FC2ブログ

イヤなものから目を背けても、イヤなものは無くならない

 前回、拍手コメントをくださったmarron さんいつもありがとうございます。
 若干乱暴な物言いではありましたが、コンセンサスが得られたようでよかったです。

 政治的主張バリバリ全開だった戦争シリーズも、今回で最終回である。

 イヤなものから目を背けても、イヤなものが消えて無くなるわけではない。
 そんなの子供でもわかることだが、日本のお花畑反戦平和主義者はそんなこともわからないらしい。
 とにかく呪文のお題目のようにキュージョーハンセンヘーワと唱えてれば戦争が消えて無くなるものと思っているようである。
 口先だけで敵が消えたら、誰だって苦労はしない。
 口先だけでイヤなものが消えて無くなるのなら、世の中のあらゆる病気や自分の障害だって消えて無くなる筈だが、実際にそんなことあるわけない。

 生まれつき頭のイカれた発達障害の自分ですら、そんなこと考えればわかるのに、わからないブサヨは本気で脳に疾患があるとしか思えない。

 憲法窮状は日本ばかりか、人間の頭も窮状にする憲法としか思えない。

 今月の9日亡くなった野坂昭如は生前は文壇の問題児とうたわれていたが、亡くなるやこぞって反戦の旗手みたいに祭り上げてたマスゴミには、心底気持ち悪さを感じた。

 彼はあらゆるものに疑問を投げかけずにはいられない反骨の人だったと思うが、反戦平和主義者かといったらちがうだろう、そうじゃないだろう。
 自分が野坂昭如の作品で唯一まともに見た大人の絵本『マッチ売りの少女』は、貧しい戦後に生きた売春婦の転落人生を描いた物語だが、単なる薄っぺらい反戦ものとは明らかに一線を画した、ひとりの女の物語だった。

『マッチ売りの少女』の作画を担当した故米倉斉加年も戦前戦後を生きた世代だが、単なる薄っぺらい反戦ものとは一線を画した、貧しくも儚い女の短い一生を耽美な筆致で描いていた。
 反戦平和とか薄っぺらなお題目では到底語れない、戦後を生きたひとりの女の壮絶な人生がそこにあった。
 泥まみれ垢まみれのお安には単なる善悪や反戦平和思想では語れない美しさがあった。
 垢まみれになってもなお彼女は美しかった。

 野坂昭如を反戦平和の旗手みたいに祭り上げてたマスゴミは、彼の作品をまともに見たことがあるのか甚だ疑問である。

 今頃野坂昭如はあの世で、自分を反戦平和の旗手みたいに祭り上げる、戦後日本のマスゴミと反戦平和主義者に、中指突き立てていることだろう。

続きを読む

戦争といじめ

 前回、拍手コメントをくださったmarronさんいつもありがとうございます(^-^)
 若干乱暴な物言いではありましたが、コンセンサスが得られて心強いです(^-^)v

 いじめられっ子がいくらいじめっ子に「いじめ反対」っていってもいじめは無くならない。
 そんなののび太とジャイアンと、北斗の拳のヒャッハーを見てれば、子供にでもわかることである。

 それと同じで、戦争を仕掛けてくる国に対して「戦争反対」といっても戦争は無くならない。

 いじめを無くしたければ、いじめっ子を半殺しにする覚悟で殴り返す、戦争を仕掛けてくる国に対しては、より強い武力で迎え撃つしかないのである。

 同一人物でも上の武装した男と、下の丸腰の男と、どちらがケンカをふっかけやすいか考えてみればいい。

 今の日本は完全に下の丸腰の男である。これではちょっと体格のいいのび太である。

 地上最強の生物、範馬勇次郎ならともかく、いくら体格がよくても、丸腰では数人を殴り倒すのが関の山である。
 日本の反戦平和主義者は、日本のことを地上最強の生物とでも勘違いしてるのではないだろうか。


 世界は自然と同じ弱肉強食で、弱い国は強い国に征服されるか滅ぼされるのが世の常だと思うが、平和は誰かの血で購われるものだと思う。

 それを忘れた平和主義者など、家畜のブタ以下だ。

 自分は難しい話はわからないが、当時の首相も国民も敗戦で厭戦的な気分になってたから、戦争放棄の九条とかいう条文作っちゃったんじゃないだろうか。
要するに国防をどうするか、後世の人間に丸投げしたとも見て取れる。

 面倒なことは後回しにするのは日本人の悪い癖だと思うが、一連の尖閣諸島問題を見てる限りだと、日本語のわからない中国人には、憲法九条の条文よりは武力で対向するしかないんじゃないだろうか。

 尖閣諸島の中国の漁船を見ても「絶対、攻めてこないよ」などと脳天気にのたまう日本の反戦平和主義者どもを見てると殴り倒してやりたくなる。

 世の中には「絶対安全」なんて絶対に有り得ないんだよ。絶対にだ。

 もし本当に攻めてきたら、そのときはどうするんだよ(# ゜Д゜)

続きを読む

平和の女神なんてなれないまま私は生きる

 前回拍手コメントをくださったmarron さん、いつもありがとうございます(^-^)


 このブログの訪問者もいろいろな人たちがいるが、時々いわゆる反戦平和主義者も混じっているようである。

 いつもは政治的主張は極力控えているが、このまま勘違いされたままなのもイヤなので、敢えて読者を減らす覚悟でいわせてもらう。

 残念ながら、自分はいわゆる反戦平和主義者でも何でもない。

 自分は真っ赤なネトウヨである。

 尖閣諸島の中国の船見ても、攻めてこないよーとか鼻ほじしてる平和主義者見てると、胸ぐら掴んで往復ビンタかましてやりたくなる。
 女ならまだしも、男でこれいってる奴ら見ると、♂チョン切って、スカートが似合うおしとやかな女になって出直してこいよといいたくなる。

 九条信者の故井上ひさしは、敵が攻めてきたらおとなしく殺されちゃえばいいとかのたまってたが、冗談ではない。
 お前ひとりで女子供を逃がす囮になって、お前ひとりでおとなしく殺されろよといいたい。
 井上ひさしみたいなバカがいたら、迷わず背中蹴飛ばして敵の陣地に投げ込んで、囮にして逃げても何の良心の呵責も湧かないと思う。

 平和主義者じゃないからな

 敵は迎え撃てが基本である。安保法案も賛成派だ。憲法も改憲派だし、九条とかいう、国を窮状に追い込むしか能がない憲法も刑法200条と同じく、とっとと永久欠番にでもするべきである。
 米軍も追い出して、国防軍を創設すべきと思っている。
 唯一共通してるのは、米軍帰れくらいなものであろうか。

 そうでなければ生きられなかった。自分が鼻ほじしてる平和主義者だったら、生き残れなかったと思う。

 生きることは戦いだ。いくら平和な日本で戦争反対を叫んでも、紛争中の国に平和はやってこない。

 自分は日本の甘ったれた平和主義者が大嫌いである。

 先人の血で購われてるのが今の日本の平和である。
 五寸釘持って暴れてる、戦後生まれのバカッターは、そんなことも知らないのだろうか。
 たしかこいつアカ凍結されてなかったっけ。アカなだけに。

 平和な日本で反戦平和を叫ぶ前に、同じ日本人なら、日本を守るために死んでいった先人を踏みつけることを何とも思わないのかと、声を大にしていってやりたい。
 こないだ自分にケンカ売ってきた山口ツトム(仮名)(詳細はリンクを参照)といい、ブサヨってキ×ガイしかいねぇのかよッッ!!

 自分は我が子をおざなりにしても、反戦平和を叫ぶ反戦平和主義者のように、優しい人間にはなれないし、なりたいとも思わない。

 何より、ブサヨと同じキ×ガイだと思われたくないし。

 ブサヨ呼ばわりされるくらいなら、ネトウヨ呼ばわりされた方が百万倍マシーンというものである。
 だから自分は真っ赤なネトウヨを自称して憚らない。
 ロシアも中国も大嫌いだが、日本とちがい、<`∀´>(国名出すと法則発動するから顔文字)には決して甘い顔を見せないという点だけは、日本も見習うべきだと思う。

 やはり自分は若者の悪いお手本にしかなれない。
 これ見て若者が、自分のような野蛮な大人になんかならないと思えていただけたら幸いである。

 最後に敢えていわせてもらう。

 お前ら反戦平和主義者が一番日本の平和乱してんだろがッッ!!

追記
『火垂るの墓』の原作者でもある、作家の野坂昭如先生が今月の9日、妹さんの元に逝ってしまいました。
 この場を借りて、改めてご冥福を祈りたいと思います。

 ここぞとばかりに故人を担ぎ上げてでも反戦ムード一色に染め上げようとするマスゴミにはヘドが出ますが、左右関係なく素直にご冥福祈れよこのクソマスゴミがと思いました。
 人の死を悼むどころか、自分たちの目的のために利用するマスゴミにはヘドが出ますね。

 お前らには人を悼むという気持ちがないのかよ

続きを読む

ゼロ戦、「圧倒的強さ」ゆえに生じた悲劇


文=熊谷充晃/歴史探究家2015.08.26
零式艦上戦闘機22型(「Wikipedia」より/Cobatfor)
 今も熱烈なファンが多い「零戦(ゼロ戦)」。正式名称は「零式(れいしき)艦上戦闘機」のため、正しい略は「れいせん」だが、本稿では「ゼロ戦」で統一する。ゼロ戦は、当時の日本を代表する軍用機で、三菱重工業によって開発されていた。
 当時の世界の戦闘機の能力水準を見ると、ゼロ戦のスペックは別格だ、特に、航続距離と運動性能は目を見張るものがある。また、主翼の翼面荷重も他国に比べて低く、旋回性能を大幅にアップさせている。さらに、上昇性能も6000メートルに到達するまでのタイムが約7分で、これらが軍用機同士の空中戦(ドッグファイト)を有利に展開できる秘訣でもあった。

 これらを可能にしたのは、軍部の“ムチャぶり”ともいえる要求を満たすために、徹底して軽量化が進められたからだ。

 しかし、軽くするということは使う素材も少なくなるわけで、防御性能の低下に通じかねない。それゆえ、「ゼロ戦は機体性能を重視するあまり、防御力を無視した」「人命を軽視した戦闘機だ」という評価をされてしまうこともある。

 戦闘機に限らず、何かを設計する際には設計思想が反映される。例えば、「航続距離を伸ばしたい」「格闘戦に強くしたい」などだ。兵器の場合、設計思想は当面の戦略をベースに組み立てられる。「相手国はどこか」「どこを戦場と考えるか」「どのように戦うか」といったことを総合的に考えて、最もふさわしい兵器がつくられるのだ。

 ゼロ戦は、資源に乏しい島国の日本にふさわしい軍用機として、航続距離、どの戦場にも投入できる汎用性、生存率の向上が求められた。生き延びるためには敵弾をかわす能力が必須ということで、格闘性能が重視されたのだ。

 例えば、大陸国のドイツは遠洋に打って出る必要性が希薄なため、戦闘機の航続距離は総じて短かった。そのため、第二次世界大戦の「バトル・オブ・ブリテン」(イギリス空軍との航空戦)では、爆撃機を援護するだけの“スタミナ”を持つ戦闘機がなく大敗してしまう。


強すぎたゼロ戦

 さて、現実的な要求に応じて設計されたゼロ戦だが、防御性能を無視していたわけではない。

 当時は「戦闘機の防弾」という考え方の黎明期で、各国とも研究開発に勤しんでおり、特に被弾数が多い背面に対する防御は、アメリカも頭を悩ませていた。各国が防弾に関するシステムやツールの開発を競い合う中、日本は後期型のゼロ戦で防弾のための鋼板を装備する。

 同時に、燃料タンクの自動消火装置も備えられたが、これらが登場するのは1944年4月だ。今考えると、「時期的に遅かったな」という感は否めない。
 これは、ある意味でゼロ戦が強すぎたゆえの悲劇でもあった。ゼロ戦が最初期に配備されて駆けめぐったのは、中国大陸の広大な空だ。ライバルがいないゼロ戦は、ほとんど撃墜されることなく、我が物顔で空を制していた。

 しかし、それでは防御を考える上で、被弾のデータが収集できない。ゼロ戦を設計した航空技術者の堀越二郎も、「相手との力の差があまりに大きかったために、本機の欠点~防弾の欠如、急降下速度~が露呈せず、太平洋戦争に突入したことはかえって不運であった」と著書で述懐しているほどだ。

 ゼロ戦は、防弾のみならず装甲そのものが薄いと指摘されることもある。もともと艦上戦闘機として設計されたゼロ戦は、全備重量などで大きな制約を受けていた。そのため、革新的な「セミ・モノコック構造」を取り入れて、強度を犠牲にすることなく“ぜい肉を落とす”方向で軽量化が図られている。

 装甲を厚くすれば、被弾した場合の生存率を高めることはできるが、格闘性能は望めない。そこで、日本は「より弾に当たらない」方向性を選択し、その結果、航続距離も伸ばせたというわけだ。ゼロ戦開発の裏には、こんな事情があったのである。
(文=熊谷充晃/歴史探究家)


 日本の武器って昔から、武士の甲冑も西洋の鎧みたいに重武装にはならず、防御より機動性重視で、動きやすく軽量化する傾向がありますね。
 最近のイージス艦も「当たらなければどうということはない」という精神で防御より機動性を重視してるようですし。

韓国産兵器はゴミばかり

20150823015752330.jpg

砲弾が撃てない自走砲、沈没する水陸両用車…韓国はなぜゴミ兵器ばかりを開発するのか?―韓国紙


2015年7月30日、韓国紙・中央日報は韓国国産兵器の問題点を伝えた。中国紙・環球時報が31日、記事「韓国国産兵器はゴミばかり」として紹介している。

着水後に目標物を発見できずに失踪する対潜ミサイルKアスロック、延坪島砲撃戦で砲弾が砲身にひっかかって発射できなくなったK9自走砲、エンジンと変速機がかみ合わず動けないK2戦車、水上に浮くはずが沈没してしまったK21戦闘歩兵装甲車、射撃中に爆発したK11複合小銃。

これらはすべて韓国国防科学研究所(ADD)が開発した国産兵器だ。ADDは1970年に朴槿恵(パク・クネ)大統領の父、朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の肝いりで誕生した。無数の新兵器を開発してきたが、その品質には疑問符がつく。

なぜこれほどの失敗を繰り返しているのか。問題は研究者不足との指摘もある。人口1万人当たりの国防技術研究者数で韓国はわずかに0.5人。米国の4人、中国の3.7人を大きく下回る水準だ。しかも新兵器開発数は増えているのに研究者数は減少傾向、これでは再び失敗兵器を開発したとしても不思議ではない。(翻訳・編集/増田聡太郎)

関連記事
「名品」とうたった韓国製武器が欠陥のオンパレード、国防科学研究所が反省=韓国ネット「敵にとっては確かに名品」「口先だけなら米国にも勝てる」
日本の原爆開発の図面を発見、遠心分離機の完成予定は終戦4日後だった=韓国ネット「完成していたら大変なことに…」「本当は核兵器保有国では?」
米国、過去10年間に韓国など7カ国に、生物兵器にも利用される生きた炭疽菌誤送―韓国メディア
日本が独自開発した第5世代戦闘機が来月公開!=「日本に市場を奪われるのも仕方ない」「日本は100%自国技術、韓国は半分だけ」―韓国ネット
核の傘は“破れ傘”になった!脆弱すぎる韓国の核抑止戦略―韓国紙
最終更新: 8月2日 19時30分
Record China
(C) Record China
(C) Yahoo Japan

さすがはマンホールに戦闘機が撃墜されるだけのことはあるな。国家予算でゴミを粗製乱造してりゃ世話ねえや。
北朝鮮兵器はミリオタ垂涎ものの博物館級のヴィンテージものばかりなのにね(´・ω・`)



フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
625位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
33位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム