FC2ブログ

絵は描いた本人に似るか?

※今回の記事は2015年8月15日に公開した記事を加筆再編集しました。
※今回の記事はMMさんの記事ではありません。
心は乙女

 絵は描いた本人に似るというのはどこまで本当だろうか。

 神絵師は本人もモデル体型の長身美人だったという話も聞く。自分の知ってる神絵師も描いてる絵と同じ細身の長身美人だったが、どの特徴も兼ね備えていない自分は逆立ちしても神絵師にはなれないことになる。

 そういえば前世紀に連載された『ポーの一族』の主人公のエドガーは連載中は折れるようにか細いはかなげな美少年だったのに、今世紀に描かれたエドガーはむっちりした眼光の鋭い少年になってしまいかなりガッカリしたことがあるが、作者の萩尾望都が太ったと考えれば合点も行く。
 歳を取らないバンパネラも年月を経つと太ることもあるということだろうか。
 折れるようにか細いはかなげなエドガーが好きだった自分としては、昔の折れるようにか細いはかなげな美少年を返してッッといいたくなってしまう。

 絵が本人に似ているマンガ家といえば、松本零士とちばてつやとかわぐちかいじは、比較的本人に似ているのではないかと思う。松本零士のマンガによく出てくる、ガニマタのメガネチビのキャラクターは作者の分身そのものというくらい本人に似ている。
 絵を描くとき本人に似るのは、手とか体格が似ると聞くが、たしかに自分が貧乳のキャラクターを描いても、女なのに胸板が厚い、貧乳なのに体格のいい、かわぐちかいじが描くような妙に体格のいい女になってしまう。

咲貴子(特務曹長)

 上が自分の描いた絵で、下が自分の手だが、たしかに手つきとか体つきは本人に似るようである。太くて短い指もそのままである。見る人が見れば、クソデブが描いた絵だとひとめでバレてしまう。
 少年マンガや青年マンガの男性キャラクターの手を見れば、作者の手の形はだいたいわかる。実際かわぐちかいじやジョジョの作者もマンガで描いてる手とまったく同じ手つきだった。バキのキャラは皆手が肉厚だが、作者の手もあんな肉厚な手なのだろうか。




 ただ絵が描いた本人に似るというのなら、カイジの作者もカイジみたいな尖りアゴかというと、本人は苦みばしったいい男である。
 逆に可愛い少女マンガ風の絵を描いてたのが、クソデブのおっさんというケースもある。
 松本零士のザ・コクピットに出てきた、大阪弁で喋るクソデブの新谷というパイロットのモデルが、松本零士のアシスタントをやってたマンガ家の新谷かおるかどうかはわからないが、実物の新谷かおるもこのマンガそっくりのクソデブのおっさんである。
 絵が描いた本人に似るのなら、新谷かおるも風間真のような美男子でなければおかしいが、実物の新谷かおるは若い頃からクソデブである。



 あとるろ剣の作者も絵が可愛いので、男性名の女かと思っていたら、本人はモッサリしたおっさんだったのでかなりガッカリした記憶がある。
 近年はホラー小説のコミカライズを手がけてたMEIMUは、線が細くて繊細な絵を描いているので女かと思ったら、トドみたいなおっさんだったのは、かなり意外だった。
 仮面ライダーspiritsの村枝賢一も本人はくまもんみたいなおっさんだったが、村枝賢一よりも線が細くて繊細な絵を描いているMEIMU が村枝賢一よりも太ったおっさんだったのは意外だった。

 トドは巨体の割に動きが素早いのでビビった記憶があるが、熊とトドはどちらが大きいんだろう。

 最近気づいたことだが、男の絵描きは目とおっぱいを描くのに時間をかけて、女の絵描きは目と髪に時間をかけてるように思う。
 だから男の描く絵はおっぱいはボリュームたっぷりだが髪の描き方はテキトーで、女の描く絵は髪はキレイだけどおっぱいはボリュームが足りなかったりする。
 自分は髪よりおっぱいに描く時間を使ってしまうので、髪の描き方は手抜きである。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

美少年が好きで何が悪いッッと思った方はポチっとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ

さいとうたかを×ちばてつや対談

 今回は今年の1月に観に行ったさいとうたかをとちばてつやのトークショーをまとめました。
 今回の記事は長尺なので、後半は追記にまとめました。


 さいとうたかを、ちばてつや両氏の入場。
 さいとう、ちば両氏は石ノ森章太郎展のゲスト対談で見たことありましたが、当時は生真面目な町工場の社長みたいだったちばてつやもすっかり頭の髪が薄くなって、ユニークなおじいちゃんという印象でしたね。
 頭の毛が薄いといえば、自分の前の座席に座ってたおっさん3人も見事に頭がハゲてました(´・ω・`)
 対談ではさいとうたかをがボケでちばてつやがツッコミという印象でしたが、関西人のさいとうたかをがボケというのも以外でした。


 当日の司会はビッグコミック編集長でした。
 ビッグコミックの由田編集長は御年57歳とのことなので、サラリーマンなら定年最後の役職ともいえそうですが、さいとう、ちば両氏と比べると若輩者に見えてしまいますね。
 本人も自分のことを鼻たれ小僧と称してました。
「40、50は鼻たれ小僧」という言葉もありますが、今回の対談の聴衆も「40、50の鼻たれ小僧」ばかりでした(´・ω・`)
 由田編集長は「今日ここにおられる皆さんはゴルゴ13のファンかと思いますが」といってましたが、あしたのジョーと石ノ森章太郎のファンだなんて口が裂けても言えませんよねー。ゴルゴ13は総集編を2、3冊しか持ってないし。

続きを読む

ビッグコミック50周年展に行ってきた

 今回は今年の1月に観に行ったゴルゴ・・・もといビッグコミック50周年展のレポートです。

入り口ではゴルゴ13がお出迎えー\(^o^)/


海上・・・もとい会場まで空母いぶきの秋津艦長が案内してくれました。 






続きを読む

ジョジョでいっぱいの新宿LUMINE行ってきたぉ(^q^)

 今回は新宿LUMINEのジョジョ特集です。
 今回も写真の数が多いので残りは追記にまとめました。

続きを読む

ジョジョグッズを並べてみた(後編)

今回はジョジョ展で買ったジョジョグッズ後編です。
今回も写真の数が多いので残りは追記にまとめました。

花京院のレロレロキャンディ。

続きを読む

フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
665位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
31位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム