FC2ブログ

東日本大震災から8年・・・

 黙祷――。

422.jpg
※今回の記事は予約投稿です。
※写真は2012年に石巻で撮影したものです。
スポンサーサイト



石ノ森章太郎記念館2012

※今回の記事は2017年3月15日に公開した記事の再録です。
 今回の記事は2012年に来館した石ノ森章太郎記念館で聞いた震災発生当初の話になります。


―石ノ森萬画館は被害が酷かったけど、こちらは十年前に来たときとさほど変わってなかったので安心しました。

おばさん「石巻とか津波があったとこ騒がれてっけどもこっちの方も大変だったのよ。古い家多いから。うちも全壊しちゃってね・・・お向かいも今は誰も住んでないし・・・記念館も前の建物が壊れちゃってね、営業再開したの今年の4月からだし」



―えー家が壊れちゃったんですかー。大変でしたね。

おばさん「家が全壊しちゃったから電気も水道もガスも使えなくてね。寒いし米も炊けないし。65になってから家建て替えるなんて大変よ。震災後に食べるものが無いとこに普段の五倍の値段で食べ物売ってたスーパーもあったけど、やっぱり後になって響くよね・・・そういう店は」

―ウチも親が同じくらいのときにローン完済してますけど、ローン完済してからもう一軒家建てるとか大変ですよね。

おばさん「家が壊れてっからプレハブ住んでたんだけども、もう寒くて寒くてね・・・ここ殆ど岩手県と県境だから・・・」

―仮設住宅には入らなかったんですか。

おばさん「ウチの敷地の方が広かったのよ。92歳のおばあがいるから家を建て直すときは床フローリングにして掘り炬燵にしてね」

―あー掘り炬燵いいですね。ウチの田舎も掘り炬燵ありますよ



おばさん「ウチのお父さん登米から丸森町まで車で通勤してんだけども、東北で地震があったあの日娘も家にいたんだけど、お父さんいつも海沿いの道から通っているから帰ってこないかも・・・っていってたんだけど、夜中にドア叩く音がしたから玄関開けたらお父さんいたからビックリしたわよ。「お父さん生きてたの!?」って娘と一緒に思わずいってしまったし」

―ご主人がご無事で何よりでしたね。

おばさん「お父さんいつも海沿いの道から通っているから、どうやって帰ってきたのか聞いたら、「いつもの道から迂回して田んぼのある田舎の抜け道をひたすら飛ばして20分で帰ってきた」って・・・」

―えー丸森町から登米まで20分ですか?どー見ても東京→横浜間よりありますけど(地図で確認した限りでは80キロはあるので、実際には東京→江ノ島間くらいはあると思われる)・・・東京だったらどんなに急いでも二時間はかかりますよ(東京→江ノ島間だと三時間はかかる)。

おばさん「とにかくお父さんがいうには丸森町から裏道や抜け道をひたすら飛ばして20分で帰ってきたっていうのよ。あのときほどお父さんが帰ってきてほっとしたことはなかったわよ」

―劇的過ぎて現実にあった話とは思えないですね。正直(東京→江ノ島間を20分で疾走?)想像つかないです。



おばさん「石巻とか津波が酷かった所ばかり取り上げられて、登米とか内陸部の方はあまり取り上げられないけど、内陸部の地震の被害とかももっと知ってもらいたいと思うのよ。もともと過疎化してるとこだといなくなった人は戻ってこないし、記念館の茶店も調理師免許持ってる章太郎先生の弟さんがやってたんだけど、最近は身体を壊して前のように仕事できなくなってるし、地震で茶店も壊れて休業中だけどまだ再開の目処もついてないし・・・」

―何だか淋しい話ですね。

おばさん「石巻の萬画館は商店街の町おこしでやってるけど、記念館は市立で弟さんが館長をやっておられるし、先生の生家もここにあるからね・・・ウチが本物だと思ってるから。萬画館に比べると地味かもしれないけど、萬画館に比べると、来館者に話も聞かせてあげられるし、これはこれでいいと思っているの」

―貴重なお話を聞かせていただいてありがとうございました。

 アカレンジャー誠直也と仮面ライダーV3(アオレンジャー)宮内洋の復興支援合同サイン色紙。ふたりの合同色紙は当時はエントランスに展示されてましたが、現在は館内展示になってしまったので、現在は入場料払わないと閲覧できないし撮影もできませーん。宮内洋のサイン色紙が見たいよいこの皆は、復興支援も兼ねて是非とも記念館に行ってちょんまげ\(^o^)/
 宮内洋といえばスケジュールの都合でアオレンジャーをやることになってしまったのが納得できず、「アカじゃなきゃやらない!」と原作者の石ノ森章太郎と直談判したという逸話が残ってますね。
 ふたりの合同色紙を見てると、石ノ森章太郎亡き今もアカレンジャーと仮面ライダーV3が恩師の被災地に励ましに来てるような気分になりました。石ノ森章太郎亡き今もヒーローは今も生き続けているんだなと思います。
 


 東日本大震災というとどうしても津波があった沿岸部にばかり目が行ってしまいがちですが、内陸部の被災地も忘れてはいけないと思うんですよね。いくら交通量が少ないとはいえ、80キロを20分で走るのはレーシングドライバーでも無理だと思うのですが、極限状態になると時間の感覚もワープしてしまうんでしょうかねー。 
 沿岸部はとかく津波の被害が酷かったと思いますが、内陸部はボディブローのようにじわじわと過疎化が進んでるように感じます。記念館のある登米市の人口も十万人を割ってるし、最近は石ノ森章太郎先生の地元も過疎化が進んでるようですね。そもそも登米市自体が今世紀に入ってから町の過疎化に伴い町が合併してできた自治体ですし。記念館の維持費も来館者だけでは賄えないので市から補助金が出ているそうです。
 震災で休業中だった茶店も残念ながら現在はグッズショップに変わってしまってました。震災の十年前に行ったときに茶店で何か飲み食いしとけばよかったと後悔しきりです。

 こういった町おこしなど地域活性化への取り組みは被災地の各地でも行われてるようですが、自分が知ってる限りでは、宮城県蔵王町の老人ホームせせらぎの里蔵王でも福祉体験など自分も行ってみたいなーと思うような催しもやってるようです。
 福祉というとどうしても堅苦しく考えてしまいますが、せせらぎの里蔵王のブログの記事は面白いので、この記事をご覧になった方は、是非せせらぎの里蔵王のブログもご覧になって、最近晴れて全国区制覇したイケメン山田さんと芽吹さんと蔵王町きっての神絵師島さんを応援してください\(^o^)/

 それでは皆さん、おやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

宮内洋のサインが欲しいッッと思った方はポチッとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ



おたく(ヲタク)日記ランキング



 

東日本大震災から7年~あの日あの時あの場所で

※写真は2012年に宮城県石巻で撮影しました。
東日本大震災(浸水位置)

 東日本大震災は自分が生まれてはじめて体感した一生忘れられない大震災である。自分は当時アパートの自室で絵を描いていたが、身体が小刻みに揺れてると思ったらものすごい揺れになって、室内がドロボーにでも遭ったみたいにゴチャゴチャになってしまった。
 中越地震が頭をよぎり、咄嗟にテレビをつけたら、中越地震どころではない光景がテレビで報道されていて、三日くらい何にも手につかず呆然自失としてたような気がする。

 震災発生当時は呆然自失として何にも手につかなくなるほど自分の人生を文字通り震撼させた出来事だったが、震災発生から7年も過ぎると震災に関する報道も激減して、福島第一原発の事故処理について報道も殆ど見なくなってしまい、普段は震災のことは殆ど考えなくなってしまっている。
 当時は中学生だった下の甥っ子は現在は大学生になり、小学生だった下の甥っ子は現在は中学生になっている。
 自分でもJR東北の高速バスで被災地に観光に行って友達の分もおみやげ買って持ちきれない荷物は被災地の宅急便やゆうパックで送って帰るとか、自分にできる限りのことはしてきたつもりだが、やはり個人でできることには限界がある。
 個人のブログでこのような記事を書いたところで、福島第一原発事故が収束するわけじゃないし、今回は記事を書くにあたってあちこちからリンクを集めたが、目に見えて報道も減っている。
 震災から7年経過してめっきり報道も減ってるのに、このような記事を書いたところで自己満足に過ぎないのではないか、意味がないんじゃないかと思っていたが、ゆるゆるさんのブログで、震災から7年過ぎた今も被災地支援を続けている友達の記事を見て勇気づけられたような気がした。

