのアル中親父を三途の川までお見送りしたババア舐めんなよクソガキが。テメーも10年前に死んだアル中親父みたいに、三途の川までお見送りしてやろうか。

 帰りに区役所に寄って、担当職員にも事情を説明して、当分は作業所を休むことと、区役所からも作業所に抗議するように頼んではおいたが、身の安全を考えると当分作業所には行けないよなあ。
 精神障害者の作業所ってこーゆーキ×ガイもいるから、安易に薦められないんだよなあ。精神障害者が何で忌み嫌われるのかやっとわかったわ。実際マジキチだし。

 そういえばツトムくんは、いわゆるキツネ目の男と目付きがそっくりだったが、本名も左右対称だったな((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル 

今月の抱負・さっさと終わらせる、さっさと始める


 タイトルのさっさと終わらせるのは、今描いてる絵で、さっさと始めるのは作業所のクリスマス会の絵である。
 本当なら先月中には終わらせる筈だったが、まだ終わっていない。何とか終わらせて、今月中にはクリスマス会のイラストの下絵を描く予定である。

 実は今日作業所でちょっとした対人トラブルがあり、精神的にかなり参っているので長文が書けない。下図の絵の状態で、ガレキの十字架の前でお通夜状態である。部屋も散らかっている。詳細は後日に。



 以下次回に続くッッ!
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
35位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム