前門のラセンウジバエ 後門のカンディル



 人間の危機的状況を表す言葉は数多くあるが、自分の頭に咄嗟に浮かんだ言葉が今回の記事のタイトルである。

 中南米には恐ろしい人食いバエのラセンウジバエと、人食い魚カンディルが生息している。

 ラセンウジバエは人体に数百個の卵を産みつけ、孵化したウジ虫は集団で人体を食い荒らすが、アンモニア臭を出しながら人体を腐らせ体内を食い荒らし寄生主を死に至らしめることもあるため、中南米では撲滅の対象になっている。
 最近聞いた話では、中南米に旅行に行った英国人女性がそのラセンウジバエに頭に卵を産みつけられてウジ虫に頭を食い荒らされるという症例もあったので、中南米で外出するなら帽子を被って外出した方がいいだろう。
 別の症例では目玉を食い荒らされたり、鼻の穴や口のなかを食い荒らされたという症例もあるので、中南米ではマスクやサングラスもかけて外出した方がいいのではないかと思う。




 カンディルはアマゾン川に生息するナマズ科の魚で見た目はドジョウに似ているが、アンモニア臭をかぎつけると尿道や肛門など動物のありとあらゆる穴から潜り込み、魚はエラから潜り込み体内を食い荒らすエイリアンのようなおぞましい魚である。
 いったん体内に潜り込まれてしまうと、ヒレが返しになっていて、自力では引き抜けないので外科手術が必要である。
 その獰猛な習性から現地ではピラニアよりも怖れられてるが、何しろアマゾン川全域にいる魚なので、今でも犠牲者が後を絶たないという。
 とにかくそんな人食い魚に食い殺されたくなければ、アマゾン川では絶対に水浴びしない方がいいだろう。

番外編
こんな可愛い仔ギツネにもエキノコックスという寄生虫が・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


こんな可愛いうさちゃんにも野兎病という病原体が・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


 危機的状況といえば「前門の虎、後門の狼」という言葉が有名だが、陸には人食いバエ、河には人食い魚という状況ほど危機的なものは無いのではないかと思う。
 虎や狼をも食い殺す人食いバエや人食い魚に比べれば、虎や狼はまだ可愛いものだと思う。

 とにかく中南米には陸には人食いバエが、河には人食い魚がいるが、このような身の毛もよだつような人食い生物の話を聞いていると、日本に生まれて本当によかったと思う。





現在の閲覧者数:





可愛い仔ギツネちゃんにほおずりしたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

続・本当にあった怖い話

 終わりゆく夏を偲び、今回は実際に自分が体験した怖い話をしたいと思います。

その①お盆の惨事

 お盆に坂本九の記事を描いた翌日に実家の墓参りに行くことになったが、車に乗って墓参りに行く途中で急に気持ち悪くなって道端で吐いてしまった。
 自分の体調を心配した姉が実家まで引き返してくれたが、実家に着いたときも玄関前の道端で吐いてしまった。
 気持ちが悪いので部屋で横になってたが、また気持ちが悪くなって2回も吐いてしまった。
 家族からは朝食べたおにぎりが傷んでたんじゃないかといわれたが、問題は普段の自分はちょっとくらい痛んだものを食べても吐くほど具合が悪くなったことはないのである。実際実家からアパートに帰った後に干からびたフライドチキンを食べたときは特に何ともなかった。
 そういえば自分の周りを見ても、お盆に体調を崩す人が多いように思われる。水難事故で死者が出るのも決まってお盆である。

 やっぱりお盆に死んだ人の話をするのはよくないのだろうか。

その②圏外の家

 最近自分は恐ろしい事実に気がついてしまった。自分の実家が住所は東京都なのにポケットWi-Fiが圏外だということに。
 しかも同じ市内でも市街地はWi-Fiがつながるのに、自分の実家の近所だけつながらないのである。
 何で自分の実家の近所だけWi-Fiがつながらないんだよッッ(*`Д´)ノ!!!









現在の閲覧者数:





東京なのにWi-Fiがつながらないなんて有り得ないッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

本当にあった怖い話EX

坂本九だ!


