今月のまとめ及び反省

 月末恒例のまとめ及び反省です。そろそろ年末の反省もしなければならないですが、先のことを考えると鬼が笑うので、取り敢えず今月のまとめと反省だけ書くことにします。



 今月も反省しなければならないことは山積みである。反省することが多すぎて木崎もいい加減呆れてることだろう。

 最初の反省点は何といっても創作活動をお休みしたのに全然部屋が片付かなかったことであろう。
 部屋の片付けをやってるとすぐに疲れて眠くなってしまうのは本当に何とかしたいよなあ(;´д`)
 今も自分の部屋の片隅には買ってきた雑誌とマンガの単行本が山積みになっている。


 ふたつ目の反省点は、最近寒くなってきたと思ったら、また高血圧になってしまったことである。夜に血圧計ったのに160超えてるし、若い頃の最高血圧が最近の最低血圧になっている。
 道理で冬の突然死が多いわけだ。こんなに高血圧で50過ぎまで生きてられるだろうか。予告なしにブログの更新が途絶えたらブログ主が突然死したものと思っていいだろう。取り敢えず冬の高血圧は何とかしたいよなあ(;´д`)
 中高年の皆さん、冬の高血圧には気をつけましょうねぇ(^-^;)つ


 3つ目の反省点は先月のコメントに関する反省で、かえって周りに気兼ねさせてしまったことである。その点は本当に申し訳なかったなと思う。
 頂いたコメントは楽しんで読ませてもらってるので、どうぞ気軽にコメントしてってください。

 そして4つ目の反省は一応発達障害当事者ブログなのに、今月も発達障害当事者研究の記事がゼロだったことである。
 最後の発達障害当事者研究の記事が7月だったので、実にワンシーズン発達障害の記事を書いてないことになる。
 発達障害当事者ブログなのに、ワンシーズン発達障害の記事がないのはさすがにどうかと思う。
 他の発達障害ブログとか創作ブログとか見てるとひとつの題材でよく記事が書けるなーと思うが、たまには他の記事とか書きたくならないのだろうか。

 そして自分にとっては取り返しのつかない反省点が、自分に相互リンク記念絵を描いてくれた人にお返しの絵を描く前に、その人のブログが閉鎖してしまったことだろう。
 その子のブログ、絵が可愛くて結構好きだったので、お返しの絵を描く前にブログが閉鎖してしまったのは悔やんでも悔やみ切れない。事情はどうあれ結果的には不義理をしてしまったが、遅筆もここまで酷いと罪である。

 自分が他の絵描きブロガーと比べて、明らかに同じ絵描きブロガーとの交流が少ないのも、明らかにこの遅筆のせいである。週に一枚も絵を描けないなど遅筆もいいとこだろう。いい加減遅筆は何とかしたいよなあ(;´д`)

 以下次回に続くッッ

先日紹介したハロウィンの黒猫ケーキと、ハロウィンドーナツ。


黒猫たん・・・食べちゃいたいほど可愛いぉ・・・(;´д`)ハアハア


黒猫ケーキのなかにはココアスポンジとチョコクリームが入ってておいしいぉ(^q^)


ハロウィンドーナツ。チョコとオレンジチョコの2色のチョコがかかってて、生クリームが入ってておいしいぉ(^q^)

続きを読む

スポンサーサイト

あっちもこっちもハロウィン

 今週は渡辺直美ばりにひたすら喰いまくった、ハロウィンスイーツの画像をひたすら貼っていきます(^q^)


ローソンのかぼちゃのロールケーキとかハロウィンシュークリーム。
どちらもかぼちゃクリームが入っていておいしいぉ(^q^)




セブンイレブンのかぼちゃプリンとかぼちゃのチーズケーキ。おいしいぉ(^q^)




かぼちゃのモンブランタルト。かぼちゃのクリームが入っていておいしいぉ(^q^)




セブンイレブンの黒猫ケーキとローソンのハロウィンドーナツ。
食べた感想は後日書くから明日も来てね♪


北海道かぼちゃのプリンとかぼちゃのどら焼き。


かぼちゃのプリン。かぼちゃのモンブランクリームとかぼちゃのプリンがとってもおいしいぉ(^q^)




かぼちゃのどら焼き。かぼちゃのあんとかぼちゃの生クリームがとってもおいしいぉ(^q^)


