不幸なのに同情されない人々

※画像は本文とはあまり関係ありません。


 世の中には不幸なのに同情されない人々がいる。ブスとかデブとかハゲとか変態とか発達障害者など、存在そのものが不幸なのに他人からはまったく同情してもらえない。
 身体障害者は同情とか哀れみの目で見られるのがイヤとよくいってるが、発達障害者はその同情すらしてもらえない。「同情するなら金をくれ」という言葉もあったが、自分は金をくれとまではいわないから少しは同情してくれよといいたくなる。
 乙武くんは「障害は不便だが不幸ではない」といってたが、発達障害は不幸以外の何物でもない。他人とまともにコミュニケーションが取れない時点で既に不幸である。

 美人の不幸は悲劇だがブスの不幸は喜劇である。ブスはどんなに不幸でも他人からは同情されず、あまつさえ嘲笑の的にされることもある。これはデブやハゲや変態や発達障害者も同じことである。
 あまつさえ発達障害者がブスだったりデブだったりハゲだったり変態だったりした日にはもう人間扱いされない。もっとも発達障害者はかなりの高確率で変態だが。
 若い頃は親元に寄生して2ちゃんで女叩きばかりしてた発達障害者のデブが年取ってハゲた日にはもう目も当てられないだろう。2ちゃんで女叩きするしか能がない、ハゲでデブの発達障害者ほど不幸な人間はいないと思うが、最も同情されない人種だと思う。

 男の発達障害者が「女の発達障害者は楽でいいよな」とほざく度に、自分と同じ発達障害女からもフルボッコされてるのはよく見るが、発達障害の男が不幸なのにまったく他人から同情されないのも頷ける。
 女に相手にされず中年童貞の発達障害男と性犯罪被害者になりやすい発達障害女では、後者の方がずっと災難なのに、発達障害男はそんなこともわからず「女の発達障害者は楽でいいよな」などと平気で抜かすバカだから誰からも同情されないのだろう。
 男の発達障害者が不幸なのに他人からまったく同情されないのは、2ちゃんで女叩きばかりしてるロリコンで処女厨の変態のキモオタというイメージが流布してるのもあるだろう。発達障害者のブスは男からはサンドバックにされて、男の発達障害者は2ちゃんで女叩きなどあからさまな女性蔑視で、女ばかりか同性からも爪弾きにされてるように思う。

 どんなに知能が高くても、咄嗟の状況判断ができない時点で、発達障害者は知能の高低問わずバカに見られてしまう。物知りには見られても決してクレバーには見られない。いくら数値上の知能に問題が無くても、空気が読めず対人トラブルが多い時点で周囲からはバカにされるしバカに見られる。

 いわば発達障害者は知恵遅れのないバカともいえる。

 先週福岡県で妻子を殺した警察官が逮捕されたが、妻子を殺した中田充容疑者は妻子と公僕としての社会的地位を一度に失ったわけである。多分日本では一番不幸なバカだと思うが、殺された妻子に同情するものはいても、中田容疑者に同情するものは誰もいないだろう。

 人間はバカな時点で既に不幸だが、最も不幸なのに最も同情されないのが、いろいろな意味でバカな人間に他ならないと思う。

関連記事
福岡母子3人殺害容疑で警察官の夫逮捕









現在の閲覧者数:





悪徳警官をサンドバックにしたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

二者択一

※今回の記事は政治関係の記事ではありません。
サンダール(毛沢東)

 発達障害の人間がよくやっちゃうのが、何でもかんでも白黒つけたがることだと思うが、自分が思うに白黒思考が発達障害者を孤立させてしまう最大の原因ではないかと思う。
 自分の意に沿わない人間は全員ネトウヨ認定するネトウヨ連呼厨や、女を処女とビッチのふたつに分けて女全員を敵に回すキモオタの処女厨のように、他人を敵と味方に分ける白黒思考は、少しでも自分の意に沿わない人間を敵に分けていくうちに、自ずと周りが敵だらけになって孤立してしまう。
 ネヨウヨ連呼厨のパヨクの意に沿わない人間が全員ネトウヨなら、日本中世界中がネトウヨになってしまうだろ。自分はもともと左寄りでソ連軍の制服が好きな共産党支持者だったが、パヨクのネトウヨ認定にぶちキレて、じゃあネトウヨでいいわと開き直って、ナチの黒服が好きなバリバリの軍国主義者のネトウヨになってしまった人間である。パヨクのネトウヨ認定が無ければ、今でも自分は左寄りの共産党支持者だったと思う。
 もっとも親のすねかじりの引きこもりのキモオタの処女厨は、孤独死するまで女に会うこともないだろうから、日本中の女を敵に回しても痛くも痒くもないんだろうけど(´・ω・`)

 友人関係で一番やっちゃいけないのが二者択一を迫ることだと思う。友達とケンカしてオレとあいつのどちらかをどちらかを取れと二者択一を迫る奴がいたら、自分なら迷わずそいつを切り捨てる。
 自分もそのようなケンカのとばっちりでかなりイヤな思いをしたことがあるが、ケンカするならタイマンでやれよ、無関係の人間巻き込むなと声を大にしていいたい。

 二者択一を迫る人間は自ずと孤立してしまうというのは歴史が証明している。

 戦後国共内戦で敗北して中国を追われ台湾に落ち延びた蒋介石と蒋経国の父子と国民党軍は、落ち延びた台湾に中華民国の亡命政権を立ち上げたが、蒋介石は後に中華人民共和国を樹立した毛沢東とふたつの中国の覇権争いに身を投じていく。
 蒋介石は中国と国交を結んだ国を断交していったが、国連では常任理事国だった中華民国は常任理事国の座を共産党政権の中国に横取りされてしまい、メンツをつぶされた蒋介石は独断で国連脱退してしまい今に到る。
 ふたつの中国を巡る覇権争いは、ふたりのハゲの権力争いでもあったが、勝負は額の髪が後退するように蒋介石が敗退することになる。
 蒋介石にしてみれば、常任理事国の座を毛沢東に横取りされてメンツをつぶされて国連に留まるのは耐え難い屈辱だったのだろう。曲がりなりにも一国の元首なら自分のメンツよりも国のことを考えるべきだと思うのだが、国より自分のメンツを重んじる中国の権力者には、国を思う気持ちは微塵も無かったようである。

 たったひとりのハゲジジイのチンケなメンツのせいで、台湾は世界の孤児になってしまった。

※次回の更新は12日(月)になります








現在の閲覧者数:





中国にはハゲの政治家しかいないのかよッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶらりノーガード戦法



 ブログといっても上は政経ブログから下はアダルトブログまでいろいろなジャンルのブログがあるが、自分のブログは創作と発達障害のふたつのジャンルに股がっている。
 自分のブログはふたつのジャンルに股がってるせいか、非常に一貫性がなくつかみどころのないブログになってしまっている。
 開設当初は週に一度はイラストと発達障害当事者研究の記事を挙げていきたいと思っていたが、開設から一年以上経ってるのに一度も守れた月が無い。
 開設当初から迷走しまくってた当ブログだが、正直ここまで酷い状態が続くとは自分でも思わなかった。
 発達障害当事者研究とは名ばかりで、実際には愚痴とか対人トラブルとかがメインになってしまう。

 ネットで出回ってるブログのネチケットには対人トラブルをネタにするなみたいなのも見るが、そもそも発達障害当事者ネタの大半が対人トラブルである。このネチケット書いた奴自分でブログ書いたこと無いか、よっぽどお幸せな人生送ってきたんだろうな。
 自分も他人をネタにするなみたいなことをいわれたこともあるが、ハッキリいって大きなお世話というものである。他人がどう思おうと日本には表現の自由がある。他人の個人情報を晒すなど、プロバイダの規約に違反してない以上は何を書こうと自由である。
 自分のことを書くとなるとどうしても他人に触れなきゃならないこともある。他人をネタにするなとかいう奴は、無職で中年童貞の引きこもりのキモオタみたいに他人と関わったことない奴か、本人が心当たりのあるトラブルメーカーのふた通りしか見たことがない。

 発達障害ブログはとかくブロガー同士の対人トラブルが多いブログジャンルである。
 自分がずっとブログ開設を躊躇してたのも、ブログを開設する前に同じ発達障害ブロガーにケンカを吹っ掛けて回ってた狂犬みたいな発達障害ブロガーを見たことがあるからである。そのブログは自分がブログを開設する前に、2ちゃんでヲチ対象になってから閉鎖しているが、自分がブログを開設する前にフェードアウトしてくれて本当によかったと思っている。
 実際発達障害ブログの大半が、コメント承認制にしてるかコメント欄そのものを閉じている。
 自分のブログみたいに※欄を全面開放してる発達障害ブログはかなり少ないが、コメントを承認制にしてないのはいちいち承認するのが面倒というのもある。ボクシングでいえばぶらりノーガード戦法である。不快なコメントは削除する方針を取ってるブログも多いが、自分は意地が悪いので不快なコメントは次回の記事のネタにしている。
 それ見てネタにするなという奴がいたらそいつもネタにする。ある意味炎上商法に近いネタの永久機関である。

 自分の目から見ると他人をネタにするなという奴ほど、トラブルメーカーが多いような気がする。自分がネタにされるのを危惧してる人間ほど、周囲の人間とトラブルを引き起こし、謀らずも自分からネタにされるようなことをしているのだ。
 これは自分にも当てはまることなので、自分はネタにしたけりゃ好きにしろというスタンスを取っている。

 来るならいつでも来いやぁッッ
 

※明日は更新お休みします。次回の更新は9日(金)になります。








現在の閲覧者数:





ブログ主はいつもブラブラしてるよねッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

今月の抱負・一日1時間は机に向かう



 今月の抱負は一日一膳・・・じゃなくて「一日一時間は机に向かう」である。

 取り敢えず遅筆を直すには一日一時間は机に向かって絵を描かないことには話にならないだろう。部屋の片づけをしたり洗濯したりブログの記事を書いてたりしてると一週間まったく絵を描かないこともザラである。
 学生時代なら一日一時間は机に向かうのが当たり前だったのに、最近は一日中寝転がってネットを閲覧してる日も日常茶飯事である。そういえば自分は洗濯をする日は洗濯で終わってしまい、風呂に入る日は風呂に入って終わってしまう。

 一日に複数のことができないのである。

 遅筆の最大の原因は何といっても一日に複数のことができないのに尽きるだろう。発達障害の弊害はこんなところにも現れている。
 自分と同じ発達障害者と絵描きとゲーマーはかなりの高確率で部屋の片づけが苦手だが、絵描きやゲーマーのなかにも自分と同じ発達障害者がいるのではないかと思ってしまう。
 ネットとか見てるとネットの閲覧とかに時間を取られてしまうので、ネットが無かった頃よりも明らかに遅筆になっている。ただネット環境が無い生活というのも現在では考えられないので、ネットを排斥するよりも、ネットと上手く折り合いをつけるしかないだろう。

 第一にネットが無ければリア友がいない自分は完全ぼっちになってしまうし、ナチの黒服見てあらぬ妄想に耽ってハアハアする貴重な変態仲間もいなくなってしまう。タダのリア友ですら発達障害の自分にはハードルが高いのに、ナチの黒服見てあらぬ妄想に耽ってハアハアする変態仲間なんてまず見つからないだろう。いったら十中八九自分の人格疑われそうだし(´・ω・`)

 先月下旬にブログをお休みしていた日は、中古で買ったV3のDVD見ながら部屋の片づけをしていたが、部屋の掃除と部屋に片隅に積んであった本を本棚に移す作業しかできず、 結局部屋は今もまだ片付いていない。


 こないだは風呂入って洗濯物して区役所に行ってツタヤで更新手続き済ませて公共料金払って買い物したから、一日に複数のことができたかなッッ
 と思いきや、ワルサーP-38をルガーP-08とまちがえるし、普通ワルサーP-38とルガーP-08まちがえるバカいないよなー。ビクトリーショーは自分から誘ったのに会場まちがえるし、自分目も脳みそも腐ってんのかよwww
 大久保伍長、こんなおバカな自分につき合って頂いて本当にありがとうございました\(^o^)/
 あとcanariaさん、ブロとも承認ありがとうございましたー\(^o^)/
 自分からブロとも申請したのはcanariaさんが初めてになりますが、こんなおバカな自分でよければ、これからもよろしくお願いしまーす\(^o^)/

※ビクトリーショーは後日記事にまとめる予定です♪








現在の閲覧者数:





お前の友達は変態しかいないのかッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

孤独な変態


 自分のようなナチの黒服が好きな変態が、自分と同じ趣味嗜好を持った仲間を見つけるのは極めて困難である。上官の少佐(♂)が部下の特務曹長(♀)に上官命令で変態行為をさせるエロマンガを探してるけどどこにも見つからない。こんなんだから自分のような変態が変態仲間を見つけるのは極めて変態・・・もとい大変である。
 少なくとも自分の周りではナチの黒服が好きな変態を見たことがない。実際「ナチの黒服が好きな変態」でググってみても自分のブログしかヒットしなかった。

 だからナチの黒服が好きな変態には得てして友達がいない。ナチの黒服が好きな変態はとことん孤独である。

 ナチの黒服が好きな変態は、同じ変態のなかでも異質な存在である。何故ならアダルトショップではナチの黒服は扱ってないからである。変態のなかでもナチの黒服が好きな変態はどこへ行っても白眼視されている。
 とことんディテールとリアリティにこだわる自分は、ミリオタでもないのにビクトリーショーなんぞに行って、かなり肩身の狭い思いをしながらナチの黒服につける軍装品とか買ってるが、ビクトリーショーとか行ってるとかなりの高確率でミリオタに見られてしまう。
 制服オタクの自分は軍服以外興味が無いのでミリオタではないと思うのだが、知らない人から見るとミリオタに見えるらしい。
 世の中にはナチの黒服が好きなミリオタもいるのかもしれないが、ナチの黒服が好きなミリオタとナチの黒服が好きな変態は、世間ではとかく混同されがちなように思う。

 発達障害の自分が健常者とも障害者とも馴染めないどっちつかずの存在になってしまってるように、ナチの黒服が好きな変態も、結果的に変態ともミリオタともつかない、どっちつかずの存在になってしまってるようにも思う。
 最近自分のブログを見てる人のなかには何故か思想的に左寄りの人間もいるようだが、トップページにまで「左寄りの平和主義者の方は閲覧されないことをお奨めします」という注意書まで書いてあるのに、何故未だに左寄りの人間が見に来るのか理解に苦しむ。内容もナチの黒服が巨乳の女の子をムチでしばいたりレイプするなど、反社会的でフェミニストが見たら卒倒するようなものばかりである。

 ナチの黒服が好きなミリオタとナチの黒服が好きな変態の最大のちがいは、ドイツ国防軍に興味があるかどうかだと思うのだが、下手したらナチとドイツ国防軍の区別もついてない無知蒙昧な一般人に両者のちがいを理解させようとするのは、ゾンビと食人鬼の区別をつけるのと同じくらい困難である。どちらも人を喰うからである。
 特にホラーファンじゃない自分にゾンビと食人鬼の区別がつかないように、一般人にはナチの黒服が好きな変態とナチの黒服が好きなミリオタの区別がついてないように思える。
 
 そんな自分にも最近は変態仲間ができて嬉しいぉ(^q^)

※特務曹長ーアルゲマイネ(一般)SSには無い、武装SS独自の階級で准尉に相当する。突撃小隊指揮官らしいが、一般企業でいえば社員50名の中小企業の社長みたいなもんだろうか。制帽とかバックルも仕官に比べるとミニスカポリスみたいに安っぽい。下士官の最高階級とはいっても、だいたい千人を率いる大隊指揮官の少佐に比べるとショボい階級である。

咲貴子(特務曹長)



※次回の更新は14日(金)になります。








現在の閲覧者数:





士官になって下士官の女をしばきたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加 
     
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。

まおとしろ&ポンちゃん時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
このブログにクスっとしたらポチっとお願いしますッッ

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
18位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
QRコード
QR
忍者アクセスランキング
検索フォーム