食玩の戦艦大和を作ってみたぉ(^q^)

 今回は買ってからずっと部屋の片隅にほったらかしだった食玩プラモを組み立ててみることにしました。


 組み立て説明書とパーツ。説明図を見ながら組み立てていきます 


 完成品。食玩なのでサイズはかなり小さいですが、自分のように場所がない人にはいいのではないかと思います。


 今回使った道具。パーツを切るにはカッターナイフよりもトーンナイフの方が切りやすいと思います。つまようじは接着剤を細かいところにつけるのに使いました。


 自分のようにプラモは敷居が高いという人でも、食玩プラモなら比較的簡単に組み立てられるのがいいですね。今回の戦艦大和は一時間で組み立てました。組み立てた食玩プラモはあと4つあるので、毎週ひとつずつ公開いければと思います。
 こないだとあるブログで戦艦大和の木工細工を見ましたが、木工細工とは思えないほど高精度な戦艦大和には度肝を抜かれましたねー。一から木で全部作っちゃうなんてすごいですよねー。
(詳細はこちらのリンクを参照)

 今月は酷い虫歯で夜も寝られない激痛で全然絵が描けなかった上に、まともに食事が取れなくて食レポもできなかったので、代わりに食玩レポをお送りしました。

おまけ


 ローソンでやってた、なのはキャンペーンでゲットしたローソンバージョンのフェイトのピンナップ。
 フェイトたん可愛いぉフェイトたん(^q^)
 

※追記でおまけクイズの答えを公開してます。

続きを読む

スポンサーサイト

横浜高島屋までウルトラセブンを見に行ったぉ(^q^)後編

 ウルトラセブン展レポート。後編は会場で買ったグッズ類を紹介していきます。。






 ウルトラセブン展の公式ブック。


 公式ブックの中身をちょっとだけ紹介。ウルトラセブンは散々既出なのでアンヌ隊員のベストショットだけ紹介させてもらいました。残りが見たい人は自分で買ってね。


 ひし美ゆり子さん・・・50年経っても女の艶っぽさを失わないお美しい人です・・・(;´д`)
 ウルトラセブン放送終了後は女優業からは身を引いて、四児の母と台湾料理屋の女将になったと聞きますが、東宝退社後も何本も映画出てたようですし、最近では押井守監督の映画で還暦ヌードを披露したり、ウルトラマンの映画出たりして、古稀を迎えた現在もファンの前に元気な姿を見せてますし、今でもアンヌ隊員のフィギュア出てるし、半世紀経った今もなおファンから愛されてる女優ってなかなかいなんじゃないでしょうか。
 そういった意味では自分のなかでは百恵ちゃんに匹敵する永遠のアイドルですね。実際百恵ちゃんと同じく、女が所望するものを全部持ってますしねー。
 押井監督が還暦の彼女見て熟女萌えに目覚めたのも頷けますね。絵のネタに困ったらアンヌ隊員描こう。うん。


 展示会場の売店に売ってたものと同じウルトラアイ。こちらは十年程前にウルフェスで買ったもの。対象年齢15歳以上って大友向けかよwww


 ウルトラセブンのスタンプラリー用紙。


 スタンプラリーの景品はウルトラセブンのステッカーでした♪


 玩具とか置く場所ないので今回はかなり控えめな買い物でしたが、公式ブックが2千円もしたので5千円以上買っちゃいましたねー。
 グッズはバンダイのソフビも売ってましたが、森次晃嗣監修のウルトラアイとか3千円もしたし、ウルトラセブンのオリジナルフィギュアに到っては4万以上したし、ソフビ以外のオリジナルグッズはやけに値段が高いように思いました。どう見ても大友の財布狙いだろこれ( ̄▽ ̄;)
 帰りは横浜中華街にフラッと出かけて、適当に飲み食いした後、夜の海を眺めていました。夜の海も悪くはないかな。横浜中華街とか山下公園とかダンとアンヌのデートスポットになってそう。


 横浜中華街で買ったありあけハーバーとパイナップルクッキー。詳細は次回の食レポにて。



 先月ゴジラ役者の中島春雄氏がお亡くなりになってしまいましたね。一ヶ月遅れですが、この場を借りて謹んでご冥福を祈りたいと思います。
 そしてまた一ヶ月遅れですがひし美ゆり子さん、お孫さんの誕生おめでとうございます(^∇^)ノ
 一般人(?)の自分が芸能人のブログまで押しかけてお祝いする勇気はないので、一ファンとして自分のブログでひっそりお祝いさせてもらいます。
 
※次回の更新は28日(月)になります。
※追記にて拍手コメントへの変身・・・もとい返信をしてます。

続きを読む

横浜高島屋までウルトラセブンを見に行ったぉ(^q^)前編

 横浜高島屋までウルトラセブンを見に行きました。


 横浜高島屋の入り口ではウルトラセブンがお出迎え。


 実寸大アイスラッガー?


 スタンプラリーも開催中♪




 展示会場入り口でもウルトラセブンがお出迎え。


 展示会場のウルトラセブンとメトロン星人の対決場面のジオラマ。






 ウルトラマンレオのジオラマ。


 ウルトラセブンとウルトラマンゼロの親子のジオラマ。かつてはダンにしごかれて一人前のウルトラ戦士になったレオが、その息子のゼロの教官になっていたというのも運命的な出会いを感じますね。


 他にも展示物はたくさんありましたが、撮影OKだったのは上記の3点のみだったので、3点のみ紹介させてもらいました。
 一般人(?)の自分が紹介できるのはここまでですが、アンヌ隊員やってたひし美ゆり子さんのブログではより詳しく紹介されてますので、より詳しい会場内の様子が知りたい方はひし美ゆり子さんのブログをご覧になってください。

 他にはダンとメトロン星人がちゃぶ台で向き合ってるジオラマなんかもあって結構見応えがありました。障害者手帳があると無料で入場できるので自分にとってはお得なウルトラ展だったと思います。
 観覧者はやはり当時ウルトラセブンを見ていた世代の大友が結構多かったですが、ちゃんと子連れ客も来てたのがよかったですね。自分よりひとまわりは若い両親とおばあちゃんに連れられた幼稚園児くらいの子供がウルトラセブンを見て目をキラキラさせていたのは微笑ましいものがあります。
 今年で50周年を迎えるウルトラセブンが、当時はまだ生まれてなかった世代とその子供たちにも愛されてるのを見てると、ウルトラセブンは既に三世代に愛されるウルトラヒーローになってるのだなと改めて実感しました。

※追記にて拍手コメントへの返信をしてます。

続きを読む

キングコングの映画観たンゴwww

 特撮映画三本立て。ラストは今シーズン最大の怪獣映画キングコングです。
 ウルトラマンを観賞後、予告編で怪獣がいっぱい出ていたので気になってたキングコングの上映時間をチェックしたら、同じ映画館で一時間後にキングコングを上映するというので、チケットを買うもまたしても末席でした(^q^)


 映画の冒頭から早速登場するキングコング。映画の冒頭にはモーゼルと軍刀を持ったパイロットが出てきたのでずいぶん古い拳銃持ってるなと思ったら、後に戦時末期の話とわかり納得。


 戦闘機が墜落してスカルアイランドから脱出不能になってしまったマーロウ中尉は、今は亡き日本軍パイロットのイカリ・グンペイの遺した「不名誉より死」という言葉を胸に必ず自分の国に帰ることを誓う。


 後にコングと心を通わせコングの理解者となる美女ウィーバー。ウィーバーもフィルムカメラなんて持ってるので、今どきフィルムカメラ?と思ったら、時代設定はベトナム戦争真っ最中の70年代前半だとわかり納得。70年代にデジカメなんかあるわけないもんな。


 自分のお住まいの島に爆弾を落とされ怒り狂うキングコング。まー誰だって自分の住まいに爆弾落とされたら怒るわなー(^_^;)


 大ダコと格闘中のコング。なおお食事も兼ねてるもよう。食事と運動を一緒にできて一挙両得だな(´・ω・`)


 シシ神さま?


 エヴァの墓場・・・じゃなくてコング一族の墓場。スカルアイランドの守護神コングはコング一族最後の生き残りだった。


 コングの最大の宿敵スカルクローラー。平田先生・・・じゃなくて行方不明だったチャップマンを喰ったのもこいつだった。


 コングとスカルクローラー。種の存亡をかけた最期の戦い。


 今回の映画を盛り上げた真の主役の怪獣たち。怪獣の皆さん、お疲れさまでしたー\(^o^)/


 監督が大の日本オタクで樋口真嗣が携わってた映像作品も一通り見てるとの話で納得。終盤では主人公のコンラッドがイカリ・グンペイの遺した軍刀で人食い翼竜相手に戦うし、いやーそこかしこに日本がちらほら見え隠れしていて、某国人なら発狂、日本人ならお腹いっぱいになる映画だったなぁー。
 仲間がどんどん島の怪獣に喰われていく非常事態に、部下を喰った怪獣がスカルクローラーだとわかった後もなお、コングを抹殺しようとする頑迷なパッカード大佐とか、お前がトカゲに喰われろやと思っていたらその通りになってたけど、怪獣映画って必ず足を引っ張るキャラが出てくるよなぁ。

 ※追記にて拍手コメントへの返信をしています。
 追記にて衝撃のラストシーンが・・・。

続きを読む

仮面ライダー×スーパー戦隊・超スーパーヒーロー大戦

hwfigtbk002.jpg

 韓国の首都ソウルに突如現実化したゲーム「ゼビウス」から浮遊要塞・アンドジェネシスは街を襲撃して動物戦隊ジュウオウジャーの故郷も壊滅してしまう。生き残ったジュウオウアタイガー・アムはゲームが現実化した原因を探るべく、ポッピーと共にもうひとつのゲーム「超スーパーヒーロー大戦」のなかに潜入する。

 超スーパーヒーロー大戦のナビゲーターポッピー。
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-29.jpg

 突如出現した仮面ライダーアマゾンと闘うジュウオウタイガー。
002.jpg

 ジュウオウタイガーのピンチに駆けつけたエグゼイド・宝生永夢も参戦。アムはゲームのなかには登場しない筈の少年を見かけるが、彼は永夢の病院から忽然と姿を消した患者、霧野エイトだった。

 チームエグゼイドを結成してトーナメント戦を勝ち抜き仮面戦隊ゴライダーに変身出来る能力を得る。ちょっおまっ5人揃ってゴライダーってwww
ゴライダー(トリミング)

 しかしこれはゲームと現実世界をつなぐ地獄の門を開けるための策略だった。ゴライダーの変身が解けて元の姿に戻った5人の前に突如現れ高らかに嗤うショッカー首領三世。
C4iaAkVUcAAm9lf.jpg

 エグゼイドら5人のライダーの前に突如現れた、地獄大使と黒十字王を筆頭とする歴代幹部。


 窮地に立たされた永夢の前に立ちはだかる仮面ライダーアマゾンズ。再びエグゼイドに変身して果敢に立ち向かうも、ゲームのルールでレベルアップできないエグゼイドはアマゾンズに苦戦。
e8.jpg

 終結した仮面ライダーとスーパー戦隊の前に立ちはだかる最後の敵、モライマーズロボを操る大蜘蛛大首領。

 迎え撃つエグゼイドとキュウレンジャーのタッグ。大蜘蛛大首領を倒してきエイトを連れ戻せエグゼイド!


 ライダーは平成ライダーしか出てこなかったのが残念だったけど、エグゼイドとキュウレンジャーが入ったゲームの対戦相手にストロンガーとアマゾンが出てきたのでまあよしとするか。一番好きなV3が出てこなかったのが不満だけど、一番好きなV3が平成ライダーの咬ませにされるのも見たくないしなー。
 映画はまあいつものお祭り映画だったけど、V3ファンなら家でおとなしくV3のDVDでも見てた方がいいかも(^_^;)
 映画はいつものお祭り映画だったが、今回は現実世界からゲームの世界に逃げてしまったエイト少年を現実世界に連れ戻すという話が骨子になっていたように思う。
 エイトがゲームの世界に逃げてしまい現実の世界に戻ってこれなくなる辺りなど、現代社会の引きこもりを彷彿とさせるけど、こういった辛辣なテーマは本来の対象年齢のエイトと同年輩の子供より、自分のような大友の方が身につまされるよね(´;ω;`)









現在の閲覧者数:





自分も現実世界から逃げたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
     
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。

まおとしろ&ポンちゃん時計
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
このブログにクスっとしたらポチっとお願いしますッッ

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
788位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
41位
アクセスランキングを見る>>
バナーリンク
けせらせら 辺境の地に住む主婦のお絵かきブログ 魚は星を見る
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
QRコード
QR
忍者アクセスランキング
検索フォーム