FC2ブログ

アリータ・バトル・エンジェルを観てきたぉ(^q^)

※この記事にはネタバレが含まれます。
kishiro_alita_fixw_640_hq.jpg

 アリータ・バトル・エンジェル観てきた。感想はとにかくすげーのひとことである。
 アリータは木城ゆきとのマンガ『銃夢』が原作のサイバーパンク映画だが、原作の主人公のガリィが本作ではアリータという名前になっている。
 『銃夢』は1990年から1995年まで今は無きビジネスジャンプで連載されたが、連載終了後は続編の『銃夢 Last Order』が連載されたが、現在は前日談の『銃夢火星年代記』を講談社のイブニングで連載中である。
 まさか20年前に完結したマンガが現在も続編を連載中とは思わなかったが、ここまでくると、木城ゆきとのライフワークだと思う。
『銃夢』は元々BJで連載されてたので版元は集英社だったが、親会社の小学館ならまだしも講談社に版権を移したのかは大人の事情だろうか。

 映画のアリータも原作同様、アイアンシティ(クズ鉄町)のスクラップ置き場から話が始まるが、アイアンシティ(クズ鉄町)のスクラップ置き場と空中都市ザレムの外観だけでなく、イドがスクラップのサイボーグの頭部から目玉を切り取る場面も忠実に再現されていて、イドがスクラップのなかからアリータを拾い上げるところとか20年ぶりに見て心がビリビリした。
 原作のマンガ見てたのは20年以上前なのに、原作のマンガのシーンが忠実に再現されてたので、あーそういえばこんなシーンあったわーと思わず座席から身を乗り出してしまった。
 映画では何故か原作のマンガのマカク編とユーゴ編とモーターボール編とOVAのストーリーを同時平行してるような構成になってたけど、複数のエピソードを同時平行させても破綻が無く、ちゃんとひとつの話に収まってたのはすごいと思った。
 複数のエピソードをスーパーの積め放題みたいにギチギチに詰め込んでも話が破綻してない構成力は、未刊で終わった原作にオリジナルエピソードをてんこ盛りにして新たな話を作り上げた、翔んで埼玉と反対方向のベクトルですげーと思う。

 映画にはOVAのオリジナルキャラのチレンとグリシュカが出てくるが、映画ではイドとチレンが元夫婦でふたりの間には娘がいたというオリジナル設定がつけ加えられていたり、原作のマンガのマカクに相当するキャラが、OVAのオリジナルキャラのグリシュカになってるなど若干の変更はあったけど、原作のマンガのワンシーンやOVAのエグいエピソードなどが忠実に再現されてたのはすげーと思った。

alitabattleangel_201807_fixw_640_hq.jpg

 何がすげーかといえば、やはり原作のマンガではマカクにバラバラにされたガリィが、映画でもグリシュカにバラバラにされてたとこだと思う。

 実写になってもヒロインに対して情け容赦ない描写はさすがキャメロン映画だと思った。

 少女が男に五体をバラバラにされる場面は男の陵辱のメタファーとも見てとれるが、男の凶刃が男性器のメタファーと考えれば五体をバラバラにされるシチュエーションは男の陵辱とも見て取れる。
 何よりグリシュカのグラインドカッターはどう見ても触手にしか見えなかったし。
 少女のボディからバーサーカーのボディに変わるアリータを見ていると、思春期の通過儀礼のようなものを感じた。
 一度は男に蹂躙された少女が男社会に叛旗を翻す戦士に変わる様相は、日本のキモオタが目の敵にしてるフェミニズムを思わせる。

 映画でアリータが一度は助けた犬がグリシュカに果敢に吠え掛かるもあっさり殺されるが、グリシュカに殺された犬はある意味無力な正義そのものともいえる。 
 アリータが戦士として目覚めたのも無力な犬が殺されたのがきっかけだったが、少女のボディから戦士のボディになり最後は武器を手にするところも、無力な正義を守るには武力が必要だということを示唆している。
 国に置き換えれば、グリシュカに殺された犬は武力を持たなかったために中国に侵略されてしまったチベットさながらである。
 武力を持たない国はグリシュカに殺された犬のように無残に殺されるしかないのである。

 原作と映画の最大のちがいはマカクとグリシュカの社会的立場ともいえる。

 原作のマカクは自分を捨てた母親と社会を憎み、生まれ育った下水道から這い上がり社会を恐怖に陥れた、社会の反逆者だったが、グリシュカは武力で弱者を蹂躙する男社会の無慈悲な秩序そのものである。

 キャメロンのスケジュールの都合かアリータの監督はロバート・ロドリゲスが監督だったけど、最初は無力だった少女が闘いを通して強くなっていくというストーリーはキャメロン映画のテーマそのものである。
 恋が男の死で悲恋に終るところもやはりキャメロン映画だし。
 従来のキャメロン映画では無力な女を男が鍛えあげて女が強くなったら役目を終えた男は死んでいく話が多かったが、アリータは最初から強かったのでヒューゴの役目といえば、記憶喪失で自分が何なのかわからなかったアリータに人を愛する心を教えて、アリータが人を愛する心を手に入れた時点で役目を終えたヒューゴは死んでいったのだろうか。

 アリータはある意味、オズの魔法使いに出てきた、人を愛する心を欲しがっていたブリキのきこりだったともいえる。

 アリータの予告映像。こちらはモーターボールの予告映像。


 何よりサイボーグ同士のバトルアクションは超迫力なので、バトルアクション映画としてもオススメ映画。
 バトルシーンは思わず「マトリックスかよッッ」とツッコミどころ満載なのもいい。
 フルCGで構成されたモーターボールなどのサイボーグの戦闘シーンは実写では描写できない迫力があったが、『翔んで埼玉』の実写ならではの迫力ある乱闘シーンとは反対方向のベクトルですげーと思った。

 映画のアリータに関しては、日本のロリコンのキモオタが好みそうな要素がまるで見当たらなかったので、「キモオタざまああぁ~」と拍手喝采したくなるような映画だった。
 モーターボールの戦闘シーンは、何故かジョジョ第2部戦闘潮流のジョセフとワムウの戦闘シーン思い出しちゃったけど、キャメロンてジョジョも好きだったりするのかなー(^q^)

 アリータはとにかくすげーのひとことだが、 アリータの何がすげーかといえば、アリータすげー目がでけー( ̄▽ ̄;)

 唯一の難点を挙げると原作のマンガとOVAの両方を見てないと元ネタがわからないことだと思う。
 とにかく原作のエピソードをこれでもかとばかりに詰められるだけ詰め込んだ怒涛の情報の洪水のような映画だったので、原作のマンガとOVAを見たときの記憶を必死で手繰り寄せて観ていたので、劇中のモーターボールのような目まぐるしい早さで展開するストーリーを必死で追っかけてるうちに物語が終わったという印象である。
 原作は日本のマンガだが、正直邦画ではあの壮大なストーリーはとても作れなかったと思う。
 銃夢の連載中に製作されたOVAは時間が短いのもあったが、全体的に盛り上がりに欠けていたという感は否めないが、不発で終わったOVAのエピソードをよくここまで壮大な話に仕立て上げられたものだなーと感嘆した。

 そんでもって何が一番すげーかというと
 日本のマンガをキャメロンが映画化するなんてすげーッッ!

 こちらはアリータ役のローサ・サラザールがどのようにしてアリータになったかというメイキング映像。
 ここまでやると、CGアニメのキャラを生身の人間がモーションキャプチャーで演じてるのと殆ど同じですね。
 アリータは実写映画という触れ込みにはなってますが、アリータを含むサイボーグのバトルシーンはフルCGで構成されてるので半分CGアニメーションと見てもいいと思います。


 今回はツイッターに投稿したアリータのレビューをブログでまとめて再構成しましたが、ツイッターよりもブログの方がガッツリ文章書けるのがいいですね。
 ツイッターでは限られた字数で必要最低限のことを発信しなければならないので、ブログとはちがった構成力を必要とされます。
 自分がこれまでツイッターでつぶやいたことといえば、ちんぴょろすぽーんとかうんこちんちんとかクソくだらないことばかりですね。
 そういえば、最近観た映画はウルトラマン以外は全部マンガが原作の映画なんですよねー(;^_^A
 これまではリンク張ったことしかなかったけど、今回の映画評論では初めて動画を貼ってみました。
 余談ですが、ブログ始めて4年目でやっと動画の貼り方を覚えました。

 それでは今日もおやすみっこ(つ=^ω^=)つニャン

三毛猫バンバン(300)

image.jpg

お前はマンガしか読んでないのかッッと思った方はポチっとお願い(つ=^ω^=)つニャンッッ
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

うー

す、すごっ。おめめでっかい
ガリィの感じ出てますよねー。
アリータっなっちゃったのだけ
残念ですけどponch様がそんなに
お褒めになるなんてかなり
面白いんですね。原作もぶつ切りで
読んだだけなのでちゃんと読んどけば
良かったですぅ。跳んで埼玉も
そーですけど最近ponch様の映画
レビューにものすごく影響されてます。
むーっ。レビューもすごいのです。
コレは見たくなっちゃいます。
ハリウッドでの日本マンガの映画化って
出来不出来が極端ですよね。
コレは傑作認定なのですね。

No title

MMさん、こんばん(=^ω^=)ノニャーン

ですよねー、映画のアリータ目ぇデカいですよねー(;^_^A
アリータは顔だけじゃなくて全身CGみたいなので、殆どCGアニメですよねー(;^_^A
MMさんも銃夢ご存知でとても嬉しいです(*´∇`*)
原作は1、2巻がKindleで無料で読めるので久しぶりに読んでみたらどうでしょう。

そういえば、最近観た映画って昔見たマンガが原作の映画が多いですね。
たしかにハリウッド版ドラゴンボールと北斗の拳は
ファンにケンカ売ってるとしか思えないような出来映えでしたよねー(;^_^A
アリータに関してはキャメロン映画なのでハズレは無いと思います。
いつになく長尺のレビューになってしまいましたが、
最後までご覧になって頂きありがとうございます\(^o^)/

アリータの動画を観さしてもらいましたよ(^^)古舘伊知郎がしゃべってますね(^^)
迫力があって、次はどうなるんだろうと見入ってしまいそうな映画で面白そう(^^)

日本のマンガが映画化されたものとの事で驚きました(^^)キャメロンの手にかかると、凄い作品に仕上がりますね(^^)
私も観に行きたいと思います(^^)

こんにちは

すごい映像だねぇ。

こんにちは^^

『アリータ』って、てっきり『ゲーム』だとばかり思ってたら、『映画』だったんですねぇ^^;
少女がバラバラにされたり、無力な犬が殺されたりと、なかなかドS的な仕上がりに、なっている様で^^;
ちょっと耐性が無いと、トラウマになりそうな印象ですね^^;

Twitterは文字数が限られているので、レビューなどを描く時には、追加記事が何重にも必要ですね^^;

No title

アリータは以前予告を観ましたが、
本当に目が大きいですよね、
最初観た時に実写映画なのにこんな感じでやるんだとびっくりしました^^;
でも、レビューを見る限りでは、
なかなか良い映画だったようで気になりますね~。
最近は日本の漫画の原作がハリウッドで映画化する機会も増えてきましたが、
しっかりと良い映画に作ってくれるのは嬉しいものです(´∀`)

Twitterは手軽に呟く分にはいいですが、
長文を書くのにはやっぱり不向きですよね^^;

No title

ponch さん、こんばんは!
大変ご無沙汰をしております。
3月は私事でブログが全然手つかずになってしまっていたのですが、
本日やっと更新ができました!

そして、大変遅ればせながらですが、2222の日に拍手ゾロ目番号で描いて頂きましたイラストの記事を書かせて頂きました。また、右カラムの「我が家の家宝」欄にもイラストを掲載させて頂きました。

事後報告になってしまい、申し訳ないです(汗)
もし、ご都合が悪ければ、その旨お手数ですがご連絡を下さいね!
可愛いイラスト、本当にありがとうございました(*´▽`*)

楽しそうな映画ですね!私も久しぶりに映画を見に行きたくなりました!日本語の映画、バリに来ないかな~( ;∀;)

No title

スゴイのを観てきたようですね。自分はマンガも映画も観てません。
ですからせっかくponchさんが力説してくれたのに内容がよく分かりませんでした。
でも、ponchさんの満足度はひしひしと伝わってきました。
調べてみたけど自分が行くシアターではやってませんでしたよ。
レンタルでも始まったら観てみますね。

No title

とっつぁんさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ブログ開設してから4年目で初めて動画を貼ってみましたが、
動画もご覧になって頂いてとっても嬉しいです(*´∇`*)
モーターボールの戦闘シーンは大画面で見ると大迫力でした。

自分も20年以上前に完結したマンガがハリウッドでキャメロンに
映画化されるとは夢にも思ってませんでした。
キャメロンの映画はハズレが無いと思いますが、
邦画だったらこんな壮大な映画にはならなかっただろうなと思います。

No title

よしおさん、こんばんわ(・∀・)ノ

そうですね、すごいですね(`・ω・´)b

No title

ベレッタ中尉、こんばんわ(・∀・)ノ

アリータは日本のマンガが原作のハリウッド映画ですね。
アリータはサイボーグなので、身体をバラバラにされても血は出ないし
痛がりもしませんが、それにしてもいたいけな女の子の五体がバラバラに
されるのは痛ましい光景ですよねぇ(;^_^A
映画とはいえ犬が殺されるのは本当に可哀想でした。
他にもバラバラにされて生体標本にされた者もいるので、
見る人が見たらトラウマになりそうです(;^_^A

映画評論は何度かツイートしてますが、たしかに追加記事が必要ですね(;^_^A

No title

ツバサさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ですよねーアリータ本当に目が大きいですよねー(;^_^A
ええアリータ面白かったですよ。やっぱりモーターボールのサイボーグ同士の
バトルシーンはすごい迫力でした。
日本のマンガが原作の映画でこんなすごい映画ができるとは思いませんでした。

ですよねー、ツイッターってちょっとつぶやく分にはいいですが、
議論とか評論には向かないですよねー(;^_^A
腰を据えた評論するならやはりブログに限ります。

No title

シロブチさん、こんばん(=^ω^=)ノニャーン

いろいろあったみたいですが、無事ブログ再開できてよかったです。
自分が描いたお祝い絵紹介して頂きありがとうございます\(^o^)/
憧れの吟遊紳士さんの傍に飾ってもらえてとっても嬉しいです(*´∇`*)

ええアリータ面白かったですよー\(^o^)/
アリータはハリウッド映画なので字幕でしたが、
バリでも日本語の映画観れるといいですね。

No title

ミドリノマッキーさん、こんばんわ(・∀・)ノ

たしかにすげーばっかじゃわからないですよねー(;^_^A
マッキーさんの最寄りの映画館ではやってなかったんですねー。
上映終了しちゃったのかもー1204(;^_^A

ご無沙汰してしまってすみません。

ponchさん、ご無沙汰してしまってすみません。

白熱の映画レビューですね!
ponchさんの熱量の伝わる記事で、観る予定のなかった映画でしたが見に行けるかスケジュールを確認しようとまで思っております。

アリータの目の大きさはCGじゃなかったのですね!!
CMを観たときに、てっきりフルCGとばかり思っていました。
あぁぁぁすっごく失礼なことを思っておりました・・・。

ストーリー覚えてるかなぁ、というより、どこまで知っているのかすら怪しい状態なので、いっそこのまま映画を観るのもありなのかなぁ、とすら思えてきました。

ponchさんのレビューは本当に参考になります。
これからも楽しみにしております。


イチキ
平あげは(通称・ぱっち)
おだまきみまき

No title

こんばんは

ポスターの感じがいいですね☆仁王立ちで下からのアングル
っというのもかっこいいですね

こうして今も続編がでていたりするのを見ると
読者だった人からしたらうれしさもありますし単純に
すごいなって思いますよね♪

たしかに予告編を見てみたら目がでっかい><
こうして日本の漫画を映画にしてくれていい仕上がりにしてもらえると
素直におお~って思いますね☆

No title

こんばんは!

