みらいたん可愛いぉみらいたん(^q^)

 前回の特集はむさ苦しい男ばかりで反応も芳しくなかったので、今回はかわぐちかいじの『ジパング』に出てきたイージス艦みらいと空母いぶきの艦娘の画像をひたすら貼っていきます。本文は画像が多いので追記にまとめました。
艦娘みらいVS大和

続きを読む

スポンサーサイト

男のなかの男3

※この記事は2016年2月23日に公開した記事の再録です。


 男のなかの男シリーズ3回目は自分が個人的に好きなかわぐちかいじの海自三部作を取り上げたいと思う。

 海自三部作一作目の『沈黙の艦隊』は登場人物が全員男という、萌えアニメ全盛時代の昨今では考えられないほど男くさい話である。『沈黙の艦隊』のもうひとりの主人公でもある深町は、容姿からしてむちゃくちゃ男くさいまさに男のなかの男である。片や主人公の海江田は深町とは対照的につるんとした容姿だが、容姿とは裏腹に海江田は見た目にはそぐわず作中では最も男のなかの男として描かれている。
 何故そのように思ったかというと、海江田には従来の男らしさに対する執着がまったく感じられないのである。性別をも超越した鋼鉄のメンタリティは逆説的に男のなかの男を感じさせる。
 海江田四郎という名前は四方の海を股にかける男である。



 この性別をも超越した鋼鉄のメンタリティはその後の作品にも受け継がれていくことになる。



 『ジパング』は21世紀のイージス艦がミッドウェー海戦下にタイムスリップする話で、海自版戦国自衛隊ともいわれてるが、ミッドウェー海戦は戦国時代ではなく昭和である。
 『ジパング』の主人公角松もまた深町同様男くさい男だが、若干絵柄が変わったせいか深町と比べると、角が取れて丸みのある容姿となっている。名前は「門松」なのに。
 一方のもうひとりの主人公ともいえる、海軍の若き将校草加はやはり海江田と似た容姿の男だが、明治の男というだけあって、気骨ある男のなかの男として描かれている。ただしここで重要なのは明治生まれの男であるにも関わらず作中では「性別をも超越した鋼鉄のメンタリティを持った」男として描かれていることである。
 明治といえば、とかく男とはかくあるべしとか、女とはかくあるべしとか、性別にがんじがらめにされていた時代である。そんな時代に「性別をも超越した鋼鉄のメンタリティを持った」男のメンタリティを獲得しているとは完全に超人である。

 草加拓海という名前も「日下」つまり日の下の国日本の海を拓く男である。

艦娘みらい2

 ジパングは終盤がグダグダだったせいか、連載終了後はファンの話題に上ることもなく、完全に埋もれた大作になると思われたが、近年の艦これブームで人気再燃したのか、最近はコンビニでもペーパーバックを見かけるようになった。
 艦これ人気でジパングは腐女子と萌え豚の両方の読者がいる稀有な作品になったが、まさに艦これさまさまである。それにしてもかわぐちかいじって何故か妙に運がいいよな。
 萌え豚と腐女子の両方に人気のあるマンガやアニメといえばエヴァンゲリオンくらいしか知らないが、そういえば両方とも終盤グダグダだったな。



 現在連載中の『空母いぶき』の主人公秋津は、ルックスが深町で中身が海江田のハイブリッドである。だから海江田と草加に相当するキャラクターは出てこない。
 代わりに登場するのは新波というキャラクターである。新波は海自三部作の登場人物のなかでは最も等身大のキャラクターだが、秋津の超越性を際立たせるために敢えて等身大のキャラクターに仕立てあげられたように思える。いわば主人公補正の逆補正がかかったようなキャラクターである。新波に主人公補正がかかれば『太陽の黙示録』の柳弦一郎になる。
 秋津竜太は一見ありふれた名前だが、日本神話では日本を秋津島と称している。秋津島の竜ということは日本の竜ということである。まさに男のなかの男ではないだろうか。 
 かわぐちかいじの海自三部作を見ていると、時代が下るほど主人公が若々しくなっているのがわかる。
 沈黙の艦隊の海江田と深町はハッキリいっておっさんだが、空母いぶきの秋津はせいぜい30前後の若者である。
 海江田、草加のふたりは老獪なイメージがあったが、秋津は無垢な少年のような眼差しの青年として描かれている。
 昔はゴツい主人公ばかり描いてたのに、最近のかわぐちかいじのマンガの主人公はいずれも無垢な少年のような眼差しの青年ばかりだが、かわぐちかいじは歳を取ってから、少年趣味にでも目覚めたのだろうか。

艦娘いぶき

 かわぐちかいじのマンガはかれこれ20年ほど見ているが、男はまあカッコいいと思うけど、女が壊滅的に可愛くない。女が可愛くないマンガ家の筆頭には必ずかわぐちかいじとカイジの作者がワンセットで挙がってるくらいだ。
 最近は女より男の方が可愛いくらいだし、最近はおっさんを描いても目が可愛いのはいいんだけど、相変わらず女が可愛くない。最近は徳子より義経の方が可愛いくらいである。義経は長髪で女と見紛うような美青年なのに、ただでさえ可愛くない徳子は尼さんになって坊主頭になっちゃうし、もう義経と徳子の性別反対にしても全然違和感ないよな(´;ω;`)

 かわぐち先生、せめて艦娘のやまとたんや、みらいたんや、いぶきたんくらい女の子可愛く描いてください(´;ω;`)

※追記にて拍手コメントへの返信をしています。 

続きを読む

お台場のガンダムカフェに行ってきたぉ(^q^)

 お台場ガンダムレポート。後半はガンカフェレポートをお送りします。

ガンダムカフェでお食事とお買い物




店内ではハロがお出迎え。


ガンカフェのハロフォカッチャと鉄血タコスまん。おいしいぉ(^q^)


ダイバーシティ東京のライトアップ




 近所の大戸屋で食べた、野菜たっぷりでとってもヘルシーな鱈のみぞれ煮定食。中高年になると、外食の方がヘルシーという逆転現象が起きます(´・ω・`)


 ガンダムカフェの戦利品。


 やっぱりシャアは赤いモビルスーツだよなー。百式を赤く塗っただけのパチモンを赤いガンダムというのだけは絶許( ̄▽ ̄;)


シャアの通常の3倍辛いカレー。食レポは後日改めて。


シャアの通常の3倍お高いマグカップ。


ハロのクランチチョコ。味はまあ普通。


 見たとこシャアザクカレーは値段も通常の3倍お高いのに具が入ってないみたいなんですよねー。自分としては唐揚げをトッピングするかチキンカツの3倍お高いトンカツを乗っけるか迷ってます( ̄▽ ̄;)









現在の閲覧者数:





ハロとゴロゴロしたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

お台場までガンダム見に行ったったwww

 今回はお台場くんだりまで5日で展示終了した実寸大ガンダム見に行きますた(^q^)


 近所の店で昼食。


 昼下がりのフジテレビ本社。


 実寸大ガンダムとご対面。








ライトアップガンダム
















現在の閲覧者数:





ガンダムと一緒に寝起きしたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加 

ブログの寿命

※今回の記事はあしたのジョー2のエンディングを聴きながらご覧ください。


 世間では今年いっぱいで解散するSMAPの話題で持ちきりだが、SMAPの解散報道に便乗して、当ブログではブログの寿命というものについて考えてみた。
 ブログが寿命を迎えるのはブログが閉鎖されたときだが、ブログそのものは存在していても更新が途絶えた時点でブログは寿命を迎えたともいえる。更地になったか、空き家になったかのちがいだろう。
 今年も自分と交流があったブロガーが何人かブログの更新を停止したり、ブログそのものを閉鎖するなどして自分の元から去っていった。新しく交流を始める人がいれば、必ずといっていいくらい同じくらいの人がブログから離れていくので、交流してる人数はこの一年増えも減りもしていない。

 ブログが更新されなくなるのは多くは個人的事情だが、個人的事情には仕事などプライベートが忙しくなりブログの記事を書く時間が取れなくなったとか、ブログを書くモチベーションが湧かなくなったなどの理由が上位を占めるようである。
 個人的事情のなかには、ブログでお絵描きするより、リア友と遊ぶ方が楽しいからブログを更新しなくなった者もいるが、こういったブログを見てると、リア充の方がブログを放置することが多いように思える。
 自分がブログを開設する前に自分と同じ発達障害者のブログを見たことがあるが、自分がブログを開設してからそのブログを訪問したら最後の更新から既に2年が経過していた。自分がブログを開設する一年前にそのブログは寿命を迎えていたのである。
 そのブログには殆どコメントがついておらず自分もコメントつけずにずっとROMってたが、初めてそのブログを訪問したときにコメントのひとつでも残しておけばよかったと思う。
 やっと仲間を見つけたと思ったのに、同じ発達障害の絵描きと友達になれなかったのが悔やまれてならない。
 実際イラストブログを見ていると、ワンシーズン続かないブログは非常に多い。イラストブログの大半が、実は一年続かないのではないかと思っている。
 自分のブログもマンガやイラストがメインコンテンツなら、正直月に一度の更新も危ういと思う。


 メンタル面では、ブログ上での交流が面倒になってフェードアウトしてしまったブログも過去に見たことがある。
 自分の趣味から足を洗ったため更新されなくなったブログもあるようだが、世の中には若いうちしかできない趣味もあるので、どうしても潮時というのがあるのだろう。
 過去の美しかった自分を見て思い出に浸る姿は、若く美しい自分をコレクションにした銀河鉄道999の迷いの海のシャドウと重なるものがある。
 シャドウの住む冥王星は後年惑星から準惑星に格下げされてしまったが、自分がブログを更新しなくなった後も、過去の思い出としてブログは残しておきたいと思う。

 本人はブログを続けたいのに、経済的な事情でネット環境を維持できずにブログが更新できなくなるというのもある。経済的な事情でブログを更新できなくなるというのは本当にお気の毒としかいいようがない。

 そして最後のケースは、ブログ主本人が寿命を迎えてしまうというケースである。ブログ主本人が死んでしまった以上はブログも続けようがない。
 最近ブログ主本人が死んで更新が途絶えたブログを見たことがあるが、ひと月前は訪問者に冗談を飛ばしてたブログ主がこの世からいなくなるとは当時誰も想像してなかったと思う。
 なまじ明るい四コママンガのブログだと、二度とブログ主が戻ることのないブログを見ていると、何にもない大地に冷たい風が吹き抜けるような寂寥感を感じる。









現在の閲覧者数:





美しかった自分をコレクションしたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
     
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。

まおとしろ&ポンちゃん時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
このブログにクスっとしたらポチっとお願いしますッッ

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
18位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
QRコード
QR
忍者アクセスランキング
検索フォーム