 お盆休みなので今回はお盆らしく、家族ぐるみでつきあいのあった近所の兄ちゃんから聞いた、ちょっと怖い話でもしてみたいと思う。
 今回もマーちゃんの話になってしまうが、こちらのブログではおなじみのまーちゃんとは別のマーちゃんの話である。

 今を遡ること30年以上昔に、家族ぐるみでつきあいのあった近所の○井さんちの兄ちゃんの妹のマーちゃん(仮名)が、テレビの画面を見て「坂本九だ坂本九だ」と騒いでいた。だが兄ちゃんがテレビの画面を見てもどこにも坂本九は映っていない。

 史上最悪の日航機123便の墜落事故が起きたのは、マーちゃんがテレビを見て騒いでいた数日後のことだった。

 日航機123便墜落事故から30年以上経った今となっては、マーちゃんがテレビの画面に何を見ていたのか謎のままである。

※次回の更新は15日の深夜0時過ぎになります。









現在の閲覧者数:





お前の友達にはまーちゃんしかおらんのかッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

ホントにあった怖い話その⑬

※今回の記事は2015年9月4日に公開した記事の再録です。

北の国から


 本当にあった怖い話最終話は祖母から母が聞いた話を、祖母の死後、母から聞いた話である。他人が聞いてもどうということもない話だが、自分にとっては出生の明暗を分けた話である。話は戦前まで遡る。

 父の一家は戦前、一時期北朝鮮に住んでいたこともあったそうだ。
 北朝鮮にいた頃は小さな駄菓子屋を営んでいたそうだが、商売は振るわず、朝鮮人の使用人が釣り銭をちょろまかすわ、幼少時代は病弱だった父はしょっちゅう具合が悪くなるわで、要するに北朝鮮にいてもいいことひとつもなかったので、父の健康を考えて、一家は樺太に戻ったそうだ。

 今にしてみれば祖母の判断が、終戦後明暗を分けることになる。

 終戦後、父の一家は樺太から北海道に引き揚げるのに、2年の月日を要したが、北朝鮮にいたら、そもそも生きて帰ってこられたかどうかすらわからないのだ。

 だから自分にとっては北朝鮮の拉致被害者は決して他人事とは思えないのである。 

 もし父が丈夫な子供であのまま北朝鮮に留まっていたら・・・((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


※明日は更新お休みします。次回の更新は31日(日)の早朝になります。









現在の閲覧者数:





ブログ主の身辺が心配だッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

続きを読む

ホントにあった怖い話その⑫

※この記事は2015年9月1日に公開した記事の再録です。

隣の家のおばさん


 今回から二夜連続でお送りする怖い話最終2話は、これまで自分が実際に体験してきた怖い話とはうって変わって、父方の明治生まれの祖母から子供の頃に聞いた話である。

 祖母は戦前戦後はまだ北海道に住んでいたが、時系列としては大正時代から昭和初期くらいの昔、祖母の住んでいた家の隣のおばさんが、牧草を取り込むのに表に出たところを熊にでくわし、顔面をバーンと横殴りにされたそうだ。


 顔面を横殴りにされたおばさんは、顔半分が失くなっていたというが、顔半分が失くなっていた時点で亡くなっていたものと思われる。

想像図


 何分子供の頃に聞いた話で祖母も熊としかいっていなかったが、場所が北海道というあたりからして、その熊はヒグマではないかと思われる。

 話にするにしても4百字詰めの原稿用紙にも余ってしまうほどのあまりにも短い話だが、逆に考えれば、人間というものは大自然の猛威の前では、話にもならないほどほんの一瞬で命を落とすこともあるわけである。

 隣のおばさんを殺した熊がどうなったか、今は亡き祖母から聞きそこねた今となっては知る由も無いが、逃げ延びた人喰い熊の子孫は今も北海道の山中に潜んでいるのかもしれない。

 そして熊に殺されたおばさんは、今もなお成仏できぬまま現世をさまよっているのかもしれない。

 熊に殺されたおばさんとの関連性は不明だが、以前住んでた床の傾いたアパートで夜中にフッと目を覚まし窓を見たら、窓に張りついてうにょうにょ動く顔を見たが、うにょうにょ動く顔はしばらくすると、スッと消えてしまった。


 以下、追記にて拍手コメントへの返信です。

続きを読む

     
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
このブログにクスっとしたらポチっとお願いしますッッ

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
19位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
QRコード
QR
検索フォーム