北海道かぼちゃのエクレア。かぼちゃのチョコがかかっててかぼちゃのクリームが入っていておいしいぉ(^q^)




近所のケンタで見かけた、ジジのバルーン。


 今回はひたすらハロウィンのコンビニスイーツの画像を貼っていきましたが、自分の近所もハロウィン一色だなーと思いました。
 西武池袋線はアニメ関係のポスターが多いのでオタクっぽい沿線ですね。しまいには西武池袋線使ってるだけでオタク呼ばわりされそうだ(^-^;)

 黒猫ケーキとローソンのハロウィンドーナツと北海道かぼちゃのプリンとどら焼きとエクレアを食べた感想は後日書くから、明日も来てちょんまげ♪



次回の更新は31日(月)の深夜0時過ぎになります(=^ω^=)ニャン

続きを読む

拍手4444回御礼記念企画ッッハッピーハロウィンッッ

 皆さまの日頃のご愛顧を給わり、当ブログも拍手数4444を超えました。いつも拍手してくださる方いつも本当にありがとうございます。
 ここ何日かは愚痴とも美術評論ともつかない駄文ばかり書いてましたが、最近自分の周りでやけに猫耳描いてる人が多いので、自分もいてもたってもいられなくなって、記念絵にハロウィンバージョンのシュレ猫たんを描いてしまいますた((⊂(=^ω^=)⊃))ニャン
 今回のイラストはスキャンした下書に、クリップスタジオでペン入れ彩色をしてるので、事実上初のフルデジタルイラストになります。

ハロウィンのシュレ猫たん

 最近はクリップスタジオとかいうソフトで絵を描いてますが、クリペはフリー素材が豊富なのがいいですね。素材が豊富すぎるので、絵を描くのもそっちのけで素材探しばかりしてしまいます(^q^)
 デジタルだと背景塗るのも一発でできるし、月もフリー素材貼り付ければ一発でできてしまうし、手描きだとあれだけ苦労して描いてた有刺鉄線もペンツールでなぞるだけで描けちまいます。手描きだったら背景に色塗るのと月を描くので一週間はかかってたでしょう。

続きを読む

インサイダーアートはクソ

※この記事は2015年9月15日に公開した記事を加筆再編集したものです。


 自分は発達障害当事者だが、アウトサイダーアートという肩書きは結構気に入っている。

 むしろ高慢ちきなインサイダーアートなんぞと一緒にしないでもらいたいと思う。こっちはインサイダーアートなんて気色悪い枠組みになんぞ入りたくもないし、昨今の芸能人の絵じゃないと売れない腐れ切った日本の画壇などこちらからお断りだ。
 芸能人の絵じゃないと買わないコレクターが値踏みしてるのは、芸能人のネームバリューであり絵ではない。絵を買うコレクターは絵ではなくネームバリューで絵を買うのである。二束三文だった絵がゴッホの絵だとわかるや、億単位にまで値が跳ね上がったという話も聞いたことがある。
 金持ちのマネーゲームに成り下がったインサイダーアートになど、自分は何の魅力も感じない。賞を金で買う金まみれの日展も、芸能人の展覧会と化している二科展も、凡人が奇をてらう現代アートも、自分にはどこがいいのかさっぱりわからない。
 ゲルハルト・リヒターの絵も絵具を擦り付けたようにしか見えないし、ジャクソン・ポロックの絵も便所の落書きにしか見えないし、海外の何にも知らない金持ちを騙して売りつけた村上隆の粗悪なフィギュアも中国のバッタもんにしか見えない。

ゲルハルト・リヒター


ジャクソン・ポロック


村上隆


 ギャラリーで売れてるのもインサイダーの人気イラストレーターの小綺麗な絵画や版画ばかりである。少なくとも自分には下記のような美麗な美術画は逆立ちしても描けないので、自分のようなアウトサイダーが描いた下手くそな絵はまず売れない。
 正直ギャラリー側は、画壇に無関心なズブの素人を取っ捕まえて売れない絵を描かせて何がしたいのか理解に苦しむ。殆ど公開処刑である。

売れてるインサイダー絵


売れないアウトサイダー絵


 高慢ちきなインサイダーアートに蹴りいれて、唾を吐きかけて既存のインサイダーアートをぶち壊すのが、アウトサイダーアートの本分である。

 アウトサイダーアートが世俗の穢れを一手に引き受ける不浄な存在なら、インサイダーアートはすり寄るものをことごとく腐らせる、風呂場を這いずりまわるナメクジと同じ不潔な存在である。
 要するにアウトサイダーアートとインサイダーアートはユダヤ教とキリスト教みたいな敵対関係である。
 ユダヤ教は迫害されて可哀想だからキリスト教徒にしてやろうといわれて、キリスト教に改宗するユダヤ教徒なんていないでしょ。

 定型発達者がインサイダーなら、発達障害者はアウトサイダーである。自分の障害がわからずインサイダーの枠組みに抑圧されてた自分にとって、発達障害のお墨付きは、自分を抑圧していたインサイダーからの解放者だった。
 
 自分はアウトサイダーであることを誇りに思っている。インサイドからは見えないものがアウトサイドからは見えるからな。

※明日は更新お休みします。次回の更新は26日(水)になります。更新時間は未定です。

続きを読む

阪神ファンと巨人ファン



 アウトサイダーアートとインサイダーアートは、阪神ファンと巨人ファンみたいなものだと思う。

 東京では巨人ファンばかりが幅をきかせていて、自分のような阪神ファンはまず人間扱いされていない。日本テレビは巨人びいきの報道をしてるから気に食わないといえば、ほぼ間違いなくバカにされる。
 巨人ファンはほぼ例外なく阪神ファンを毛嫌いしてるが、阪神ファンもほぼ例外なく巨人ファンを毛嫌いしている。

 だからといって、阪神ファンは阪神が負けてばかりで可哀想だから巨人ファンにしてあげましょう、などと大阪でいえば道頓堀川に突き落とされても文句はいえないだろう。それにナベツネ嫌いだし。

 阪神ファンの行儀の悪さは野球ファンの間では有名らしいが、巨人ファンの高慢ちきも鼻につく。阪神ファンは社会不適応者が多いイメージがあるが、巨人ファンは弱いものいじめが好きなイメージがある。
 発達障害者と定型発達者のいがみあいを見ているようである。

 阪神ファンが笑えば、巨人ファンが泣き、巨人ファンが笑えば、阪神ファンが泣く。
 作業所で巨人ファンの通所者が巨人が阪神に負けてガッカリしてるのを見て、人知れずガッツポーズを取ってしまったものだ。 

 たしかに勝敗は文句なしに巨人の圧勝だが、集客は阪神の圧勝である。どんなに勝ち星を重ねても観客のいない試合では意味はない。

 アウトサイダーアートとインサイダーアートはいうまでもなくインサイダーアートの方が市場は大きいが、美術市場そのものが存在しない日本では頭打ちどころか、年々市場は縮まる一方である。市場が縮まることはあっても、増えることはない。まるで現在のプロ野球のようである。

 ことあるごとにアウトサイダーアートにすり寄り食い物にしようとするインサイダーアートは人間を捕食する巨人のようである。
 アウトサイダーアートとインサイダーアートは阪神ファンと巨人ファンのように決して相容れない関係である。
 何故ならば、巨人が人間を捕食しても人間にはなれないのと同じように、健常者には決してアウトサイダーアートは描けないからである。
 ヤク中にでもなって犯罪者になるか、事故や病気で中途障害者にでもならない限り、健常者がアウトサイダーになることはない。

 そういえばヤクに手を出すアーティストは音楽関係に結構多い気がするが、あれは彼らなりにアウトサイダーに近づこうとしているのだろうか。
 発達障害者は薬物依存になりやすいという話も聞くが、ヤク中になるアーティストのなかには、隠れ発達障害も少なからず存在するのだろうか。

 アウトサイダーアートはアウトサイダーのアウトサイダーによるアウトサイダーのための創作活動である。凡百なインサイダーはこっち見るな。こっち来るな。

続きを読む

「高タンパク質の食事」は早死にリスクが高い?

 

「高タンパク質の食事」は早死リスクが高い?
2014年03月06日
The Huffington Post

MIB Pictures via Getty Images

 高タンパク質の食事を中心にする健康法やダイエット法がしばらく前から人気を集めているが、このほど、こうした食習慣は喫煙と同じくらい健康に悪い可能性がある、とする新しい研究結果が発表された。
 南カリフォルニア大学デービス校老年学部の研究チームが、中年期に高タンパク質の食べ物を摂りすぎると、ガンや糖尿病によって早死にする危険性が高まる可能性があるという論文を発表したのだ。

 研究チームがさまざまな民族から成る6318名の成人を対象に、過去20年間の既往歴を追跡調査した結果、動物性タンパク質の多い食事を摂っていた人は、ガンで死ぬ確率が、習慣的喫煙者のそれと同じくらい高くなったという。動物性タンパク質は、肉、チーズ、牛乳、卵などに多く含まれている。
 研究チームは、動物性タンパク質は、調査期間中に何らかの原因で死亡する危険性を74%高めたと述べている。食事に含まれる脂肪と炭水化物の量を制限した場合であっても、動物性タンパク質の多い食事は健康に悪影響を与えたという。

 この調査では、「低タンパク質の食事」をタンパク質由来のカロリーが10%以下、「高タンパク質の食事」をタンパク質由来のカロリーが20%以上と定義している。中年期の人々の場合、中程度のタンパク質の食事を摂っていた場合でも、ガンで死ぬ確率が3倍高くなったという。
 一方、各種のマメやレンズマメ、ナッツなど植物性タンパク質の多い食事は、動物性タンパク質のような危険な影響を及ぼさなかった。

 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は、成人女性については1日あたり46グラムのタンパク質を、成人男性については56グラムのタンパク質を摂るよう推奨しているが、「米国人の大多数が、本来摂るべき量のおよそ2倍のタンパク質を摂取している」と、論文共著者のヴァルター・ロンゴ氏はリリースで指摘している。
「おそらく、食事を替える最適な方法は、あらゆるタンパク質、とりわけ動物性タンパク質の日常的な摂取量を下げることだろう」

 高タンパク質ダイエット法については、以前から熱い議論が行われてきた。公衆衛生の専門家たちは、高タンパク質の食事は、見かけ以上に飽和脂肪が多くて繊維質が少ないため、コレステロール値が上がり、心臓病や心臓発作になる危険性が高まる可能性があると主張してきた。2010年には、高タンパク質の食事と、「男性における肺ガンと結腸直腸ガンにかかる率の高さ」には直接的な相関があるとする調査結果も発表された。
 また、炭水化物をほとんど食べないようにするダイエット法として一時人気を集めた「アトキンスダイエット」を考案したロバート・アトキンス氏が、2003年に72歳で亡くなる前に心臓発作と心不全に見舞われていたことも、懸念される理由の1つだ。

 中年期における高タンパク質の食事が健康に悪影響があるのは、タンパク質によって制御されるインスリン様成長因子1(IGF-I)の仕業ではないか、と研究チームは考えている。IGF-Iが少し増えただけでも、ガンによって死ぬ危険性が高まるという研究結果が出てきているからだ。さらに、おそらくはインスリンレベルも問題になっていると研究チームは考えている。

 ただし、IGF-Iのレベルが自然に安定する65歳以降の人にとっては、高タンパク質の食事が有効になる可能性がある。65歳以上の場合は、タンパク質の含有量が多いか中程度の食事を摂っていた人々のほうが慢性疾患にかかりにくくなっていたのだ。
「ほとんどすべての人が、ある時期になるとガン細胞と前ガン細胞を体内に抱えるようになる。問題は、それが発達するかどうかということだ」と、ロンゴ氏は指摘する。「そのプロセスを決める主要な要因の1つが、タンパク質の摂取であることが今回の研究でわかった」
[(English) 日本語版:佐藤卓、合原弘子/ガリレオ]

 何でもバランスよく食べるのが一番ッッ!




※鳥取県の地震で負傷された方々並びに被災した方々には、心からお見舞い申し上げます。

続きを読む

人の心を抉るアウトサイダーアート



 アウトサイダーアートは発達障害者や犯罪者や美術教育を受けていない者など、美術業界のアウトサイダーにいるものが作った創作物である。
 障害者というと「心は天使」とかいわれがちだが、アウトサイダーというだけあって、実際には自分のように人の心を抉る反社会的な絵を描く者も多い。
 「障害者は心は天使」とかいうのは、社会的弱者の障害者を、感動ポルノのオカズとしか思ってない社会的強者の健常者側の傲りに過ぎない。
 障害者だって泣いたり怒ったりすることはあるし、障害者にだって性格の悪い人間は存在する。障害者だってひとりの人間だし、障害者は健常者を感動させるために生きてるわけじゃない。

 結局感動ポルノも、女をオナホールとしか扱ってない、昨今の粗悪なアダルトコンテンツとまったく同質のものである。
 ポルノを嫌う人間ほど感動ポルノは大好きだが、優れたポルノは「愛のコリーダ」のように人間の本質を描いた傑作も多い。正直感動ポルノという言葉も本物のポルノに失礼ではないかと思う。

 感動オナニーで充分なんじゃないだろうか。

 世の中には可愛い障害者と可愛くない障害者が存在するが、自分は間違いなく可愛くない障害者である。
 ここでいう可愛い障害者とは容姿のことではなく、健常者の感動ポルノのオカズになる障害者のことをいってるが、少なくとも自分を見て不快になる人間はいても、感動する人間はまずいない。
 そして自分自身も可愛い障害者になりたいとは思ってない。

 自分は薄っぺらい感動とかそういったものが大嫌いである。

 アウトサイダーアートは俗世間からは完全にかけ離れた、ブリザード吹き荒ぶ誰も訪れない不毛な凍土の荒野で育まれる、凡人には理解不能な荒んだ創作物である。
 アウトサイダーアーティストは、俗世間からは完全にかけ離れた、誰も訪れない不毛な凍土の荒野で、死ぬまで不毛な狩りを続ける孤独な凍土の狩人である。

 ガチでおかしいわけだから、凡人やメンヘラが奇をてらうのとはわけがちがうのである。

 刺青のような反社会的な表現活動や、女装やSMやスカトロやロリコンなどの異常性癖や、切断した自分の性器を料理するなどの行為もアウトサイダーアートの最たるものであろう。日本のロリコンは自分が性犯罪者と同じ、異常性癖の持ち主だということを自覚すべきである。現にヘンリー・ダーガーもロリコンだったのでないかという話があるくらいである。
 刺青といえば日本では罪人に刺青を入れていたという後ろ暗い歴史があるほどだが、刺青や切断した自分の性器を料理するといったパフォーマンスは、一度やってしまったら決して後戻りのできない究極のアウトサイダーアートである。
 自分の性器を切断して料理した男に至っては、心どころか身体を抉っている。だからこの記事のように、拒絶反応を示す人間も一定数は必ず出てくるわけである。

 自分の経験では障害者に理解があると思ってる人間ほどその障害者には無理解で、障害者を感動ポルノのオカズとしか思っていないことに無自覚である。

 少なくともブログのタイトルを「アウトサイダー」にしてる時点でお察しだし、自分を感動させてくれる感動ポルノではないことにファビョる人間こそ、少々頭が足りないのではないだろうか。

 健常者はノータリンの集まりか。

 自分の描いてる作品は基本的に人の心を抉る反社会的な内容のものばかりであり、ポルノではあっても決して感動ポルノには成り得ないものばかりである。

 そんなに感動ポルノが見たければ、24時間テレビでも見てろボケといいたくなる。

 アウトサイダーアートは人の心を抉るものである。

※明日は更新お休みします。次回の更新は22日(土)の深夜0時過ぎになります。

続きを読む

芸術の場外乱闘ッッ!!アウトサイダーアートッッ!!



 芸術の秋なので、ちょっとだけそれっぽい記事も書いてみたいと思う。
 自分のブログジャンルはアウトサイダーアートにも股がってるが、アウトサイダーアートというのは、ものすごく簡単にいってしまうと、障害者や犯罪者、要するに社会のアウトサイダーが好き勝手に描いたり作ったりした、なんでもありの創作物をアウトサイダーアートと称している。
アウトサイダーのなかには、自分のような発達障害者や正規の美術教育を受けてない者も含まれている。

 正直芸術といっていいものかどうかかなり怪しい。

 最近はアウトサイダーアートは差別的だから、ボーダーレスアートだのエイブルアートだの、健常者の上から目線で生温い呼び方をしてる連中もいるようだが、こちらとしてはお前らのような凡人と一緒にすんじゃねーよといいたくもなる。