「アリータ・バトル・エンジェル」原作は、『銃夢』だったんですね。
TVのCMを少し見ただけで、ディズニー系かと思ってました^^;
『銃夢』は、ブックオフで買った覚えが・・しかし売ってしまって・手元にない・・また読みたくなりました。
漫画→映画実写の流れは、拒否反応起こしてたのですが、これは良さそうですね。やはりキャメロンの映画は独特で凄い。
映画館には、しばらく行ってないな。ponchのレビューを見て、映画は生で見るのが一番。考えを改めようと思いましたよ。
アリータ 最短のCC技術は凄いですね。

No title

原作は分からないですが。
日本の漫画をハリウッド映画にするとは、
また凄いものですね。
スケールがまた大分違いますからね。

映画にすると、尺の問題もあるから、
大洪水のように物語が進んでいきますけど。
レビューを見る限りでは面白いと思いましたね。
(*'▽')

前回のコメントでもありましたけど。
うちのブログは基本的に見にくいのですよね。。。
大変、申し訳ありません。。。
途中を覚悟で、トップ記事の作品を読むか。
あるいは、好きそうな作品があれば、それを読むか・・・。。
・・・ということになりますね。
大変申し訳ありません。
m(__)m

No title

おだまきみまきさん、こんばんわ(・∀・)ノ

今月もやってるかどうかわかりませんが、関西でも観れるといいですね。

アリータはモーションキャプチャーのフルCGなので、目が大きいのもCGですね。
アリータ役の女優は普通の目の大きさでした。

自分も原作のマンガもOVA見たのも20年以上前なので、細かいストーリーは
殆ど忘れてましたが、映画観たら「あーそういえばこんな場面あったわー」
と思わずタイムスリップ状態になってしまいました。

拙いレビューではありますが、
参考になるといってもらえてとっても嬉しいです(*´∇`*)
イチキさんのブログも楽しみにしてます\(^o^)/

No title

荒ぶるプリンさん、こんばんわ(・∀・)ノ

ですよねー、ポスターのアリータカッコいいですよねー\(^o^)/

20年前に読んでたマンガが
ハリウッドでキャメロンに映画化されるとは感無量ですね。
日本のマンガもここまで来たかという感じです。

自分は最初のシリーズしか読んでないのですが、Kindleで続編の1巻見たら
結構面白かったので、続巻も買ってみようかと思います。

No title

ひで郎さん、こんばんわー\(^o^)/

ええアリータの原作は銃夢だったんですよー。
銃夢は当時雑誌で見てましたが、最後がいまいちだったので、
持ってた単行本も処分しちゃったんですよねー(;^_^A
Amazonレビュー見た限りでは続編のLOの最終巻も酷評されてたし、
手を出すには勇気が要りますよねー(;^_^A
どうも自分の好きなマンガ家は風呂敷を畳めないマンガ家が多いように思います(;^_^A
銃夢外伝はKindleで半額だったので買って読みましたが、
こちらは読み切りなのでキレイに終わっていて面白かったです。

アリータはとにかくサイボーグ同士のバトルシーンが迫力ありましたよねー。
キャメロンの映画観たのタイタニック以来ですが、
キャメロンの映画にはハズレが無いなーと思いました。

No title

LandMさん、おはようございます\(^o^)/

そうですね、原作は日本のマンガですが、まさか20年後にハリウッドで
キャメロンに映画化されるとは思ってもみませんでした。

ええアリータ面白かったですよー。
特にモーターボールやサイボーグ同士のバトルシーンは圧巻です。

こちらこそうるさい客みたいなこといっちゃって済みませんでした。
そうゆうことでしたら、LandMさんとこの作品は新旧にこだわらず、
適当にチョイスさせてもらいますね。
フリーエリア
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。
最近はすみっこぐらしにもハマってます。すみっこ仲間絶賛募集中ッッ\(^o^)/

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
755位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
34位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
検索フォーム