 そういえば自分が高校時代にソ連時代のチェルノブイリで起こった原発事故は当時世界を震撼させたが、当時冷戦下の世界を震撼させたチェルノブイリ原発事故ですら、30年も経ってしまえば記憶の彼方である。なおチェルノブイリ原発は事故発生から30年を過ぎた現在もなおメルトダウンした燃料が手つかずの状態で封印されてるという。

関連記事
NHK 東日本大震災アーカイブス
FNN 東日本大震災アーカイブス
NHK 40年後の未来へ 福島第一原発の今
福島第一原発から8km、帰還住民を待つ浪江町の仮説商店街
福島第一原発の真実?廃炉の「準備」が終わり、ついに次のステージへ
廃炉の最前線へ~東電福島第一原発ルポ
近づいただけで死ぬ、チェルノブイリの象の足



↓個展で売れずに倉庫の粗大ゴミと化した50号二連作。自分はまる2年かけて粗大ゴミを作ったのか(#^ω^)ビキビキ



 今年もしつこく公開した50号二連作『明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前』ですが、トキフルトーイのぴょん吉さんが相互リンク記念記事に去年の記事の紹介をしてくれました。
 それとこの絵画の中心人物は一番手前の新城なんですけど、何故か背後のサンダールの方が人気みたいなんですよね。サンダールは咲貴子(裸の女)を陵辱した強盗強姦殺人全部やらかしてる女の敵みたいな悪役キャラなんですけど、何で女の敵みたいなキャラがその女に受けるのか理解に苦しみますね。しかも手ぇ抜いて首から下はカラーにはあるまじき黒ベタで塗りつぶしているのに、何で手前の新城すっ飛ばして後ろのサンダールばっか人気が出るんだよ(#^ω^)ビキビキ
 個展では売れなかった絵ではありますが、不肖の息子とはいえ、足かけ3年もかけて描いた絵なのでそれなりに思い入れもあります。生みの親としては売れずに倉庫の粗大ゴミと化した不肖の息子を見るのも偲びないので、今はこの絵を焚き付けにする場所を探してる状態でしょうか。
 あと何人かの方から頂いた質問ですが、作中の青い蝶は死者の魂を表現してます。敢えて生々しい表現は避けて抽象的な表現にしてみました。この絵に関する詳細は過去記事で書いてるので、興味を持たれた方は過去記事のリンクをご覧になってください。

関連記事
自己解説・明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前(前編)
自己解説・明日への神話~人は謳い人は哭く、大旗の前(後編)

※追記にて拍手コメントへの返信をしてます。

続きを読む

東日本大震災から7年・・・

 黙祷────

石巻(川)
※今回の記事は予約投稿です。写真は2012年に石巻で撮影しました。

関連記事
廃炉の最前線へ~東電福島第一原発ルポ

熊本地震から1年・・・



 熊本地震から今日でもう1年になりますね。熊本地震もずいぶん大きな地震でしたが、熊本県では今もなお地震があると聞きます。九州も火山活動が活発化してるのだろうか。
 東日本大震災の被災地には何度か足を運んだことがありますが、九州はさすがに遠いので被災地になった熊本県には一度も足を運んだことが無いので、一連の報道でしか現状を知る術もありませんが、せめて九州のものを買って少しでも復興支援ができたらいいなと思います。

20160417155856946.jpg

wst1604150112-p1.jpg

 東日本大震災の被災地の宮城県でも、熊本県の復興支援をしています。
募金箱-thumb-400x328-2321

 あしたのジョーの作者のちばてつや先生も熊本県を応援してます。 
 そういえば皆でくまもん応援しようとかいって皆でくまもん描いてたけど、自分も一枚だけくまもん描いたことあったな(´・ω・)
evt16041908590012-p1.jpg

※FC2のアプリ更新したら記事の保存ができなくなるし、スマホにWi-Fiがつながらなくなるし、運営に通報しても未だに不具合が改善してないんだけど、いい加減アプリの更新する度に不具合が出るの何とかしろよッッ(*`皿´*)ノ
 いつもはスマホのアプリから更新してるけど、スマホのアプリの不具合が未だに改善してないので、今回の記事はパソコンから更新しました(´・ω・)

※次回の更新は16日(日)になります。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
401位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
21位
アクセスランキングを見る>>
リンク
※当ブログはリンクフリーです。 報告は不要なので、リンクはお気軽にどうぞ。
QRコード
QR
検索フォーム