 上から目線の生温い同情で窮屈な枠に押し込められるくらいなら、枠の外のどこまでも歩いていける寒風吹き荒ぶ不毛の荒野を自分は選ぶ。

 所謂芸術(インサイダーアート)がリング内の格闘なら、アウトサイダーアートは、観客同士の場外乱闘といっても差し支えない。
 公式の記録には決して残らないが、公式の試合よりも面白いこともある。
 だからといってわざわざ観客同士の場外乱闘やストリートファイトを記録しておこうという物好きはいないだろう。つまりはそういうことである。
 自分の知る限りでは、唯一公式の記録に残ってる場外乱闘は、国会中継の乱闘くらいである。国会はインサイダー中のインサイダーである。

 要するにアウトサイダーアートは芸術の場外乱闘みたいなものであろう。

 自分が目指す地上最強のアウトサイダーアーティストとは、つまるところは地上最強の場外乱闘者を目指すようなものなので、目指すものがおかしいのは自分でもわかっている。

 ただ刃牙シリーズに出てくる、男だったら誰しも一度は憧れる、地上最強の生物範馬勇次郎は、ある意味地上最強の場外乱闘者であるともいえる。



 そういうものに自分はなりたいのである。

続きを読む

旅行中に喰ったものをひたすら晒してみたンゴwww

今回は石ノ森萬画館見に石巻行ったときに喰ったものをひたすら晒してみますた(^q^)


いつも泊まる仙台のビジネスホテルの朝食。みじん切りにしたゆで玉子にマヨネーズかけたものをパンにはさんで、卵サンドにして食べてますた(^q^)

        ↓


石巻駅前で食べた石巻焼きそば


同じく駅前で食べたずんだ大福とずんだアイス




萬画館に行くルートで食べたずんだかき氷


萬画館内の喫茶店で食べたV3ナポリタンとシージェッターカイトアイス




仙台駅前のコンビニで買った東北限定冷やし鳥中華とずんだどら焼き。
東北限定なので関東でも関西でも売ってませーん。食べたいと思った関東と関西の方々残念でしたー(^q^)




 何だかひたすら喰ってばっかりの一日だったけど、こうして見ると、都内よりも宮城県の方が食べ物が美味しそうだなー。また仙台行きたいぉ(^q^)

続きを読む

完全版・石ノ森萬画館行ってきたったwww(後編)



震災時は大穴が空いた009のパネル。現在は新しいパネルに作り直されたもよう。


大穴が空いたパネルの方が009の世界観に合っていてよかったと思うのは自分だけ?


館内では石ノ森先生がお出迎えしてくれまーす\(^o^)/


石ノ森先生が住んでたトキワ荘




009のタペストリー


ベンチでは仮面ライダーと記念撮影ができまーす。


石巻が生んだ、海の平和を守る平和の使者シージェッターカイト。石森プロ製作なのでレッキとした石森ヒーロー。館内の映像ホールではシージェッターカイトと龍神沼と消えた赤ずきんちゃんが見れます。山寺宏一と松本梨香のポケモンコンビの声が飛び交う消えた赤ずきんちゃんは圧巻。


館内の自販機




館内の喫茶店ではハカイダーがお出迎えしてくれまーす\(^o^)/


喫茶店の期間限定メニュー


喫茶店で食べた期間限定V3ナポリタンとシージェッターカイトアイス。おいしいぉ(^q^)




出口ではスカルマンが待ち構えています。皆も帰るときは気をつけてねぇ(^-^;)


 以上3回に渡って石ノ森萬画館レポートをお送りさせてもらいました。拙い内容ではありましたが、おつきあいしていただいた方々、本当にありがとうございました\(^o^)/
 なお石ノ森萬画館は障害者手帳を呈示すれば無料で観覧できます。交通費は自腹だけどね。
 まんレポそのものは今回でおしまいですが、まだ載せきれなかった写真もあるので、機会があれば紹介させてもらいたいと思います。

追記
 ナカリママさん、拍手コメントありがとうございました。石ノ森萬画館にも行く機会があればいいですね。

 宮城県大崎市で行方不明だった91歳のおじいちゃんが、発見保護されるまで、飼い犬二匹と抱き合い寒さを凌いでいたらしい。ええ話やなぁー( ;∀;)
91歳のおじいちゃん、犬と抱き合い寒さ凌ぐ

※明日は更新お休みします。次回の更新は17日(月)の深夜0時過ぎ予定です。

続きを読む

     
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。

カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
このブログにクスっとしたらポチっとお願いしますッッ

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
19位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム