キングコングの映画観たンゴwww

 特撮映画三本立て。ラストは今シーズン最大の怪獣映画キングコングです。
 ウルトラマンを観賞後、予告編で怪獣がいっぱい出ていたので気になってたキングコングの上映時間をチェックしたら、同じ映画館で一時間後にキングコングを上映するというので、チケットを買うもまたしても末席でした(^q^)


 映画の冒頭から早速登場するキングコング。映画の冒頭にはモーゼルと軍刀を持ったパイロットが出てきたのでずいぶん古い拳銃持ってるなと思ったら、後に戦時末期の話とわかり納得。


 戦闘機が墜落してスカルアイランドから脱出不能になってしまったマーロウ中尉は、今は亡き日本軍パイロットのイカリ・グンペイの遺した「不名誉より死」という言葉を胸に必ず自分の国に帰ることを誓う。


 後にコングと心を通わせコングの理解者となる美女ウィーバー。ウィーバーもフィルムカメラなんて持ってるので、今どきフィルムカメラ?と思ったら、時代設定はベトナム戦争真っ最中の70年代前半だとわかり納得。70年代にデジカメなんかあるわけないもんな。


 自分のお住まいの島に爆弾を落とされ怒り狂うキングコング。まー誰だって自分の住まいに爆弾落とされたら怒るわなー(^_^;)


 大ダコと格闘中のコング。なおお食事も兼ねてるもよう。食事と運動を一緒にできて一挙両得だな(´・ω・`)


 シシ神さま?


 エヴァの墓場・・・じゃなくてコング一族の墓場。スカルアイランドの守護神コングはコング一族最後の生き残りだった。


 コングの最大の宿敵スカルクローラー。平田先生・・・じゃなくて行方不明だったチャップマンを喰ったのもこいつだった。


 コングとスカルクローラー。種の存亡をかけた最期の戦い。


 今回の映画を盛り上げた真の主役の怪獣たち。怪獣の皆さん、お疲れさまでしたー\(^o^)/


 監督が大の日本オタクで樋口真嗣が携わってた映像作品も一通り見てるとの話で納得。終盤では主人公のコンラッドがイカリ・グンペイの遺した軍刀で人食い翼竜相手に戦うし、いやーそこかしこに日本がちらほら見え隠れしていて、某国人なら発狂、日本人ならお腹いっぱいになる映画だったなぁー。
 仲間がどんどん島の怪獣に喰われていく非常事態に、部下を喰った怪獣がスカルクローラーだとわかった後もなお、コングを抹殺しようとする頑迷なパッカード大佐とか、お前がトカゲに喰われろやと思っていたらその通りになってたけど、怪獣映画って必ず足を引っ張るキャラが出てくるよなぁ。

 ※追記にて拍手コメントへの返信をしています。
 追記にて衝撃のラストシーンが・・・。

続きを読む

スポンサーサイト

仮面ライダー×スーパー戦隊・超スーパーヒーロー大戦

hwfigtbk002.jpg

 韓国の首都ソウルに突如現実化したゲーム「ゼビウス」から浮遊要塞・アンドジェネシスは街を襲撃して動物戦隊ジュウオウジャーの故郷も壊滅してしまう。生き残ったジュウオウアタイガー・アムはゲームが現実化した原因を探るべく、ポッピーと共にもうひとつのゲーム「超スーパーヒーロー大戦」のなかに潜入する。

 超スーパーヒーロー大戦のナビゲーターポッピー。
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-29.jpg

 突如出現した仮面ライダーアマゾンと闘うジュウオウタイガー。
002.jpg

 ジュウオウタイガーのピンチに駆けつけたエグゼイド・宝生永夢も参戦。アムはゲームのなかには登場しない筈の少年を見かけるが、彼は永夢の病院から忽然と姿を消した患者、霧野エイトだった。

 チームエグゼイドを結成してトーナメント戦を勝ち抜き仮面戦隊ゴライダーに変身出来る能力を得る。ちょっおまっ5人揃ってゴライダーってwww
ゴライダー(トリミング)

 しかしこれはゲームと現実世界をつなぐ地獄の門を開けるための策略だった。ゴライダーの変身が解けて元の姿に戻った5人の前に突如現れ高らかに嗤うショッカー首領三世。
C4iaAkVUcAAm9lf.jpg

 エグゼイドら5人のライダーの前に突如現れた、地獄大使と黒十字王を筆頭とする歴代幹部。


 窮地に立たされた永夢の前に立ちはだかる仮面ライダーアマゾンズ。再びエグゼイドに変身して果敢に立ち向かうも、ゲームのルールでレベルアップできないエグゼイドはアマゾンズに苦戦。
e8.jpg

 終結した仮面ライダーとスーパー戦隊の前に立ちはだかる最後の敵、モライマーズロボを操る大蜘蛛大首領。

 迎え撃つエグゼイドとキュウレンジャーのタッグ。大蜘蛛大首領を倒してきエイトを連れ戻せエグゼイド!


 ライダーは平成ライダーしか出てこなかったのが残念だったけど、エグゼイドとキュウレンジャーが入ったゲームの対戦相手にストロンガーとアマゾンが出てきたのでまあよしとするか。一番好きなV3が出てこなかったのが不満だけど、一番好きなV3が平成ライダーの咬ませにされるのも見たくないしなー。
 映画はまあいつものお祭り映画だったけど、V3ファンなら家でおとなしくV3のDVDでも見てた方がいいかも(^_^;)
 映画はいつものお祭り映画だったが、今回は現実世界からゲームの世界に逃げてしまったエイト少年を現実世界に連れ戻すという話が骨子になっていたように思う。
 エイトがゲームの世界に逃げてしまい現実の世界に戻ってこれなくなる辺りなど、現代社会の引きこもりを彷彿とさせるけど、こういった辛辣なテーマは本来の対象年齢のエイトと同年輩の子供より、自分のような大友の方が身につまされるよね(´;ω;`)









現在の閲覧者数:





自分も現実世界から逃げたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルトラマンオーブの映画観に行ったったwww

※今回の記事にはネタバレが含まれます。


 先月末にウルトラマンオーブの映画を観に行った。しょっぱなから怪獣ギャラクトロンが出てきて、取っ組み合いのオーブ。助太刀に現れるゼロ。オーブとゼロの合体技がギャラクトロンを倒す。結構いい出だしだな。
オーブとゼロ

 エックスバイザーに閉じ込められたエックスの導きで行方不明になった大地を捜す、夢野ナオミ率いるSSPの前に突如現れる宇宙人たち。
宇宙人集団-1

 SSP最大のピンチに見舞われる。そんな彼らのピンチに現れた風来坊を名乗る青年こそ、我らがヒーロー、ウルトラマンオーブに変身するクレナイ・ガイだった。
 最近はライダーシリーズのイケメンが人気あるみたいだけど、自分はウルトラシリーズのイケメンの方が好きかな。


 謎の洋館に迷い込んだガイたちの前に現れた今回の黒幕。地球を宝石に変えて自分のコレクションにしようと企む、宇宙魔女賊ムルナウ。行方不明だったギンガとビクトリーも彼女に宝石にされてしまい、大地もここに幽閉されていた。
ムルナウ

 館内に囚われていた大地を発見するもムルナウ率いる宇宙人たちに追い詰められるガイたち。彼らの危機を救ったのは、洋館に執事として潜入していたガイのライバルジャグラーだった。ガッツ星人と闘うジャグラー。
n-4332-11.jpg

 巨大化した宇宙人軍団。
009.jpg

 迎え撃つウルトラ軍団。セブンの登場で思わず感涙。
ced42c9bc679c61ea3c562acf513d2cb.jpg

 ウルトラ軍団の前に立ちはだかった最後の敵は、かつてガイと戦い敗北したガピヤ星人サデスだった。自らの身体をサイボーグ化してガイへの復習のチャンスを伺っていたサデスはデアボリックを駆使して再びオーブたちを追い詰めていく。


 こうして見ると某巨神兵みたいだな。
デアボリック

 炸裂するデアボリックキャノン。
デアボリックキャノン

 サデスとデアボリックにセブンのアイスラッガーが炸裂する。さあ今だサデスを倒せオーブ!
ウルトラセブン(劇場版オーブ)

 ウルトラマンオーブは歴代ウルトラマンの力を借りて戦うウルトラマンだが、努力せずして生まれながらにハイスペのヒーローや何の努力もしないでモテモテのハーレムマンガの主人公など、他力本願ヒーローの波はウルトラマンにまで押し寄せてきてるんだなと思わずにはいられなかった。ギンガの頃から既にその傾向はあったけど。
 ストーリーはいつもの春休みのお祭り映画だが、サデスの声を山ちゃんがやってたせいかいつになくハイテンションで、ウルトラセブンの登場でいつになく熱い映画だったと思う。セブンファンの自分としてはオーブとセブンの合体技が見たかったけど。ムルナウが最期に自分が何より愛してやまない宝石になっちゃうあたりは、如何にも因果応報な最期だと思った。
 ウルトラマンと怪獣の戦闘中に銭湯のおっさん役で諏訪太朗が出てきたけど、戦闘中に銭湯とはこれ如何に?諏訪太朗って発狂シリーズの常連俳優だと思ったんだけど、いつからウルトラマンは発狂シリーズになったんだよwww


 当日は席がひとつしか空いてなくて末席のチケットしか取れなかったけど、隣の席に座っていたのも自分と同じぼっちのオタクだったよなぁ。やっぱり子供向けの怪獣映画なんかひとりで観に行くようなオタクは冷遇されてるのかなぁ(T_T)

セブンとゼロのウルトラアヒル。










現在の閲覧者数:





自分もセブンの力をお借りしたいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

映画三昧な日



 先月末にウルトラマンの映画を観に行ったら、ウルトラマンと怪獣の戦闘中に銭湯のおっさん役で諏訪太朗が出てきた。戦闘中に銭湯とはこれ如何に?諏訪太朗って発狂シリーズの常連俳優だと思ったんだけど、いつからウルトラマンは発狂シリーズになったんだよwww
 当日は席がひとつしか空いてなくて末席のチケットしか取れなかったけど、隣の席に座っていたのも自分と同じぼっちのオタクだったよなぁ。やっぱり子供向けの怪獣映画なんかひとりで観に行くようなオタクは冷遇されてるのかなぁ(T_T)



 ウルトラマンを観賞後、予告編で怪獣がいっぱい出ていたので気になってたキングコングの上映時間をチェックしたら、同じ映画館で一時間後にキングコングを上映するというので、チケットを買うもまたしても末席。
 映画の冒頭にはモーゼルと軍刀を持ったパイロットが出てきたのでずいぶん古い拳銃持ってるなと思ったら、後に戦時末期の話とわかり納得。ヒロインもフィルムカメラなんて持ってるので、今どきフィルムカメラ?と思ったら、時代設定はベトナム戦争真っ最中の70年代前半だとわかり納得。70年代にデジカメなんかあるわけないもんな。
 映画の随所で思わずシシ神さま?エヴァの墓場?平田先生!?とか叫びそうになる場面があったが、監督が大の日本オタクで樋口真嗣が携わってた映像作品も一通り見てるとの話で納得。いやーそこかしこに日本がちらほら見え隠れしていて、某国人なら発狂、日本人ならお腹いっぱいになる映画だったなぁー。
 映画のラストは日本人なら誰もが知ってる怪獣が出てきて思わず吹いたはwww



 キングコング観賞後は仮面ライダーとスーパー戦隊の映画を観に行った。上映一時間前にチケットを買うもまたもや末席。つくづく自分は末席に好かれてるな(^_^;)
 映画はいつものお祭り映画だったけど、ちょっおまっ5人揃ってゴライダーってwww
 ライダーは平成ライダーしか出てこなかったのが残念だったが、エグゼイドとキュウレンジャーが入ったゲームの対戦相手にストロンガーとアマゾンが出てきたのでまあよしとするか。一番好きなV3が出てこなかったのが不満だけど、一番好きなV3が平成ライダーの咬ませにされるのも見たくないしなー。
 映画はまあ面白かったけど、V3ファンなら家でおとなしくV3のDVDでも見てた方がいいかも(^_^;)

 いやー久しぶりに映画三昧な日だったけど、さすがに一日三本も映画観ると疲れるわー(^_^;)
 個別の映画レビューは後日日を改めてやりたいと思いまーす。えっ何?もうお腹いっぱい?








現在の閲覧者数:





平田先生って何なんだよッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加

きょおは楽しいひなまつり(^q^)

 きょおはひなまつりで女の子の日なので、十年ほど前に描いたロビーナちゃんのイラストを紹介します。りえ太のなんでも日記のりえ太さん、お買い上げ頂きありがとうございました\(^o^)/
ロビーナ

 せっかくなのでロビーナちゃんと加藤夏希ちゃんの画像を貼ってみますた(^q^)





ロビーナちゃんの人形。かーわいー(*´∀`)


ロビンちゃんとロビーナちゃんのコラボ


某綾波のコスプレをする夏希ちゃん。






ネチコマネチコマ


 ロビーナちゃんは『燃えろ!ロボコン』に出てくるキューピッド型のロボットで加藤夏希が演じていました。思えばロボコンが加藤夏希のデビュー作でしたが、当時中学生だった夏希ちゃんが、一児の母になって時に流れは早いものだなーと思います。ファンとしては夏希ちゃんには持病で早世した岡田京子の分まで長生きしてほしいですね。

※次回の更新は6日(月)の深夜0時過ぎになります。








現在の閲覧者数:





ロビーナちゃんのコマネチが見たいッッと思った方はポチッとお願いしますッッ








このエントリーをはてなブックマークに追加
     
プロフィール

ASDponch

Author:ASDponch
地上最強の芸術の場外乱闘者を目指し日々孤軍奮闘する自閉症スペクトラム障害(ASD)ponchの自堕落な日常と、社会からはみ出したアウトサイダーの駄話を書いています。

まおとしろ&ポンちゃん時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
RSSリンクの表示
FC2ブログランキング
このブログにクスっとしたらポチっとお願いしますッッ

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
18位
アクセスランキングを見る>>
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
QRコード
QR
忍者アクセスランキング
検索フォーム